三菱商事の平均年収は1,607万円!年齢別の年収やグループ会社の年収も紹介

三菱商事の平均年収 平均年収

三菱商事の2018年の平均年収は1,607万円です。

三菱商事は総合商社なので海外赴任があり、その内容によって年収も大きく変わってきます。

そこで、本記事では三菱商事の平均年収について、 年齢別平均年収や福利厚生込みの年収、五大商社との比較などを解説していきます。

この記事を読んでいただければ、三菱商事に転職すればどのくらい稼げるのかがわかるので、転職のモチベーションが上がりますよ。

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.三菱商事の平均年収は1,607万円

三菱商事の「2018年度の有価証券報告書(P12)」によると、平均年収は1,607万円です。

三菱商事の月収はだいたい134万円。日本のサラリーマンの平均年収が約400万円なので、3ヶ月で日本の平均年収を稼げてしまうほどの高給与です。

どれほど給料が高いかを、さらに具体的に説明していきます。

総合商社の年収ランキングで1位

三菱商事の年収は1,607万円だと言われており、 総合商社の年収ランキングで1位です。

総合商社とは、食品やエネルギー資源、金融、サービスなど幅広い商品を取り扱う会社のことを指します。

日本の有名な総合商社7社の年収ランキングは以下の通りです。

総合商社7社の平均年収ランキング
商社名 平均年収(平均年齢)
1位:三菱商事   1,607万円(42.5歳)
2位:伊藤忠商事   1,520万円(41.7歳)
3位:三井物産   1,430万円(42.2歳)
4位:丸紅   1,389万円(41.9歳)
5位:住友商事 1,389万円(42.6歳)
6位:双日 1,103万円(41.9歳)
7位:豊田通商  1,096万円(41.9歳)

 (参考:各企業の2018年度の有価証券報告書)

  • 三菱商事は「五大商社」の1つ

    三菱商事は、 総合商社の中でも最も規模の大きい「五大商社」のうちの1つです。

    「五大商社」は以下の5つの会社のことを指しています。

    1. 三菱商事
    2. 伊藤忠商事
    3. 三井物産
    4. 丸紅
    5. 住友商事

    年収ランキングで出てきた上位5社でもあります。

    ちなみに、五大商社に「双日」と「豊田通商」を加えて「七大商社」と呼ぶこともあるのです。

    日本には総合商社は7つしかないので、数がとても少ないのがわかりますね。

    退職金制度・海外赴任手当も充実

    三菱商事では、「準定年退職金制度」というのがあります。

    50歳で自ら退職を希望した場合、60歳まで働いたとみなして退職金を支払う制度です。

    さらに、「準定年退職年金」も60歳まで支払われます。

    また、先進国へ赴任した場合、「海外赴任手当」が支給されます。

    金額は、通常の月給+10〜20万円です。

    さらに、新興国に赴任する場合は「危険地手当」として、月額60万円超支給されるケースもあります。

    役職・家族構成・赴任地の危険度によって異なりますが、かなりの高待遇が期待できそうです。

    (参考:経営者人事対談
    (参考:ダイヤモンドオンライン

  • 2.三菱商事の年収は年齢が上がれば年収も上がる

    日本最大級の社員口コミサイト「カイシャの評判」によると、三菱商事は完全に年功序列のようです。

    具体的に年齢によってどのように年収が変わっていくのか、みていきましょう。

    20代で1,000万円超えの社員もいる

    口コミを参考にすると、年齢により以下のように給料が上がっていきます。


    20代男性/正社員/企画・事務・管理系

    完全年功序列です。誰でも入社5年目で年収1000万円可能です。

    入社1年目の平社員で年収は800万超えます。

    22歳→年収800万
    25→1000万
    30→1300万
    40→1500万
    50→2000万
    60→2100万
    70→2200万
    こんな感じです。

    (引用:カイシャの評判

    年齢 年収
    22〜25歳 800〜1,000万円
    30歳 1,300万円
    40歳 1,500万円
    50歳 2,000万円
    60歳 2,100万円
    70歳 2,200万円

    20代ですでに1,000万円を突破する社員がいるというのは、驚きですね。

    日本の20代サラリーマンの平均年収は310万円ほどですから、それに比べると3倍近く稼いでいるようです。

    30代になると海外で管理職として派遣されて、リーダーを任せられる社員もいるようです。

    30代で重要な役職につけば、かなりの高給与を期待できそうですね。


    40代男性/正社員/企画・事務・管理系

    海外で30くらいで管理職として派遣され組織の長を任される。

    40くらいで子会社の社長になる可能性もある。

    財務経理の専門家はCFOポジションが狙える。

    (引用:カイシャの評判

  • 3.三菱商事グループ会社の年収

    三菱商事には多くのグループ会社が存在します。

    そこで、ここからは三菱商事のグループ会社の以下の5社の年収を紹介します。

    それぞれ見ていきましょう。

    三菱商事ロジスティクス:500〜800万円

    社員による口コミサイト「カイシャの評判」によると、三菱商事ロジスティクスの年収は500万円〜800万円です。

    三菱商事ロジスティクスは、三菱商事グループの物流会社で、倉庫や運輸関連業を行なっています。

    単なる物流会社ではなく、アパレルや工業財、食品の輸送など、総合商社系の特性を活かした多方面での事業を行なっているのが特徴です。

  • 三菱商事エネルギー:400〜550万円

    求人サイトの「dジョブ」によると、三菱商事エネルギーの年収は400〜550万円です。

    三菱商事エネルギーは日本最大規模の石油卸売会社で、ガソリンや灯油、軽油などの販売業を行なっています。

    販売業だけでなく、ガソリンスタンドの建設や賃貸、ガソリンスタンドの運営なども行なっているのが特徴です。

    三菱商事ファッション:450万円〜650万円

    社員による口コミサイト「カイシャの評判」によると、三菱商事ファッションの年収は450万円〜650万円です。

    三菱商事ファッションは、婦人服や紳士服、子供服、雑貨などを取り扱っています。

    企画提案、生産、流通、販売まですべてを一社で行なっているのが特徴です。

  • 三菱食品:250万円〜1,050万円

    口コミサイト「カイシャの評判」によると、三菱食品の年収は250〜1,050万円です。

    三菱食品は加工食品や低温食品、酒類、菓子などを取り扱っています。

    売上高は2兆円を超え、食品卸売業界では業績第1位の会社です。

    三菱UFJリース:630万円〜650万円

    口コミサイト「カイシャの評判」によると、三菱UFJリースの年収は630万円〜650万円です。

    三菱UFJリースは不動産や医療機器、工作機械などのリース業を行なっています。

    リース以外にも、社会インフラの整備や環境・エネルギー事業も行っているのが特徴です。

    三菱商事に比べると、グループ会社の年収はそこまで高くありませんね。

    普通の企業と同等か少し高いくらいの会社が多いです。

    4.三菱商事は優良企業

    三菱商事は平均年収が高いこと以外にも魅力があり、優良企業であることがわかります。

    転職活動をする上で、三菱商事に平均年収以外にもどのような魅力があるのかを知っておくことは重要です。

    そこで、ここからは三菱商事の魅力について、以下の3つを解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    リストラも降格もない

    三菱商事は リストラも降格もないと言われています。

    リストラをすると社員と紛争やトラブルに発展することが多く、会社のイメージダウンにつながります。

    三菱商事は会社のイメージをとても重視している会社なので、紛争やトラブルになりかねないリストラを避けているのです。

    そのため、一度三菱商事に入社してしまえば、 リストラに怯えることなく定年まで安心して勤めることができます。

    9時〜5時勤務でワークライフバランスも良い

    三菱商事は9時〜5時勤務なので、ワークライフバランスがいいです。

    総合商社というと激務のイメージがありますが、三菱商事はそれに該当しません。

    そのため、高給取りでありながら、プライベートを重視した働き方もできるので、離職率も低いです。


    20代男性/正社員/企画・事務・管理系

    勤務時間は1日8時間です。昼休みが1時間あるので、9時間は会社にいます。

    しかし、残業は特になく、暇な日(週3程度)は午後の3時には出社可能です。

    (引用:カイシャの評判

    三菱商事に転職するなら「JACリクルートメント」の利用がおすすめ!

    JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    三菱商事への転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントは、ハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    三菱商事を始めとした日本最大手の商社転職支援も手がけているため、安心してサポートを任せられますよ。

    また、業界ごとの知識や経験を持っている質の良いコンサルタントによる書類添削は、書類通過率が高くなると評判です。

    それに企業との綿密なやり取りで得た、求人票に載っていない内部情報も事前に把握できますよ。

    登録・利用ともに無料のため、一度気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    三菱商事の平均年収は1,607円で、これは全総合商社の中で1位の年収です。

    三菱商事は商社なので海外赴任がありますが、その手当で生涯年収が大きく上がります。

    そのため、海外勤務があっても良いから高い年収を稼ぎたいなら、三菱商事への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?