年収に対しての適正家賃はどのくらい?住居費への考え方を解説!

平均年収

生活費の中で、大きな割合を占めている家賃。

「自分の年収に対して、どのくらいの家賃が適正なんだろう」と疑問に感じていませんか?

年収にもよりますが、家賃は年収の2~2.5割程度が適正と言われています。

本記事では、年収別の家賃目安や住居費への考え方について解説します。

住居費に関する知識を深め「自分にぴったりな家賃はどのくらいなのか」を考えましょう。

適正家賃を知ることで、ゆとりある生活を送ることができますよ。

スポンサーリンク

1.家賃は年収の25%以内が目安

冒頭でお伝えした通り、一般的に家賃は年収の25%程度が適正と言われています。

「年収×0.25」の計算式で、年間の家賃目安を求めることが可能です。

年収500万円の場合、1年間・1ヶ月の家賃目安は以下の通りとなります。

<年収500万・月の手取り27万・家賃割合25%>

500万円(年収)×0.25(割合)=125万円(1年の家賃)

125万円(1年間の家賃目安)÷12(月)=10.4万円(1ヶ月の家賃)

27万円(月の手取り)-10.4万円(1ヶ月の家賃)=16.6万円(残高)

また、家賃は「管理費」「駐車場代」なども含めて予算としましょう。

家賃自体は目安の範囲内であっても、管理費や駐車場代を含めると予算オーバーになってしまうかもしれません。

賃貸住宅を探す時は、かかる費用すべてを見通して計算することが大切ですよ。

1‐1.30%以上は家計を圧迫する

かつて「家賃は年収の30%が目安」と言われていました。

20年ほど前の日本は好景気で勤続年数に応じて昇給が望めたため、住居にかけられるお金も今より多かったのです。

しかし、好景気とは言えない現代に家賃を30%にすると、家計を圧迫してしまいます。

年収500万円で家賃を30%に設定した場合、どうなるのか計算してみましょう。

<年収500万・月の手取り27万・家賃割合30%>

500万円(年収)×0.3(割合)=150万円(1年の家賃)

150万円(1年の家賃目安)÷12(月)=12.5万円(1ヶ月の家賃)

27万円(月の手取り)-12.5万円(1ヶ月の家賃)=14.5万円(残高)

25%と30%では、残高に2.1万円の差が生まれます。

残高が14.5万円でも生活できないことはありませんが、食費・光熱費・自動車関連費……など、さまざまな支出を考えると「キツい」と感じる方が多いですよね。

たった5%の差ですが、生活には大きな影響を与えるのです。

ゆとりある生活をするためにも、家賃の目安は年収の25%に設定することをおすすめします

  • スポンサーリンク

  • 2.年収別の家賃目安一覧

    年収別の家賃目安を一覧にまとめました

    ぜひ参考にしてください。

    年収 月額家賃 年間家賃
    300万円 6.2万円 75万円
    400万円 8.3万円 100万円
    500万円 10.4万円 125万円
    600万円 12.5万円 150万円
    700万円 14.5万円 175万円
    800万円 16.6万円 200万円
    900万円 18.7万円 225万円
    1000万円 20.8万円 250万円

    「家賃の目安は分かったけど、本当にやっていけるか不安」「住居費に対してどのように考えるべきかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    次の章では、年収別の住居費に対する考え方についてチェックしていきます。

    3.【年収別】住居費に対する考え方

    家賃は、毎月支払うことになる固定費のひとつ。

    余裕を持って生活するためには、かかる費用について十分に考え、住居を決定することが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 3‐1.年収300~400万円は住居費を最低限に抑える

    年収300~400万円の場合、固定費が占める割合が大きくなると家計を圧迫します

    食費にいくらかかるのか、保険料・通信料などの固定費がいくらかかるのか見据えた上で、家賃を考えましょう。

    家賃以外の固定費が多い場合は、住居にかけるお金をギリギリまで節約することをおすすめします。

    3‐2.年収500~600万円は貯蓄を視野に入れる

    年収500~600万円の場合、2LDK以上の住宅も借りることができるでしょう。

    ただし家賃目安を超えた場合、十分に貯蓄できなくなってしまうケースもあるので注意が必要です。

    「毎月〇万円貯金する」としっかり決めた上で、家賃の上限を考えてくださいね

  • スポンサーリンク

  • 3‐3.年収700~900万円は住居費の使い過ぎに注意

    年収700~900万円になると、かなり広い住宅を借りることができます。

    多少家賃が高い住宅を借りても家計を圧迫することはありませんが、使い過ぎには注意しましょう。

    また「家賃に15万円も支払うのはもったいない」と感じている場合は、「住宅を購入する」という選択肢もありますよ

    3‐4.年収1000万円以上は将来を見据える

    年収1000円以上は金銭的に余裕がある層ですが、油断は禁物。

    将来生活水準を下げずに暮らすためには、現段階で生活水準を上げすぎないことが大切です。

    「将来も今と同じ家賃を払い続けることができるのか」をしっかりと考えましょう。

    住居費への考え方をチェックしましたが「自分の年収では、もっと家賃を抑えたほうが良いかも」と感じた方もいらっしゃいますよね。

    住居費に対して不安がある場合は、家賃を年収の20%以下にすることもひとつの手段。

  • スポンサーリンク

  • 4.家賃を年収の20%以下にすると生活にゆとりが生まれる

    家賃は年収の25%というのは、あくまでもひとつの目安にすぎません。

    家賃の割合を20%まで抑えることができれば、さらに生活にゆとりが生まれます

    4‐1.貯蓄額を増やせる

    年収500万円で割合を25%に設定した場合、1ヶ月にかかる家賃の目安は10.4万円でした。

    対して20%に設定した場合は、1ヶ月にかかる家賃の目安は8.3万円です。

    月では2.1万円の差ですが、年間では25.2万円の差が生まれます

    家賃を抑えた分、貯蓄を増やすことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 4‐2.変動費に使うお金を増やせる

    月に2.1万円の差が生まれるということは、その分固定費が減るということ。

    食費・交際費・レジャー費など、変動費に使えるお金を2.1万円分増やすことができます。

    保険料・車のローンなどの固定費の中でも、家賃が占める割合は大きいです。

    月の支出の中で、一番高額なのが家賃といっても過言ではありません。

    そのためいかに家賃を抑えるか」が、変動費として使用できるお金を増やすキーポイントとなるのです。

    変動費に余裕が生まれることで、日々の生活をより楽しむことができるでしょう。

    ここまで家賃についての知識をチェックしてきましたが、「ずっと家賃を払い続けるくらいなら家を購入したほうが良いのでは?」と疑問に感じていませんか?

    次の章では、賃貸派・購入派、それぞれの意見を紹介します。

    5.家賃を払うくらいなら家を購入したほうが良い?

    賃貸派

    賃貸だと「引っ越ししたい」と思った時に、気軽に引っ越しできる。

     

    家族が増えれば、部屋数の多い住宅に引っ越しもできる。

     

    ライフスタイルに合わせて住居を変えられるのは、大きなメリット。

    購入派

    家を購入すると、資産になる

     

    ローン完済済みのマイホームがあれば、老後も安心。

     

    自由にリフォームできるのも嬉しい。

    上記のように、賃貸・購入それぞれにメリットがあります。

    住居に対しての考え方は人によって異なるため、賃貸を好む方もいれば購入を好む方もいます。

    どちらが正解ということではないので、ライフスタイルに合わせて「賃貸に住むのか、購入するのか」を考えましょう

    以下に、賃貸・購入のメリット・デメリットをまとめたので参考にしてください。

      賃貸 購入
    メリット
    • 気軽に引っ越しできる
    • 初期費用があまりかからない
    • 設備をメンテナンスする必要がない
    • 自分の資産となる
    • 住宅を自由にリフォームできる
    • プライバシー性が高い
    デメリット
    • 一生家賃を支払う必要がある
    • リフォームには管理会社の許可が必要
    • 生活音などに対しての配慮が必要
    • なかなか引っ越しできない
    • 多額の初期費用が必要
    • 修繕費の積立が必要

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、自分の推定年収もこの機会に確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

     

    まとめ

    支出の中で、家賃が占める割合はとても大きいです。

    余裕ある生活を送るためには、家賃を年収25%以内に抑えましょう。

    できるだけ家賃を抑えることで、月の支出を大幅に削減できますよ

    ぜひ本記事を参考に、自分の年収に見合った住居を探してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク