助教の年収は400~600万円!仕事内容やなる方法について解説

助教の平均年収 平均年収

大学教員の階級のひとつである助教。

「助教の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

助教の年収は400~600万円程度

本記事では助教の詳しい年収や、仕事内容について解説します。

収入を増やす方法や助教になる方法もチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、大学教員の平均年収に自分の推定年収が達しているか、ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.助教の年収は400~600万円程度

大学によって差はありますが、 助教の年収は400~600万円程度です。

平均すると550万円程度

助教の年収を平均すると、550万円前後になります。

日本人の平均年収は420万円程度なので、 助教の年収は平均より高いといえます。

また、ボーナスを年間120万円とすると、月給は約35万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、26~28万円程度です。

  • 国立大より私立大の年収が高い傾向にある

    助教の平均年収は、 国立大よりも私立大のほうが高い傾向にあります

    具体的な金額は、以下の通りです。

    • 国立大:400〜600万円
    • 私立大:500~600万円

    具体的にどれくらいもらっているのか、一部の大学の助教の年収を紹介します。

    以下は国立大学の2018年度(平成30年度)の年収例です。

    【国立大学助教の年収例】

    大学 平均年収 最低〜最高 平均年齢
    東京大助教 726万円 551〜869万円 40.3歳
    東北大助教 667万円 518〜802万円 41.7歳
    筑波大助教 771万円 672〜931万円 41.9歳
    東工大助教 742万円 641〜820万円 42,8歳
    鳥取大助教 726万円 551〜869万円 40.3歳

    (※一部のデータなので、全国の大学の助教の年収額よりも高く感じる可能性があります)

    ここで紹介した中で最も年収が高いのは筑波大助教の771万円です。

    最も低いのは東北大助教で、667万円でした。

    次に、私立大学の助教の年収例を見てみましょう。

    私立大学では年収の記載方法が統一されていないので、箇条書きでまとめておきます。

    【私立大学助教の年収例】

    同じ大学でも、学習院大学の場合だと、文学部と理学部の助教では年収に180万円近い差があります。

    理学部の助教の場合、851万円で国立大学の平均を上回っています。

    助教として働く医師の年収は500~650万円程度

    医師が大学病院などで助教として働く場合、 年収は500~650万円程度

    大差はありませんが、一般的な大学よりも大学病院勤務の助教のほうがやや年収が高めです。

  • 2.助教とは?

    この章では、 助教がどのような職業なのか解説します。

    「助教授」とは別物

    勘違いしている人も多いですが、「助教=助教授」ではありません。

    助教授とは、2007年以前の学校教育法において定められていた職位のこと。

    2007年4月1日に学校教育法が施行されてからは「助教授」という職位は廃止され、かつて 「助教授」と呼ばれていた人たちは、現在「准教授」という職位にかわっています

    また、「助教」は大学教員の階級における最初の職位。

    言葉通り、授業をサポートしたり受け持つことがおもな仕事です。

    助教授とはまったく別の階級なので、注意してくださいね。

  • 大学教員の階級一覧

    助教を含めた大学教員の階級は、以下の通りです。

    1. 教授
    2. 准教授
    3. 講師
    4. 助教

    大学教員の階級トップは、教授。

    次いで、かつて「助教授」と呼ばれていた「准教授」が階級の2番目に位置しています。

    本記事で紹介する 「助教」は、大学教員の階級の中で一番低い職位となっています。

    また、大学の職業のひとつに「助手」がありますが、助手は教授・准教授の研究や雑務など手伝うことがおもな仕事。

    助教とは異なり、授業は受け持ちません。

    助教の平均年齢は35~40歳くらい

    助教の約9割は、30~40代。

    平均年齢は、35~40歳くらいです。

    また、日本人の30代後半の平均年収は、440万円程度。

    助教の平均年収は550万円前後なので、 同世代と比較した場合も平均より年収が高いといえます。

  • 3.助教の仕事内容

    この章では、 助教のおもな仕事内容について解説します。

    研究活動

    助教のメインの仕事は、研究です。

    大学教員で一番職位の低い助教は、 研究活動をして実績を積むことが最優先とされているのです。

    良い研究結果を出したり、論文が評価されることが研究者としてのキャリアアップにつながります。

    講義

    教授や助教授よりも頻度は少ないものの、助教授も講義や実習を行います

    また、試験の問題を作成したり、採点をすることも大切な仕事。

    そのほか、研究室に在籍する学生の指導をしたり、雑用をすることもあります。

    4.助教の収入を増やす方法

    この章では、 助教の収入をアップする方法について解説します。

    実績を積んで「講師」を目指す

    助教の収入を増やすには、職位を上げることが一番です。

    助教の上の職位は「講師」。

    研究活動に精をだし、論文などが評価されると教授から推薦され、講師になれる確率がアップします。

    講師の平均年収は大学によって差がありますが、600~700万円程度

    助教から講師にランクアップすることで、1年の収入を100~200万円ほど増やすことも不可能ではありません。

    5.助教になる方法

    この章では、 助教になる方法について解説します。

    助教になるために特別な教員免許など特別な資格は必要ありませんが、博士号を取得する必要があります。

    助教になるまでの一般的なステップは、以下の通りです。

    ステップ1.学士を取得する

    助教になるには、大学を卒業していることが必須。

    4年制大学を卒業し「学士」を取得することが、助教になるための第一歩です。

    ステップ2.博士号を取得する

    大学卒業後は、大学院に進んで勉強・研究を続けます。

    勉強・研究を続けて2年間で「修士号」を取得可能。

    修士号取得から3年間さらに勉強・研究を続け、執筆した論文が審査に合格すると「博士号」を取得できます。

    博士号を持っていることは、 専攻した分野において研究能力があるという証。

    専門性の高い大学教員になるためには、博士号の取得が必須です。

    ステップ3.ポスドクとしてキャリアを積む

    博士号を取得したあとは、ポスドクとして研究を続け、キャリアを積むことになります。

    ポスドクとは、「ポストドクター」の略で「博士研究員」のこと。

    助教・講師などのような常勤ではなく、 任期つきで研究をする博士号取得者を指します。

    非正規の雇用であるため収入は不安定。

    年収は、200~300万円と低いケースがほとんどです。

    ちょうど助教のポストが空いている場合は、博士号取得後すぐに助教になることもありますが、ごく稀。

    中にはなかなかポストが空かず、10年以上ポスドクを続けている人もいます。

    ステップ4.推薦または公募で助教授になる

    ポスドクから助教になる方法としては、おもに以下の2つが挙げられます

    • 教授から声がかかる
    • 助教の公募に応募する

    それぞれのケースついて、詳しくチェックしていきましょう。

    教授から推薦される

    ポスドクとして研究を続け、良い研究結果を出したり論文が評価されると、教授から「助教にならないか」と声がかかることがあります。

    研究室のトップである教授から評価されることで推薦を受け、助教になるケースも少なくありません。

    助教の公募に応募する

    推薦よりも一般的なのが、公募。

    大学では助教のポストが空いたとき、公募によって次の助教を決めることが多いです。

    公募の場合も教授の推薦状があることで、有利になる傾向にあります。

    また、少数ではありますが、公募に応募して民間企業から大学教員へと転職するケースも見られます。

    6.教授になれるとは限らない

    「助教になったあとは、講師・准教授とステップアップして最終的に教授に…」と考える方が多いですが、助教になったからといって必ず教授になれるとは限りません。

    中には思うようにキャリアを積むことができず、講師や准教授のまま大学教員を退職する人もいます。

    また、教授の7割以上は、50~60代。

    助教から教授になるまでには、多くの実績と長い時間が必要であることを覚えておきましょう。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    助教の年収は大学によって差がありますが、400~600万円程度。

    • 国立大学400〜600万円、私立大学500〜600万円で、私立大学の方が高め
    • 医師として働く助教の年収は500〜650万円
    • 助教の平均年齢は35〜40歳

    研究を重ねキャリアを積み、職位を上げることができれば収入をアップできます

    博士号を取得しても必ず助教になれるとは限らないため、難易度は高いですが「生涯研究を続けたい」「学問を究めたい」という方は、ぜひ助教を目指してみてはいかがでしょうか?

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?