年収2,000万円の手取りは1,200~1,300万円!生活実態を調査

Business man counting dollar banknote - online business concept
平均年収

「年収2,000万円の手取りはどのくらいなんだろう」と気になっていませんか?

年収2,000万円の手取りは、1,200~1,300万円

扶養家族の有無などによって、手取り金額が前後します。

本記事では年収2,000万円の手取りの詳細やかかる税金について解説します。

家計の収支や生活レベルもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.年収2,000万円の手取りをチェック

手取りとは、総収入から税金や社会保険料が引かれた後の金額のこと。

この章では、 年収2,000万円の手取りについて解説します。

手取り年収は1,200~1,300万円程度

税金や社会保険を差し引いた年収2,000万円の手取りは、1,200~1,300万円程度。

日本の平均年収は420万円・手取り330~350万円程度なので、 手取り1,200~1,300万円という金額は平均をはるかに上回っています

  • スポンサーリンク

  • 手取り月収は105~110万円程度

    年収2,000万・ボーナスなしで考えた場合、 手取り月収は100~110万円程度となります。

    また、ボーナスがある場合のおよその手取り月収は以下の通りです。

    • ボーナス300万円/年:95~100万円
    • ボーナス400万円/年:85~95万円
    • ボーナス500万円/年:80~88万円

    2.年収2,000万円にかかる税金

    この章では、 年収2,000万円にかかる税金について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 所得税は約370万円

    所得税とは、 所得に対して課せられる税金のこと。

    収入のすべてに課税されるわけではなく、所得控除分を除いた「課税所得」に税金がかかります。

    <課税所得の計算方法>

    • 収入-所得控除額合計=課税所得

    <所得税の計算方法>

    • 課税所得×累進課税率−控除額=所得税額

    単身世帯年収2,000万円の控除額・課税所得・所得税は、以下の通り計算できます。

    <所得控除額>

    • 所得税基礎控除:38万円
    • 給与所得控除:220万円
    • 社会保険料控除額:156万円

    所得控除額合計:414万円

    ※社会保険料控除額はボーナスの有無や地域等によって差があります

    <課税所得>

    2,000万円(収入)-414万円(所得控除額合計)=1,586万円(課税所得)

    <課税金額>

    1,586万円(課税所得)×33%(累進課税)-153万6,000円(控除額)=約370万円(所得税額)

    所得税の税率に関してさらに詳しくチェックしたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    所得税の税率-国税庁

    住民税は約159万円

    住民税とは、 市町村民税や都道府県民税の総称のこと。

    住民税は、「課税所得」「所得割」「均等割」を基準に計算します。

    <課税所得>

    • 収入-所得控除額合計=課税所得

    <所得割・均等割>

    • 所得割:10%
    • 均等割:5,000円

    ※均等割は地域によって金額が前後します

    <住民税の計算方法>

    • 課税所得×所得割+均等割=住民税額

    単身世帯年収2,000万円の住民税は、以下の通り計算できます。

    <所得控除額>

    • 住民税基礎控除:33万円
    • 給与所得控除:220万円
    • 社会保険料控除額:156万円

    所得控除額合計:409万円

    <課税所得>

    2,000万円(収入-)409万円(所得控除額合計)=1,591万円(課税所得)

    <住民税額>

    1,591万円(課税所得)×10%(所得割)+5,000円(均等割)-2,500円(調整控除額)=約159万円

    ※調整控除額は「人的控除の差と調整控除の計算方法」を参考に算出

    配偶者や扶養家族がいる場合

    扶養家族がいる場合、 扶養控除を受けることが可能です。

    <16~18歳の子供がいる場合の扶養控除>

    • 所得税扶養控除:38万円
    • 住民税扶養控除:33万円

    ※年間所得が1,000万円を超える場合、配偶者控除は適用されません

    その他の年齢の扶養控除については、以下のサイトをご覧ください。

    扶養控除-国税庁

    16歳の子がいる世帯の所得税・住民税は、以下の通り計算できます。

    <所得税>

    2,000万円(収入)-414万円(単身世帯の所得控除額合計)-38万円(扶養控除)=1,548万円(課税所得)

    1,548万円(課税所得)×33%(累進課税率)-153万6,000円(控除額)=約357万円(所得税額)

    <住民税>

    2,000万円(収入)-409万円(単身世帯の所得控除額合計)-33万円(扶養控除)=1,558万円(課税所得)

    1,558万円(課税所得)×10%(所得割)+5,000円(均等割)-2,500円(調整控除額)=約156万円(住民税額)

  • スポンサーリンク

  • 3.年収2,000万円の生活レベル

    この章では、 年収2,000万円の生活レベルについて解説します。

    贅沢をしても余裕がある

    年収2,000万円世帯は、 贅沢をしても余裕を持って生活できます

    単身世帯・3人世帯の家計例をチェックしていきましょう。

    手取り月収95万円・単身世帯の家計例

    家賃 300,000円
    食費 70,000円
    自動車関連費 50,000円
    お小遣い 100,000円
    光熱費 20,000円
    保険料 20,000円
    通信費 10,000円
    その他(日用品費・被服費・医療費など) 50,000円
    合計 620,000円

    平成30年12月分の総務省「家計調査」によると、単身世帯の月平均消費支出は約16.2万円。

    上記では、高収入であることを踏まえて62万円としましたが、30万円以上の余裕があります。

    贅沢をしても、かなり余裕のある生活ができるでしょう。

    手取り月収100万円・夫婦+子1人世帯の家計例

    住宅ローン返済 330,000円
    食費 110,000円
    自動車関連費 50,000円
    お小遣い 140,000円
    光熱費 40,000円
    保険料 40,000円
    通信費 20,000円
    その他(日用品費・被服費・医療費など) 50,000円
    合計 780,000円

    2018年の総務省「家計調査」によると、2人以上の世帯の月平均消費支出は約28万円。

    上記では、高収入世帯であることを考慮して78万円としましたが、20万円以上の余裕があります。

    扶養家族がいる場合も、かなり余裕を持って生活できるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 家賃の目安は30~45万円

    家賃は年収の25%が適正とされています。

    年収2,000万円の適正家賃を計算すると、以下のようになります。

    <年収2,000万の適正家賃>

    2,000万円(年収)×0.25=500万円

    500万円(1年間の家賃目安)÷12=約42万円

    また、住宅ローンは「 年間の返済額が年収の20~30%が目安」といわれています。

    年収2,000万円世帯の場合、年間で400~600万円。

    月33~50万円を目安にすると良いでしょう。

    ただし、上記の計算式や目安はあくまでも平均的な世帯収入を想定したもの。

    年収2,000万円と高収入の場合、家賃や住宅ローンに月50万円以上かかったとしても余裕のある生活が可能です。

    貯金額は年240~300万円程度

    さきほどの家計例をもとに考えると、少なくとも月20万円は貯蓄にまわすことができます。

    年間240~300万円は、余裕を持って貯蓄できるでしょう。

    もちろん、出費を抑えれば 年間400万円以上を貯蓄に回すことも可能です。

  • スポンサーリンク

  • 4.年収2,000万円の割合

    この章では、 年収2,000万円の割合について解説します。

    年収2,000万円の割合は1%未満

    平成28年分の「民間給与実態統計調査」によると、 年収2,000万円以上を稼いでいる割合は0.4%程度

    年収2,000~2,500万円に限定した場合、0.2%となっています。

    年収2,000万円の職業

    年収2,000万円を稼いでいる人はごく少数

    年収2,000万円を突破している方々の職業としては、以下が挙げられます。

    • 経営者
    • ディーラー
    • 開業医
    • 芸能人
    • プロ野球選手……など

    5.年収2,000万円を目指す方法

    残念ながら、平均年収が2,000万円をこえている会社はほとんどありません。

    平均年収TOPクラスの企業である「キーエンス」や「M&Aキャピタルパートナーズ」であっても、平均年収は1,800~1,900万程度。

    雇われの身で年収2,000万円を超えるのは、非常に難しいのです。

    年収2,000万円を目指す場合は、社内で昇進を目指すのではなく「独立」という手段がもっとも効率的です。

    方法1.経験を活かして起業する

    今まで培ってきたノウハウや人脈を生かして独立をすることも手段。

    自分が経営者となって、起業するのです。

    起業が成功すれば、年収2,000万円以上を稼ぐことも不可能ではありません

    ただし、起業したからといって必ず成功するとは限りません。

    失敗してしまった場合、負債を背負う可能性もあることを覚えておきましょう。

    「成功の型」を知る 起業の技術
    • 浜口 隆則
    • 価格   ¥ 2,420
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    方法2.資格を取得して独立を目指す

    ノウハウやスキルがない場合、資格を取得して独立を目指すことも手段です。

    独占業務のある資格を持つことで、独立・開業しやすくなります

    とくに「税理士」「弁護士」「コンサルタント」などは、高収入を狙いやすく独立・開業のしやすい職業。

    資格取得は「手に職をつけたい」という方にもおすすめの方法ですよ。

    今より高収入を得たいなら「転職」を検討すべき

    年収2,000万円を稼ぐのは大変なことですが、「今より高収入を得たい」のであれば転職を検討することもひとつの手段です。

    とはいえ、自分ひとりの力で転職活動をするのは何かと不安ですよね。

    転職活動をする場合は、転職エージェントである「JACリクルートメント」を利用することをおすすめします。

    JACリクルートメント

    JACリクルートメントは、「ハイキャリア」に特化している転職エージェント。

    年収1,000万円を超える高年収求人が充実しているため、「年収を上げたい」と考えている方にぴったりです

    また、企業の情報を熟知したコンサルタントが在籍していることも大きなメリット。

    「どのように面接に臨めばいいか」など、有意義なアドバイスをしてくれます。

    登録・利用は無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみてくださいね。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、自分の推定年収がいくらなのか、この機会に確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    年収2,000万円は、高収入の世帯。

    収入が多い分税金も高くなりますが、ボーナスなしの手取り月収にして105~110万円を得られるため、 贅沢な暮らしをしても余裕を持って生活できるでしょう。

    ただし、余裕があることに油断し、過度な浪費をすると「高収入貧乏」となってしまいます。

    十分贅沢できる年収ではありますが、無駄な出費には注意が必要です。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事