村田製作所の年収は?職種別や管理職の年収、働きやすさを調査

村田製作所の平均年収 平均年収

村田製作所は、主にスマホなどの電子部品を製造する会社で、業績は良好と伝えられています。

平均年収は745万円。総合職は1,000万円、一般職や工場での製造オペレーターは600万〜700万円台です。

この記事では、村田製作所の平均年収やボーナス、昇給の傾向などについて解説します。

福利厚生や働きやすさについても調査し、社員の口コミも集めましたので、就活や転職の参考にしてください。

スポンサーリンク

1.平均年収は745万円

村田製作所の平均年収は745万円で、この規模の企業としては平均的な数字です。

この平均年収は全従業員の平均値であり、より現実的な年収を知るためには、職種や学歴別の年収を見る必要があります。

村田製作所では、総合職と一般職での採用があり、仕事内容や求められる能力が違うため年収にも差が出てきます。

ここからは、職種別の平均年収や学歴別の初任給などについて詳しく見てみましょう。

総合職は年収1,000万

総合職は、会社の中枢を担う仕事をし、将来は管理職として活躍することを期待されています。

仕事の責任が重いぶん年収も高く、総合職の平均年収は1,000万円前後になります。

重要なポストにまで出世することができれば年収はさらに多くなり、1,000万円を超えてきます。

スポンサーリンク

一般職は年収600万~

一般職は、総合職の補佐的な仕事をする職種で、村田製作所では「営業アシスタント」や「事務アシスタント」などと呼ばれています。

総合職のように課長以上の管理職につくことがないので、一般職の年収は600万~700万円ほどになります。

責任の重い仕事は比較的少ないですし、各事業所での採用が多く、転勤が少ないというメリットがあります。

製造オペレーターは600万~

製造の現場で働くオペレーターや設備保全の仕事は、区分としては技術系の一般職に入ります。

事務系の一般職と同じように、製造オペレーターの平均的な年収は600万~700万円くらいです。

技術系の職種は、主に志賀地区での採用になります。

学歴別の初任給

村田製作所の初任給は次のようになります。

総合職初任給

大卒 約21万円
大学院卒 約23万円

一般職初任給

大卒 約19万円
高専卒 約18万円
短大卒 約17万円
高卒 約16万円

初任給は、同規模の企業と同水準の額になっています。

総合職の採用は大卒と大学院卒のみで、同じ大卒でも総合職の方が一般職よりも2万円ほど初任給が高くなります。

スポンサーリンク

中途採用や二次新卒

村田製作所では、技術系を中心にキャリア採用(中途採用)を積極的に行っています

入社後は、新卒採用と区別されることなく、昇進の機会なども平等に与えられます。

また、最終学歴卒業後から3年以内であれば、新卒として採用をしています。

キャリアや二次新卒として村田製作所への転職を検討している人には、キャリコネ転職サービスがおすすめです。

求人が多くて企業の口コミも豊富、面接対策ができるので初めての転職も安心です。

2.管理職の平均的な年収や年齢は?

村田製作所では、総合職であれば40代で年収1,000万円前後になりますが、管理職に就くことでさらに年収を上げることができます。

「何歳でどの程度のポストにつけるか」ということを知っておくのは、自分の人生設計やキャリア設計のためにも必要です。

村田製作所では、総合職で採用された場合に何歳くらいから役職がつき始め、年収はどのくらいまで上がるのでしょうか?

この章では、村田製作所の管理職の平均的な年収や年齢について解説します。

課長以上は年収1,000万

次の表は、村田製作所の管理職の平均的な年収を表しています。

役職 平均的な年収
主任 700万円
係長 800万円
課長 1,000万円
部長 1,200万円

このように、課長以上になれば年収は1,000万円を超えてきますが、多くは係長止まりで、そこから先に出世できるのは一握りです。

スポンサーリンク

30歳前後で主任に

それぞれの役職につく平均的な年齢は次のようになります。

役職 平均的な年齢
主任 30~35歳
係長 35~40歳
課長 40~45歳
部長 50歳以上

課長以上の役職に上がるには、昇級試験のほかに上司との面接をクリアしなければなりません。

業績を重んじる傾向があり、年功序列で役職が上がっていくのは係長クラスまでです。

3.昇給やボーナスは成果主義

村田製作所では、能力や業績を重視する傾向があり、毎年の定期昇給よりも、職級が上がることによる昇給の方が上げ幅が大きくなります。

また、ボーナスは業務連動型で会社の業績に左右されますが、実際にはどのくらい出ているのでしょうか?

ここからは、村田製作所の昇給やボーナスについて、社員の口コミも紹介しながら解説していきます。

残業の多さや残業代についても調べましたので、参考にしてください。

昇給は昇級試験が重要

村田製作所では、勤続年数に応じて昇級試験を受け、それに合格することで基本給が上がっていきます。

職級が上がると一度に数万円昇給するため、年収を上げたいなら昇級試験を受けて職級を上げていくことが重要になります。

いつまでも同じ職級にいると昇給の率が下がるようになっていて、同じ年齢でも職級の高い人と低い人では年収に大きな違いが出ます。

評価の高い人は昇級試験も早く受けることができ、年功序列よりも業績を重視した給与制度になっています。

<社員の口コミ>


30代

同じ職級に長くいると、しだいに昇給額が下がる仕組みです。昇級試験に受からないと望んでいる年収には程遠くなります。


30代

定期昇給やベースアップで年に1万円前後上がる。上昇額は年度末の能力考課で決まります。

引用元:カイシャの評判

スポンサーリンク

ボーナスは業績連動

村田製作所のボーナスは、会社の業績によって決められる業務連動型になっています。

しかし、労働組合の力が強いこともあるせいか、業績があまり良くない年でも、大幅に減ることはありません。

実際には、4ヶ月~6ヶ月分くらい出ることが多く、従業員の口コミでも満足を感じている人が多い印象です。

<社員の口コミ>


20代

ベースの給料が高いので、ボーナスは良いと思います。会社の業績が良い時はホクホクになります。


30代

ボーナスは利益率と連動で、多い時は夏だけで3.5ヶ月分くらい出た時もある。悪くなければ年に6ヶ月分くらいは出る。

引用元:カイシャの評判

残業代はしっかり出る

配属された部署によって多少異なりますが、平均的な月の残業時間は20時間以内になっていて、全体的に残業は少ない傾向です。

週に2日ほどノー残業デーがあり、残業をする場合には事前に申告が必要など、残業時間を減らす取り組みがされています。

残業手当てはきちんと支払われ、サービス残業をさせられるということはありません

<社員の口コミ>


50代

多忙な時期は休日出勤や残業などが多くなりますが、強制されるようなことはないです。


30代

残業は申請したぶんは必ず出る。上司に残業を減らすように言われたこともない。

引用:カイシャの評判

4.福利厚生は良く働きやすい

就活や転職を検討する時には、給与だけでなく福利厚生にも目を向けることが大切です

同じ基本給でも、福利厚生が充実している企業とそうでない企業では、受け取れる給与の総額が違ってきます。

また、自分が満足できる生活を送るためには、仕事とプライベートのバランスが重要になりますので、長期休暇や有給休暇が取りやすいかどうかもチェックしておきましょう。

ここからは、村田製作所の福利厚生や有給休暇の取りやすさなどについて解説します。

育児休暇や管理職登用など、女性が働きやすい環境なのかについても調べましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

家賃補助やカフェテリアプランも

村田製作所では、賃貸住宅補助、確定拠出年金、カフェテリアプランなどの福利厚生が充実しています

カフェテリアプランは、レジャーや自己啓発、育児や介護費用の補助、住宅関連の補助などのなかから好きなものを選んで使えるプランで、導入する企業が増えています。

社員食堂や独身寮などの施設も充実していて、社員には好評のようです。

有給休暇は取りやすい

有給休暇の取得率は80%ほどになっていて、取得しやすい環境です

取得日数が少ないと上司から休むように言われることもあるくらいで、有給休暇の申請がしにくいといった雰囲気もありません。

その他の特別休暇としては、リフレッシュ休暇の他、育児、看護、介護、自己啓発のための休暇を取ることができます。

全体的に休みが多く、プライベートとのバランスが取りやすい会社です。

フレックスタイム制度あり

村田製作所では、本社や野洲などの工場でフレックスタイム制を導入しています。

10時台~15時台のコアタイムに在席していれば、朝の出社時間や退社時間は自分で決めることができます。

通勤ラッシュを避けて出勤したり、子供を保育園に送ってからゆっくり出社するなど、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

スポンサーリンク

女性が働きやすい

村田製作所で働く女性の平均年齢は36歳で、出産後も働き続ける社員が増えてきています。

育児休暇が取りにくいという雰囲気もなく、取得率は90%以上、育休後の復職率は100%になっています。

育児中は時短勤務制度を利用することができ、子育てしながらでも働きやすい制度が整っています。

女性の管理職への登用は、部長以上では0人となっていて、女性が総合職として活躍するのには厳しい環境です。

<福利厚生の口コミ>


40代

住宅手当、安い社員食堂、自動車保険の団体割引など、合計すればかなり得していると感じる。


20代

時短勤務が問題なくできるので、育児中も仕事がしやすく、産後に復帰する女性が多い。

引用元:カイシャの評判

5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

少しだけ話がそれますが、あなたの「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

ミイダス(miidasu)」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来もらうべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

また、推定年収の測定が終わった後は、あなたの年収に見合った企業からのオファーも受けることが可能です。

せっかくなので、村田製作所の平均年収「745万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

▼3分でサクッと測定!▼

まとめ

村田製作所の平均年収は745万円で、総合職は1,000万円、一般職や工場での製造オペレーターは600万~700万円台です

昇給は実力主義で、昇級試験に合格すると年収は大きく上がり、評価の高い人は早く昇級試験を受けることができます。

ボーナスは業績連動で景気に左右される面もありますが、業績が良くなくても大きく下がることはなく、年に4ヶ月~6ヶ月くらいで安定しています。

残業が少なく、有給休暇もしっかり取ることができるなど、プライベートも大切にしたい人に向いている会社です。

  • スポンサーリンク