中小企業診断士は年収格差が大きい!?収入の現実や将来性を徹底解説

Business Brainstorming Graph Chart Report Data Concept
平均年収

中小企業の経営問題に対し、アドバイスや解決策を提案する中小企業診断士。

「中小企業診断士の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

中小企業診断士の年収は、300~700万円程度

高収入のイメージが強いですが、現実は個々の収入格差が大きい職業です。

本記事では、中小企業診断士の詳しい年収や収入の実態について解説します。

高収入を得る方法や将来性についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.中小企業診断士の年収は300~700万円

経営に関する相談にのり、中小企業が抱える問題を解決へと導くことが中小企業診断士のおもな仕事。

個々によって差がありますが、中小企業診断士の年収は300~700万円です。

平均すると年収500万円前後

中小企業診断士全体の年収を平均すると、500万円前後になります。

日本人の平均年収は420万円程度なので、 中小企業診断士の年収は平均よりやや高いといえます。

また、ボーナスを年間80万円とすると、月収は約35万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、26~28万円程度です。

  • スポンサーリンク

  • 年齢別の年収一覧

    中小企業診断士の年齢別の平均年収は、以下の通りです。

    20代 280~350万円
    30代 390~440万円
    40代 500~560万円
    50代 560~600万円
    60代 400~500万円

    20~30代の年収は、それほど高くありません。

    平均年収がピークになるのは、50代。

    50代は 実績を重ねたベテラン中小企業診断士の割合が高いため、平均年収も高くなっていると考えられます。

    年収格差が大きい職業

    冒頭でもお伝えしたとおり、中小企業診断士は年収格差が大きい職業。

    年収300万円前後の人もいれば、1,000万円以上を稼ぐ人もいます

    平均年収はあくまでも中小企業診断士全体の金額なので、参考程度に考えてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 2.中小企業診断士の収入の現実

    この章では、 中小企業診断士の収入の現実について解説します。

    資格手当は1~3万円

    一般企業に勤める会社員が中小企業診断士の資格を取得した場合、資格手当が支給されるケースが多いです。

    企業によって金額は異なりますが、相場は1~3万円程度。

    新入社員が資格を取得したからといって、年収が一気に上がることはないので注意しましょう。

    資格取得による収入アップは、年間12~36万円くらいと考えてください。

  • スポンサーリンク

  • 資格を取得する以前から高収入の人が多い

    「資格手当の金額がそこまでないのに、なぜ中小企業診断士の年収は平均より上なの?」「どうして高収入な資格といわれているの?」と疑問に感じている方も多いですよね。

    中小企業診断士の平均年収が500万円前後となっているのには、資格を取得している「層」が大きく関係しています。

    コンサルティング力やマネジメント力を問われる中小企業診断士の資格は、 課長・部長など役職についている人や、管理職の人が多く取得する傾向があります。

    役職についている人や管理職の人の多くは、一般社員よりも高収入。

    資格取得者のうち、もともと年収の高い人が占める割合が大きいため、中小企業診断士全体の年収が高くなりがちなのです。

    3.中小企業診断士が高収入を目指す方法

    この章では、 中小企業診断士が高収入を目指す2つの方法について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 独立・開業する

    年収1,000万超えを目指す手段のひとつが、独立・開業すること。

    中小企業診断士として独立・開業した場合、 「コンサルティング」や「セミナー講師」などがおもな業務となります

    コンサルティング

    中小企業診断士のメインの仕事といえるのが、コンサルティング業務です。

    中小企業が抱える問題を解決へと導くため、 経営コンサルタントとして助言をしたり改善案を提案します

    独立した場合、自分で顧客を見つけることになるため、コンサルティング能力だけではなく営業スキルを伸ばすことが重要。

    顧客を獲得しなければ、独立中小企業診断士として成功することは困難です。

    以下は、中小企業診断士の独立に関して執筆されている書籍です。

    気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

    独立する! 中小企業診断士 開業のコツ60
    • 日沖 健
    • 価格   ¥ 2,160
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    セミナー講師

    独立中小企業診断士のもうひとつの業務が、セミナー講師です。

    経営の知識やノウハウを持つ中小企業診断士は、経営者などを対象としたセミナーの講師を依頼されやすいのです。

    セミナー1回あたりの金額は中小企業診断士としての知名度や実績によって異なりますが、2~5万円程度が相場。

    有名な中小企業診断士になるほど、1回あたりの報酬も高くなります。

    独立しても収入が増えるとは限らない

    年収アップを目指して独立する方も少なくありませんが、独立しても必ず収入が増えるとは限りません。

    顧客を獲得できなければ、 企業で一社員として働いていたときよりも収入が減ってしまう可能性もあります

    将来的に独立したいのであれば「どう顧客を掴むのか」考えることが大切。

    独立前の準備として、仕事の依頼につながるような人脈をつくっておくことをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 4.中小企業診断士を目指す方法

    中小企業診断士になるまでのステップは、以下の通りです。

    ステップ1.国家資格を取得する

    中小企業診断士として業務を行うためには、国家試験をパスして資格を取得する必要があります。

    中小企業診断士試験に受験資格はなく、誰でも受験が可能

    試験は1次試験・2次試験で構成されており、おもな出題内容は以下の通りです。

    <1次試験>

    • 経済学
    • 経済政策
    • 財務・会計
    • 企業経営理論
    • 運営管理……など

    ※マークシート形式で出題

    <2次試験>

    • 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例について筆記試験
    • 口述試験

    ※1次試験合格年度とその翌年度の2年間受験可能

    中小企業診断士試験の合格率は、1次・2次ともに20%程度。

    ストレート合格できるのは、4~5%となっています。

    一発ストレート合格を目指す場合は、十分な勉強時間を設けましょう。

    中小企業診断士試験について詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

    J-SMECA 中小企業診断協会 – 中小企業診断士試験

    ステップ2.実務補習を受ける

    試験に合格して、すぐに中小企業診断士として働けるわけではありません。

    資格取得後は、15日間の実務補習を受ける必要があります。

    実務補習では、企業に対して実際に経営診断・助言などを行います

    実務補習が設けられているのは、知識だけでなくしっかりと実務能力を身につけるため。

    実務補習を受けるのが難しい場合は、診断実務に15日間従事することで、資格を登録する権利を得ることが可能です。

    ステップ3.中小企業診断士として登録する

    実務補習もしくは診断実務を15日間行った後、中小企業診断士として登録を行います。

    経済産業大臣に登録の申請をし、登録証を受け取ることで、晴れて中小企業診断として活動することが可能です。

    登録後すぐに独立する人もいますが、企業に勤めて「企業内中小企業診断士」として実績を積むこともひとつの手段。

    資格を活かして働きたい方は、たくさんの求人情報が掲載されている 転職サイト「doda(デューダ)」をチェックしてみてくださいね。

    希望の職業×勤務地×年収で、仕事を探すことができます。

    5.中小企業診断士は将来的にも需要が高い職業

    この章では、 中小企業診断士の将来性について解説します。

    AIに代替される可能性が低い

    近年「あらゆる職業がAIに仕事を奪われてしまうのではないか」と懸念されていますが、中小企業診断士はAIに代替される可能性が低い職業です。

    というのも、中小企業診断士はひとつの角度からベースに沿って診断を行えば良いわけではありません。

    経営者や従業員から意見を聞きとり、さまざまな角度から物事を考える必要があるのです。

    業務には、人と人とのコミュニケーションが必須であるため、今後AIに仕事を奪われる可能性は低いと考えられます。

    中小企業の活発化は景気を左右する

    日本の企業のうち9割以上が中小企業。

    中小企業がいかに活発に事業を展開するかにより、日本の景気は大きく左右します

    さらなる景気回復を狙う日本において、中小企業を支える「中小企業診断士」の需要は、今後もますます高くなっていくでしょう。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、中小企業診断士の平均年収に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    中小企業診断士は、個々による年収格差が大きい職業。

    資格を取得しても、一気に年収が高くなるわけではありません。

    しかし、中小企業診断士の資格があることは経営知識があることはもちろん、 コンサルタント能力・マネジメント能力があることの証となります。

    「将来的に独立を考えている」「コンサルティングを仕事にしたい」という方は、ぜひ中小企業診断士を目指してみてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク