三井住友信託銀行の年収は720万円!年齢・役職別の給与もチェック

三井住友信託銀行の平均年収 平均年収

三井住友信託銀行の平均年収は、2018年度の実績で約720万円です。

公表されている年収は全職種も含めた平均の金額であり、職種によっては1,000万円を稼げる職種もあります

企業名を知っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、年収などの企業内部の情報はなかなか把握できないですよね。

そこで今回は、三井住友信託銀行の詳しい年収事情についてご紹介していきます。

実際に働いている人の口コミなども紹介していきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値と三井住友信託銀行の平均年収との比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.三井住友信託銀行の平均年収は720万円

2018年度の有価証券報告書によると、三井住友信託銀行の平均年収は約720万円

この金額は、全年代、全職種の平均として算出された年収です。

そこで、有価証券報告書からは見えない年齢別の年収や役職別の年収を以下でご紹介していきます。

ただし、いずれも公表されているデータではないので、口コミ等を基に算出した参考データとして捉えてください。

年齢別年収

三井住友銀行の年齢別の年収を一覧でご紹介していきます。

年齢別の年収は公開されていないので、口コミ等を基にした推定値です。

三井住友信託銀行の年代別平均年収
年齢 平均年収
20歳〜24歳 330万円
25歳〜29歳 625万円
30歳〜34歳 714万円
35歳〜39歳 755万円
40歳〜44歳 830万円
45歳〜49歳 936万円
50歳〜54歳 998万円
55歳〜59歳 963万円
60歳〜64歳 756万円

20代中盤で平均年収が600万円を超えてきます。

大卒や大学院卒でもらえる年収としては、かなり高いことがうかがえます。

  • スポンサーリンク

  • 職種別年収

    次に、職種別の年収をご紹介していきます。

    三井住友銀行の年収は職種によっても異なりますので、就職や転職の活動を進める際の参考にしてみてください。

    なお、いずれも口コミ等を基にした推定値です。

    三井住友信託銀行の職種別平均年収
    職種 平均年収
    総合職 1,221万円
    一般職 858万円
    技術職 840万円

    年収1,000万円を期待するのであれば、総合職としての入社が必要です。

    ただし、地域限定型の一般職でもサラリーマンの平均年収の2倍ほどの年収であることを考えると、一般職での入社でも十分高い年収を期待できます。

    役職別年収

    役職別の年収をご紹介します。

    役職別の年収も公開されていませんので、口コミ等を基にした推定値です。

    三井住友信託銀行の役職別平均年収
    役職 平均年収
    部長 1,273万円
    課長 1,156万円
    係長 823万円

    順当にキャリアアップを果たせば、30代で係長クラスへの昇進が期待できます。

    40代で課長、50代で部長というキャリアパスをイメージしておくと、三井住友信託銀行でのキャリアプランを描けるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • ボーナスの平均額

    以下で、ボーナスに関する口コミをご紹介します。

    50代女性/営業系

    賞与は、毎年の個人と所属店部の業績次第で大きく変動する。

    良い時と悪い時の落差が激しい。

    販売実績だけでなく、顧客サービスへの寄与度などトータルで成績が良くないと賞与査定は低評価になる

    (引用:カイシャの評判

    40代男性/企画・事務・管理系

    【賞与(ボーナス)制度の特徴】

    業績評価シートの成績で賞与は結構ぶれます

    毎回140万~170万くらいです。

    (引用:カイシャの評判

    会社の評価が、しっかりボーナスの金額に反映されています。

    三井住友信託銀行のボーナス評価は、個人の業績のみならず所属している部署の業績も反映されるので、良い時と悪い時の落差が大きいとの声も上がっていますね。

    大卒・大学院卒の初任給

    三井住友信託銀行の初任給は、学歴によっても異なります。

    以下は、採用HPに掲載されている2018年度の実績です。

    学歴 初任給
    大卒 210,000円
    大学院卒 235,000円

    (参照:三井住友信託銀行 採用HP

    大卒と大学院卒では月収に25,000円の差があります。

    年収では30万円の差となりますので、かなり大きな差といえるのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 2.三井住友信託銀行の年収を比較

    大手金融企業の年収をランキング形式でご紹介しますので参考にしてみてください。

    大手金融企業の年収ランキング
    順位 会社名 平均年収
    1位  みずほ信託銀行 約849万円
    (参照:有価証券報告書
    2位 三菱UFJ信託銀行 約844万円
    (参照:有価証券報告書
    3位 三井住友銀行 約820万円
    (参照:有価証券報告書
    4位 新生銀行 約768万円
    (参照:有価証券報告書
    5位 三井住友信託銀行 約720万円
    (参照:有価証券報告書

    大手の信託銀行系はいずれも平均年収で700万円を超えており、日本のサラリーマンの平均年収441万円よりもはるかに高いことがわかります。

     

    3.三井住友信託銀行の口コミを紹介

    三井住友銀行で実際に働いている方の口コミを紹介していきます。

    口コミは、外部からはわからない内部情報が分かるので、就職や転職においては参考にしたい情報ですね。

    今回は、以下の視点で分けた口コミを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 労働環境に関する口コミ

    40代女性/企画・事務・管理系

    【長期休暇の取得】金融機関なので5営業日の連続休暇(土日と合わせて9日間連続休暇)は働き方改革の前からずっと義務付けられています。

    なので連続休暇がとれないということはありません。

    また、リフレッシュ休暇というものもありそれを土日と合わせてとればさらに5日間もとれるので色々な業界に比べて長期休暇はかなりとりやすくなっていると思います。

    その他に永年勤続休暇もあるので雰囲気的にも休みがとれないというわけでなくかなり待遇は良いと思う。

    (参照:カイシャの評判

    休暇が取りやすい労働環境で、社員がしっかりリフレッシュしながら仕事ができる職場環境であることがわかります。

    給与・待遇に関する口コミ

    30代女性/企画・事務・管理系

    営業は成績が良ければそれなりに評価も上がり、出世も早い。

    ボーナスも成績次第で評価が重んじられる。

    給料は一般の仕事よりは多いのではないか。

    営業にとっては、苦労の度合いが違うのに事務と同じレベルの給料であるところは気になるかもしれない。

    ただ、ボーナスや出世の早さには差が出るのでそれでトントンかなと思う。

    (引用:カイシャの評判

    20代女性/企画・事務・管理系

    人事評価がしっかり反映されていると思う。

    事務担当者であれば、評価が高くてもある程度しか金額に差はつかないが、営業担当者であれば、実績を上げれば上げるほど周囲と差がつく

    評価体系がしっかりしており、期末に評価シートを自分で記入し、その後上司よりフィードバックを受ける。

    内容に不満があればその場で声をあげることもできる。

    ボーナスはその最終評価の数字が反映されるため、納得のできる金額にはなる。

    平均的な評価であればボーナスが月給5ヶ月分程度。

    (引用:カイシャの評判

    給与や待遇には評価がしっかりと反映される印象。

    どのような業種でも共通しますが、営業系の職種は自分の実力次第で評価をしっかりあげられるので、自分の力を試したい人におすすめの職種ですね。

  • スポンサーリンク

  • 福利厚生に関する口コミ

    20代女性/企画・事務・管理系

    提携している会員制のホテルが安く泊まれる。

     

    取引先によるファミリーセールなどもある

     

    また組合に加入すると、特典がある。

    (引用:カイシャの評判

    30代男性/営業系

    会社の福利厚生の制度として、東急ハーヴェストクラブとの提携が挙げられる。

     

    全国のホテルを格安で利用でき、非常にお得なシステム

    (引用:カイシャの評判

    会員のホテルに安く泊まれたりするなど、福利厚生の面もしっかりとしている印象です。

    企業文化・社風に関する口コミ

    20代女性/営業系

    【社員の魅力】比較的モチベーションが高い人が多い。

     

    体育会系の住友って感じのイメージ。

     

    横のつながりも多いのは魅力

    (引用:カイシャの評判

    20代女性/営業系

    営業メンバーは比較的仲が良い。

     

    支店にもよるのかもしれないが、人間関係で悩んでいるという話はあまり聞かない

    (引用:カイシャの評判

    良好な社内環境に関する声が多く聞かれます。

    横のつながりも多く、人間関係で悩むことは少ない環境であることがわかります。

    口コミついてさらに詳しく調べたい方は、「キャリコネ」や「転職会議」などのサイトを参考にしてみてください。

    4.【新卒・転職】三井住友信託銀行の採用・給与情報

    三井住友信託銀行では「新卒」「転職」共に、公式HPの採用ページから応募が可能です。

    「転職」の場合は、「リクナビNEXT」などの求人サイトでも募集されているので積極的に活用すると良いですね。

    新卒の場合

    新卒採用の募集概要と初任給を掲載するのでご参照ください。

    募集コース
    • Gコース(全国転勤型)・・・ 転居を伴う転勤あり
    • Aコース(地域限定型)・・・ 転居を伴う転勤なし

    ※入社後のコース転換制度があります。

    初任給  <各コース共通>
    (院卒)月給 235,000円 (大卒)月給 210,000円 ※2018年度実績

    (参照:三井住友信託銀行 採用HP

    コースによる初任給の差はありません。

    募集コースのGコースがいわゆる「総合職」、Aコースがいわゆる「一般職」と呼ばれる職種になります。

    1.三井住友信託銀行の年収は720万円」の箇所でもご紹介したとおり、「総合職」と「一般職」では平均年収に大きな差があります。

    高年収を目指したいなら、Gコースへの応募をおすすめします。

    転職の場合

    転職サイトなどでは様々な職種の募集があります。

    一部、転職サイトの抜粋を掲載しておくので参考にしてみてください。

    (▼画像を拡大する

    (参照:2020年1月時点 マイナビエージェント

    (▼画像を拡大する

    (参照:2020年1月時点 doda

    なお、さらに詳しい転職情報がほしい方は、「JACリクルートメント」などの転職エージェントの活用がおすすめです。

    5.三井住友信託銀行への転職は「JACリクルートメント」がおすすめ

    三井住友信託銀行への転職には、転職エージェントである「JACリクルートメント」がおすすめ。

    JACリクルートメントはハイクラスの求人に特化した転職エージェントなので、高収入が期待できる金融業界などの転職情報をたくさん扱っています

    業界に特化したエージェントがサポートしてくれる業界担当制を採用しているので、非公開求人なども含めて一人では調べられない情報なども提供してくれるでしょう。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、三井住友信託銀行の平均年収「720万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    三井住友信託銀行の年収のポイント

    • 三井住友信託銀行の平均年収は720万円
    • 全国転勤のある「総合職」の場合、平均年収が1,221万円
    • 良好な職場環境なので安心して働ける

    三井住友信託銀行の平均年収は720万円で、日本のサラリーマンの平均年収の2倍近い金額です。

    総合職では平均年収が1,000万円を超えている優良な企業といえます。

    働きやすいという口コミも多く、職場環境も良好であることがわかります。

    今回の記事を参考に、三井住友信託銀行を就職や転職の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

    転職を検討している方は、転職エージェントの「JACリクルートメント」がおすすめです。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?