JR東海の年収は?総合職・車掌の年収や採用・口コミ情報も解説!

JR東海の年収 平均年収

「JR東海」の平均年収は730万円です。

全国に7社あるJRの中でも、最も年収額の高い「JR東海」への就職に興味のある方は多いのではないでしょうか。

当記事では「JR東海」の平均年収から、役職・役割別の年収額などの詳細情報をまとめました。

また、「JR東日本」「JR西日本」など他のJR会社の平均年収や、「JR東海」の採用情報や評判も解説します。

なお、後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値とJR東海の平均年収との比較にぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.JR東海の平均年収は730万円

JR東海 年収

「JR東海」の平均年収額は、約730万円です。

有価証券報告書」に記載された、平均給与の値を元に算出しました。

この数値は「JR東日本」や「JR西日本」などを抑え、JRの中でもトップの年収額です。

過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

西暦(平成) 平均年収
2013年(25年) 716万3,583円
2014年(26年) 719万7,143円
2015年(27年) 728万4,842円
2016年(28年) 733万2,555円
2017年(29年) 733万4,778円

上記の表からわかる通り、常に700万円以上の高年収で推移しています。

今後も日本最大級の鉄道会社として、安定した年収額が維持されると予想されます。

ボーナスは給与の約3ヶ月分

2018年度新賃金及び夏季手当について(JR東海)」によると、夏季のボーナスは3.05ヶ月分と発表されています。

2017年度の実績も「夏季3.05ヶ月分」「年末3.0ヶ月分」であったため、今後もこの数値前後の支給額維持が予想されます。

「VORKERS」のボーナス額についての口コミは、100~300万円くらという意見が多く聞かれました。


男性/元プロフェッショナル職
3年未満

【年収460万円】

 

ボーナスが夏期、冬季合わせて6ヶ月近くあり魅力的である。

 

また、計算は本給に地域手当も含まれるので月給計算がボーナスに反映されるような感じである。

 

引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 年齢別平均年収

    「VORKERS」や他サイトの数値を参考にし、年齢別の平均年収額を算出しました。

    あくまで推測値ですので、参考程度にご覧ください。

    年齢 平均年収
    20~24歳 391.7~440.2万円
    25~29歳 494~641万円
    30~34歳 520.2~728.2万円
    35~39歳 598.6~783.4万円
    40~44歳 670.5~806万円
    45~49歳 757.7~864.3万円
    50~54歳 822.2~902.4万円
    55~59歳 814.9~863.2万円
    60~65歳 542.1~570.6万円

    役職別平均年収

    年齢別年収と同じく「VORKERS」や他サイトの数値を参考にし、役職別の平均年収額も算出しました。

    こちらもあくまで参考値としてご覧ください。

    役職 平均年収
    主任 650~750万円
    係長 700~900万円
    課長代理 1,000万円前後
    担当課長 1,000~1,200万円
    担当部長 1,100~2,000万円
    役員 3,000万円以上

    男性/現プロ技術職
    5~10年

    【年収事例】

     

    入社5~7年・主席:650~750万円(プロフェッショナル)

     

    係長クラス:800~1,000万円(総合職)

     

    主任クラス:700~900万円(プロフェッショナル)

     

    課長代理クラス:1,000~1,200万円(総合職)

     

    担当課長クラス:1,200万円(総合職)

     

    担当部長:1,500~2,000万円(総合職)

     

    役員:最低3,000万円(総合職)

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 採用別年収

    「JR東海」では3つの職種での採用区分があり、それぞれで平均年収に違いが見られます。

    主な職種は以下の3つです。

    では、順番にご説明します。

    総合職

    「JR東海」の総合職の年収は3職の中で1番ベースが高く、平均年収は1,000万円と推測されます。

    昇進や昇給に関しても他の2種よりも早く、30代で係長などの役職に就くことも可能です。

    役職の有無で30代半ばからの年収額に差が出始め、同期でも数百万円ほどの違いが現れます。


    男性/現総合職
    5~10年

    【年収800万円・賞与】

     

    総合職で入社できれば、収入に関しては特段心配する必要はないと思います。

     

    よくも悪くも安定企業なので、入社時(大卒・院卒)からそれなりな給与がもらえますし、特に社会通念上悪いことをしないかぎり順調に昇進し、それに比例して昇給していきます。

     

    引用:VORKERS

    プロフェッショナル職

    「JR東海」のプロフェッショナル職の平均年収は、約700万円前後と推測されます。

    「運輸系統」「車両機械系統」「施設系統」「電気システム系統」などの現場勤務が主であり、「短大・専門学校・高校卒」の方の割合が多いです。

    夜勤手当・乗務手当・工務手当などの現場手当が出ますが、総合職と比べて昇進スピートは遅くなるのが現状のようです。


    男性/現事務管理職
    20年以上

    【年収1,200万円・賞与300万円】

     

    基本的に年功序列だが、総合職とプロフェッショナル職では昇進スピートに明確な違いので注意が必要。

     

    入社後の職種変更はできない。

     

    同じ大学から入社しても、総合職とプロフェッショナル職では生涯年収には相当の差がでる。

     

    引用:VORKERS

    アソシエイト職

    「JR東海」にはアソシエイト職と呼ばれる職種があり、平均年収額は700万円と推測されます。

    アソシエイト職は総務・経理・技術企画などのオフィスワークが中心であり、世間では「一般職」と呼ばれる業務にあたります。

    基本的に転勤はなく、希望したエリア限定の勤務となりますが、その分総合職と比べて年収額は低いようです。

    電車運転士の年収は675万円

    平成30年賃金構造基本統計調査(規模1,000人以上)」での「電車運転士」の平均給与は約675万円です。

    よって、「JR東海」の電車運転手の平均給与も675万円と推測されます。

    「JR東海」電車運転手の職種区分である、プロフェッショナル職の平均年収が700万円と考えると、正確な値であるといえます。

    中でも「新幹線運転手」となれば、より年収が最も高くなるようです。

  • スポンサーリンク

  • 車掌の年収は598万円

    同じく「平成30年賃金構造基本統計調査(規模1,000人以上)」での「電車車掌」の平均給与は約598万円です。

    よって、「JR東海」の電車運転手の平均給与も598万円と推測されます。

    「JR東海」全体の平均年収よりも約120万円低い数値ですが、日本人の平均給与が432万円と考えると、十分に高年収といえます。

    充実の福利厚生

    日本でも有数の大企業である「JR東海」は、福利厚生も充実しています。

    公表されている主な福利厚生は、以下の通りです。

    • 各種保険
      ⇒健康・雇用・厚生年金・労災保険
    • 週休2日制
    • 慶弔・育児・介護休暇
    • 独身寮・社宅制度
    • JR東海福祉会
      ⇒ディズニーランド・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの利用料金など一部負担
    • 各種手当⇒扶養・交通・住宅手当
    • 住宅融資・利子補給・住宅補給金制度
    • スポーツ・文化系のクラブ活動

    口コミなどでは福利厚生面の評価は上々で、社員の中でも好評を博しているようです。

    「JR東海」は、安心して働ける環境といえますね。


    男性/現現業
    5~10年

    各種手当と福利厚生が充実しているので、実年収以上に生活は楽である。

     

    また休みは多い。

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 2.他JR線との平均年収比較

    JR東海 年収

    「JR東海」以外にもJR各社がありますが、一体どのくらいの年収差があるのでしょうか?

    ここからは、「JR東海」以外の以下5つのJRの平均年収額との比較を行います。

    では、順番にご説明します。

    JR東日本の平均年収は708万円

    有価証券報告書」によると、「JR東日本」の平均年収額は約708万円です。

    「JR東海」は730万円ですので、約20万円ほどの差があるという結果でした。

    おおかた同じくらいの年収であり、「JR東日本」も鉄道事業の中では高収入といえます。

    過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 702万6,756円
    2014年(26年) 704万8,607円
    2015年(27年) 710万1,470円
    2016年(28年) 710万8,700円
    2017年(29年) 714万186円
  • スポンサーリンク

  • JR西日本の平均年収は673万円

    有価証券報告書」によると、「JR西日本」の平均年収額は673万円です。

    「JR東海」と比べると、約60万円の差があるという結果でした。

    過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 672万5,460円
    2014年(26年) 673万2,345円
    2015年(27年) 674万2,652円
    2016年(28年) 673万6,548円
    2017年(29年) 675万8,258円

    JR九州の平均年収は550万円

    有価証券報告書」によれば、「JR九州」の平均年収額は約550万です。

    以前は「有価証券報告書」を公表していませんでしたが、2017年度より公表され、正確な平均年収額を見られるようになりました。

    過去2年間の平均給与額は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2016年(28年) 564万7,662円
    2017年(29年) 539万6,131円

    JR四国の平均年収は527万円

    国土交通省28年度鉄道統計年報」によると、「JR四国」の平均年収額は約527万円と算出されました。

    「JR四国」の有価証券報告書は公表されていません。

    そのため、同年報上における平均給与(1ヶ月)の基準賃金、基準外賃金、臨時給与の3つの数値から算出しています。

    JR北海道の平均年収は497万円

    同じく国土交通省28年度鉄道統計年報」によると、「JR北海道」の平均年収額は約497万円と算出されました。

    平成28年度のデータ上では、JR系列の中で唯一500万円台を下回っています。

    3.【新卒・転職】JR東海の採用情報

    JR東海 年収 転職

    「JR東海」へ就職する方法として、以下2つのパターンをご紹介します。

    新卒の場合、「大卒・大学院卒・高専卒」「短大卒」「高卒」で応募方法が異なっているため注意してください。

    では、以下で説明していきます。

    新卒の場合

    新卒の場合、「公式サイトの新卒採用ページ」または「リクナビ」などの就職エージェントより応募してください。

    「大卒・大学院卒・高等専門学校卒」の方は3職種すべてに、短大卒の方はプロフェッショナル職のみに応募可能です。

    高卒の方は、学校の指定校推薦枠でのみ募集しています。

    また、専攻科目が「文系」または「理系」かで採用実績が変わっているため、自分の分野に沿った職種を狙うと良いでしょう。

      総合職 プロフェッショナル職 アソシエイト職
    事務 なし 文・理(系統なし)
    運輸 文・理
    車両・機械
    施設
    電気・システム

    車掌や運転手になるには

    「JR東海」で車掌や運転手になるには、「プロフェッショナル採用ページ」より、プロフェッショナル職へ応募してください。

    まずプロフェッショナル職で就職し、そこから車掌や運転手へのキャリアを築いていきます。

    転職の場合

    「JR東海」では、転職エージェント登録者にのみ確認できる「非公開求人」による募集が大多数を占めます。

    そこで転職を希望する場合は、ハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    転職エージェントに登録すれば、 専任のコンサルタントからカウンセリング・書類添削・面接対策など各種転職支援を、無料で受けることができます。

    JACリクルートメントであれば、高年収のJR東海への転職であっても適切にサポートしてくれますよ。

    1人で転職活動をするよりも、効率的かつ効果的に進められるでしょう。

    登録も3分ほどで終わるため、まずは相談だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

    4.JR東海の評判・口コミ

    JR東海 年収 口コミ

    JRの中でも1番高い年収額を誇る「JR東海」ですが、実際に勤めている方の意見はどうなのでしょうか。

    以下より「VORKERS」や「カイシャの評判」などの口コミサイトによせられた、「JR東海」の評判や口コミ情報をご紹介します。

    ぜひ、就職・転職の際の参考にしてください。

    悪い口コミ


    男性/現車両開発
    5~10年

    鉄道事業という背景もあり、保守的な文化である。

     

    特に技術に関しては前例にないものに対して非常に消極的である。

     

    また、情報技術に関しては、流失防止にばかり気を払っているため、社員の情報収集や働き方の改善に対する情報インフラの整備には消極的であると感じる。

     

    自身の在籍していた組織でいえば管理職の意思決定が遅く、また管理職間での意思統一ができていないように感じ、担当者がその間を埋めることに特に時間を要されていて、担当社員は余計な負荷をかけられていると感じる場面が多い。

     

    引用:VORKERS


    20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 電気・電子・機械系エンジニア

    事故があると休日でも有休でも個人携帯に呼び出しの電話が来る。

     

    また、業務時間外に行う半業務命令の改善活動やレクもあり、本当の休日はなかなかない。

     

    仕事量が増えているにも関わらず人数を削減しているため、休日出勤しないと仕事が終わらないことが多い。

     

    引用:カイシャの評判


    20代 / 女性 / 現社員(正社員) / 運輸・物流・設備系

    設備が古い。

     

    ママの制度がいまいち。

     

    上司によっては、心ないことを言われることも。

     

    結婚や出産で一定のレールを外れると昇進が遅れる。

     

    引用:カイシャの評判

    良い口コミ


    男性/現施設部門
    20年以上

    ルールがしっかりしており、働きやすく、福利厚生、組合活動など、働くための組織がしっかりとしている。

     

    企業文化は風通しも良く、働きやすい環境が整えられている。

     

    法令遵守もしっかりとされている。

     

    引用:VORKERS


    男性/現技術職
    3年未満

    多くの人が利用する鉄道を保守しているという点にはやりがいを感じる。

     

    給料は同年代の別の業種と比較して多くもらえるうえ、会社が潰れる心配もほぼないため、待遇面が働きがいとも感じられる。

     

    引用:VORKERS


    男性/現技術
    3~5年

    リニア部門の場合、未来をつくる仕事ができる。

     

    自分である程度使用を決めることができるため、やりがいはある。

     

    新幹線部門だと、前例踏襲ばかりでやりがいはほどんどない。

     

    引用:VORKERS

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、JR東海の平均年収「730万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    「JR東海」の平均年収は730万円であり、同じJR系列の中でも1番高い年収額です。

    運転手や車掌の平均年収も500~600万円と推測され、日本の給与所得者の中でも高年収の部類といえます。

    人気の「鉄道関係」の仕事に就業しながら高年収をもらえる、これが「JR東海」の最大の魅力ではないでしょうか。

    憧れの鉄道会社に就職して活躍したいという方は、ぜひ「JR東海」への就職をおすすめします。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら