日立ソリューションズの平均年収は622万円!年代別や役職別年収も紹介

日立ソリューションズの平均年収 平均年収

日立システムズとともに日立グループの情報通信分野の中核を担う企業、日立ソリューションズの平均年収は622万円です。

これはちょうど情報通信業界の平均年収と同じ値です。

しかし、平均年収は年齢や役職などにより金額は大きく変わってきます。

そのため、詳細を知りたい方も多いのではないでしょうか。

今回は日立ソリューションズの年収事情について、細かくご紹介いたします。

  • 日立ソリューションズ全体の平均年収
  • 日立ソリューションズの年代別・役職別年収
  • 日立ソリューションズの一般職・技術職・総合職年収
  • 日立ソリューションズの学歴別初任給

この記事を読むことで、日立ソリューションズの年収事情を詳しく知ることができます。

また、日立ソリューションズへの転職を考えておられる方々に向けて、口コミ・評判や転職情報についても解説いたします。

ぜひ、最後までご覧ください。

後半では「あなた自身の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、日立ソリューションズの平均年収622万円に自分の推定年収が達しているか、ぜひ一度お試しくださいね。

スポンサーリンク

1.日立ソリューションズの平均年収は622万円

日立ソリューションズの平均年収は622万円です。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」では、2018年の給与所得者の平均年収は441万円、情報通信業の平均給与は622万円となっています。

給与所得全体からみると平均年収は161万円上回っており、情報通信業界全体ではほぼ同額です。

より詳しく、日立ソリューションズの業績推移を見ていきましょう。

2009年の有価証券報告書では696万円

日立ソリューションズ公表の2009年3月以前の有価証券報告書では、同社の平均年収額は696万円です。
※2009年度までしか有価証券報告書が公開されていないため、年収が算出できません。

平均年齢・平均勤続年数・従業員数も併せた数値を、以下の表でまとめました。

日立ソリューションズの平均年収推移
年月 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2006年3月 639万円 36.3歳 13.5 5,242人
2007年3月 662万円 37.1歳 14.2 5,093人
2008年3月 678万円 37.5歳 14.5 5,166人
2009年3月 696万円 37.8歳 14.7 5,283人

引用:「日立ソリューションズ有価証券報告書

この有価証券報告書は日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社のものです。

2010年10月に、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社と、株式会社日立システムアンドサービスが合併し、日立ソリューションズが誕生しました。

そのため、この数値はあくまで参考値としてご確認ください。

  • スポンサーリンク

  • 業績推移について

    日立ソリューションズの業績推移
    年月 売上高 経常利益 当期純利益
    2014年3月 285,456 19,451 10,875
    2015年3月 295,496 27,391 17,479
    2016年3月 149,137 12,244 438
    2017年3月 148,940 15,441 11,654
    2018年3月 153,125 18,645 15,814
    2019年3月 160,741 26,030 20,425

    (単位:百万円)
    引用:「日立ソリューションズ決算公告

    2017年以降、売上高、経常利益、当期純利益ともに上昇傾向です。

    日立ソリューションズでは、過去に2度の大きな組織改編をおこなっています。

    • 2010年10月:ソフトウェア開発・販売を主とする日立ソフトウェンジニアリング株式会社とSIの日立システムアンドサービスが合併。
    • 2015年5月:社会・金融・公共分野のシステムソリューション事業を株式会社日立製作所に移管

    2010年10月の合併時に従業員が約1万人まで増えましたが、2015年5月に約半数の5千人が日立製作所に転籍しました。

    このような大きな改編により、売上高も一時半減しました。

    しかしその後は経常利益および当期純利益が大きく上昇、当期純利益では、2015年5月改編前の値を上回る伸びを示しています。

    これは改編による影響がひと段落したことや、2017年7月から実施された全社的な働き方改革の推進が大きな影響を及ぼしたと考えられます。

    今後もさらなる成長が期待できるでしょう。

    2.日立ソリューションズの年代別平均年収

    日立ソリューションズの年代別年収

    ここから、日立ソリューションズの年代別年収をご紹介いたします。

    以下より、厚生労働省の賃金統計基本調査の情報通信業賃金と併せてご紹介します。
    (業界平均は男女の賃金を合算し算出)

  • スポンサーリンク

  • 20代は290~450万円

    日立ソリューションズの20代の平均年収は、290~450万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ20代の平均年収:290~450万円
    • 情報通信業20代の平均年収:249.8万円(男:255.1万円・女:244.6万円)

    情報通信業の平均年収と比較しても40~200万円ほど高い金額です。

    情報通信業の年収は、業界別だと「学術研究、専門・技術サービス業」「金融業・保険業」に次いで高い値です。

    その情報通信業の平均年収と比較しても高い金額ですので、日立ソリューションズの20代の平均年収は全体的にみてもかなり高い値であるといえるでしょう。

    30代は500~600万円

    日立ソリューションズ30代の平均年収は、500~600万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ30代の平均年収:500~600万円
    • 情報通信業30代の平均年収:324万円(男:347.9万円・女300.3万円)

    働き盛りの30代では、20代の平均年収と比較して150~200万円上がっています。

    情報通信業30代の平均年収と比較しても180~250万円の差があり、高い値です。

    20代から30代にかけて年収が一気にアップする理由は、昇格により、役職手当がつくようになるからです。

  • スポンサーリンク

  • 40代は650~750万円

    日立ソリューションズ40代の平均年収は、650~750万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ40代の平均年収:650~750万円
    • 情報通信業40代の平均年収:402.6万円(男:455.3万円・女:349.8万円)

    情報通信業の平均年収と比較すると高年収です。

    30代の平均年収と比較すると徐々に上昇が緩やかになり、上り幅は150万円となっています。

    情報通信業の平均年収は伸び率が80万円ほどとなっており、年代別の平均給与の伸び幅を考えてみても、日立ソリューションズの年収の伸びは非常に高いといえます。

    50代は750~850万円

    日立ソリューションズ50代の平均年収は、750~850万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ50代の平均年収:750~850万円
    • 情報通信業50代の平均年収:464.7万円(男:529.8万円:399.6万円)

    40代の平均年収と比較するとさらに上昇が緩やかです。

    情報通信業の平均年収とは300万円の差があります。

  • スポンサーリンク

  • 3.日立ソリューションズの役職別平均年収

    日立ソリューションズの役職別年収

    つづいて、役職者別平均年収です。

    役職者別平均年収は、情報通信業の役職別平均年収とほぼ同等です

    課長以上となれば年代別平均年収を上回り、1,000万円前後と推測されます。

    役職が上がることで平均年収を大きく上げることが見込まれます。

    こちらは賃金統計基本調査や口コミサイト、他サイトの情報を調査・分析した推測値ですので、あくまで参考情報としてご覧ください。

    主任の平均年収は600~700万円

    日立ソリューションズ主任の平均年収は、600~700万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ主任:600~700万円
    • 情報通信業主任:650~750万円

    40代の年収が650~750万円だったので、主任クラスに昇格するのは40代と予測されます。

  • スポンサーリンク

  • 課長の平均年収は800~1,000万円

    日立ソリューションズ課長の平均年収は、800~1,000万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ課長:800~1,000万円
    • 情報通信業課長:900~950万円

    日立ソリューションズの50代の年収である750~850万円と比較しても高い数値となっています。

    30代後半~40代で課長に就任することもあり、平均年収が大きくあがることが見込まれます。

    部長の平均年収は900~1,200万円

    日立ソリューションズ部長の平均年収は、900~1,200万円と推測されます。

    情報通信業界の数値との比較は以下の通りです。

    • 日立ソリューションズ部長:900~1,200万円
    • 情報通信業部長:1,100~1,200万円

    情報通信業界の数値と比較すると同額かやや低い値です。

    しかし日立ソリューションズでは年代別年収の値が情報通信業の平均年収よりも高いことを考えると、企業規模が大きく役職者の人数が多いことが考えられます。

    4.日立ソリューションズの一般職・技術職・総合職の平均年収

    日立ソリューションズの一般職・技術職・総合職の平均年収は以下のとおりとなっています。

    こちらも口コミサイト、他サイトの情報を調査・分析した推測値ですので、あくまで参考情報としてご覧ください。

    • 一般職:610~720万円
    • 技術職:600~700万円
    • 総合職:900~1,000万円

    総合職が高く、技術職が低いという結果となっています。

    どの職種も情報通信業の平均年収よりも高い傾向にあります。

    日立ソリューションズはシステムインテグレーション事業を主としており技術職が圧倒的に多いため、母数の違いから職種間の差が大きく見えることも推測されます。

    5.日立ソリューションズの学歴別初任給

    日立ソリューションズの学歴別初任給は以下のとおりです。

    学歴 日立ソリューションズの初任給 2018年情報通信業の平均初任給
    大学卒 212,000円 215,800円
    (男:216,900円 女:213,900円)
    修士了 235,500円 235,300円
    (男:235,900円 女:233,100円)

    引用:「日立ソリューションズ 新卒採用募集要項
    引用:「厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

    日立ソリューションズの初任給は、情報通信業とほぼ同額で大学卒は21.2万円、修士了は23.5万円です。

    大卒の初任給は情報通信業界の平均よりもやや少ないです。

    しかし、20代の平均年収は情報通信業界の平均249.8万円を大きく上回る290~450万円なので、働き方次第で給与が上がる可能性が高いです。

    6.日立ソリューションズへの口コミ・評判

    日立ソリューションズで実際に働いている方からの口コミをご紹介いたします。

    ボーナスに関する口コミ


    20代 /IT系エンジニア

    ボーナスは年間1年目60万前後2年目100万前後、3年目以降6ヶ月弱3年目以降はグレードがあがらないとボーナスもあがらない

    グレードがあがらないと大幅な昇給が見込めない。しかし、上が詰まってることもあり、グレードが上がるまでに相当な時間がかかる

    (引用:カイシャの評判


    40代/ IT系エンジニア 

    給与体系がしっかりしているため、安定しています。20年以上勤務しましたが、ボーナスが出ないなんて事は1度もありませんでした

    (引用:カイシャの評判

    日立ソリューションズは、給与体系がしっかりしており、安定してボーナスは得られるようです。

    ただし昇給はグレード制で、グレードがあがらなければ金額の上昇は望めず、またグレードの上昇にも相当な時間がかかるそうです。

     

    労働時間・残業に関する口コミ


    30代/IT系エンジニア

    働き方改革に対応しており、残業削減にかなり本気に取り組んでいます。有給休暇は月一必須で男性でも子供が小学一年生までであれば育児休暇も自由に取れます。また、在宅勤務の利用を推進しており、サラリーマンの宿命である通勤時間のストレスを省くことが出来ます。

    (引用:カイシャの評判


    30代/ IT系エンジニア

    過渡期でない場合は残業10時間以内におさまる。過渡期の場合でも、40時間、60時間になる前にアラームがされるため、プロジェクトによっては作業調整される。基本的に残業を減らす動きを会社で行っている

    (引用:カイシャの評判


    30代/企画・事務・管理系 

    勤務時間に関して劇的に納得出来ない点は有りませんが、やはり40代後半の年齢層にはまだ昭和の働き方が残ってる方がいて、意味もなく残業するのを良しとする人がいるのがちょっと残念です。

    (引用:カイシャの評判

    日立ソリューションズは2017年から全社的な働き方改革を推進していることもあり、高評価が目立ちます。

    プロジェクトによって残業時間は変わるものの、残業時間を減らす動きが活発のようです。

    さらに土日祝日完全休み、かつ日立グループ独自の特別休暇、計画年休の取得の推奨と、とにかく休みが多い、との声も目立ちました。

    在宅勤務の利用推進を始め、労働環境の改善にも力がいれられています。

     

    福利厚生に関する口コミ


    20代/IT系エンジニア

    住宅手当は概ね十分支給されていると感じている。

    単身の場合は32歳まで3.5万円を限度に半額支給される。

    3年目までは寮に入ることができ、家賃は1万5千円程。光熱費別。

    男性寮の場合はより家賃が安く、光熱費込み、食堂ありなので貯金できると思うが、新しい建物ではないらしい。

    女性寮は老朽化と数が少なかったために、最近建てられた新しい建物が多い。

    男性の同僚は綺麗な寮を選べずにやや不満に感じていると聞いた。

    しかし、寮は全体として減らしていく傾向にあると思う。

    (引用:カイシャの評判


    20代/ IT系エンジニア

    結婚後の住宅手当は、世帯主(収入が多い方と定義)にのみ月6万円程、家賃の半額を上限に支給。

    女性は育休や時短で配偶者より収入が多くなることが難しいため、利用することは難しいと感じている。

    自身が世帯主でなく、かつ配偶者に住宅手当がない場合は家賃を満額払うことになるため、家計が厳しくなる。

    会社の福利厚生も魅力で入社したため、社員であるのに利用できず残念だと感じた。

    わがままかもしれないが、準世帯主にも少額ながら支給する、または世帯主に一律支給する等工夫があれば社員全員が利用しやすい制度になると思う。

    (引用:カイシャの評判


    20代/ IT系エンジニア

    住宅手当、結婚手当、退職金、401k、保険等一通りの福利厚生は揃っていて、不満はほとんどない。カフェテリアプランもあり。(年5万)

    (引用:カイシャの評判

    日立ソリューションズは、福利厚生は一通り揃っており、高い評価です。

    ただし、女性では結婚後の住宅手当や産休・育休について不満を感じておられる方もいるようです。

     

    7.日立ソリューションズへの転職情報

    日立ソリューションズに転職するには、公式サイトや転職サイト、転職エージェントの求人に応募する必要があります。

    ここからは日立ソリューションズへの転職情報として、募集されている職種や求めている人材についてご紹介します。

    募集職種

    日立ソリューションズでは、現在公式サイトでは中途採用を行っていません

    転職を考えておられる方は、転職エージェントの求人情報を確認しましょう。

    新卒採用では以下の職種を募集されています。

    • システムエンジニア(システム開発、ITコンサルタント、ソリューション提供 等)
    • 営業(システムやプロダクトのソリューション営業)
    • 管理部門スタッフ(人事、経理 等の総合職)

    引用:「日立ソリューションズ「募集要項」」

    求める人材・スキル

    日立ソリューションズが新卒や転職者に求める能力は、「自律性」「情熱」「論理性」「発想力」「IT適性」の5つです。

    皆さんに求める能力は、具体的に以下の5つです。

    自律性・・・自ら課題を見つけ出し、常に当事者として行動を起こす力

    情  熱・・・困難なミッションも絶対に成功させるという強い志

    論理性・・・物事を順序立てて考え、複雑な事象を簡潔に読み解き、表現できる力

    発想力・・・既存の枠にとらわれず、常に未知の領域を開拓する力

    IT適性・・・ITへの興味・関心。常に新たな知識を身につける姿勢。

    (引用:リクナビ2020

    自ら行動を起こしてやり遂げるという自律性や情熱をはじめとして、自由な発想力、論理的な思考も求められます。

    さらにITに対して興味を持ち、常に勉強し続けることも求めています。

    日々変化する市場環境に対応する柔軟性と、成長意欲の高い人ならば、日立ソリューションズで存分に力を発揮できそうですね。

    日立ソリューションズに転職するなら「JACリクルートメント」がおすすめ

    日立ソリューションズへの転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    日本有数の大企業である日立グループへの転職であっても、的確にサポートしてくれます

    これまでの豊富なハイキャリア・高年収転職支援の実績から、日立ソリューションズへの転職支援もバッチリ行なってくれるはずです。

    また、求人票には載っていない内部情報を、事前に確認することもできます。

    採用難易度が高い大企業、日立ソリューションズへの転職だからこそ、JACリクルートメントは心強い味方になってくれますよ。

    登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

    8.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    9.まとめ

    日立ソリューションズの平均年収は622万円、情報通信業界からみると同額ですが、年代別年収でも高い値となっています。

    日立ソリューションズは日立グループの情報通信分野の中核を担う企業であり、働き方改革でも高い評価が得られています。

    IT業界の中でも日立グループ企業で働いてみたいと感じた方は、日立ソリューションズへの転職を検討されてみてはいかがでしょうか。

    日立ソリューションズへの転職には、転職エージェント「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?