JFEスチールの年収は543万円!職種別や年齢別の年収やボーナスを紹介

JFEスチールの平均年収 平均年収

JFEグループの中でもメインである鉄鋼事業を担っているJFEスチールの平均年収は543万円で、営業職やクリエイティブ職だと1000万円前後になります。

営業等の所謂総合職は年収が高いのですが、エンジニアなどの技術職や一般職に関しては500万円前後になっています。

今回はJFEスチールの年齢別や職業別・管理職別の平均年収やボーナスについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

1.JFEスチールの平均年収は543万円

JFEスチールの平均年収推移
年度 平均年収
2016年 560万円
2017年 532万円
2018年 536万円
2019年 543万円

2019年のJFEスチールの平均年収は543万円で、過去3年間で見ると一番高い金額になっています。

2016年頃にはJFEグループ全体で業績が良かったこともあり、平均年収が560万円とかなり高いです。

翌年の2017年で30万円近く下がってしまいましたが、年々徐々に売上を伸ばしていっており、結果的に平均年収も上がってきています。

職種別の平均年収に関しては以下を御覧ください。

総合職の平均年収は950万円

営業・販売といったJFEスチールの中でもメインとなっている総合職の平均年収は950万円です。

特に営業職は平均年収が900万円を超えており、JFEスチールの業績が伸びていている一因になっています。

鉄鋼関係の仕事で高収入を狙いたいのなら営業職は希望職種として入れておいて間違いはないです。

  • スポンサーリンク

  • 技術職の平均年収は636万円

    クリエイティブ職やエンジニア職といった技術職の平均年収は636万円です。

    クリエイティブ職だけ1,000万円いってますが、他のエンジニア職が500万円前後となっています。

    クリエイティブ職は営業職と並ぶJFEスチールの要で、二本柱で会社を支えていっていると言っても過言ではありません。

    一般職の平均年収は438万円

    事務や経理といった一般職の平均年収は438万円です。

    技術職であるエンジニア職よりは少し少ない400万円代前半の平均年収が殆どです。

    とはいってもJFEスチールを裏から支えており、会社にとっては欠かせない役職です。

  • スポンサーリンク

  • 2.JFEスチールの年齢別平均年収

    一部の役職では平均年収が1,000万円近くになりますが、殆どの職種では平均年収が500万円前後となっています。

    そんなJFEスチールですが、年功序列となっており、勤め上げる年数が長ければ長いほど平均年収が上がっていく傾向にあります。

    ここからは年齢別平均年収を一般平均年収と比較して見ていきしょう。

    一般平均年収と比較

    JFEスチールの年代別平均年収
    年齢 年収 一般の年収
    20代 382万円 336万円
    30代 554万円 489万円
    40代 643万円 599万円
    50代 691万円 673万円
    60代前半 429万円 508万円

    基本的には一般の平均年収より50万円以上は高い収入額になっています。

    一般の平均と比べると高くなってはいますが、高収入と呼べるほどの額にまではなっていません。

    JFEスチールで高収入を狙いたいのならば二本柱となっている営業職かクリエイティブ職を目指すのがおすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 3.JFEスチールの役職別平均年収

    JFEスチールの役職別平均年収

    JFEスチールで高収入を狙うなら営業職またはクリエイティブ職への転職ですが、もう一つ方法があります。

    それは自身で評価を上げて管理職に就くことです。

    上の職に行けば行くほど年収額は大きくなっていきます。

    どの役職でどれぐらいの平均年収額になるか以下で見ていきましょう。

    係長の平均年収は546万円

    年功序列かつある程度の評価で就くことができる係長の平均年収は546万円です。

    全体的な平均年収より少し高いぐらいの金額ですので、係長につかなくても職種によっては額を超えることもあります。

    どちらかというともっと上の役職を目指すために就くといった感じですね。

  • スポンサーリンク

  • 課長の平均年収は717万円

    更に勤務年数を伸ばしつつ評価を重ねることで就くことができる課長の平均年収は717万円です。

    営業職・クリエイティブ職を除けばかなり高い金額になっています。

    勤務年数を重ねてある程度評価されれば600万円は超えますが、700万円超えは難しいため目指して損はないです。

    部長の平均年収は917万円

    課長から更に評価されて一握りしか就くことができない部長の平均年収は917万円です。

    役職での年収で見れば一番高い金額ですが、営業職・クリエイティブ職のほうが額は高いです。

    職種を変えずに収入を伸ばしたいなら部長を目指すのが一番高収入になりやすいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.JFEスチールの学歴別平均年収

    最終学歴 平均年収
    大卒 884万円
    短大卒 696万円
    高卒 532万円

    JFEスチールに就職している人は大卒の人が多く、結果的に大卒と高卒では年収に300万円近くの差が出ています。

    JFEスチールは学歴をそこまで重視している会社ではありませんので、高卒でも高収入は狙えます。

    年功序列ですので、如何にして永く勤務し評価してもらえるかが年収を伸ばす上で一番重要になってくるでしょう。

    5.JFEスチールのボーナスや昇給・働きやすさは?

    JFEスチールの平均年収について様々なデータが分かってきたところで、ボーナスや昇給についても知りたいですよね。

    また、JFEスチールがどれぐらい働きやすい会社なのかといった情報も欲しいところです。

    ここからは社員の口コミを元にボーナス・昇給・働きやすさについて見ていきましょう。

    ちなみに2019年の企業冬ボーナスの平均は74万円です。(参考:労務行政研究所

    ボーナスは赤字でも必ず年2回出る

    医薬・化学・素材・食品系専門職/女性

    ボーナスは赤字でも年2回確実にもらえます。残業代も全てもらえます。30代~何不自由ない生活ができると思います。

    (参考:カイシャの評判

    医薬・化学・素材・食品系専門職/男性

    どれだけ不景気になっても客がいるので最低限の給料はもらえる。ボーナスは業績連動なので、ボーナスだけが景気に左右される。

    (参考:カイシャの評判

    ボーナスは一般の企業と同じく夏と冬の計2回で、赤字でも必ず出ます

    会社が不景気でもしっかり給料もボーナスも出ますが、ボーナスの額は会社の景気に左右されます。

    ボーナスに関してはそこまで期待できないので割り切って毎月の給料をしっかりともらいましょう。

    昇給は毎年だが上昇額は大きくない

    電気・電子・機会系エンジニア/男性

    給与に関しては年齢に応じて昇給するのでそれなりだと思います、ボーナスは業績連動のためその年に応じていますが貰えないということはありません  28歳で基幹の職位になりますのがそれまでは他と比べて低いと思います

    (参考:カイシャの評判

    企画・事務・管理系/男性

    新卒入社の社員については年功序列で横並び。課長レベルから差がつき始める。早い人で30代半ばで課長になる。が、よほどのことがない限り遅い人でも数年遅れぐらいで課長にはなれる。課長になれば一千万はかたいのでまあ十分といえる。

    (参考:カイシャの評判

    年功序列で昇給はするものの額はあまり大きくなく、管理職に就かないと大幅アップは望めません。

    早い人だと30代半ばで、遅くても数年遅れくらいで課長まではなれますので、仕事に不満がないなら永く勤めたほうが良いです。

    その分課長より上に行くのが険しいですが、しっかり成果を出せばその分上がりやすいでしょう。

    責任を伴う仕事を任される分成長しやすい

    企画・事務・管理系/男性

    責任ある仕事を任されるので、プロジェクトを予算取りから、検討、実行までを行う機会を通じて、かなりの成長や、達成感がある
    そこでの一つとのつながり、実績というのが、自信や成長を感じる。
    ただ、初めてのプロジェクト中は必死で、目の前のことに必死だったという記憶しかないが、経験を重ねるにつれて、プロセスを楽しみ、人の繋がりを感じる事ができる。
    大小様々な仕事があるが、取り組み次第で、積み重ねる事で、達成感、成長につながると感じる。

    (参考:カイシャの評判

    企画・事務・管理系/男性

    自職場は少人数、かつ、ひとり一担当なので、全ての裁量は任されている。
    逆にいうと、代わりがいないので、休みを取るのも、最初慣れるまではなかなか取れなかった。
    しかし、与えられる仕事、範囲は深く広く、他にわかるものがいないので、おのずと、判断を任される事になる。
    よって、個人にかかる裁量は非常に大きく、また、責任も思い。
    その分、自分で考え、実行した事が形になっていく、仕事ととしての面白さを感じることができる。

    (参考:カイシャの評判

    JFEスチールに入社して永くなくても責任を伴う仕事を任されやすく、裁量に関しても個人で決めることができます。

    基本的に大きな仕事で責任も大きいのですが、乗り越えられればその分成長が見込めます。

    今以上にやりがいのある仕事をして成長したいと思う人にはピッタリの企業だと言えます。

    6.JFEスチールと年収が近い企業を比較

    以下は、30歳時の年収を元にしたJFEスチールを含めたライバル企業の年収ランキングです。

    順位 企業名 30歳時年収
    1位 大同特殊鋼 559万円
    2位 東京製鐵 557万円
    3位 JFEスチール 554万円
    4位 山陽特殊製鋼 545万円
    5位 東洋鋼鈑 543万円

    ライバル企業の年収ランキングで見るとなんと3位に入るほど年収が高めであることが分かります。

    1位である大同特殊鋼との差は5万ぐらいですので、このまま業績が伸びれば、ランキングトップになる可能性も高いですね。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、JEFスチールの平均年収「543万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    8.JFEスチールに転職するなら「リクルートエージェント」を利用しよう

    リクルートエージェントは、高年収・ハイキャリアの転職に特に強い転職エージェントです。

    これまで多くのハイキャリア・高年収転職成功実績を持っており、JFEスチールへの転職もしっかりとサポートしてもらえます。

    また、実績があるのでそれだけ経験を持ったアドバイザーから的確なアドバイスをもらうことができます。

    職種によっては年収が1000万円いくJFEスチールについても、バッチリサポートしてもらえますよ。

    まとめ

    JFEスチールの平均年収は543万円です。

    職種別で見ると基本500万円前後ですが、二本柱である営業とクリエイティブ職は1,000万円近くになります。

    管理職になれば年収もアップしますが、営業職・クリエイティブ職と同じぐらいの1,000万円近くになるためには部長にまで上り詰める必要があります。

    高収入を狙いたいのであれば営業職かクリエイティブ職を志望したほうが良いです。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?