ブリヂストンの平均年収は723万円!ボーナスや転職情報も解説

ブリヂストンの平均年収 平均年収

ブリヂストンの平均年収は、約723万円です。

ブリヂストンはグローバルで活躍するタイヤメーカーで、職種によっては、さらに高年収を目指せるといっても過言ではありません。

当ページでは、そんなブリヂストンの役職・職種別などの年収、ボーナス事情、子会社のブリヂストンサイクルの年収までまとめました。

さらに、ブリヂストンの年収が平均と比べて高いか低いか比較するために、ライバル会社との年収比較・年収ランキングも紹介します。

このページを読めば、ブリヂストンの年収や会社の実態などを把握でき、転職活動に活かせますよ。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値とブリヂストンの年収比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.ブリヂストンの平均年収

ブリヂストン(Bridgestone)の2018年12月期の平均年収は、約723万円です。

この章では、このブリヂストンの平均年収について、さまざま角度から解説します。

年収推移

ブリヂストンの年収はここ数年、右肩上がりの傾向にあります。

ブリヂストンの年収推移
期間 平均年齢 平均年収
2014年12月期 38.8歳 661万円
2015年12月期 39歳 680.4万円
2016年12月期 39.3歳 692.1万円
2017年12月期 39.8歳 720.1万円
2018年12月期 40.1歳 723.3万円

(参考:有価証券報告書

2014年12月期では661万円でしたが、2018年12月期では723.3万円と約60万円もアップしています。

こうした右肩上がりの年収推移は、海外事業が好調で、業界の平均を上回る成長を目標に掲げていることなどが理由だと言えるでしょう。

もしかしたら今後も、平均年収はアップするかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 職種別

    ブリヂストンの平均年収は、職種によって大きく異なります。

    ブリヂストンの職種別年収
    職種 年収
    IT系エンジニア 850万円
    医薬・化学・素材・食品系専門職 750万円
    営業系 708万円
    専門サービス系 700万円
    企画・事務・管理系 650万円
    販売・サービス系 650万円
    電気・電子・機械系エンジニア 644万円
    その他 467万円

    (参考:カイシャの評判

    IT系エンジニアや医薬・化学・素材・食品系専門職であれば、ブリヂストンの平均年収を超えられる結果となりました。

    その他の職種でも、日本の平均年収である「423万円」よりも高めの傾向にあります。

    学歴別

    ブリヂストンの年収は、学歴によっても変わります。

    初任給は、次の通りです。

    2018年4月実績

    【総合職】
    ・修士了:月給24万7000円
    ・大学卒:月給22万5600円

    【一般職】
    ・大学卒:月給187,800円

    引用元:「リクナビ2020

    産労総合研究所の調査によると、2019年度の初任給の平均水準は、大学卒で208,826円だったため、ブリヂストンの大卒初任給は、総合職ならば水準よりも高いと言えます。
    (参考:2019年度 決定初任給調査の結果

  • スポンサーリンク

  • 役職別

    一般社員や課長、部長など役職によっても、平均年収は異なります。

    役職 年収
    一般社員 300万円以上
    課長 900万円以上
    部長 1,000万円以上

    一般社員では、600万円程度の年収も目指せますが、さらに役職をランクアップさせれば、1,000万円以上も夢ではありません。

    ボーナス・賞与について

    年収には基本給与と諸手当だけではなく、年2回の賞与が含まれています。

    ボーナス・賞与の金額は、業績や年齢、役職などによって異なりますが、高ければ200万円程度も目指せるでしょう。

    つまりブリヂストンは、基本給与だけではなく、ボーナス・賞与も高めの傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • 子会社・ブリヂストンサイクルの年収

    ブリヂストンの子会社であるブリヂストンサイクル株式会社の平均年収は、542万円です。
    (参考:カイシャの評判

    ブリヂストンよりも低い年収ですが、日本全体の平均年収である423万円と比較すると、この数値は低いとは言えません。

    また企画・事務・管理系や電気・電子・機械系エンジニアといった職種によっては、年収600万円も目指せるでしょう。

    2.ブリヂストンの年収ランキング

    ブリヂストンの平均年収が高いのかどうか知るために、競合企業の年収も把握しておきましょう。

    この章では、ゴム製品業界の年収ランキングなどを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • ゴム製品業界ではトップクラス

    ブリヂストンは、ゴム製品業界ではトップクラスの平均年収をキープしています。

    ゴム製品業界の年収ランキング
    会社名 平均年収
    ブリヂストン 723万円
    住友理工 717万円
    昭和ホールディングス 704万円
    ニチリン 686万円
    バンドー化学 672万円
    住友ゴム工業 651万円

