ジョンソン・エンド・ジョンソンの年収は796万円!年齢・職種別年収も解説

ジョンソン・エンド・ジョンソンの年収 平均年収

医療機器・医薬品を扱う外資系の企業として知られているジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収は796万円です。

業界の中でも平均年収が高く、転職を考えている方も多いでしょう。

しかし、年齢や職種によって年収額は大きく変わるので、「具体的な年収を詳しく知りたい」と思っている方もいるはず。

そこで今回は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収を年齢・職種・役職別でそれぞれ詳しく解説します。

記事を読めば自分がジョンソン・エンド・ジョンソンに転職した際、どれくらいの平均年収となるのか把握できるので、ぜひ参考にしてみてください!

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、ジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.ジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収は796万円

一言に平均年収といっても、全職種の平均年収や中途採用の場合などで平均年収は異なります。

まずは以下の平均年収について見ていきましょう。

全職種の平均年収は796万円

日本最大の社員口コミサイト「カイシャの評判」によると、ジョンソン・エンド・ジョンソンの全職種の平均年収は796万円です。

これは営業職・専門職・事務など全ての職種を平均した年収となっています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、基本給だけ見ると一般的な正社員の平均給料である29万円と同程度です。

しかし基本給+インセンティブ制の給与体系となっているため、年収の水準は高いといえるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 中途採用の平均年収は500~600万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの中途採用の平均年収は500~600万円です。

    過去の職歴やスキルなどによっても年収額は変わります。

    元々の年収水準が高い会社なので、違う職種からの転職でも500万円程度の年収は期待できるでしょう。

    営業職や専門職など、職種によっては中途採用1年目であっても600万以上の年収も十分期待できます。

    新卒の平均年収は400~450万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの新卒の平均年収は400~450万円です。

    これは大学・大学院卒の平均年収となっています。

    新卒の場合は職歴や同業界での仕事経験がないこともあり、中途採用の平均年収よりも低い年収だと予想できそうです。

    ちなみに、新卒の初任給は27万円程度といわれています。
    (参考:リクナビ2020

    一般的な企業の初任給が20万円程度とされているので、それに比べると高い初任給だといえるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 女性でも高年収が目指せるものの、男性に比べると水準は下がる

    ジョンソン・エンド・ジョンソンは、女性でも高年収が目指せる会社といわれています

    なぜなら、ジョンソン・エンド・ジョンソンは以下の活動に取り組んでいるからです。

    • 性別・国籍・年齢に関係なく働ける環境づくり
    • 多種多様な人材が能力を発揮できる組織づくり

    また、2020年までに女性社員の割合を40%に、女性管理職の割合を30%に増やすことも目標に掲げています。

    そのため女性でも活躍しやすく、職種や役職によっては男性よりも高い年収を得ることも不可能ではありません。

    それでも社員や管理職の割合としては男性のほうが多いのが現状なので、全体的な水準を見ると男性よりも女性のほうが低いです。

    2.ジョンソン・エンド・ジョンソンの職種別平均年収

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの職種別平均年収

    ここからは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの職種別平均年収を紹介します。

    今回紹介するのは、以下の職種別平均年収です。

  • スポンサーリンク

  • 営業職:776万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの営業職の平均年収は、776万円です。

    一般的な営業職の平均年収は500万円前後だといわれているので、かなり高めの年収となっているのが分かります。

    いくつかの口コミ情報によると、勤続年数や経験によっては営業職で1,000万円以上の年収を得ている人もいるようです。

    事務・企画・管理系:831万円

    事務・企画・管理系の平均年収は831万円です。

    一般的な事務職の平均年収は300万円程度、企画・管理系の平均年収は500万円程度といわれています。

    そのことを考えると、ジョンソン・エンド・ジョンソンの事務・企画・管理系の平均年収は全体的に高い水準があるといえそうです。

  • スポンサーリンク

  • 医薬・化学・食品などの専門職:838万円

    医薬・化学・食品など専門職の平均年収は838万円です。

    こちらは研究・製品開発・生産管理などに関わる職種となっています。

    平均年収でいえば営業職よりも高い年収となっており、管理職になれば1,000万円以上の年収も可能です。

    専門サービス:1,050万円

    専門サービスの平均年収は1,050万円となっています。

    こちらは医療・福祉・教育などに従事する職種です。

    専門サービス職に就いている人の平均年齢は52歳以上のため、平均年齢の高さも年収の平均額が高い理由になっていると予想できます。

  • スポンサーリンク

  • 3.ジョンソン・エンド・ジョンソンの年齢別平均年収

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの年齢別平均年収

    続いて、ジョンソン・エンド・ジョンソンの年齢別の平均年収を紹介します。

    20代:500~700万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの20代の平均年収は500~700万円です。

    20代前半の平均年収は500万円前後ですが、20代後半になると650~700万程にアップします。

    一般的な企業では20代前半の平均年収は250万円程、20代後半は350万円程だといわれているので、いずれにしてもジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収は高いといえるでしょう。

    20代の平均年収について詳しく知りたい方は「20代の平均年収はいくら?男女差や業種、学歴、地域別年収も紹介!」をご覧ください。

    30代:750~800万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの30代の平均年収は750~800万円です。

    30代前半の平均年収は750万円、30代後半は800万円程。

    30代になると、キャリアや役職によっては年収1,000万円以上も十分目指せます。

    30代の平均年収について詳しく知りたい方は「30歳の平均年収はいくら?男女・大卒高卒・都道府県別でチェック」をご覧ください。

    40代:800~900万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの40代の平均年収は800~900万円です。

    40代前半の平均年収は850万円、40代後半は950万円程となっています。

    40代になると月給やボーナスは20代の頃と比べて倍近くになり、年収が大きくアップしている人が多いです。

    40代の平均年収について詳しく知りたい方は「40歳代の平均年収は?学歴・企業規模別年収や業種別の年収も紹介」をご覧ください。

    50代:900~1,000万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの50代の平均年収は900~1,000万円です。

    50代前半に最高年収を迎え、年収1,000万円を超える人も多くいます。

    50代後半になると少し下がり、平均年収は850~950万円程。

    全体を見ても50代が最も年収が多くなる年齢で、管理職やマネージャークラスになっていればさらに高い年収も期待できるでしょう。

    50代の平均年収について詳しく知りたい方は「50歳の平均年収はどれくらい?貯金額や高年収職業ランキングも紹介!」をご覧ください。

    60代:600~700万円

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの60代の平均年収は600~700万円です。

    60代になると役職を外れたり、役職手当がなくなったりで、50代に比べるとがくんと年収が下がります

    また、定年に伴い正社員から契約社員などへ雇用形態が変わることも、年収が下がる理由だと考えられます。

    4.ジョンソン・エンド・ジョンソンの役職別平均年収

    ジョンソンエンドジョンソンの役職別平均年収

    この章では、ジョンソン・エンド・ジョンソンの役職別平均年収を紹介します。

    紹介するのは以下の役職です。

    一般社員:500万円

    まず一般社員の平均年収は500万円です。

    職種によって平均年収に差はあるものの、一般社員として働いている人は20代を中心とした若い世代が多いため、年収の水準も低くなっています。

    一般的に正社員として働いている日本のサラリーマンの平均年収が500万円程といわれているので、ジョンソン・エンド・ジョンソンの一般社員の平均年収はそれと同程度と予想できるでしょう。

    係長:850万円

    係長クラスになると平均年収はぐんと上がり、850万円となります。

    一般企業の係長の平均年収はおよそ700万円なので、比較するとジョンソン・エンド・ジョンソンのほうが高い水準です。

    営業や専門サービスなど、元々の年収が高い役職の係長になれば、900~1,000万円の年収も目指せます。

    課長:1,150万円

    課長になった場合の平均年収は1,150万円です。

    日本の企業に勤めている課長の平均年収は中小企業で500万円、大企業で800万円といわれています。

    そのため、ジョンソン・エンド・ジョンソンの課長の平均年収はかなり高い水準だといえるでしょう。

    部長:1,350万円

    部長クラスになると、平均年収は1,000万円を軽く超えて1,350万円となります。

    大企業の部長でも平均年収は1,200万円程といわれているので、ジョンソン・エンド・ジョンソンの部長の平均年収はトップクラスです。

    5.ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するために必要な経験やスキル

    JR東海アソシエイト職

    ジョンソン・エンド・ジョンソンへの転職を検討している人の中には「外資系だから英語が必要なのでは?」「なにか特別のスキルがいるんじゃないの?」と考えている人も多いでしょう。

    ここでは、ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するために必要な経験やスキルを紹介します。

    さらに詳しく転職情報を知りたい方は「【ジョンソンエンドジョンソンへ転職】企業情報や口コミから考察!」を参考にしてください。

    営業職は原則として3年以上の営業経験が必要

    ジョンソン・エンド・ジョンソンで営業職の仕事に応募する場合、原則として3年以上の経験が必要です。

    公式サイトの求人情報にも、職務経験の欄に「営業経験3年以上」と記載があります。
    (参考:ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル事業部求人

    元々の年収が高水準ですし、医療関係という専門分野を扱っていることもあり、未経験者よりも経験者を積極的に採用しているのでしょう。

    職種によっては英語のスキルが必要

    ジョンソン・エンド・ジョンソンは外資系企業ということもあり、職種によっては英語のスキルが必要です。

    海外営業や、日本国外とのやり取りが必要な職種だと、ある程度の英語スキルが求められるでしょう。

    ただ一般的な外資系企業に比べると海外赴任や英語が必要なシーンは少なく、そこまで高い英語力は必要ないようです。

    求人情報を見てもTOEICの点数による基準なども設けられていないので、高い英語力がなくても採用される可能性は高いと予想できます。

    ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するならJACリクルートメントがおすすめ

    ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職するなら、JACリクルートメントの利用をおすすめします。

    JACリクルートメントはロンドン発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内のグローバルポジションに強いのが特徴。

    また管理職・専門職向けの高収入求人を多く取り扱い、大手企業への転職支援も積極的に行っています。

    そのため、ジョンソン・エンド・ジョンソンのような大手の外資系企業への転職を考えているなら、ぜひ利用してみるといいでしょう。

    6.ジョンソン・エンド・ジョンソンの口コミ・評判

    会社のホームページや求人情報だけでは分からない情報を把握するためにも、ジョンソン・エンド・ジョンソンの口コミ評判もチェックしておきましょう。

    ここからは、ネット上で見受けられるジョンソン・エンド・ジョンソンの良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介します。

    良い口コミ・評判

    30代女性/企画・事務・管理系

    昨年からリノベーションをしているため、新しいレイアウトでモダンなデザインのオフィスで仕事ができる。(中略)取得方法もカレンダーを送るだけなど、手間がない。裁量労働のため、定時がなく、何時に来ても帰っても何も言われないので、働き方の自由度は高い

    引用元:カイシャの評判

    40代男性/企画・事務・管理系

    建前ではなく、実際に女性が活躍されている実感はあります。女性だけでなく、LGBTの方が仕事がしやすいように環境を整えようとしている姿勢が見えます。それは社内だけでなく、社外においても支援する動きをしていて、社内報(メールや冊子)でさかんに取り上げられています。

    引用元:カイシャの評判

    40代男性/営業系

    基本的に給与水準は良い。インセンティブに関しては、運不運に左右される為、安定した活動を行なっている営業社員ほど給与水準が高い傾向があるため、真面目に活動する方は向いている会社です。

    引用元:カイシャの評判

     

    働き方の自由度が高く、女性が活躍しているという口コミが見受けられます。

    また給料の高さを高評価している人も多いです。

    悪い口コミ・評判


    30代女性 /企画・事務・管理系

    在宅推奨なのは良いが、全員出社したら席が足りなくなる設計のため、遅く行くと席がないことがあり、その場合は他フロアかカフェテリアでの仕事を余儀なくされる。(中略)勤怠も自己申告で、もう少しシステム化をしてほしい。

    引用元:カイシャの評判

    40代男性/営業系

    優秀な人は皆やめていき、残った人はそうではない。JJで仕事のノウハウを覚えて競合メーカーで敵となってる人が増えている。

    引用元:カイシャの評判

    20代男性/企画・事務・管理系

    営業職だと土日に学会やイベントがあり、休みがない(振替休日は確実にとれる)。しかし、個人の担当エリアや業務量にもよるため、土日両方ともつぶれる場合がある。

    引用元:カイシャの評判

    悪い口コミを見ると、オフィス環境や人事の評価制度に不満を持っている人が多いようです。

    休日出勤があることを指摘している声もありました。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、ジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収「796万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの平均年収は796万円です。

    ジョンソン・エンド・ジョンソンの年収や特徴をまとめるとこのようになります。

    1. 年収の水準は業界内でもトップクラス
    2. 平均年収は796万円で、職種や役職によっては年収1,000万円以上も可能
    3. 女性でも活躍しやすい環境が整っている

    インセンティブ制度を導入しているため、職種や業務成績によっては年収1,000万円以上も夢ではありません。

    女性が活躍しやすい企業でもあるので、女性でも十分高収入を目指せるでしょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?