30歳の平均年収はいくら?男女・大卒高卒・都道府県別でチェック

30歳の平均年収 平均年収

30歳~34歳男性の平均年収は約349万円、30歳~34歳女性は約296.9万円です。

男女別では、女性は男性に比べ平均年収が50万円程低くなります。

30代は出世や転職、結婚など様々な決断をする機会が多い年齢です。

この先の人生を考え、自分の年収に不安を感じることもあるでしょう。

この記事では、30歳の平均年収を男女別、大卒高卒別、業種別など、あらゆる角度から解説していきます

「自分の年収が平均より少なかった…」という場合でも大丈夫。

30歳から年収を増やす方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介する年収額は、「令和元年賃金構造基本統計調査」の値を参考にしている箇所もあります。

※賃金構造基本統計調査の「賃金」とは、6月分の所定内給与(残業代などを含まない給与)のことを指します。

※賃金を12ヶ月分で換算した額を、年収として記載しております。

スポンサーリンク

1.【男女別】30歳の平均年収

【男女別】30歳の平均年収

30歳~34歳の平均年収は、約296.9万円~約349万円です。(参考:賃金構造基本統計調査

賃金構造基本統計調査は、毎年20代~70代までを5歳ごとに分けて平均年収を算出しています。

賃金構造基本統計調査によると、30歳~34歳男性の平均年収は約349万円、30歳~34歳女性は約296.9万円です。

「あれ、思っていたより低いな」と感じた方は多いでしょう。

実は賃金構造基本統計調査の賃金には、残業代やボーナスなどが含まれていません。

残業代やボーナスも含んだ「年収」の調査としては、dodaの平均年収ランキングがあります。

dodaの平均年収ランキングの数字は、以下の通りです。

年齢 男性平均年収 女性平均年収
30歳 436万円 361万円
31歳 450万円 364万円
32歳 463万円 371万円
33歳 477万円 374万円
34歳 494万円 381万円
35歳 496万円 382万円
36歳 504万円 384万円
37歳 514万円 383万円
38歳 527万円 391万円
39歳 530万円 392万円

(引用:「doda 平均年収ランキング 最新版」)

30歳男性正社員の平均年収

30歳男性、正社員で働いている人の平均年収は436万円です。

国税庁の民間給与実態調査によると、サラリーマン全体の平均年収が約430万円のため、男性では30歳になると平均年収を越えることが見てとれます。

あと60万ほどで大台の500万円です。

年収500万円の手取り額や生活について知りたい人は、コチラの記事を参考にしてください。

『年収500万円の手取りや生活実態を調査!意外と知らない落とし穴』

  • 30歳女性正社員の平均年収

    30歳女性、正社員で働いている人の平均年収は361万円です。

    30歳男性の平均年収と比べてみると、30~34歳女性は75万円ほど平均年収が低いのがわかります。

    男女格差が昔に比べ是正されてきている現代においても、給与面では大きな格差が依然として存在するといえるでしょう。

    2.【大卒・短大・高卒別】30歳の平均年収

    【大卒・短大・高卒別】30歳の平均年収

    この章では、大卒・短大卒・高卒別で30歳の平均年収を見ていきましょう。

    男性 大卒・院卒 短大卒 高卒
    30~34歳 386.2万円 324.7万円 310.6万円
    35~39歳 451.9万円 357.7万円 341.9万円
    女性 大卒・院卒 短大卒 高卒
    30~34歳 336.5万円 289.8万円 245.4万円
    35~39歳 364.6万円 303.6万円 253.4万円
  • 大卒30歳の平均年収

    大卒30~34歳の平均年収は、男性が約386万円、女性が約336万円です。(参考:賃金構造基本統計調査

    30歳~34歳の男女の平均年収と比べてみると大卒の場合、男性が約45万円、女性が約40万円高いことがわかります。

    短大卒30歳の平均年収

    短大卒の30歳~34歳の平均年収は、男性が約325万円、女性が約290万円です。

    大卒に比べると、平均年収は男女共に低くなります。

  • 高卒30歳の平均年収

    高卒の30歳~34歳の平均年収は、男性が約311万円、女性が約245万円です。

    大卒、短大卒と比較すると、高卒の平均年収が最も低いと言えます。

    3.【業種別】30歳の平均年収を一覧でチェック

    【業種別】30歳の平均年収を一覧でチェック

    この章では、業種別で30歳の平均年収を確認していきましょう。

    業種別の30歳~34歳の平均年収は、以下の早見表で確認してください。

    業種 平均年収
    電気・ガス・水道業 435.6万円
    金融業・保険業 386.4万円
    IT業 378.1万円
    製造業 311.5万円
    教育業(学習支援・学術研究等) 359.5万円
    建設業 350.4万円
    不動産業 350.6万円
    運送業 329.4万円
    卸売・小売業 328.7万円
    医療・福祉 324.7万円
    サービス業 305.3万円
    飲食サービス業・宿泊業 289.1万円
  • 4.30歳で高収入の会社ランキング

    30歳で高収入の会社ランキング

    ここでは、30歳で高収入の会社ランキングTOP3をご紹介します。

    驚くべきことに、どの会社も、年収1,000万円を超えています。

    順位 会社名 平均年収
    1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,392万円
    2位 キーエンス 1,840万円
    3位 GCA 1,744万円

    これらの会社に入れば、大金持ち間違いなしです。

    1位はM&Aキャピタルパートナーズの2,872万円

    東洋経済オンラインが2019年12月に発表した「全国トップ500社ランキング」によると、輝かしいランキング1位に輝いたのは、 M&Aキャピタルパートナーズの2,392万円です。

    M&Aキャピタルパートナーズは、中堅・中小企業を対象に、独立のためのM&A(合併と買収)仲介サービスに特化した会社です。

    M&Aキャピタルパートナーズの年収がこれほどまでにいいのは、もちろん、会社の業績が著しく好調だからです。

    業績好調の理由は、他社と比べて、検討しやすい報酬体系だからです。

    初期費用がかからず、M&Aの基本契約の合意が成立するまで、一切費用がかかりません。

    こうした報酬体系のおかげで、顧客が途切れません。

    2位はキーエンスの1,840万円

    東洋経済オンラインのランキングでは、 キーエンスが平均年収1,840万円で2位でした。

    キーエンスは大阪に本社を置き、全国的にも高給で有名な企業です。

    業務内容としては、FAセンサー(生産工程の自動化を図るシステムで使われるセンサー)が主力のメーカーです。

    3位はGCAの1,744万円

    3位にランクインしたのは、東京に本社を置く GCAで、平均年収は1,714万円です。

    事業内容としては、日本と米国・欧州を中心に活動するグローバル規模のM&Aアドバイザリー会社です。

    1位のM&Aキャピタルパートナーズと同じく、М&Aの仲介を主としています。

    5.30歳で平均年収を増やす4つの方法

    30歳で平均年収を増やす4つの方法

    この章では、30歳で平均年収を増やす方法を解説します。

    30歳で平均年収を増やす方法は次の4つです。

    1. 出世する
    2. 資産運用する
    3. 複業する
    4. 転職する

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ①出世する

    年収をアップさせるためには、出世をしましょう。

    近年では評価による昇給が主流となり、勤続年数を基準とした定期昇給による年収アップが期待できないからです。

    これまでは勤続年数が増える度に昇給する定期昇給によって、年収が確実に増えていきました。

    しかし、企業の業績悪化や賃金改善などにより、定期昇給がなくなりつつあります。

    そのため、確実に年収をアップさせるためには評価を上げ「出世」すること重要です。

    「出世」するためには、生産性を高めてください。

    生産性を高めるとは、「これまで残業をして終わらせていた仕事などを、短時間でも同じ成果を出す」ということです。

    近年働き方改革などで、企業側は「長時間労働をさせない」ことが主流になっています。

    しかし「長時間労働はさせないけど、成果は出してほしい」というのが本音です。

    そのため短時間でもこれまでと同じ成果を出せるということは、出世につながると言えます。

    生産性を高めるためには、次の三つのことを意識してください。

    • 自分のスケジュールを管理・把握する
    • 仕事に優先順位をつけ重要度に基づき作業する
    • 作業の目的や目標の明確にする

    自分のスケジュールや仕事の優先順位を管理することで、仕事の無駄を省き効率的に仕事をすることができます。

    また作業の目的や目標を明確にすることで、仕事の質を上げることができるからです。

    年収アップさせるためには、生産性を高めて出世を目指してください。

    ②資産運用をする

    年収をアップさせるためには、資産運用をしましょう。

    資産運用することで、今より年収が増える可能性があるからです。

    資産運用には、株や外貨積立保険などがあります。

    株で資産運用するメリットは、資産を増やしながらも世の中の流れを把握できる点です。

    ただし、株にはリスクも伴うので、慣れるまでは総合証券でサポートを受けながら投資をするといいでしょう。

    ③複業をする

    年収をアップさせるためには、複業をしましょう。

    一つの会社だけでなく複数の仕事をすることで収入が増え、年収をアップさせることができるからです。

    企業の中では複業を禁止しているところも多いですが、働き方改革により2017年~2026年の間に複業を促進する方針が示されます。

    複業をすることで、休みの日や隙間の時間を使って今より収入を増やすことができますよ。

    現在働いている会社が複業可能かどうかは、会社の就業規則を確認しましょう。

    ④転職をする

    「年収が上がる見込みがない…」

    「交渉しても給与を見直そうとする姿勢がない」

    このような会社に勤めている場合、早めに見切りをつけて年収が高い会社に転職することも大切です。

    世の中にはあなたと同じ業務をしていていながら、もっと高い給料をもらっている人もいます。

    もっと待遇の良い会社に移ることは、会社員として働くあなたの権利です。全く悪いことではありません。

    少しでも不満があるのなら、現状と将来を変えるために、今よりも給料が高い会社を探してみてください。

    6.補足|年収を上げるために、いま何をするべきか?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分の年収について「少ないなぁ・・」と感じることはありませんか

    たとえば、漫画を大人買いしたいけど、金額を見て躊躇してしまったり。飛行機をとる時に、安い便を何時間もかけて探してしまったり。

    日常の些細なタイミングで、「もう少し年収が高ければ…」と頭を抱えるシーンも少なくないと思います。

    補足|年収を上げるために、いま何をするべきか?

    もちろん、年収が高いことが全てではありませんが、生活を豊かにする手段として、お金はとても重要です。

    もし今の年収に不満があるならば、なるべく早くから「年収を上げるための行動」を起こさなければなりません。

    年収を上げるなら、まずは転職活動を始めてみる

    年収を上げようと思ったら、まず試してほしいのが「転職活動を始めること」です。

    もちろん、年収を上げる手段は転職だけではありません。社内で昇進する、副業でお金を稼ぐなど、方法は他にもあります。

    それでも、まずは一度「転職活動」を始めてみて、会社の外に目を向けてみるべきです。

    というのも、「年収」は会社の売り上げ規模や、働いている業界が変わるだけで大きく変わります。

    たとえば、dodaが調査した「職種別の年収ランキング」を見てみると、同じ営業職でも業界が変わるだけで2倍近く平均年収が違うことがわかります。

    営業職の業界別平均年収営業職の平均年収(業界別)

    (引用:doda

    「医療品メーカー」の平均年収は659万円であるのに対して、「介護・福祉関連」は356万円。同じ営業職でも、業界が変わるだけでこうも年収が変わるんです。

    自分の会社のことしか知らないと、他の会社や業界の年収がいくら程度なのか、周りの状況を知ることができません。

    視野が狭い状態だと、自分の年収が周りより低いことさえ気がつかない可能性もあるので、早いうちから外に目を向けておくことが重要です。

    今より高い年収の求人を、日頃から見ておこう

    転職活動を始めるならば、まずは転職エージェントに登録して、求人情報を眺めてみましょう。

    大事なのは、自分で求人を確認したり、転職エージェントに求人を紹介してもらったりして、日頃から求人情報に触れておくことです。

    特に、今の年収より高い求人を「自分でも転職できないか?」という視点を持ってチェックすることで、たくさんの気づきを得ることができます。

    ▼転職サイト・エージェントからは様々な情報を集められる求人から得られる情報

    このように、転職市場を日々確認し「どうしたら年収を上げられるか」を考えられるようになれば、おのずとその後の行動も変わるでしょう。

    大切なのは一歩踏み出してみること。今の会社で実力をつけたほうがいいと思ったならば、そのまま会社で働くのも決して悪くはありません。

    年収アップを実現するか、年収が低いことに悩み続けるか。

    転職活動を始めたからと言って、必ずしも転職する必要はないので、まずは今できることから始めてみてください。

    まずは「doda」で求人を探してみよう

    doda

    転職活動を始めるならば、転職ではお決まりと言える人気の転職エージェント「doda」がおすすめです。

    dodaは業界トップクラスの求人数や、大手ならではの丁寧なサポートが人気の転職エージェント。

    サイト内では求人情報だけでなく、企業の「業務推移」「平均年収」なども見ることができて、企業調査も簡単に行うことができます。

    他にも、186万人の年収と転職データを元に、自身の推定年収を測定できる「doda年収診断」も受けられるなど、サービスが非常に充実しています。

    dodaは年収診断できる

    dodaは転職活動を始める全ての人におすすめできるエージェントなので、登録しておいて損することはありません。

    必要あればキャリアアドバイザーの求人紹介も受けられるので、まずはdodaを使って、求人を調査することから始めてみましょう。

    \登録は3分ほどで完了します/dodaに登録してみる【完全無料】

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    30歳~34歳男性の平均年収は約349万円、30歳~34歳女性の平均年収は約296.9万円です。

    ただし平均年収は、性別、最終学歴、都道府県、業種によって差があります。

    「平均より年収が少なかった」という場合は、平均年収をアップさせる方法を実践して、今より収入をアップさせましょう。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?