    ちなみに、ゴム製品業界の平均年収は600万円程度です。

    そのため、ブリヂストンの年収はかなり高めだと言えるでしょう。

    その他上場企業と比較すると上位ではない

    ゴム製品業界の中では上位であるものの、その他の大手・上場・有名企業と比較すると、723万円という平均年収は圧倒的に高いわけではありません。

    プレジデントオンラインの「平均年収ランキング(2019年版)」では、1,000万円以上の年収になっている会社が98社もありました。

    中には、2,000万円を超えている会社もあるため、平均年収723万円は誰もが認める「高年収」とは言えません。

  • スポンサーリンク

  • 3.ブリヂストンの転職事情

    ブリヂストンへの転職をスムーズに進めたいなら、会社の採用情報は確認しておきたいですよね。

    この章では、ブリヂストンの採用情報や転職事情を紹介します。

    ブリヂストンの転職事情をさらに詳しく知りたい方は、「ブリヂストンへの転職を後悔しないために!社員の口コミや企業情報を解説」をご覧ください。

    求める人物像

    ブリヂストンでは、次のような人物像を求めています。

    当社はグローバル規模でますます活躍のチャンスが広がっており、チャレンジ精神旺盛な方や、何事に対しても常に情熱を持って取り組んでいける方には、最も相応しい会社だと思います。
    これまで培ってきた知識や経験を、ぜひ当社にぶつけてみてください。
    私たちは大きな活躍の舞台を用意してお待ちしております。

    引用元:「採用担当者からのメッセージ

    このように、世界的なメーカーだからこそ、挑戦心や熱意を持って仕事に取り組める人を歓迎しています。

    正社員の採用情報

    ブリヂストンの公式ホームページでは、以下のようにキャリア採用を行っていません。

    現在、受け付けている職種はありません

    引用元:「キャリア採用 募集職種情報

    ここでは、今後人材が必要になった時に募集するかもしれない職種や待遇・福利厚生を紹介します。

    今後募集される可能性がある職種

    ブリヂストンの職種は、大きく分けて、事務系と技術系に分けられます。

    事務系
    • 国内営業
    • 海外営業
    • マーケティング
    • 経理
    • 調達
    • 広報
    • 人事 など
    技術系
    • 製品設計開発
    • 生産技術開発 (設備・製造プロセス・IE)
    • 研究開発
    • 知的財産
    • 環境管理
    • 品質保証
    • 技術サービス など

    (参考:新卒採用 募集要項

    大手企業だけに、さまざまな職種があり、会社の事業を支えています。

    中途採用でこうした職種の募集があった際は、仕事に必要な知識・スキル、経験などが求められると認識しておきましょう。

    待遇・福利厚生

    ブリヂストンの待遇・福利厚生は、他の上場企業と同じくらい充実しています。

    保険
    • 雇用
    • 労災
    • 健康
    • 厚生年金
    諸手当
    • 所定時間外手当
    • 家族給
    • 住宅給
    • 通勤費 など
    休日・休暇
    • 週休2日制
    • 年間休日数120日
    • 有給休暇
    • 慶弔休暇 など
    その他
    • 独身寮・社宅
    • 保養施設
    • 財形貯蓄制度
    • 持株制度
    • 融資制度
    • 育児休職制度
    • 短時間勤務制度
    • フレックス制度
    • テレワーク制度 など

    (参考:「募集要項・待遇と勤務」「よくあるご質問」)

    さまざまな待遇・福利厚生が整い、人財育成制度も充実しているため、働きやすさを実感できるはずです。

    また、キャリア採用であっても、同じ待遇を受けられます。

    契約社員の採用情報

    ブリヂストンでは、公式ホームページにて正社員の募集はしていませんが、「契約社員」の募集を行っています。

    職種・仕事内容 公式ホームページ
    • タイヤ工場 製造技能契約社員
    • 国内10工場でタイヤ製造

    タイヤ工場 製造技能契約社員

    • タイヤ補強材工場 製造技能契約社員
    • 佐賀工場でタイヤ補強材のスチールコードを製造
    タイヤ補強材工場 製造技能契約社員
    • 化工品工場 製造技能契約社員
    • 油圧ホース、給水・給湯配管の製造
    化工品工場 製造技能契約社員

    どの仕事も時給制ではありますが、高時給であり、高年収も目指せるでしょう。

    正社員登用もあり、契約社員から正社員になって腰を据えて働くことも可能です。

    転勤はあるのか

    ブリヂストンは、職種によって転勤することを前提に募集を行っています。

    大卒総合職スタッフの採用においては、育成的観点から全国地域を対象としたローテーション (人事異動) を行っているため、勤務地を限定するかたちでの募集は行っておりません。

    引用元:「よくあるご質問

    転勤はあるものの、海外で働ける可能性もあるため、グローバルで活躍したい人にはおすすめの会社です。

    激務という噂は本当なのか

    ブリヂストンは、激務と言われることもありますが、「異常な職場環境」というわけではありません。

    なぜなら、上場企業で社内コンプライアンスが確立し、休日・休暇制度も充実しているからです。

    社員の平均勤続年数も、14年と長い傾向にあります。

    「メーカー=工場勤務=激務」といったイメージはありますが、実態は違うと認識しておきましょう。

    ブリヂストンへの転職は「JACリクルートメント」の利用がおすすめ

    ブリヂストンへの転職を円滑に進めたい人は、転職エージェントの「JACリクルートメント」を利用しましょう。

    転職エージェントには、キャリアアドバイザーが在籍し、求人紹介や年収交渉など、転職に関するさまざまなことをサポートしてくれます。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    ブリヂストンは公式サイトでは正社員の中途採用の募集を行っていませんが、JACリクルートメントならば、一般に公開されていない求人を保有しているかもしれません。

    非公開求人をチェックして転職をスムーズに進めたい人は、JACリクルートメントに登録しましょう。

    JACリクルートメントに
    登録してみる【完全無料】

    4.ブリヂストンの口コミ・評判

    ブリヂストンに転職したい人は、社員の口コミ・評判もチェックしておきましょう。

    そうすれば、世の中に出ていない情報を把握でき、会社の内部事情を知ることができます。

    この章では、ブリヂストンの良い・悪い口コミ・評判を紹介します。

    良い口コミ・評判


    40代男性/医薬・化学・素材・食品系専門職

    「最高の品質で社会に貢献」をモットーに日々開発を進めています。厳しい目標を達成できた時がやりがいを感じる瞬間です。

    引用元:「カイシャの評判


    20代女性/企画・事務・管理系

    大企業なので一般的な福利厚生は充実しています。社宅もあり、うまくいけば格安で都内にすむことができます。

    引用元:「カイシャの評判


    40代男性/医薬・化学・素材・食品系専門職

    基本給はそんなに高くないとは思いますが、比較的業績が好調なので賞与は良いと思います。年収ではおおむね満足しています。

    引用元:「カイシャの評判

    「仕事にやりがいを感じられる」「福利厚生が整っている」といった良い口コミ・評判が散見されます。

    また給与面に関しては、水準が高く満足しているという人も多いようです。

    悪い口コミ・評判


    40代男性/電気・電子・機械系エンジニア

    部門間の壁が高く、良い提案であってもある部門のトップが認めないと表に出ていかないことがあった。うまく社内政治を回避しないと、一流の提案であっても揉み消されてしまう。

    引用元:「カイシャの評判


    40代男性/電気・電子・機械系エンジニア

    【社員の成長のための取り組み】中途採用向けの研修が少ない。これまでのノウハウを伝達する仕組みがあるが、新しいものを吸収し、創り上げていく社風は少ないように感じる。

    引用元:「カイシャの評判


    40代男性/企画・事務・管理系

    ほぼ年功序列。長くいればいるほど給料はあがる。能力主義をうたってはいるが、実際には能力がなくても上に気に入られればあがる

    引用元:「カイシャの評判

    「部門間の隔たりが大きい」「保守的な社風」といった悪い口コミ・評判が散見されます。

    年功序列という給与面に関する口コミもあるため、若いうちは高年収を期待できないかもしれません。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、ブリヂストンの平均年収「723万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    大手タイヤメーカーであるブリヂストンの平均年収は、723万円です。

    ブリヂストンの年収など給与に関する特徴は、次の通りです。

    • 初任給の水準が高い
    • 役職をランクアップさせれば1,000万円以上も目指せる
    • 子会社・ブリヂストンサイクルの平均年収は542万円
    • ゴム製品業界ではトップクラスの給与を誇る

    また、職種や役職次第では723万円以上も夢ではありません。

    さらに、ここ5年平均年収がアップしているため、安定した高収入を期待できるでしょう。

    ブリヂストンの公式ページでは中途採用の募集をしていませんが、「JACリクルートメント」という転職エージェントを利用すれば非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

    転職を考えている方は、ぜひ利用してみてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?