【コンサルタントの年収を徹底解説】2,000万円を超えるには…

コンサルタントの年収 平均年収

コンサルタントはクライアントの相談に乗り、解決策を見出す仕事。

コンサルタントの年収は500~1,000万円が相場ですが、役職によっては年収2,000万円を超えるケースもあります。

本記事では、コンサルタントの「詳しい年収」「業務内容」「将来性」などを解説します。

スポンサーリンク

1.コンサルタントの年収:500~1,000万円

コンサルタントの給与形態は実に様々です。

特に外資系の企業は年俸制を取るのが一般的。

年俸+ボーナス(賞与)+残業代という企業もあれば、年俸にボーナス(賞与)があらかじめ組み込まれている企業もあります。

ボーナスのある企業であれば、その額は年収の10~20%程度が目安です。

残業代については、一定時間を過ぎてから申告するという制度を設けられていることが多く、大企業であってもほぼ申告できずにいるという口コミもあります。

コンサルタントの業界別の年収

コンサルタントは大きく分けて8種類に分類されます。

それらの推定年収をランキング形式で表しました。

(知りたい業界をクリックすると、詳しい説明に飛びます)

  業界 年収
1位 戦略系コンサルタント 1,384万円
2位 ファイナンシャルアドバイザリーコンサルタント 1,204万円
3位 事業再生 / ハンズオン型支援コンサルタント 1,132万円
4位 シンクタンク系コンサルタント 920万円
5位 業務・IT系コンサルタント 850万円
6位 組織人事コンサルタント 801万円
7位 監査法人コンサルタント 728万円
8位 ミドルマーケット向けコンサルタント 601万円

同じコンサルティング業でも1位と8位とでは実に倍以上の差があります。

また、同じ業界の中でもバラつきがあり、中にはサラリーマンの平均年収400~500万円とほぼ変わらないファームさえあります。

コンサルティング業であれば高収入とは一概には言えませんが、全体の平均は年収701万円であり、給与が高めであることは確かです。

  • スポンサーリンク

  • 年収UPには高い役職につく

    コンサルタントは役職によって年収が大きく変わります。

    役職 コンサル経験 年収
    アナリスト 0~3年 500万~800万円
    コンサルタント 0~6年 700万~1,300万円
    マネージャー 2~10年 900万~2,000万円
    プリンシパル 5~15年 1,300万~2,500万円
    パートナー 7年以上 2,000万円以上

    同じ役職内でも業績次第では一定の範囲内で変動しますが、やはり階層別に明確な収入差があることが分かります。

    未経験・中途採用であっても、個人の能力に見合った役職からスタートする場合が多いです。

    年収を上げたいなら転職を考えるのもアリ

    もしも、今の給与に不満を持っているのなら、転職を検討することもひとつの手段です。

    ただ、「転職活動は何かと大変そう」と不安に感じる方もいらっしゃいますよね。

    そんな方には、手厚いサポートを受けられる「JACリクルートメント」をおすすめします。

    JACリクルートメントは、求職者にぴったりの企業を紹介してくれる「転職エージェント」

    コンサルタントに特化した専門ページも用意されているので、スムーズに転職活動を進めることができますよ。

    JACリクルートメント

    年収1,000万円を超える高収入案件も充実しているので、「収入をアップさせたい」という方にもおすすめ。

    コンサルタント職に精通した担当者が、あなたのキャリアについてアドバイスしてくれるので、信頼感も抜群です。

    登録するだけで「求人オファー」が届くので、まずは気軽に登録してみましょう。

    8種類のコンサルタントを簡単に解説!

    1.戦略系コンサルタント

    欧米を拠点に、ワールドワイドに展開しているファームが大半です。

    以前は欧米の経営知識やコンセプトを当てはめるやり方が主流でしたが、近年はそれに加えてより日本のクライアントに密着し、経営層が抱える悩みを解決していく手法を取るファームが増えています。

    大企業や経営者に対し、綿密な分析をした提案をするばかりではなく、クライアントとともに実際にその戦略を実行するのが特徴です。

    プロジェクトテーマは幅広く、主には全社経営戦略、M&A戦略、M&A後の統合戦略、新興国進出戦略などが挙げられます。

    2.業務・IT系コンサルタント

    戦略策定、M&A、会計支援、CRM、SCM等、コンサルティングテーマが幅広いのが特徴です。

    中には特定の業務をアウトソーシングとして受注し、スピーディーな展開を見せるファームなどもあります。

    特に業務・IT系の中でも戦略コンサル部門を持つファームは、総合系コンサルティングファームとも呼ばれます。

    業界BIG4と呼ばれる4ファームのうち、デロイトトーマツコンサルティング・PwCコンサルティング・EYアドバイザリーアンドコンサルティングの3つがここに分類されます。

    3.シンクタンク系コンサルタント

    シンクタンク系ファームの主な業務は、経済調査・官公庁向けのリサーチ・ITコンサル・マネジメントコンサルの4つです。

    特に、民間企業に対してIT・マネジメントのコンサルティングをすることに注力しているファームが多い傾向にあります。

    官公庁向けのリサーチ業務、政策提言などの業務を行うファームもあります。

    従来、シンクタンクの業務は分析結果に基づく政策提言、コンサルティングの業務は政策提言をした上で実行支援までのサポートと、若干毛色が異なるとして分別されていました。

    しかし最近では、実行支援までするシンクタンクも増えてきており、ひとまとめにしてシンクタンク系ファームと呼ばれてきています。

    4.ファイナンシャルアドバイザリーコンサルタント

    ファイナンシャルアドバイザリーサービス / 通称FAS(ファス)を提供するファームを指します。

    M&A(合併・買収)に関わる経営戦略の策定、バリューエション(企業価値評価・知的財産評価・会計目的評価)、会計やITに関する不正調査などが主な業務内容です。

    近年では企業 / 事業再生まで手掛けているファームなどもあります。

    業界BIG4であるKPMGコンサルティングはここに分類されます。

    5.組織人事コンサルタント

    人事制度や人材開発に関する課題を解決に導くファームを指します。

    主に、人事制度・組織戦略など制度系と、人材の発掘・育成や組織風土変革などを扱うチェンジマネジメント系(チェンジマネジメントファーム、コーチングファーム、人材開発・研修会社)の2種類に大別されます。

    特に近年ではM&A(合併・買収)による組織編成や改革が頻繁に行われることもあり、組織人事コンサルタントの需要も高まってきています。

    6.事業再生 / ハンズオン型支援コンサルタント

    ハンズオンとは『実践』を意味し、コンサルティング業界では、再生支援のための経営計画について、策定だけではなく直接経営そのものに関わっていくというファームのことを指します。

    事業再生のみならず、事業の成長戦略支援やイノベーション支援を行うファームも増加傾向にあります。

    7.監査法人コンサルタント

    監査法人コンサルタントの業務は、会計監査業務とアドバイザリー業務の2種類があり、特にアドバイザリー業務は、最近になって注力されるようになってきました。

    会計監査業務は、財務諸表が適正にできているかを監査および、証明します。

    アドバイザリー業務では、IT関連サービス、上場(IPO)支援、IFRS支援、年金サービス支援など、企業の会計および制度に関して幅広く取り組んでいます。

    8.ミドルマーケット向けコンサルタント

    ミドルマーケットとは、『中堅・中小企業』のことを表します。

    業種や産業によって分け隔てることなく、中堅・中小企業が抱える様々な課題について、戦略立案だけではなく実践的なサービスを提供するファームを指します。

    事業再生・承継、M&A、上場(IPO)支援、組織改編、人材育成および支援、情報セキュリティ関連など非常に幅広い領域に携わっているのが特徴です。

  • スポンサーリンク

  • 2.コンサルタントの業務内容

    とにかく打ち合わせ

    コンサルティング業は、とにかく打ち合わせが多いのが特徴です。

    企業の経営について、課題を解決したり今後の方針を決定するのがコンサルタントの役割なので、打ち合わせを重ねることが重要となります。

    複数人でのミーティングでは実態を聞き出せないとして、経営層のキーマン一人ひとりと面談をするというコンサルタントもいます。

    クライアントの都合に合わせて行動をしなくてはならないため、夜遅くまでかかったり、時には休日返上で仕事をするなどということもあり、激務であると言わざるを得ません。

  • スポンサーリンク

  • 信頼関係を築き上げ社内の人間関係を調整する

    会社を1つの方向に導くことがコンサルタントの最終目的です。

    そのためには、時には社風にそぐわない方針を示さなければならない場合もあります。

    コンサルタントの示した方針を受け入れられず、反発する社員が出てくることもざらです。

    社員同士に軋轢が生じることなどもあるため、社内の人間関係を調整するのも重要な任務であると言えます。

    また、社外の人間からの意見を受け入れてもらうためには、コンサルタント / 社員間の信頼関係を一から築き上げることが必須です。

    業務にかかわる全ての人たちと円滑にコミュニケーションを取らなくてはならないため、特に最初の頃は人間関係のストレスを抱えるコンサルタントもいます。

    データ分析やプレゼンテーションの資料作成

    クライアントとのミーティングがない時間は、企業の情報取集・データ分析・プレゼンテーション資料の作成にあてられます。

    企業の経営を左右するプレゼンとなるため、不十分な分析結果であったり、資料に不備があっては信頼を失いかねません。

    提出する資料は、パートナーなどの上司に確認をしてもらいますが、修正を何度も繰り返しながら作り上げるために時間がかかります。

    また、上司からのフィードバックが深夜や休日になることもあります。

    期日内に資料を作成するために、勤務時間外であっても作業をするコンサルタントも少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • 3.コンサルタントの将来性

    現代は激しく企業同士が競い合う時代

    一昔前の日本企業は、自分たちの課題は自分たちで解決するという考えが強く、「社外の人間からのアドバイスなど聞き入れない」という風潮がありました。

    しかし、1980年代に入りバブルの時代になると、企業の成長が急激に加速するようになり、企業同士が激しく競い合うようになりました。

    これまでにはなかった経営戦略を打ち出すことが他企業との差別化を図るためには必要となってきたため、この辺りからコンサルタントの意見に耳を貸す企業が増えてきました。

    現代も企業同士が激しく競争しあっているため、コンサルタントのニーズは年々高まってきています。

  • スポンサーリンク

  • 高い専門性を持ったコンサルタントが必要とされている

    コンサルタントの起用が珍しくはなくなっている今、コンサルティング業界も生き残りをかけた競争の世界に身を投じています。

    数多くいる人材の中からコンサルタントとして採用されるには、高い専門性をアピールする必要があります。

    成果や実績作りが重要となりますが、新人コンサルタントにはまだそれがありません。

    このため、専門性を示すことができる資格を取得するコンサルタントも増えてきています。

    4.コンサルタントになる方法

    採用はポテンシャル重視

    コンサルタントの採用は、ポテンシャルを重視される傾向にあります。

    新卒者の場合は、当然業務の実績がまだありません。

    そのため、今後活躍できる人材かどうかを見極めた上で採用されます。

    中途・未経験であっても前職での業績や実力を踏まえ、それに相当する役職からスタートします。

    徹底した実力勝負の世界で、男性・女性の区分けをすることなく採用されるので、女性のコンサルタントも少なくありません。

    ただし、女性には出産、育児などによるキャリアチェンジがあり、業務内容もハードであるため、離職者も多いのが現状です。

    4年制の大学や大学院を経るのが一般的

    コンサルタントになるには、4年制の大学や大学院課程を経るのが一般的です。

    特に大手コンサルティング会社への就職を目指すのであれば、難関大学を卒業している方が有利な傾向にあります。

    大学の学部は、法学部・経済学部・商学部など、いわゆる文系の学部から採用されることが主です。

    ただし、数字に強いことや論理的思考力を求めるため、理系出身者の採用を積極的に検討するコンサルティングファームもあります。

    資格は必要?

    コンサルタントになるのには、特に必要な資格はありません。

    そんな中でも「公認会計士」「税理士」「中小企業診断士」などの資格を保有するコンサルタントもいます。

    これらの資格は、特に企業の経営面において有利に働く場合があります。

    また、MBA(経営学修士号)を取得した後にコンサルタントの職に就く人もいます。

    MBAの取得は当然難易度が高いですが、経営学のスペシャリストであることを証明する1つの手段となります。

    このため、取引先からの信頼獲得に大きく貢献すると言えるでしょう。

    特に外資系コンサルティングファームの場合、MBA資格取得者を積極的に採用する傾向にあります。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、コンサルタントの平均年収「500〜1,000万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    コンサルタントはクライアントの相談に乗り、解決策を見出す仕事です。

    コンサルタントの年収は500~1,000万円が相場ですが、役職によっては年収2,000万円を超えるケースもあります。

    現代は企業同士が激しく競い合う時代であるため、コンサルタントの需要は年々高まってきています。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク