アサヒビールの平均年収は1,093万円!役職・年齢別の年収は?

アサヒビールの平均年収 平均年収

アサヒビールの平均年収は1,093(平均年齢43.3歳)です。

しかし、アサヒビールの平均年収は年齢や役職などによって異なります。

そこで、本記事では平均年収ランキングでの順位・年齢・役職別の年収・グループ会社の年収などを徹底解説。

この記事を読むと、アサヒビールの年収や昇進の実情がわかりますよ。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値とアサヒビールの平均年収との比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.アサヒビールの平均年収は1,093万円

アサヒビールの平均年収は1,093万円です

アサヒビールは日本の食料品業界の中でも屈指の有名企業ですから、高給なのも納得ですよね。

アサヒビールの概要情報は下記の通りです。

アサヒビールの概要情報
正式名称 アサヒグループホールディングス株式会社
所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
従業員数 285人
平均年齢 42.2歳
平均勤続年数 13.7年

ちなみに、近年のアサヒビールの平均年収推移は下記のようになっています。

アサヒビールの平均年収推移
年度 平均年収
平成24年 997万円
平成25年 1,017万円
平成26年 1,009万円
平成27年 1,025万円
平成28年 996万円
平成29年 1,001万円
平成30年 1,093万円

(参考:有価証券報告書

平成24年から平成30年までの7年分の推移をみると、年収が右肩上がりに上昇していることがわかります。

食料品業界別年収ランキングで2位

アサヒビールは食料品業界全126社で集計された「2018年上場企業の業種別(食料品)年収ランキング」で第2位です。

順位は平成30年の有価証券報告書を元にして付けられています。

ちなみに、1位はキリンホールディングスの1,158万円、3位はサントリー食品インターナショナルの1,061万円、4位は明治ホールディングスの967万円、5位は不二製油グループ本社の965万円です。 食料品平均年収ランキング

順位 会社名 平均年収
1位 キリンホールディングス 1,158万円
2位 アサヒグループホールディングス 1,093万円
3位 サントリー食品インターナショナル 1,061万円
4位 明治ホールディングス 967万円
5位 不二製油グループ本社 965万円

アサヒビールは食料品業界では上位2%に入るほど高い年収で、年収1位のキリンホールディングスと比較しても給与の差は100万円以下だとわかります。

  • スポンサーリンク

  • 上場企業平均年収ランキングで56位

    アサヒビールは「上場企業平均年収ランキング」で56位です。

    この順位は2018年 有価証券報告書の公開データより上場企業3,000社以上の平均年収を集計して算出しました。

    ちなみに、1位はサービス業のM&Aキャピタルパートナーズで2,478万円。

    アサヒビールの競合企業であるキリンホールディングス(1,158万円)は上場企業の中では44位です。

    順位 企業名 業種名 平均年収
    1位 M&Aキャピタルパートナーズ サービス業 2,478万円
    2位 キーエンス 電気機器 2,088万
    3位 GCA サービス業 2063万
    44位 キリンホールディングス 食料品 1,158万円
    56位 アサヒグループホールディングス 食料品 1,093万円

    上記の結果から、アサヒビールは上場1位のM&Aキャピタルパートナーズと比較すると1,000以上年収が低い結果です。

    しかし、上場企業全体の平均年収が606万円に比べると、アサヒビールは487万円も年収が高いことになります。

    アサヒビールの平均年収は上場企業の中でも上位2%に入るほど高い給与が見込めます。

    2.アサヒビールの年齢別平均年収

    アサヒビールの年齢別平均年収

    ここからはアサヒビールの年齢別平均年収について、20代から60代までの年収を解説していきます。

    では、それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 20代:648万〜827万円

    アサヒビールの20代の平均年収は、20代前半が648万円、20代後半が827万円です。

    一般企業の20代の平均年収は、20代前半が240万円、20代後半が340万円。

      20代前半 20代後半
    アサヒビール 648万円 827万円
    一般企業 240万円 340万円

    アサヒビールは20代前半の段階から一般企業より400万円以上年収が高いことがわかります。

    ボーナスは約142万〜181万円です。

    30代:937万〜1,018万円

    アサヒビールの30代の平均年収は、30代前半が937万円、30代後半が1,018万円です。

    一般企業の30代の平均年収は、30代前半が430万円、30代後半が480万円。

      30代前半 30代後半
    アサヒビール 937万円 1,018万円
    一般企業 430万円 480万円

    アサヒビールでは役職に就けると30代後半ですでに年収1,000万円を超えるケースがあるとわかります。

    この金額は一般的な会社員の平均年収と比較すると520万円以上高い給与。

    ボーナスは約205万〜223万円です。

  • スポンサーリンク

  • 40代:1,095万〜1,148万円

    アサヒビールの40代の平均年収は、40代前半が1,095万円、40代後半が1,148万円です。

    一般企業の40代の平均年収は、40代前半が510万円、40代後半が550万円。

      40代前半 40代後半
    アサヒビール 1,095万円 1,148万円
    一般企業 510万円 550万円

    一般と比較すると、アサヒビールの方が585万〜598万円ほど年収が高いことがわかります。

    アサヒビールでは40代になると一般企業の年収の約2倍の年収が見込めます。

    ボーナスは約240万〜252万円です。

    50代:1,204万〜1,213万円

    アサヒビールの50代の平均年収は、50代前半が1,213万円、50代後半が1,204万円です。

    一般企業の50代の平均年収は、50代前半が630万円、50代後半が730万円。

      50代前半 50代後半
    アサヒビール 1,213万円 1,204万円
    一般企業 630万円 730万円

    一般と比較すると、アサヒビールの方が474万〜583万円ほど年収が高いことがわかります。

    アサヒビールの50代後半は50代前半より若干年収が下がる傾向にあります。

    ボーナスは約264万〜266万円です。

  • スポンサーリンク

  • 60代:871万円

    アサヒビールの60代の平均年収は、871万円です。

    一般企業の60代の平均年収は570万円となっています。

      60代前半
    アサヒビール 871万円
    一般企業 570万円

    一般と比較すると、アサヒビールの方が300万円ほど年収が高いことがわかります。

    ボーナスは約191万円です。

    3.アサヒビールの役職別平均年収

    アサヒビールの役職別平均年収

    アサヒビールは昇進して上位の役職に就くことで年収も高くなります

    アサヒビールの年収について知るなら、役職ごとの年収についても理解しておきましょう。

    そこで、ここからはアサヒビールの役職別年収について、以下の通り主任から部長までの4つを解説していきます。

    では、それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 一般社員(20〜24歳):648万円

    アサヒビールの一般社員の平均年収は648万円です。

    一般社員とは20〜24歳の若手社員を指します。

    入社当初は平社員としてスタートし、昇進を目指します。

    係長:1,150万円

    アサヒビールの係長の平均年収は1,150万円

    係長に昇進できるのは最短でも30歳後半です。

    一般企業の係長の年収は670万円程度なので、アサヒビールは約480万円ほど高い給与になります。

    課長:1,510万円

    アサヒビールの課長の平均年収は約1,510万円です。

    課長は実績と能力が順調に評価された場合、30代後半〜40代で昇進します。

    中途採用の場合、まずは課長補佐として役職に就くことも可能。

    一般企業の係長の年収は700万〜800万円程度ですから、アサヒビールの課長は760万円以上高い給与を得ています。

    部長:1,931万円

    アサヒビールの部長の平均年収は約1,931万円です。

    部長は最速で40代後半で昇進できますが、昇進は学歴と実力など総合的な判断から決められます。

    大企業の部長の平均年収は1,000万円なので、アサヒビールの方が900万円以上高いです。

    管理職になると残業代が出ないので給与が若干下がるケースも出てきます。

    4.アサヒビールの職種別平均年収

    アサヒビールの職種別平均年収

    ここからはアサヒビールの職種による年収の違いについて、以下の6つを解説していきます。

    数値は課長・部長クラスの年収ではなく、口コミ情報を参考にした一般的な水準です。

    では、それぞれ見ていきましょう。

    営業系:672万円

    アサヒビールの営業系の平均年収は672万円です。

    一般的な会社の営業職の平均年収は520万円となっています。

    アサヒビールの営業系は一般的な会社よりも150万円ほど年収が高いことがわかります。

    企画・事務・管理系:438万円

    アサヒビールの企画・事務・管理系の平均年収は438万円です。

    一般的な会社の企画職の平均年収は600万〜750万円となっています。

    アサヒビールの企画・事務・管理系は一般的な会社よりも237万円ほど年収が低いことがわかります。

    ただし、年齢が上がったり役職に就いたりすることで平均以上の年収も見込めます。

    販売・サービス系:400万円

    アサヒビールの販売・サービス系の平均年収は400万円です。

    一般的な会社の販売・サービス系の平均年収は約329万円となっています。

    アサヒビールの販売・サービス系は一般的な会社よりも70万円ほど年収が高いことがわかります。

    クリエイティブ系:1,050万円

    アサヒビールのクリエイティブ系の平均年収は1,050万円です。

    一般的なクリエイティブ系の平均年収は約441万円となっています。

    アサヒビールのクリエイティブ系はWebデザインやアプリ開発などを行いますが、一般的な会社よりも600万円以上年収が高いことがわかります。

    アサヒビールはアプリやネット販売などを通して、海外市場も視野に入れながら酒類の販売拡大を目指しています。

    クリエイティブ系は専門職として将来性をに期待されている職種なので、給与が他に比べて高い傾向にあるのです。

    電気・電子・機械系エンジニア:550万円

    アサヒビールの電気・電子・機械系エンジニアの平均年収は550万円です。

    一般的な電気・電子・機械系エンジニアの平均年収は約416万円となっています。

    アサヒビールの電気・電子・機械系エンジニアは一般的な会社よりも130万円ほど年収が高いことがわかります。

    医薬・化学・素材・食品系専門職:1,050万円

    アサヒビールの医薬・化学・素材・食品系専門職の平均年収は1,050万円です。

    一般的な医薬・化学・素材・食品系専門職の平均年収は約882万円となっています。

    アサヒビールの企画・事務・管理系は一般的な会社よりも168万円ほど年収が低いことがわかります。

    5.アサヒビールの大学・大学院卒の初任給の違い

    アサヒビールでは年齢や役職だけでなく、学歴によっても年収が異なり、基本的には学歴が高い方が年収も上です。

    大卒と大学院卒の初任給は以下の通りです。

    学歴 初任給
    大卒 221,500円 
    大学院卒 236,500円

    (参考:【リクナビ2020】アサヒビール株式会社

    大卒以上の学歴でも、学歴が高くなるほど年収が上がるのがわかりますね。

    特に商品開発や食品系専門職の分野では高い専門性が要求されるため、大学院卒の学力が求められるケースが多いようです。

    6.アサヒビールのグループ会社の平均年収

    アサヒビールのグループ別平均年収

    ここからはアサヒビールのグループ会社の平均年収について、以下の2つを解説していきます。

    では、それぞれみていきましょう。

    アサヒグループ食品株式会社:450万円

    アサヒグループ食品株式会社の平均年収は450万円

    アサヒグループ食品株式会社は食品や医薬品などの製造・販売を行うグループ会社です。

    給与は学歴や採用形態など個人によって異なります。

    転職者の場合、前職での経験の有無が給与に反映される傾向が強いです。

    エノテカ株式会社:383万円

    エノテカ株式会社の平均年収は383万円

    エノテカ株式会社は主にワインの輸入・通信販売サービス・ショップ運営などを行うグループ会社です。

    給与は役職のある人でも本社に比べて低めですが、賞与の支給率も改善されてきました。

    今後に期待ができるアサヒビールの子会社です。

    ニッカウヰスキー株式会社:250万円

    ニッカウヰスキー株式会社の平均年収は250万円

    ニッカウヰスキー株式会社は創業時からウイスキーを中心としてスピリッツ、リキュール、ワインなどをつくり続け、現在では、焼酎や低アルコール飲料などの製造も手掛けているグループ会社です。

    本社よりも給与は750万円以上低く、工場勤務になると重労働を担うことになります。

    ただし、役職に就けば平均年収以上の給与が見込めます。

    7.アサヒビールの口コミ情報

    ここからは、アサヒビール社員の口コミ情報について以下の3つを解説します。

    では、それぞれみていきましょう。

    賞与に関する口コミ情報


    30代/営業(非正社員)

    契約社員でもボーナスが6月、12月の2回ある

    給与は1年に1回の更新月から上がる。

    給与は他社アルコールメーカー含めて、高い方だと思う。

    (引用:カイシャの評判


    30代/企画・事務・管理

    契約社員として働いていましたが、給与は時給制でボーナスもありませんでした

    年に2回ほどインセンティブがほんの少しだけでていました。

    時給は社員より働く量が多かった割には低かったと思います。

    (引用:カイシャの評判

    契約社員でも実績や部署によってボーナスがある人とない人がいるようです。

    賞与を含めた賞与に対する満足度は社員によって異なることがわかりますね。

    昇進に関する口コミ情報


    30代/営業

    非管理職は8割程度が行動評価であり、それが評価されると昇給できる。

    行動は積極性や知識をつける活動が評価されるので自分のためにもなる。

    上司は引き上げようとしてくれる場合も多いのでみな均等にあがっていくのはいいともいえる。

    (引用:カイシャの評判


    60代以上/営業

    きちんと仕事をすれば、それなりに評価はされており、待遇も決して悪くは無い。

    ただ、進級に関しては他社と同様不明確

    何故あの人がと思われる様な昇進がしばしば見受けられる。

    やはり、社内営業?のできる人間が進級が早いと思われる。

    (引用:カイシャの評判

    行動評価できちんと仕事をしていれば昇進できる職場環境

    ただし、部署によっては実力だけでなく人あたりやコミュニケーション力を人事評価で重視することもあるようです。

    福利厚生に関する口コミ情報


    30代/営業

    新幹線通勤可など高額の支援もある

    年間100000円を超える旅行などに使った金のキャッシュバック制度もあり、毎年もらえる。

    住宅補助は約十万~十五万程度あるので持ち家にすまなくてもいいと感じる人も多い。

    (引用:カイシャの評判


    30代/営業

    住宅費の支援が毎年サポート額が小さくなったり対象がせまくなっている。

    新幹線通勤も認められる日とがいる一方で地方勤務の場合認められない人もいるので曖昧なジャッジ。

    休暇はあるが、なかなかとれない雰囲気が本社にある

    (引用:カイシャの評判

    新幹線を利用した通勤が認められているが、地方勤務の場合は不可のケースもあるようです。

    さすが大企業のアサヒビールというだけあり福利厚生は充実していますが、社員に十分浸透していない職場環境という意見もあります。

    働きやすさに関する口コミ情報


    30代/営業(非正社員)

    9時から17時半で残業代も働いた分だけ頂いける。

    平均残業は20時間で、多くても30時間まで。

    フレックス制度なので、時間も融通がきく

    (引用:カイシャの評判


    40代/営業(非正社員)

    繁忙期や夏季、年末年始の拘束時間が一日12時間を越える事がしばしば

    月40時間を越えると上司からの指導が入ります、評価が下がる。

    (引用:カイシャの評判

    配属先によって残業の有無は大きく異なります

    残業がない部署では定時に帰れる職場環境ですが、繁忙期になると勤務時間が長くなる傾向があるようです。

    8.アサヒビールの中途採用情報

    ここではアサヒビールの中途採用情報について、以下の2つを解説します。

    では、それぞれみていきましょう。

    中途採用のチャンスは少ない

    アサヒビールの中途採用のチャンスは多くありません。

    というのも、アサヒビールは人気企業なので離職率が低く、求人が出る機会がほとんどないからです。

    したがって、募集があったとしてもかなりの倍率になることが予想されます。

    ただし、グループ会社の場合は営業や事務職の求人が出ていることもあります。

    アサヒビール本社の求人だけでなく、グループ会社へも視野を広げることで転職のチャンスが得られるでしょう。

    転職難易度は高め

    アサヒビールの転職難易度は高めです。

    大企業で高い給与が見込めるため、求人が出ると多くの応募者が殺到することが予想されます。

    アサヒビールような人気企業への応募は書類選考にすら届かないことも珍しくありません。

    個人だけで選考を勝ち抜こうとするより、転職エージェントを利用しながら専門性の高いアドバイスを得る方が確実です。

    転職活動では企業研究がポイント。

    「アサヒビールへの転職難易度は高い?採用制度や面接対策も紹介」の記事では、企業の特色や採用時のポイントなどを抑えることが可能です。

    ぜひ参考にしてみてくださいね。

    アサヒビールの転職にはJACリクルートメントを利用しよう

    アサヒビールへの転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    日本最大の企業であるアサヒビールグループへの転職であっても、的確にサポートしてくれます

    これまでの豊富なハイキャリア・高年収転職支援の実績から、異業種からのアサヒビールへの転職支援もバッチリ行なってくれるはずです。

    また、求人票には載っていない内部情報を、事前に確認することもできます。

    採用難易度が高い大企業アサヒビールへの転職だからこそ、JACリクルートメントは心強い味方になってくれますよ。

    登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

    9.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、アサヒビールの平均年収「1,093万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    アサヒビールの平均年収は1,093万円

    アサヒビールの年収の特徴は以下の通りです。

    • 上場企業の中でも上位2%に入るほど高い給料が見込める
    • 学歴と専門性が高い方が年収の高い職種に就ける
    • 人気企業なので離職率が低く中途採用のチャンスは少ない

    今回紹介した内容をアサヒビールの年収の理解や企業研究に生かしてみてくださいね。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?