三井住友海上の年収は?年齢・役職別年収やグループ内の年収も解説!

三井住友海上の年収 平均年収

「三井住友海上」の平均年収は約740万円です。

保険業界への就職をお考えの方は、3大メガ損保である「三井住友海上」の情報に興味がおありではないでしょうか。

当記事では、「三井住友海上」の平均年収や年齢・役職別年収について解説します。

また、他グループ会社との年収比較や中途採用情報、口コミ情報についてもまとめました。

「三井住友海上」への就職・転職を考えている方は、ぜひ当記事を参考にしてください。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、三井住友海上の平均年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.三井住友海上の平均年収は約740万円

三井住友海上 年収

「三井住友海上」の平均年収額は約740万円です。

この数値は、親会社である「HS&ADホールディングス」が公表している「有価証券報告書」を参考に算出しています。

過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

西暦(平成) 平均年収
2013年(25年) 718万3,164円
2014年(26年) 731万7,036円
2015年(27年) 747万2,340円
2016年(28年) 741万492円
2017年(29年) 736万1,220円

上記の表の通り、平均年収額は常に700万円以上を維持しています。

今後も、この水準を保っていくことが予想されます。

平均ボーナスは約200万円

「三井住友海上」のボーナスは、200万円前後が平均値と推測されます。

この数値は、「VORKERS」や他サイトの情報を元にした算出値です。

口コミ情報では「総年収額のうちボーナスが大半を占める」といった意見が多く、満足度が高い傾向が見られました。

しかし、雇用形態が地域社員の方では50~100万円といった声もあり、全域社員と地域社員で差があるようです。

「VORKERS」で記載されていたボーナス額をまとめましたので、参考までにご覧ください。

勤続年数 賞与額
3年未満 50万・60万・100万・140万
3~5年 100万・120万・140万・160万・200万
5~10年 200万・255万・300万・350万
10~15年 170万円・400万円

女性/現損害サポート
3~5年

年次に合わせてランクが決まっており、入社数年は仕事していれば2ランクずつ昇格し、給料が決まる。

 

社内でランク別に給料が表示されているから、数年先は年収いくらになるとだいたい読める。

 

ボーナスは安定して夏、冬4ヶ月ほど支給される。

 

引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 年齢別年収

    「三井住友海上」の年齢別平均年収額を、口コミサイトや他サイトを元に算出しました。

    参考値としてご覧ください。

    年齢 平均年収
    20~24歳 374.4万円
    25~29歳 561.2万円
    30~34歳 641.5万円
    35~39歳 681.7万円
    40~44歳 746.2万円
    45~49歳 842.4万円
    50~54歳 896.9万円
    55~59歳 861万円
    60~65歳 667.8万円

    役職別年収

    「三井住友海上」の役職別の年収額も、以下の表でまとめました。

    あくまで推定ですので、参考値としてご覧ください。

    課長代理までは年功序列で役職が上がり、収入は1,000万円まで上昇するのが通説です。

    その後は役職や個人能力によって、年収額に差がついていきます。

    役職 平均年収
    主任 700万円前後
    課長代理 900~1,000万円万円
    課長 1,200~1,400万円
    部長 1,500万円以上

    男性/元営業推進部門(課長)
    15~20年

    【年収1,000~1,300万円・課長】

     

    賞与が高いし、同世代の中ではかなり良い水準。

     

    福利厚生もしっかりしているので安心して仕事ができる。

     

    引用:VORKERS

    全域社員と地域社員の違いについて

    「三井住友海上」の勤務体系には「全域社員」と「地域社員」の2種類があり、転勤の有無や給与体系に違いがあります。

    「全域社員」とは「海外を含んだ全国への転勤がある社員」のことで、初任給などの待遇面が1番優れています。

    対して「地域社員」とは、「転勤なし(エリア)または一定の地域への転勤(ワイドエリア)がある社員」を指します。

    こちらが転勤・転居のリスクがない代わりに、収入面は少し抑えられている雇用形態です。

    実際に2020年新卒募集要項の初任給額を比較してみましょう。

      全域社員 地域社員(エリア) 地域社員(ワイドエリア)
    大卒 24万1,000円 18万480~19万2,000円 18万9,510~20万1,600円
    修士了 25万7,000円 19万1,760~20万4,000円 20万1,350~21万4,200円

    このように、全域社員と地域社員では初任給額に差があります。

    口コミ情報では、「全域社員と地域社員で入社後の収入に大きな格差がある」という報告も見られました。

    また、地域社員は「昇給幅が小さい」「家賃補助がない」など、収入面の恩恵が少ないようです。

    高収入を得たい場合は、全域社員としての入社を目指すことをおすすめします。


    女性/元損害サポート
    5~10年

    【7年目・地域社員・年収400万円】

     

    転勤のある全域社員と地域社員は、同じ仕事をしているのにもかかわらず、給与テーブルが異なり、給与格差が大きい。

     

    また、地域社員は給料の上がりが少なく、モチベーションが下がる。

     

    月給が低いため、相対的にボーナスは多いと錯覚してしまう。

     

    引用:VORKERS

    アソシエイト社員

    「三井住友海上」では、総合職の他に「アソシエイト社員」と呼ばれるスタッフ社員の職種があります。

    主に損害保険の事務や電話対応の業務を行います。

    ただし、勤務形態が1年契約型の契約社員の採用となっています。

    尚、初任給は約19万円、年収は約300万円前後です。

  • スポンサーリンク

  • 福利厚生について

    「三井住友海上」の福利厚生は、非常に充実していると評判です。

    「キャリコネ」の「損保業界働きやすい会社ランキング」では3位にランクインしており、特に「休日の満足度」の評判が高い傾向です。

    そんな「三井住友海上」の主な休暇制度を、以下でご紹介します。

    • 完全週休2日制
    • 祝日・年末年始・有給・慶弔休暇制度
    • プラス休暇(12日)
      ⇒夏季休暇(5日)・フレッシュアップ休暇(5日)・アニバーサリー休暇(2日)
    • 育児・介護休暇
    • クリエイティブ・ボランティア休暇

    続いて、主な福利厚生制度について見て行きましょう。

    • 各種保険
    • 財形貯蓄制度
    • 企業年金基金
    • 社員持株制度
    • 保養
    • 独身寮・社宅制度

    大企業の標準ともいうべき各種保険や財形貯蓄制度、社宅制度など一通りが揃っており、安心して働ける企業であることがわかりますね。

    ただし、営業職の場合は「見なし残業制度」が適応されており、「なかなか残業代がつかない」という意見も見られました。

    営業職へ就職の場合は、ワークライフバランスに気を配る必要があります。

    2.三井住友海上の親会社・子会社の年収比較

    三井住友海上 年収

    「三井住友海上の平均年収って高いの?」という疑問にお答えするため、3つの比較対象を元に平均給与額を解説していきます。

    今回比較するのは、以下の「親会社」「同グループの子会社」「業界全体」の3つの平均年収です。

    では、以下で比較していきます。

  • スポンサーリンク

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングスの平均年収は約1,100万円

    親会社である「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」の平均年収は約1,100万円です。

    こちらの数値も、同社が公開している「有価証券報告書」を参考に算出しました。

    やはり親会社である「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」の方が、約350万円ほど高いという結果です。

    以下では、過去5年間の推移をまとめています。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 1,119万9,864円
    2014年(26年) 1,153万7,964円
    2015年(27年) 1,146万5,388円
    2016年(28年) 1,138万1,616円
    2017年(29年) 1,100万6,136円

    あいおいニッセイ同和損害保険の平均年収は約650万円

    「三井住友海上」と同じグループの子会社である「あいおいニッセイ同和損害保険」の平均年収額は、「有価証券報告書」のよると約650万円です。

    「三井住友海上」の方が、約90万円ほど高額だという結果でした。

    過去5年間の平均年収の推移は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 657万2,064円
    2014年(26年) 661万1,259円
    2015年(27年) 680万8,203円
    2016年(28年) 659万5,375円
    2017年(29年) 651万4,095円

    ただし、上記の平均年収額は「内務職員」と「営業職員」の合計です。

    「営業職員」だけで考えた場合、平均年収約1,248万円という数値が「2013年度の有価証券報告書」に記載されています。

    やはり成果や結果が見えやすい営業職は、他と比べて高収入となりやすいようです。


    男性/現営業
    3~5年

    新卒1年目で350万円。

     

    そこからちょっとずつ上がり、6年目の主任で一気に上がるとされる。

     

    大体35歳あたりから1,000万円を超え始める。

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 損害保険業界の平均年収は438万円

    マイナビ」の調査によると、生命・損害保険業界の平均年収額は438万円です。

    「三井住友海上」は740万円ですので、業界平均より約300万円ほど高収入であるとわかります。

    ちなみに、損害保険業界全体の収入額を考えた場合、金融・コンサルティングとしては高くないというのが実情です。

    しかし、日本の給与所得者の平均年収は432万円ですので、438万円は決して低い年収ではありません。

    3.【新卒・転職】三井住友海上の採用情報

    三井住友海上 就職 転職

    「三井住友海上」へ就職したい方向けに、以下2パターンの就職方法をご紹介します。

    それでは、順番にご説明します。

  • スポンサーリンク

  • 新卒の場合

    新卒での就職は「公式サイトの新卒採用ページ」、または「マイナビ」「リクナビ」などの就職エージェントから応募しましょう。

    新卒の場合、希望や経歴によって「総合」「スペシャリスト」「外国人留学生」の3つのコースから選択します。

    自分の将来と合わせて考えながら、進みたいコースを選びましょう。

    総合コース

    「総合コース」は、学歴「短大・専門学校・大学・大学院以上」「入社日時点で29歳以下」の条件を満たせば、誰でも応募できるコースです。

    ただし、2親等以内の親族が「三井住友海上」に勤務している場合は、応募不可と決められています。

    また、「全域社員」と「地域社員」の併願応募もできないため、注意が必要です。

    スペシャリストコース

    「スペシャリストコース」は、特定の「大学での専攻」や「所得資格」などを持っている方を対象とした採用コースです。

    主に以下の専門職に就業します。

    • アクチュアリー
    • 自然災害リスク分析関連職
    • 金融工学・資産運用・財務・経理
    • IT・システム・データサイエンス

    「スペシャルコース」での応募は「全域社員」のみです。

    「地域社員」での募集はないため、注意しましょう。

    外国人留学生コース

    外国人留学生の方は、「外国人留学生コース」を選択し応募します。

    コースは別ですが、選ぶ職種は「総合職」と「スペシャリストコース」と同じです。

    こちらも、全域社員のみの募集を受け付けています。

    転職の場合

    三井住友海上に転職するなら、転職エージェントである「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメント

    JACリクルートメントは、ハイキャリアに特化していることが特徴。

    年収600万円以上の求人を数多く保有しています。

    また、三井住友海上のような大手・優良企業の求人も豊富なので、効率的に求人を探すことができますよ。

    優秀なコンサルタントがあなたを親身にサポートしてくれるので「転職が不安」という方にもぴったりです

    利用は無料なので、まずは気軽に登録してみてくださいね。

    アソシエイト社員は高卒でも採用

    「アソシエイト社員(一般事務)」での採用は、学歴が高卒以上であれば応募可能です。

    ただし、PCの基本操作(Word・EXCEL)程度のスキルが必要となります。

    過去に事務業務の経験があれば、採用にプラスに働くでしょう。

    その他の募集職種

    上記の他にも、「三井住友海上」では以下の職種を募集しています。

    どれも特殊な採用形態のため、詳しい情報はリンク先にてご確認ください。

    4.三井住友海上の評判・口コミ

    三井住友海上 年収 口コミ

    「三井住友海上」の給与体系や年収事情を解説してきましたが、ここからは実際の口コミや評判についてご紹介します。

    社風やワークライフバランスなど、リアルな口コミ意見をぜひ就職・転職時の参考にしてください。

    悪い口コミ


    男性/現営業(主任)
    10~15年

    【地域社員主任・年収550~600万円】

     

    年収に占めるボーナス割合が高い。

     

    ボーナスがないと一人暮らしも厳しいような月給。

     

    地域社員には手当がまったくない。

     

    今は入社5年目までは家賃補助が出るようになったようだが、自分のときはまったくそういった補助はなかったので不公平だな、とは感じる。

     

    引用:VORKERS


    女性/現営業
    10~15年

    マンパワーで成り立っている会社。

     

    業界トップの会社と違い、商品、システム、理念が劣っているので後は現場の人達が頑張れ!というのが今も昔も変わらない。

     

    ブレインが悪い。

     

    引用:VORKERS


    男性/現営業
    3年未満

    未経験の業種でしたが、OJTなどはなし。

     

    1週間研修を3度行いますが、どれも保険案内パンフレットを勉強するだけ。

     

    実際の営業活動は担当社員がつきますが基本的には協力体制はないので自己奮起の営業活動になります。

     

    引用:VORKERS

    良い口コミ


    男性/現営業
    3年未満

    自由かつ挑戦的な文化である。

     

    若手から裁量を持って働くことは十分に可能。

     

    グローバルを舞台に、企業としても個人としても挑戦していける環境である。

     

    引用:VORKERS


    男性/現営業
    5~10年

    有給取得はかなりうるさいため、ほぼ全員の社員が有給を義務付けられている。

     

    また、残業できない環境になっているため、19時以降残ることはほどんどない。

     

    決められた時間で成果を上げる必要があるので、大変な面もある。

     

    業務後の自由な時間も多くあるため、自己学習など、自己研鑽に励むことができる環境といえる。

    引用:VORKERS


    女性/現事務
    3~5年

    有給、アニバーサリー休暇、フレッシュアップ休暇、夏季休暇、年末年始休暇それぞれ完全取得義務の風潮があるため休みやすい。

    引用:VORKERS

    5.【補足】三井住友海上とその他3メガ損保との年収比較

    三井住友海上 年収 3大損保

    参考データとして、「三井住友海上」と並ぶ3大損保である「東京海上日動火災保険」と「損保ジャパン日本興亜」の年収額をご紹介します。

    東京海上日動火災保険は約850万円

    有価証券報告書」によると、「東京海上日動火災保険」の平均年収額は約850万円です。

    「三井住友海上」より約100万円ほど高く、損保業界では1位の年収額を誇ります。

    以下、過去5年間の平均年収額の推移です。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 851万4,922円
    2014年(26年) 824万8,418円
    2015年(27年) 891万3,347円
    2016年(28年) 821万1,370円
    2017年(29年) 851万8,092円

    損保ジャパン日本興亜は約650万円

    有価証券報告書」によると、「損保ジャパン日本興亜」の平均年収は約650万円です。

    「三井住友海上」の方が、約100円ほど高いことがわかります。

    以下、公表されている過去4年間の平均年収額の推移です。

    西暦(平成) 平均年収
    2014年(26年) 660万3,566円
    2015年(27年) 638万6,126円
    2016年(28年) 632万3,911円
    2017年(29年) 627万8,483円

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、三井住友海上の平均年収「967万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    「三井住友海上」の平均年収は約740万円であり、福利厚生や休暇制度も非常に充実しています。

    役職につけば年収1,000万円も可能であり、高収入を得やすい企業といえるでしょう。

    ただし、収入に関しては「全域社員」と「地域社員」で差が大きくなり、不満に思う方も多いようです。

    収入や待遇を考慮し、どのような雇用体系を選択するかが重要となります。

    「三井住友海上」への就職をご希望の方は、ぜひ当記事を参考にし、採用募集へ応募してはいかがでしょうか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事