国会議員の平均年収は2,200万円!?収入の名目や実態を徹底調査

国会議員の平均年収 平均年収

法律をはじめ、国に関するあらゆることを決定する国会議員。

「国会議員の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

国会議員の年収は平均2,200万円程度

本記事では、国会議員の詳しい年収や収入の実態について解説します。

国会議員が高収入である理由もチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.国会議員の年収は平均2,200万円

国会議員の年収を平均すると、2,100~2,200万円程度になります。

この章では、年収の内訳や生涯年収について解説します。

内訳は「歳費+期末手当」

国会議員の報酬は「歳費法」と法律により定められており、月額約130万円となっています。

年間の歳費は、約1,560万円。

歳費にプラスして、ボーナスにあたる「期末手当」が年間500~640万円ほど支払われ、トータル年収2,100~2,200万円となります。

  • スポンサーリンク

  • 生涯年収は任期や勤務年数によって異なる

    国会議員の年収は、任期によって異なります

    衆議院議員と参議院議員の任期と、任期中のトータル年収は以下の通りです。

    <衆議院議員>

    任期:4年

    4年間のトータル年収:約8,800万円

    <参議院議員>

    任期:6年

    6年間のトータル年収:約1億3,200万円

    選挙に連続して当選するケースも多く、 勤務年数が個々によって異なるため、生涯年数には個人差があります

    5回連続で衆議院議員選挙に当選し、20年間働いたと仮定した場合、国会議員としての生涯年収は4億4,000万円となります。

    日本の国会議員の年収は世界ランキング1位

    日本の国会議員の年収は、他国と比較して高額です。

    <国会議員の年収ランキング>

    1. 日本:2,100~2,200万円
    2. アメリカ:1,400~1,600万円
    3. カナダ:1,100~1,300万円
    4. ドイツ:1,000~1,150万円
    5. フランス:900~,1,000万円

    2位のアメリカとは、500万円以上の差があります。

    日本の国会議員の年収が飛びぬけて高額であることがわかりますね。

  • スポンサーリンク

  • 2.報酬+期末手当以外の国会議員の収入

    この章では、 歳費+期末手当以外の国会議員の収入について解説します。

    おもな収入は、以下の通りです。

    収入1.文書通信交通滞在費

    文書交通費とは、公的文書を発送するためにかかる費用や交通費のこと。

    略して「文通費」と呼ばれることもあります。

    文書交通費は、月額100万円・年間で1,200万円

    国から支給されるお金ですが、使用用途を報告する必要はありません。

  • スポンサーリンク

  • 収入2.立法事務費

    立法事務費とは、立法のための調査・研究を行うための費用のこと。

    国から衆議院・参議院と各会派に、 議員1人あたり月額65万円・年間にして780万円が支払われます。

    収入3.その他臨時収入

    国から行われるお金以外の収入として挙げられるのが「お餅代」「氷代」など。

    政党によっては、年末やお盆にお餅代・氷代などの手当が支給されます。

    お餅代・氷代の金額は決まっていませんが、100~400万円ほどが相場です。

  • スポンサーリンク

  • 3.国会議員は高収入なのにお金がない!?

    高収入なイメージの国会議員ですが、「お金がない」と口にする議員も少なくありません。

    この章では、 国会議員の金銭事情について解説します。

    多額の人件費がかかる

    国会議員として活動する中で、もっともお金がかかるのは人件費。

    事務所によっては、20人以上の人員を雇っているところもあります。

    雇っている秘書や事務員などに給与を支払わなければならないため、多額の人件費がかかるのです。

  • スポンサーリンク

  • 基本の年収以外は政治資金となる

    2.報酬+期末手当以外の国会議員の収入」で歳費+期末手当以外の国会議員の収入について説明しましたが、 すべてが自分の懐に入るわけではありません

    自分の懐に入るお金と、活動費・政治資金として使用するお金を区分すると以下のようになります。

    国会議員自身の懐に入るお金 活動費・政治資金として使用するお金
    • 歳費
    • 期末手当
    • 文書交通滞在費
    • 立法事務費
    • お餅代・氷代

    多くの収入がある国会議員ですが、自分のポケットマネーとして使用できるお金は歳費と期末手当のみです。

    4.国会議員の年収が高い理由

    ここまでの内容を読み、「国会議員の年収は高すぎるのでは?」と感じていませんか?

    国会議員の年収が高いのには、理由があります

    裕福ではない人も出馬できるようにするため

    国会議員として活動するには多額のお金がかかります。

    むやみに国会議員の報酬を下げると、 ポケットマネーから政治活動費を支払えるお金持ちしか出馬できないという問題が浮上してしまいます。

    裕福ではない人が国会議員として活動するには、政治家として活動できるだけの収入が必要なのです。

    国会議員の質を落とさないため

    国会議員は「法律をつくる」という責任のある仕事を担っています。

    責任が重い国会議員の年収が国民の平均程度だった場合、「国会議員になろう」という人は激減するでしょう。

    また、 国会議員自身が満足できるほどの収入を得ていなければ、賄賂などの汚職問題が多発してしまうかもしれません。

    社会をつくる国会議員の質を落とさないためには、やはりある程度の報酬が必要です。

    「報酬を下げるべき」という声も挙がっている

    国会議員の年収が高い理由について説明しましたが、もちろん国会議員の報酬に納得していない人もいます。

    国会議員の報酬については多くの人が議論しており、 「報酬を下げるべき」という意見も存在するのです。

    「今のままで良い」という意見と「下げるべきだ」という意見が対立する中、今後も国会議員の報酬に関する議論は続いていくと考えられます。

    5.国会議員になる方法

    この章では、 国会議員になる方法について解説します。

    国会議員になるまでのステップは、以下の通りです。

    ステップ1.国会議員になるための条件を満たす

    国会議員になるために、特別な資格や学歴は必要ありません。

    ただし、 選挙に出るためには以下の条件を満たす必要があります

    • 日本国民であること
    • 満25歳以上であること(参議院の場合は満30歳以上)

    禁錮以上の刑を執行していない場合など、一つでも当てはまると被選挙権を失う条件も存在します。

    被選挙権について詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

    総務省|選挙権と被選挙権

    ステップ2.「被選挙権」を得て選挙に立候補する

    条件を満たし「被選挙権」を得たあとは、選挙に立候補します。

    立候補の際は、法務局に300~600万円の「供託金」を預けなければいけません

    供託金は、無意味な立候補を防止するために設けられている制度。

    お金を預けることで、無責任な出馬な候補者の乱立を防ぐのです。

    選挙の獲得票が規定数に達しなかったり、立候補をキャンセルした場合は没収されてしまいますが、選挙に出て一定の票を獲得すれば返金されます。

    ステップ3.選挙に当選する

    選挙の当選・落選を左右するのは、有権者からの支持

    当選を勝ち取るためには、選挙運動中に自分の理念や政治への考え方などを伝え、有権者からの支持を得ることが重要です。

    ほかの候補者よりも多くの票を獲得し、選挙に当選すると晴れて国会議員となります。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、国会議員の平均年収「2,200万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    国会議員は高収入のイメージが強い職業。

    実際に平均年収は2,200万円と高額であり、基本的な年収以外にも収入があります。

    しかし、収入が多い反面、人件費や事務所の運営費など出費も大きいです。

    国会議員は「 たくさんの収入があるが、その分出ていくお金も多い」といえるでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事