不動産業界の平均年収は608万円!企業別年収ランキングも公開!

不動産業界の平均年収 平均年収

不動産業界の平均年収は約608万円です。

年収が高いイメージの不動産業界ですが、気になる労働環境や稼げる人と稼げない人との差も働く前に知っておきたいですよね。

本記事では、不動産業界での年収UPの方法や、働く上でのメリット・デメリットなどについて解説していきます。

後半では、不動産業界の年収と自分の市場価値を比較できるよう「あなた自身の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、是非一度お試ください。

スポンサーリンク

1.不動産業界の平均年収は約608万円

不動産業界の平均年収は、マイナビ転職のデータによると約608万円。

毎月の給与に加えて、ボーナス(賞与)が年に2回あり、夏冬合わせて4ヶ月分というのが一般的な目安です。

金額は前年度業績に連動するため、年度によって受け取り額は変わります。

また、不動産といっても働き方によって年収が以下のように異なります。

不動産業界の職種別平均年収

不動産営業・仲介:年収約400万円

不動産営業・仲介の年収は約400万円です。

不動産業界と聞くと営業職をイメージされる方も多いでしょう。

不動産の仕事の中でも最も人数が多く、人気があります。

仕事内容は、マンションの売買仲介や賃貸仲介、販売営業などです。

「年収が意外と低い」と感じるかもしれませんが、営業職は販売した分の成果報酬(インセンティブ)が含まれるので、人にって給与には大きな差があります。

営業成績が良ければ、若くても高い年収を狙えます。

  • スポンサーリンク

  • 不動産管理:年収約420万円

    不動産管理の年収は約420万円で、営業職ほど年収に大きな変動はありません。

    管理の職種では、ビルやマンションの定期点検や維持、管理などを行います。

    管理する物件でのトラブルが発生した際の対応や、修繕工事の企画なども仕事内容に含まれます。

    大手不動産企業ではグループ会社に管理会社を有するところもあるため、知識や実績があれば活躍の幅を広げることも可能です。

    不動産事務:年収約350万円

    採用や総務、法務関連の業務を行う不動産事務の年収は約350万円です。

    営業職のようなノルマは基本的にありません。

    しかし、成果報酬も出ないため営業職に比べると給与は低いです。

  • スポンサーリンク

  • 不動産経営:年収約1,000万円

    土地を持っている方や購入する方は不動産経営ができます。

    具体的には、マンションやアパート経営などです。

    不動産経営者の年収は業界で最も高く、約1,000万円と言われています。

    しかし、マンションの規模や部屋数などにより大きく変わるため、あくまで目安の年収です。

    不動産経営の最大のメリットは、家賃収入により不労所得が得られる点です。

    また、老後の資金にもなりますね。

    土地活用をしたい方は、ハウスメーカーや建築会社など、なるべく多くの企業からの提案を受けて経営プランを決めるのがおすすめです。

    不動産鑑定士:年収約700万円

    国家資格である「不動産鑑定士」を取得すれば、年収約700万円と高い水準を期待することができます。

    不動産の価値を鑑定するのが不動産鑑定士の仕事で、これは不動産鑑定士にしかできない独占業務です。

    具体的な仕事の内容としては、まず、顧客から不動産の鑑定依頼・相談を受けます。

    次に、現地調査や法律、条例などの情報を参考にしつつ、価格の算定を行います。

    そして、不動産鑑定評価書を作成して顧客に提出するといった流れです。

  • スポンサーリンク

  • 2.不動産業界の年収が高い理由

    不動産業界といえば、年収1,000万円の人もいるので、年収が高いイメージがありますよね。

    しかし、平均年収は608万円なのでイメージほど高くありません。

    では、なぜ不動産業界=高年収というイメージが広まったのでしょうか?

    営業職に注目が集まっているため

    まず、理由の1つとして営業職への注目があります。

    営業職では成績によって年収は変動しますが、その中でも稼いでる営業が注目されがちです。

    成績の良い一部の営業をピックアップして紹介している情報があるため、年収1,000万円などをイメージする方もいます。

    しかし、それはトップクラスの営業成績を維持して成果報酬を得た結果です。

    不動産企業の営業では、基本給+歩合給の合計額が給与になります。

    成果を上げた分だけ、インセンティブとして歩合給がプラスされるということです。

    つまり、成果を上げなれば歩合給がプラスされることはありません。

    勿論、営業職であれば自身の営業力によって高い年収を狙うことは可能ですが、そのためには成果を出すことが特に重要ということを確認しておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 大手不動産企業の年収が圧倒的に高いため

    次に、大手不動産企業の年収です。

    不動産業界の上位5社の年収ランキングをご覧ください。

    不動産会社平均年収ランキングトップ5
    企業名 年収
    ヒューリック 1,530万円
    日本商業開発 1,368万円
    三菱所地
    1,229万円
    東急不動産HD 1,194万円
    三井不動産 1,112万円

    参考:プレジデントオンライン

    このように大手不動産企業の年収が圧倒的に高いです。

    不動産業界の平均年収である約608万円に近い企業を一部紹介すると、住友不動産が649万円、小田急不動産600万円前後といったところです。

    年収1,000万円という年収がもらえるのは、上位企業の一部だけです。

    「不動産業界で働けば稼げる」といった考えにならないよう注意しましょう。

    3.不動産業界で働く上でのメリット・デメリット

    不動産業界で働く上で、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

    年収は一般的な水準より高くても、労働環境が気になるところですよね。

    その2点を詳しく解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • メリット

    下記の不動産業界のメリットの中で、あなたが最も魅力に感じるのはどれでしょうか?

    • 年収の水準が高い
    • 生活に欠かせない「住まい」を扱うためやりがいも大きい
    • 実力を認めてもらえば若くても出世可能
    • 自分の努力が給与に反映されやすい

    不動産業界では、人々が生活する上で欠かせない「住まい」という商品を提供します。

    そのため、価値が大きければその分、金額も大きくなります。

    「住まい」を扱う仕事として、やりがいを感じられるかという点がポイントです。

    実力主義の企業が多く、若くても成果次第では高収入を狙えます。

    しかし、生活に欠かせない商品を扱うため、責任も重大です。

    住まいに関して興味があって、高い年収を目指したい方には向いてる業界といえます。

    デメリット

    不動産業界への転職を検討中なら、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

    • 土日祝日に休めない
    • 契約状況によっては休日も稼働
    • 取引金額が大きくなるほどプレッシャーも大きい

    不動産業界といえば、一般的なサラリーマンなどが休む土日祝が稼ぎ時です。

    カレンダー通りの休みの人とは、休日のスケジュールも合わなくなります。

    また、不動産企業で働くと、自分が担当するお客様の都合に合わせることが必要です。

    そのため、契約状況によっては急遽内見の予定が入ったり、急ぎの手続きを行ったりすることもあります。

    高い年収を目指す場合は、その分多くの契約を取りたいので休日に稼働する人もいます。

    そして、取引金額が大きいほど嬉しいですが、プレッシャーにもなるため、無事契約になるまでは安心できません。

    このようなデメリットをきちんと把握した上で働くと、転職した後のギャップがなくなり、ストレスも感じにくくなりますよ。

    4.不動産業界で年収をUPする方法

    不動産業界で長く働くなら、年収をアップさせたいですよね。

    ここでは、年収をUPする方法3つをご紹介します

    実績を残す

    まず、実績を残すということが重要です。

    不動産業界は実力主義のため、実績を残せば若くても給与に反映されます

    例えば、営業職で成果を出した場合、その分インセンティブとして歩合給が与えられます。

    しっかりと努力をして、キャリアを積めば年収をUPすることが可能ですよ。

    資格取得

    次に資格取得です。

    不動産業界で働く上で、おすすめの国家資格が2つあります。

    宅地建物取引士

    宅地建物取引士(宅建士)は不動産業界で有名な資格です。

    • 資格取得により、お客様に対して「重要事項の説明」ができるようになる
    • 1つの事務所において「業務に従事する者」5人につき1名以上の割合で、専任の宅地建物取引士の設置が義務付けられているため、需要も大きい
    • 資格を取得すれば、毎月の給与に3万円ほどの資格手当がつく場合が多い
    • 試験の合格率は約15~17%

    不動産鑑定士

    不動産鑑定士の資格を取得すれば「不動産の価値を鑑定する」という独占業務ができるようになります。

    • 試験の合格率は、一次試験の短答式が毎年30%前後、二次試験の論文式が15%前後
    • 年収は約700万円と高い水準である
    • 最終的な合格率は5%前後と比べ狭き門だが、期待できる年収も高くなる
    • 資格を取得すれば、不動産業界で活躍の幅が更に広がる

    転職エージェントを利用する

    不動産業界への転職には、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    転職エージェントとは、あなたの希望に合った求人情報を紹介してくれるサービスです。

    また、書類添削や面接対策、条件交渉の代行もしてくれるため、利用すれば効率的に転職活動を進められますよ。

    転職エージェントの中でも「JACリクルートメント」は、ハイクラス・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェントです。

    不動産業界に特化したアドバイザーが在籍しているため、専門的なアドバイスがもらえます。

    他にも、非公開求人の情報提供など、あなたの転職を全面的にサポートをしてくれます。

    登録・利用は完全無料なので、一度気軽に試してみてはいかがでしょうか。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、不動産業界の平均年収「608万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    不動産業界の年収事情について解説しました。

    ポイント以下の通りです。

    1. 不動産業界の平均年収は約608万円
    2. 仕事で実績を残すことや資格取得により、年収を更にUPできる
    3. 年収を重視する場合、おすすめの職種は営業職
    4. やる気を持って成果を出せば、その分インセンティブとして歩合給が与えられる
    5. 不動産業界への転職には、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめ

    今回ご紹介した内容をぜひ参考にして頂き、不動産業界への転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?