日本全体の年収中央値は360万円!?平均年収との違いを徹底解説

Selective focus hand asian business man is calculating finance and accounting with growth up paper chart on wood table in home office.Pen calculator graph document on desk.economy,saving,financial.
平均年収

「日本の年収はどのくらいなんだろう?」と気になっていませんか?

日本全体の平均年収は、約420万円といわれています。

しかし、420万円という数字は「平均値」ではあり、「中央値」ではありません。

中央値で考えると、日本人全体の年収は約360万円

本記事では「平均」と「中央値」の違いや、男女別・雇用形態別・職業別の年収中央値について解説します。

年収をアップする方法もあわせて紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.「平均年収」と「年収中央値」には差がある

この章では、 平均値と中央値の違いについて解説します。

平均はデータの総数で割った値

平均値は、 データすべてを足し、総数で割った値を指します。

平均値を求めるときの例は、以下の通りです。

<平均値の例>

年収データ:300万円・400万円・500万円・600万円・800万円・1,000万円・2,000万円(計7データ)

(300万円+400万円+500万円+600万円+800万円+1,000万円+2,000万円)÷7=800万円

7つの年収データの平均値は、800万円

年収300~600万円のデータがあるにも関わらず、平均は800万円と高額。

平均値は飛びぬけて大きなデータがある場合、それに応じて値が大きくなる性質があるのです。

上記の例の場合、年収1,000万円・2,000万円につられて平均値が高くなっています。

  • スポンサーリンク

  • 中央値はデータを並べて真ん中にくる値

    中央値は、 データを小さい順もしくは大きい順に並べて真ん中にくる値を指します。

    中央値を求めるときの例は、以下の通りです。

    <中央値の例>

    年収データ:300万円・400万円・500万円・600万円・800万円・1,000万円・2,000万円(計7データ)

    7データを順に並べ、真ん中にくる600万円が中央値

    同じ年収データを使用しているにも関わらず、平均値と中央値では200万円の差があることがわかります。

    大多数の感覚に近い数値は「中央値」

    平均値と中央値は、性質が異なるもの。

    年収を考えるときは、大きいデータの影響を受けにくい「中央値」が理想的です。

    中央値は、 大きすぎたり小さすぎたりするデータがあっても、ちょうど真ん中をとるので最終的な数値に影響を及ぼしません

    そのため平均値と中央値を比較した場合、一般庶民の感覚に近いのは中央値になります。

  • スポンサーリンク

  • 2.日本人の年収中央値をチェック

    この章では、 日本人の年収中央値について解説します。

    年代別年収中央値一覧

    年代別の年収中央値は、以下の通りです。

    20代 約300万円
    30代 約410万円
    40代 約520万円
    50代 約530万円
    60代 約380万円
  • スポンサーリンク

  • 給与所得者全体の年収中央値は350~360万円程度

    正規雇用・非正規雇用・男性・女性すべてをふくむ給与所得者全体の年収中央値は、350~360万円程度。

    日本全体の平均年収は420万円といわれていますが、中央値で考えた場合は60~70万円ほど低くなります

    年収350万円・ボーナス年間60万円と仮定した場合、月収は約24万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、18~20万円ほどです。

    日本人男性の年収中央値は420~450万円程度

    給与所得者のうち、男性に限定した場合の年収中央値は420~450万円程度。

    給与所得者全体の年収中央値よりも、70万円ほど高くなります

    年収420万円・ボーナス年間80万円と仮定した場合、月収は約28万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、22~23万円ほどです。

  • スポンサーリンク

  • 日本人女性の年収中央値は280~300万円程度

    給与所得者のうち、女性に限定した場合の年収中央値は280~300万円程度。

    給与所得者全体の年収中央値よりも、70万円ほど低くなります

    年収280万円・ボーナス年間40万円と仮定した場合、月収は約20万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、14~16万円ほどです。

    3.雇用形態別の年収中央値をチェック

    この章では、 雇用形態別の年収中央値について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 正規雇用の年収中央値は430~440万円程度

    正規雇用とは、期間を決めず契約している雇用形態のこと。

    「正社員」が正規雇用に当てはまります

    正規雇用の年収中央値は、430~440万円程度。

    年収430万円・ボーナス年間80万円と仮定した場合、月収は約29万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、23~24万円ほどです。

    非正規雇用の年収中央値は150~160万円程度

    非正規雇用とは、期間を定めて契約している雇用形態のこと。

    「アルバイト」「パート」「派遣社員」「契約社員」などが非正規雇用に当てはまります

    非正規雇用の年収中央値は、150~160万円程度。

    年収150万円、ボーナスなしと仮定した場合、月収は約13万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、10~11万円ほどです。

    データの中には、「週3だけ働く主婦」「1日4時間だけ働く学生」なども含まれているため、非正規雇用全体の年収中央値はかなり低めです。

    派遣社員の年収中央値は280~300万円程度

    非正規雇用のうち、派遣社員に限定した場合の年収中央値は280~300万円程度。

    非正規雇用全体の年収中央値よりも、130万円ほど高くなります

    年収280万円、ボーナスなしと仮定した場合、月収は約23万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、17~19万円ほどです。

    4.職業別の年収中央値をチェック

    この章では、 職業別の年収中央値について解説します。

    男性サラリーマンの年収中央値は470~480万円程度

    正規雇用の会社員である、サラリーマン。

    男性サラリーマンの年収中央値は、470~480万円程度です。

    年収470万円・ボーナス年間90万円と仮定した場合、月収は約31万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、24~25万円ほどです。

    サラリーマンの生涯年収中央値は2億円程度

    サラリーマンの生涯年収は「2.5億円を超える」といわれていますが、 2.5億円という数値は平均で考えた場合のもの。

    中央値で考えた場合、サラリーマンの生涯年収は2億円程度です。

    公務員の年収中央値は560~600万円程度

    安定性のある公務員。

    国家公務員の年収中央値は、590~600万円程度。

    年収590万円・150万円と仮定した場合、月収は約40万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、30~32万円ほどです。

    また、地方公務員の年収中央値は、570~590万円程度。

    年収570万円・ボーナス140万円と仮定した場合、月収は約36万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、27~29万円ほどです。

    医師の年収中央値は1,000~1,100万円程度

    高収入のイメージが強い医師

    さまざまなジャンルの医師がいますが、医師全体の年収中央値は1,000~1,100万円程度。

    年収1,000万円・ボーナスを年間200万円と仮定した場合、月収は約66万円。

    社会保険や税金を引いた手取りは、48~50万円ほどです。

    5.年収を上げる方法

    この章では、 年収をアップする方法について解説します。

    年収を上げる方法としてもっとも一般的な方法が、以下となります。

    方法1.昇進する

    今の会社に属しながら年収を上げる方法としては、昇進を目指すのが効率的です。

    昇進するためには、周りからの評価を得る必要があります

    業務のスキルを磨くことはもちろん、コミュニケーション能力も重要となるでしょう。

    「成績が良いから」というだけで、昇進はできません。

    昇進を目指したい方は、以下のことを実践してみてくださいね。

    • 協調性を持つ
    • 人をまとめる力を持つ
    • 健康管理をしっかりする
    • ストレス耐性を身につける
    • 周りを気遣う
    • 仕事をスピーディーにこなす
    • ポジティブ思考を身につける

    また、以下の書籍では上に行く人の思考や習慣について執筆されています。

    気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

    上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣
    • 中尾 ゆうすけ
    • 価格   ¥ 1,404
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    方法2.転職する

    転職によって給料の高い仕事に移るのも、給料を上げる効果的な方法です。

    全く同じ仕事内容でも、業界によって数倍給料が変わることもありますので、今の給料に少しでも不満があるのならば転職も視野に入れておくべきでしょう。

    なお、転職活動を行うならば、転職エージェント「doda」の利用をおすすめします。

    転職 やり方 doda

    dodaならば、キャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれるので、一人での転職活動も安心です。

    応募書類の添削や面接対策も受けられますし、キャリアアドバイザーの推薦書付きで応募できるので、内定も手に入れやすくなります。

    さらに、求人情報以外にも「企業の業績推移」「年収情報」なども詳しく記載されているので、企業調査も簡単に行えますよ。

    dodaは無料で利用できるので、少しでも転職を考えているのなら、早めに登録して情報を集めておいてくださいね。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、この機会に自分の推定年収も確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    平均をチェックすることが多い年収ですが、 一般庶民の感覚に近いのは「中央値」です。

    本記事を参考に、自分の年収と比較してみてくださいね。

    また、年収をアップするためには転職という選択もあります。

    今の年収に満足していないのであれば、ぜひ一度転職について真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%