アメリカの平均年収は日本より高い!?高収入な職業・企業をチェック

Flag of United States of America
平均年収

経済大国アメリカ。

「アメリカの平均年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

アメリカの年収は、450~500万円程度

日本よりも、やや高めとなっています。

本記事では、アメリカの詳しい年収について解説します。

高収入な職業・企業もあわせてチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.アメリカの平均年収は日本より高い?

この章では、 アメリカの平均年収について解説します。

アメリカの平均年収は450~500万円程度

ドルの変動があるため時期によって誤差はありますが、アメリカの平均年収は450~500万円。

日本の平均年収は420万円ほどなので、 アメリカのほうが若干高いものの、驚くほど格差があるわけではありません

平均年収の推移

2008年の リーマンショックが原因でアメリカの平均年収は、一時30~50万円近く低下しました。

2012年ごろまでは低下した状態が続いていましたが、2013年以降は徐々に上昇。

2017年には、リーマンショック以前と同程度の水準に戻っています。

  • スポンサーリンク

  • アメリカの平均世帯年収は600~700万円程度

    アメリカの平均世帯年収は、600~700万円程度。

    日本の平均世帯年収は560万円ほどなので、 個々の平均年収と同様、大差はありません

    女性の賃金は男性より低め

    日本と比較して「男女の年収の差が少ない」というイメージがあるアメリカですが、労働者の賃金には多少の差があります。

    労働統計局が発表した『女性の賃金2008』(注1)によると、2008年のアメリカにおけるフルタイム労働者の男女間の賃金格差(女性の男性に対する割合)は20.1%であることがわかった。

    引用:男女の賃金格差(労働統計局発表)(アメリカ:2009年8月)|労働政策研究・研修機構(JILPT)

    上記のデータは古いものなので、現在はさらに賃金格差が縮まっている可能性もありますが、2008年時点では女性の賃金は男性より低め。

    男性の賃金が1万円と仮定して、女性の賃金が8,000円というイメージですね。

    ただし、 すべての業界で男性より女性の賃金が低いわけではありません

    職種によっては、男女差がほぼ無い場合や、女性の賃金水準が高いこともあるようです。

  • スポンサーリンク

  • 2.アメリカの年収の特徴

    この章では、 アメリカの年収の特徴について解説します。

    成果・実力主義

    日本の企業の多くが年功序列で賃金が上がっていくのに対し、アメリカでは成果・実力で賃金が決定します。

    日本のように勤務年数が長いからといって、賃金が上がることはありません。

    反対に、 勤務年数が短くとも、実力があれば賃金がアップします

  • スポンサーリンク

  • 格差が大きい

    アメリカは日本と比較して、非常に年収格差がある国。

    年収1,000万円以上を稼ぐ人が多い反面、年収200万円以下で生活する人が大勢います

    日本では平均的な年収を稼ぐ「中間層」の割合が圧倒的に多いのに対し、アメリカでは平均を大幅に超える「裕福層」と、平均を大幅に下回る「貧困層」の割合も多いのです。

    ボストン・アトランタ・サンフランシスコなどの一部地域ではとくに、裕福層と貧困層の格差が顕著になっています。

    3.日本と比較して年収が高い職業

    この章では、 日本と比較して年収が高い職業について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 看護師

    日本では看護師の平均年収が400~450万円程度であるのに対し、 アメリカでは700万円ほど

    100万円以上の大きな差があります。

    日本と比較してアメリカの看護師の年収が高いことには、アメリカの医療費が高額であることに加え、看護師の地位が大きく関係しています。

    日本の看護師は原則として医師の指示のもと診療の補助等を行いますが、アメリカの看護師はケースによっては自己判断で行動することが可能。

    ときには、医師と対等の立場で議論を交わすこともあります。

    アメリカの看護師はより専門的な知識が求められる上、自己判断の行動に対する責任も大きくなるため、賃金も高く設定されているのです。

    歯科医師

    日本では歯科医師の平均年収が700万円程度であるのに対し、 アメリカでは1,600万円ほど

    看護師と同様に医療費が高額であることも年収が高い要因のひとつですが、アメリカの多くの人が歯並びなど「歯の審美性」を重視する傾向にあることも大きな要因です。

    矯正治療などを行う人も多く、人気の歯科医師は年収2,000万円以上稼ぐこともあります。

    実力主義のアメリカでは、腕の良い人がより高収入を稼ぐことができるのです。

    また、医療費が高額なアメリカでは歯科医師に限らず、麻酔医・外科医・精神科医など医師全体の年収が高い傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • トラック運転手

