ゴールドマン・サックスの年収は2,094万円!年代・役職別・新卒の給与を解説!

ゴールドマンサックスの平均年収 平均年収

ゴールドマン・サックス証券株式会社(日本・六本木)の平均年収は2,094万円と考えられます。

ゴールドマン・サックス証券株式会社は、個人や企業・金融機関から政府機関まで幅広い顧客に金融サービスを提供する世界有数の証券会社です。

そんなゴールドマン・サックス証券株式会社の給与システム、年代・役職別の平均年収、新卒初任給などを解説します。

将来的にゴールドマン・サックス証券株式会社に入社したいとお考えの方は、ぜひ以下記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1.ゴールドマン・サックスの平均年収は2,094万円

ゴールドマン・サックス証券株式会社(以下、ゴールドマン・サックス)の平均年収は2,094万円と考えられます(非上場のため、公開はされていません)。

なぜ、ゴールドマン・サックスの平均年収がこれほどまでに高いのかというと、日本企業にはない「Up or Out」という考え方があるからです。

「Up or Out」は外資系企業に多く取り入れている考え方で、「昇進するか? もしくは退職するか?」を意味します。

何年も昇進しないままでいることが許されない環境であり、社員の入れ替わりが激しいことから、その分、成果を出した人には高報酬が支払われるのです。

月給制の内資系企業と違い、年俸制である

ゴールドマン・サックスをはじめ、多くの外資系証券会社は給与体系に年俸制を導入しています。

年俸制とは、1年のはじめ(転職の場合は入社時)に年間の報酬が決められ、その12分の1が毎月の給料として支払われる給与制度です。

労働時間を縛りづらい業界(スポーツ選手など)でよく導入されており、残業代は加味されないケースが一般的です。

ゴールドマン・サックスの年俸は、去年の個人成績や今後のポテンシャルが基となるほか、会社の業績や経済事情とも強く連動しているといわれています(例:リーマンショック後に報酬減など)。

  • スポンサーリンク

  • 年俸に加えてボーナス(臨時収入)がプラスされる

    ゴールドマン・サックスでは「ベースサラリー」にあたる年俸に加え、「ボーナス(臨時収入)」も支払われます。

    ボーナスは1年の終わりに支給されるケースが多く、その年の業績に応じて報酬額が変動するそうです。

    ちなみに、ボーナスも会社の業績や経済事情と大きく連動しており、業績不振の場合はボーナスなしという年もあると思われます。

    2.ゴールドマン・サックスの年代別の平均年収

    ゴールドマン・サックスは成果に応じた年俸制を導入しているので、一般的な日本企業にある年功序列制は導入されておりません。

    そのため、 若くして数千万円の高年収を得ることも可能だといえますが、代わりにとても競争の激しい世界だとされています。

    おおよそではありますが、以下の表は年代別の平均年収推移をまとめたものです。

    年代 平均年収 ボーナス
    20代 1,415万円 281万円
    30代 2,043万円 405万円
    40代 2,414万円 479万円
    50代 2,504万円 497万円
  • スポンサーリンク

  • ゴールドマン・サックスの新卒初任給

    ゴールドマン・サックスに新卒で入社した場合、アナリストとしてキャリアをスタートさせます。

    アナリスト(およそ1〜3年目)の平均年収は900〜1,500万円ほどとされており、学歴によって差は特にないものと思われます。

    ただし、ゴールドマン・サックスは平均年収が高いことと、その企業ブランドから新卒入社の志願者は非常に多いと思われ、結果として、採用は国内トップの大学(旧帝大・早慶・一橋・東工など)が占めているものと考えられます。

    3.ゴールドマン・サックスの役職別の平均年収

    ゴールドマン・サックスの仕事は大きく「フロントオフィス」と「バックオフィス」に分けられます(詳細は後述)。

    そして、役職は「アナリスト」「アソシエイト」「ヴァイスプレジデント」「マネージング・ディレクター」の4つに分けられます。

    • アナリスト:入社当初(新卒)のスタートポジション
    • アソシエイト:基幹業務を担う、自己裁量権のない平社員を意味する
    • ヴァイスプレジデント(VP):課長・係長クラスの役職を意味する
    • マネージング・ディレクター(MD):部長・常務クラスの役職を意味する
  • スポンサーリンク

  • フロントオフィスの推定年俸

    フロントオフィスとは、会社の収益責任を負う部門であり、顧客企業に対してM&Aや資金調達などの支援を行なう投資銀行部門や営業部門などがあたります。

    ゴールドマン・サックスをはじめ多くの外資系証券会社では、フロントオフィスはバックオフィスに比べて多忙といわれていますが、その分、成果に比例して報酬も上がりやすい仕組みのようです。

    フロントオフィスの推定年俸は、以下表の通りです。

    役職 キャリア年数 推定年俸
    アナリスト 1〜3年目 800〜1,400万円
    アソシエイト 4〜6年目 1,400〜3,000万円
    ヴァイスプレジデント 7年目〜 2,000万円〜
    マネージング・ディレクター 実力による 5,000〜数億円

    国税庁が発表した「民間給与実態統計調査結果」(平成29年分)によると、1年を通じて勤務した給与所得者の年間の平均給与は432万円ですので、 アナリスト(入社1年目)から国平均の倍近い年収を得られることがわかります。

    そのうえで実力主義ではありますが、マネージング・ディレクターまで上り詰めた場合は、推定年俸5,000万円以上ということですから、一流アスリートと同じくらい稼げる会社だといえます。

    バックオフィスの推定年俸

    バックオフィスとは、フロントオフィスからのデータを整理・管理する業務や経理、人事、コンプライアンス管理など営業活動を下支えする業務にあたる部門です。

    フロントオフィスと比べると、日々の業務が事務的であり、明確な成果が見えにくい点からボーナスは少ないようですが、一方で解雇は少ないといわれています。

    バックオフィスの推定年俸は、以下表の通りです。

    役職 キャリア年数 推定年俸
    アナリスト 1〜3年目 650〜800万円
    アソシエイト 4〜6年目 800〜1,500万円
    ヴァイスプレジデント 7年目〜 1,500〜2,000万円
    マネージング・ディレクター 実力による

    4,000〜5,000万円

    フロントオフィスと比べると、アナリストの推定年俸は低いですが、それでも 国の平均年収432万円を新卒1年目から200万円強ほど上回る報酬が得られることがわかります。

    各役職において、バックオフィスはフロントオフィスの推定年俸の20〜50%ほど報酬が低いようです。

  • スポンサーリンク

  • 4.【補足1】ゴールドマン・サックスが求める人材

    ゴールドマン・サックスの会社HPをみると、「知性にあふれ、才能豊かな起業家精神と行動力を併せ持つ、洞察力の優れた人材を常に求めている」と書かれています。

    また、新卒採用も行なっているが、社員の70〜90%は中途採用で獲得した社員といわれています。

    中途採用率の高さから分かるように、実績を積んだ即戦力になる人材を求めているのがわかります。

    高学歴・頭の回転の速さ・英語力が必要とされるため、レベルが高い企業といって言いでしょう。

    ゴールドマンサックスに転職をお考えなら、ハイキャリア向けのJACリクルートメントがおすすめです。

    ゴールドマンサックス証券の主な福利厚生

    仕事はハードなイメージの強いゴールドマン・サックスですが、 優秀な人材が継続的にパフォーマンスを維持するために、福利厚生は充実しています。

    以下がゴールドマン・サックスの主な福利厚生です(あくまで一部です)。

    • 完全週休2日(土・日曜)、祝日、年末年始
    • 年次有給休暇(初年度は1〜30日、以降は継続年数によって15〜30日ほど支給)
    • 特別有給休暇(結婚・忌引・療養休暇・出産休暇・育児休暇・介護休暇)
    • フィットネスセンターや健康診断、人間ドックの機会提供
    • クリティカル・ヘルス・ソリューション(社員または社員の家族の深刻な病気や怪我に対して医療助言を行なうサービス)
    • 会員制福利厚生サービス(各種宿泊施設や生活関連サービスを割引価格にて利用できる)
    • 従業員支援プログラム(社員または社員の家族に24時間体制のカウンセリングを提供)
    • 金額入院保険(疾病や怪我による入院期間中、一定額の入院給付金支給)
  • スポンサーリンク

  • 5.【補足2】ゴールドマン・サックスの業務内容

    ゴールドマン・サックスは米・NYにて1869年に創業し、日本では1983年より営業を開始。

    「投資銀行業務」「機関投資家向けクライアント・サービス」「投資および貸付業務」「投資運用業務」を中心に、個人・企業・政府機関など幅広い顧客に金融サービスを提供する世界有数の外資系証券会社です。

    会社名 ゴールドマン・サックス証券株式会社
    代表取締役 持田 昌典
    住所 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
    社員数 約800人
    資本金 836億1,600万円
    事業内容 金融商品取引法その他の法律により金融商品取引業者が行なうことができる業務及びこれに付帯関連する一切の業務
    グループ会社

    ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社 / ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社 / ゴールドマン・サックス・ジャパン・サービス株式会社

    ゴールドマン・サックスの業務内容は以下のように大きく6つに分けられます。

    それぞれ、金融業界に所属していない方からすると、あまり馴染みのない業務だと思います。

    ここでは、そんなゴールドマン・サックスの業務内容をご説明します。

    投資銀行業務

    以下は各業務内容の解説です。

    M&A

    合併・企業買収・業務提携・LBO・買収防衛・事業の再編など多岐に渡る戦略的アドバイスを提供

    1997年以来、M&Aにおけるアドバイザーのグローバル・ランキングにおいて首位(トムソン・ファイナンシャル調べ)

    資金調達

    株式・株式関連商品から債券・ローンにいたるまで幅広い金融商品を取り揃え、資金調達のアドバイスとソリューションを提供

    多様な顧客の資金ニーズに合致した資金調達戦略の立案からオリジネーション、執行にいたるまでサポート

    債券引受業務

    一般的な事業債からハイブリット証券や優先出資証券など、顧客の資金ニーズや資本構成に最適な金融ソリューションを提供

    財投債や公募地方債など、起債に際してのスキームの組成および綿密な運用を実施

    レバレジッド・ファイナンス レバレッジド・ローンやハイ・イールド債、ブリッジ・ファイナンスやメザニン・デッドなどをレバレッジド・バイアウト、リキャピタライゼーション、M&Aやリストラクチャリングに際したファイナンシングなど様々な場面にあわせて提供
    リスク及びライアビリティ・マネジメント

    資金調達戦略や金融ソリューションの一環として、顧客のバランスシートやリスク管理をサポート

    大型M&Aに向けた為替・金利リスクのヘッジ戦略の構築、ビジネス環境の変化にあわせた最適資本構成のためのソリューションを提供

    ストラクチャード・ファイナンス 顧客の資本や事業、またはリスクを証券化することで、資金調達やバランスシート管理を目指す金融ソリューションを提供
    エクイティファイナンス

    新規株式公開(IPO)や売出し、公募増資、ブロック・トレード、転換社債など顧客の経営戦略上、重要な資金調達をサポート

    株式デリバティブ業務においても、自社株買いや持ち合い株式のヘッジ取引など、顧客の個別のニーズにあわせた取引をサポート

    ※参考元:Goldman Sachs「投資銀行業務」

    証券業務

    ゴールドマン・サックスの証券業務では、株式・債券・為替・コモディティ・証券化商品・デリバティブなど様々な商品やサービスを機関投資家から事業法人、金融機関、政府や政府関連機関などの顧客に提供しています。

    また、各プロダクトに精通した専任トレーダーの視点と、コンピューター技術を活用した高度な取引戦略の提案を行なっています。

    ハイタッチ・セールス・アンド・トレーディング

    取引執行に必要な資本と高度なトレーディング執行サービスの双方を提供

    リアルタイムのマーケット分析情報をはじめ、顧客の執行戦略に影響を及ぼすような流動性やイベントに関する情報を提供

    電子取引

    最先端の技術を駆使し、世界中の取引市場およびリクイディティへのアクセスを可能にするサービスを通じて、顧客の最適な取引執行を実現

    また、アルゴリズム取引GSATでは、金融工学を駆使した複雑なストラテジーも提供

    ※参考元:Goldman Sachs「証券業務」

    投資業務

    ゴールドマン・サックスの投資業務では、資金を必要とするプロジェクトや組織と投資家を結びつけるサービスを提供しています。

    なかでも、ダイレクト・プライベート投資(MBD)は1986年以来、1,250億ドル以上の資金を調達し、世界6ヵ国に8ヶ所のオフィスをようしており、世界最大手のプライベート投資家といわれています。

    MBDは大企業の事業再編に伴う子会社・事業売却の受け皿となる投資から、大規模な設備投資を必要とする企業への成長資金の共有まで、顧客ニーズに応じた柔軟なストラクチャーによる投資を可能としています。

    ※参考元:Goldman Sachs「投資業務」

    資産運用業務

    ゴールドマン・サックスの資産運用業務は、グループ会社にあたる「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社」が展開しています。

    業務は「投資信託業務」と「投資顧問業務」に分けられます。

    投資信託業務 国内金融機関を通じて提供される商品をはじめ、変額年金保険、確定拠出年金を通じて投資される商品など、多様な投資家ニーズに応えるサービスを提供
    投資顧問業務  年金基金・事業法人・金融機関など幅広い機関投資家に対して、資産運用サービスを提供

    ※参考元:Goldman Sachs「資産運用業務」

    投資調査業務

    ゴールドマン・サックスの投資調査業務では、株式や債券、為替、コモディティ市場に関する付加価値の高い調査リポートを顧客に提供しています。

    マクロ経済的視点やポートフォリオ戦略など幅広い分野で25以上の株式市場と50以上の世界の国と地域をカバーし、業界や市場トレンドを調査しています。

    エクイティリサーチ 世界中の株式市場を分析し、投資機会の発掘を行なう
    マクロリサーチ さまざまな証券やマーケット、経済の分析を行なう
    エコノミック・リサーチ マクロ経済、為替・金利の予測をして、各市場の動向分析や予測、投資戦略の推奨を行なう
    コモディティ・リサーチ コモディティ価格の予測を行なう

    ※参考元:Goldman Sachs「投資調査業務」

    エンジニアリング業務

    ゴールドマン・サックスのエンジニアリング業務は、各業務を通して、複雑な問題へのソリューション構築、世界のビジネスと金融市場を牽引するシステム開発をおこなっています。

    以下は代表的なエンジニアの職種です。

    ビジネスソフトウェアエンジニア 各部署の課題に対して、技術力と業務知識を駆使して技術的なソリューションを提供
    プラットフォームエンジニア 新しく社内のグローバルなインフラストラクチャーを開発し、保守を行なう
    DevOpsエンジニア 業務環境のリスクを解析するモデルを開発し、リスクを識別・管理・回避するためのインフラを構築する

    ※参考元:Goldman Sachs「エンジニアリング業務」

    6.ゴールドマン・サックスへの転職は「JACリクルートメント」の利用がおすすめ!

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    ゴールドマン・サックスへの転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントは、 海外・外資系などのグローバル転職支援に特化した転職エージェント。

    年収1,000万円以上の求人も多数保有しており、ハイキャリア転職のノウハウも豊富です。

    外資系・高年収・ハイキャリアが揃ったゴールドマン・サックスへの転職であっても、的確にサポートしてくれますよ。

    また、英文の書類添削や面接対策にも対応しており、実際に外資系コンサル業界への転職支援実績を数多く持っています。

    登録・利用ともに無料ですし、登録も3分ほどで可能です。

    ゴールドマン・サックスへの転職希望であれば、ぜひJACリクルートメントを活用してみてくださいね。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、自分の推定年収がいくらなのか、この機会に確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    ゴールドマン・サックスの平均年収は3,000〜3,500万円ほどと考えられます。

    内資系企業とは異なり、年俸制であるため、1年のはじめ(転職の場合は入社時)に年間の報酬が決定し、その12分の1が毎月支給されます。

    ゴールドマン・サックスは世界随一の証券会社であることから、1年目のアナリスト時代から年収は800万円を超え、内資系企業では通常得られないような報酬を手にすることができます。

    一方、入社における競争率は非常に高く、トップクラスの高学歴か、ハイスキルをもつ人材しか入社は困難だと思われます。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%