【徹底検証】川崎重工の平均年収は高い!?就職方法や評判も紹介!

川崎重工の年収 平均年収

「川崎重工」の平均年収は約700万円です。

「川崎重工」は高年収のイメージですが、日本の平均年収や「三菱重工」などと比較した場合、実際に高いのか低いのか気になりますよね。

当記事では「川崎重工」の平均年収や賞与額を調査し、日本の平均や「三菱重工」の年収額とも比較して検証を行いました。

また、新卒や転職で入社する方法、口コミや評判についてもまとめています。

「川崎重工」が高年収であるかどうか、ぜひご覧になって確認してくださいね。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、川崎重工の平均年収「700万」に自分の推定年収が達しているか、ぜひ確認してみてくださいね

スポンサーリンク

1.川崎重工の平均年収は約700万円

川崎重工 年収

「川崎重工」の平均年収は約700万円です。

この数値は「川崎重工」が公開している「有価証券報告書」を元に調査した結果です。

現在の年収額や過去の年収額を確認したところ、「川崎重工」の年収は常に平均700万円を維持しています。

過去5年間の平均年収額は以下の表の通りです。

西暦(平成) 平均年収額
2013年(平成25年度 700.5万円
2014年(平成26年度) 722.1万円
2015年(平成27年度) 743.5万円
2016年(平成28年度) 739.8万円
2017年(平成29年度) 706.7万円

今後もこの平均年収額が継続していくと予想されます。

昔から平均年収700万円以上を維持している

「川崎重工」の平均年収額は、十数年前から700万円前後を維持しています。

実際に2006年と2007年の平均年収額を以下で見ていきましょう。

西暦(平成) 平均年収額
2006年(平成18年度) 699.1万円
2007年(平成19年度) 710.8万円

このように、「川崎重工」の平均年収は安定して700万円が続いています。

大企業ならではの、安定した業績であることがわかりますね。


男性
生産技術
3~5年

【年収700万円・賞与200万円】

 

給与は年功序列で上がっていきます。

 

昇給は役職が上がるタイミングで、約7万円程度一気に上がります。

 

幹部社員になると年棒制に変わります。

 

手当はカフェテリアポイント制で年10万円いろいろなものに使えます。

引用:VORKERS

新卒の初任給は19~30万円

「川崎重工」の新卒の初任給は、約19万円~30万円の間です。

初任給の額は、採用時の学歴で変動します。

2018年度の学歴ごとの初任給は、以下の表の通りです。

学歴 初任給
高専卒 19万500円
大学卒 21万2,000円
修士卒 23万6,000円
博士卒 30万4,900円

大学生の平均初任給は約20万円のため、平均以上の給与体系といえますね。

高卒の初任給は公開されていませんが、「VORKERS」などの口コミサイトでの調査によると、18万円前後だと予想されます。


男性/現製造
5~10年

高卒、製造業で手取り16万円ほどとなります。

 

残業や休日出勤はしっかり給料に反映されます。

 

引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 充実の福利厚生

    「川崎重工」の福利厚生制度は充実しており、安心して働く環境が整えられています。

    実際に備えられている福利厚生制度は以下の通りです。

    • 各種保険
      ⇒雇用・健康・労災・厚生年金
    • 独身寮・社宅・保養所(有馬温泉・六甲山荘)・グラウンド
    • 育児休業・介護休業・財型貯蓄・住宅資金融資・従業員持株制度
    • カフェテリアプラン(年間10万円の補助に匹敵)
    • 自社製品割引販売

    特に子育て制度は、厚生労働省より子育てサポート企業認定されるほど整備されています。

    「短時間勤務制度」も利用できるため、家庭と仕事の両立もしやすいです。

    また、休日休暇も以下の制度が設けられています。

    • 完全週休2日制(土・日)
    • 祝日・年末年始・夏季休暇など(年間約120日)
    • 年次有給休暇(2017年度平均取得日数15.4日)
    • 慶弔・育児・介護休暇
    • リフレッシュ休暇

    このように休暇制度は揃っており、特に事務(総務・経理・人事)・技術・設計などの部署は休暇の取りやすい傾向が見られます。

    しかし、カンパニーや部署によっては「取得しづらい」といった声も多く、「業務優先」の風潮があるようです。

    特に生産技術・製造・資材調達などの「顧客や生産量で業務が左右される部署」は、休暇取得が困難であるといった声が多数でした。

    ワークライフバランスに関しては、今後の改善が期待されます。


    男性
    現営業職
    5~10年

    有給は申請すれば通るが、基本的に残業が多い部署だと取りにくい。

     

    忙しい部署とそうでない部署の差が激しく、忙しい部署となると業務量がかなり多いため体調面でも精神面でも辛いところがある。

     

    引用:VORKERS

    川崎重工のボーナスは新卒50万円前後~管理職300万円

    「川崎重工」のボーナス額は、1年目で約50万円前後~管理職300万円程度と、役職によって幅が見られました。

    ボーナスの支給が年に4度あるため、役職付きと役職なしの賞与額に大きな差が出る傾向が見られます。

    また、高卒入社か高専卒以上の入社かでベース給与に差が出るため、年収額にも開きが生まれるのが現状です。


    男性
    現設計
    15~20年

    【年収980万円・ボーナス330万円・新卒入社】

     

    基幹職以上は年棒制で残業代なし。理事になれば1,500万円以上となる。

     

    年度初めに業務目標を立て、半年ごとに上長と面接を実施し、達成度をフォローする。

     

    上長の評価は給与の業績評価分やボーナスに反映されるため、どのような評価だったかある程度分かる。

     

    引用:VORKERS


    男性
    現事務職
    10~15年

    【年収650万円・賞与170万円・新卒入社】

     

    基本的には年功序列で昇給昇進していく。

     

    新卒1~4年目まではあまり昇給幅はないが、5年目の昇進試験を経て昇進すると、大幅な昇給が見込まれる。

     

    その後も約5年間ピッチで同様の昇級機会がある。

     

    (中略)

     

    賞与については、カンパニーごとの業績連動システムを採用しているため、同じカンパニー同士所属であれば、大きな差はつかないような仕組みになっている。

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 年代・役職別平均年収

    「川崎重工」の年代・役職別の平均年収を、以下の表でまとめました

    「川崎重工」は年功序列が色濃く、役職階級によって大きく年収が変化します。

    ぜひ参考にしてください。

    ただし、課長以上の年齢は、役職の絶対数の少なさから参考とならないため、年齢部分を省いています。

    年齢(役職) 平均年収
    20代前半(一般) 350~450万円
    20代後半~30前半(主事補佐) 500万円~700万円
    30前半~40代(主事) 650万円~900万円
    40代~(基幹職) 830万円~1,000万円
    課長 1,000万円~1,200万円
    部長 1,200万円~1,600万円

    「主事」以上の年齢帯は、「主事」のポジションに就くか就かないかで年収額に差が出るため、変動値も大きくなります。

    「川崎重工」で年収1,000万円を達成するには、「課長」以上の役職に就くことが確実な方法です。

    3~6年ごとに行われる「昇格試験(小論文やTOEIC450点以上の達成など)」を突破する必要があります。

    また、「基幹職」以上は管理職となり、残業代がつかなくなることをあらかじめ確認しておいてください。


    男性
    現生産技術
    3~5年

    【年収700万円・ボーナス200万円(中途入社)】

     

    給与は年功序列で上がっていきます。

     

    昇給は役職が上がるタイミングで、約7万円程度一気に上がります。

     

    幹部社員になると年棒制に変わります。

     

    手当はカフェテリアポイント制で年10万円いろいろなものに使えます。

    引用:VORKERS

    職種別平均年収

    「川崎重工」の平均年収額は、所属している部署次第で変動します。

    これは給与やボーナスに関わる評価が、個人より部署やカンパニー単位で行われているためです。

    「VORKERS」や他サイトの情報をまとめ、職種別の年収額を算出した値を以下の表でご紹介します。

    業種 平均年収
    総合職 1,000万円前後
    一般職 700万円前後
    総合職 670万円前後

    「総合職」は職種的に大卒以上が多く、逆に「技術職」は高卒の割合も増えてくることから、2つ業種の年収額には差が見られます。


    男性
    元海洋船舶カンパニー
    3年未満

    在籍するカンパニーによって賞与は変動する。

     

    海洋船舶カンパニーは1年で給与4ヶ月分の賞与となっているが、他の中小企業の賞与額と大差ない。

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 2.川崎重工の給与は高いのか低いのかを検証・比較

    川崎重工 年収 高い

    「川崎重工の平均年収700万円は本当に高年収なの?」という疑問を解決するため、以下4つの比較対象を調査しました。

    以下より、比較の詳細をご説明します。

    日本全体の給与所得平均は432万円

    国税庁発表の「平成29年民間給与実態統計調査結果」のよると、日本の給与所得者の平均年収は432万円です。

    「川崎重工」の平均年収は700万円のため、約268万円の差があります。

    「川崎重工」の平均年収は、日本人の年収の中でも高収入であるといれるでしょう。

    年収600万円以上は日本の上位20%

    日本の給与所得者で年収600万円を超えると、実は日本の給与所得者の上位20%に入ります。

    つまり、「川崎重工」の平均年収額は日本の上位20%以上です。

    尚、この数値は平成29年民間給与実態統計調査結果」を参考にしています。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • スポンサーリンク

  • 日本の製造業の平均年収は507万円

    同じく「平成29年民間給与実態統計調査結果」によると、日本の製造業の平均年収は507万円です。

    「川崎重工」の平均年収の方が、約200万円ほど上回っているという結果でした。

    日本の製造業の中でも、「川崎重工」の年収額は高額と言ってもよさそうです。

    日本の輸送用機器の平均年収は約610万円

    日本の職種区分である「輸送用機器」の平均年収は約610万円です。

    「川崎重工」の平均年収の方が、90万円ほど高額という結果でした。

    「マツダ」の679万円や「SUBARU」の669万円など、有名企業の平均年収も上回っています。

    この数値は「有価証券報告書」や「ユーレット」「ヤフーファイナンス」などのサイト数値より、平均値を算出しました。

  • スポンサーリンク

  • 三菱重工の平均年収は845万円

    「三菱重工」の平均年収は約845万円です。

    「川崎重工」の平均年収より、さらに145万円ほど上回っています。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    3.【新卒・転職】川崎重工に就職するには

    川崎重工 年収 就職

    「川崎重工」へ就職する方法として、新卒(院卒・大卒・高卒など)と転職の2パターンをご紹介します。

    以下より新卒と転職、それぞれの就職方法を見ていきましょう。

    新卒(院卒・大卒・高卒)の場合

    新卒(院卒・大卒)で「川崎重工」へ就職を希望するのであれば、「公式サイトの採用ページ」か「リクナビ」などを利用しましょう

    各プレエントリーページから応募し、入社試験を受けてください。

    高卒で入社する場合、各高校での指定校推薦のみで受け付けています。

    基本的には、明石工場や播磨工場での勤務となるでしょう。

    インターン

    「川崎重工」では、インターン制度を実施しています。

    公式サイトにて、2019年に実施された以下2つのインターン制度を確認できます。

    1. 【技術系対象】川崎重工1DAYインターンシップ”F:Tech”
    2. 【事務系対象】重工業の魅力を伝える1DAYインターンシップ

    転職の場合

    「川崎重工」へ転職したい場合は、「公式サイトの中途採用ページ」から直接応募するか、転職エージェントの「JACリクルートメント」を活用してみてください。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    平均年収700万円と高年収の川崎重工への転職に、非常に強い味方になってくれますよ。

    JACリクルートメントのコンサルタントは、それぞれの業種・職種の専門知識を持った人材が在籍しており、当然製造業への転職ノウハウを持った担当者もいます。

    その専任コンサルタントによる書類添削・面接対策などを、川崎重工への転職に生かすことが可能ですよ。

    実際に川崎重工の採用実績もあるため、JACと川崎重工の間でつながったパイプも、JACリクルートメントをおすすめする理由の1つです。

    登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

     

    4.川崎重工の評判・口コミ

    川崎重工 口コミ 年収

    「川崎重工」の年収が高額とわかっても、実際の評判や口コミ情報も気になるところですよね。

    そこで、以下より「VORKERS」や「カイシャの評判」などの口コミサイトの情報をまとめました。

    ぜひ参考にしてください。

    悪い口コミ


    20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系

    新卒5年目で昇進・昇級するまでは給与は400万円台でそこまで多くなく、生活が苦しいことはないが、余裕はそれほどなく、贅沢はあまりできないような生活となる。

     

    入社年度が浅い段階では同世代の同業他社よりも給与水準が低い。

     

    引用:カイシャの評判


    男性/現設計
    3年未満

    全体的に古めかしくて、軍隊みたいなところがあります。

     

    残業している効率の悪い社員が評価されます。

     

    ゆるい印象を受けます。

     

    また、現場の方々には頭の固い、扱いにくい人が多く、特に関西弁で激高して来られた際には非常にやりづらいです。

    引用:VORKERS


    男性/現係長
    10~15年

    典型的な年功序列の企業。指示はあいまいでなかなか業務が前に進まない傾向がある。会議体も多く、長時間かつ回数も多い。

     

    会議中でも怒鳴り散らすタイプと穏やかなタイプに分かれるが、基本的に怒鳴り散らすタイプが多く、古典的なタイプが多いのが実情。

     

    引用:VORKERS

    良い口コミ


    男性/現製造
    3~5年

    重工業だけに大きな仕事をしていることが実感できる。

     

    完成して引き渡したときは涙が止まらなかった。

     

    一生この会社で働きたい。

     

    皆さんにおすすめします。

    引用:VORKERS


    男性/現プラント・環境カンパニー(管理職)
    20年以上

    目標に向かったプロジェクトメンバー全員で協力し、達成したときの達成感は最高。

     

    人事評価は面接で、目標設定とその結果を上司と共有し評価される。

     

    最低でも1人30分程度の面接時間で納得性が高い。

     

    海外派遣中であっても、専用のテレビ会議で確実に実施される。

    引用:VORKERS


    30代 / 男性 / 現社員(正社員) / その他

    新卒入社後の研修ですが、年度が変わるごとに長くなっている。

     

    現在は航空機製造ラインではカーボンを使うので、カーボンを使った灰皿作製などがある。

     

    以前はアルミの加工が主流で、アルミ材を使ってチリトリなどを作る実技研修がある。

     

    入社して5年、8年と研修が定期入社にはあります。

     

    期間工からの登用も以前はありましたが、最近はあまり聞きません。

     

    引用:カイシャの評判

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、川崎重工の平均年収「700万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    「川崎重工」の年収は約700万円であり、日本の平均値より250万円ほど高収入です。

    「日本の平均年収」や「製造業の平均年収」と比べても非常に高額であり、入社できれば安定した生活を送れるでしょう。

    また、充実の福利厚生や「重工業」だからこそのやりがいなど、「川崎重工」ならではの魅力もたくさん見つかります。

    「重工業」や製造業への就職を考えているのであれば、「川崎重工」を1度検討してみてはいかがでしょうか?

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%