    日本ではトラック運転手の平均年収が400~500万円程度であるのに対し、 アメリカでは600万円ほど

    看護師と同様、100万円以上の差があります。

    アメリカでは、 物流の増加に伴いトラック運転手の需要が増加しており、トラック運転手不足となっています。

    「需要>供給」状態になっている中、トラック運転手を確保するため、企業は運転手に対し高額の給与を提示。

    結果として、トラック運転手全体の平均年収が上昇したのです。

    中には、年収1,000万円を稼ぐトラック運転手もいます。

    4.アメリカで平均年収が高い企業

    この章では、 アメリカで平均年収が高い企業について解説します。

    A.T. Kearney

    A.T. KEARNEYは、シカゴで創立されたコンサルティング企業。

    A.T. KEARNEYの平均年収は、1,600~1,900万円程度となっています。

    高給企業ランキングにも例年ランクインしており、まさに「稼げる企業」といえるでしょう。

    実際にアメリカでは、経営学をまなんだ学生から大人気の就職先のようです。

    Google

    Googleは、いわずと知れたテクノロジー企業であり、画期的なインターネット関連のサービスを提供しています。

    Googleの平均年収は、1,500~,1,800万円程度

    Googleは個人のペースで働ける、自由な社風であることでも有名です。

    Facebook

    カリフォルニア州にあるFecebookは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を提供している企業です。

    Facebookの平均年収は、1,500~1,700万円程度

    2004年に設立した比較的新しい企業ですが、驚異的な急成長を遂げています。

    5.アメリカで年収アップを目指す方法

    この章では、 アメリカで年収アップを目指す方法について解説します。

    資格を取得する

    アメリカでも日本でも、能力を持っている証となるのは「資格」です。

    どんな職種であっても 資格をとることで、一定の能力を持っている証明となるのです。

    昇給できるかどうかは自分の能力次第ですが、「年収の高い企業への採用を掴むために資格を取得する」というのは有効な手段といえるでしょう。

    成果をあげる

    先ほどもお伝えしたように、アメリカは実力主義。

    成果をあげることが、年収をアップする一番の手段です。

    成果を上げるためには、自分の能力を上げることが重要。

    働くまではもちろん、 働きはじめてからも能力を伸ばす意識を持つことが大切です。

    大手・優良企業に勤める

    年収アップを目指すのであれば、賃金が高い大手・優良企業に勤めることもひとつの手段です。

    もしあなたが日本法人がある企業での海外勤務、海外駐在、海外出張を考えているのであれば、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメントは、年収600万円以上の高年収求人を豊富に保有している転職エージェント。

    グロバールに強いため、効率良く求人を探すことができます

    JACリクルートメント

    また、優秀なコンサルタントがキャリア相談にのってくれることも大きなメリットです。

    「外資系企業に転職したい」「キャリア形成について悩んでいる」という方は、ぜひ一度相談してみましょう。

    利用は無料なので、気軽に登録してくださいね。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、アメリカの平均年収「450〜500万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    アメリカの平均年収は、450~500万円。

    日本と大差はありませんが、賃金への考え方は大きく異なります

    アメリカで高収入を得るためには、成果をあげることが何よりも重要。

    能力次第では、日本よりも高収入を得ることができるでしょう。

    また、日本で年収をアップするためには、別の企業に転職することもひとつの手段。

    転職エージェントのdodaでは、年収・職種・勤務地など条件を絞り込むことができるので、効率よく情報を検索できますよ。

    「今より高収入を狙いたい」という方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%