年収400万の給料や手取りは?家賃や貯金額など生活レベルまで徹底解説!

年収400万
Hand holding man leather wallet full with Thai banknotes of 1000 baht or money currency in Thailand on white background
平均年収

年収400万円というと、皆さんどういったイメージを持たれるでしょうか?

年収400万円あれば、普通の水準の暮らしが出来るのではないかと思われている方は多いでしょう。

年収400万円を稼ぐ方の手取金額は、年間で約310万円、月では約26万円程度です。

独身であれば趣味などに使える金銭的余裕はありますが、結婚していると貯金するのも精一杯というのが現実的なところかもしれません。

この記事では、年収400万円の給料や手取り額、どれくらいの生活レベルなのかを説明していきます。

※後半では「自分の推定年収の目安を知ることのできるサービス」も紹介しているので、今の自分の市場価値は本当に年収400万円以上あるのかをぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.年収400万円の人の手取りは約320万円

年収400万

まずは、年収400万円~490万円の手取り金額一覧表から見ていきましょう。

年収400万円台の手取り一覧表

年収400万円代の年収と手取りの関係
年収 手取り金額
(扶養家族無し)
手取り金額
(扶養家族あり)
400万 319万 333万
410万 327万 340万
420万 335万 349万
430万 342万 356万
440万 350万 364万
450万 358万 372万
460万 365万 379万
470万 372万 387万
480万 380万 395万
490万 387万 402万

次に、年収400万円を稼いだ場合、実際にどれくらいの金額の税金や社会保険料がかかるのかを、扶養家族がありかなしかの2つのケースに分けて見ていきましょう。

扶養家族ありのケースは、配偶者(妻)あり、子ども1人のケースを想定しています。

年収400万円の手取りの割合
  扶養家族なし 扶養家族あり
所得税 154,350円 65,250円
住民税 83,319円 37,531円
健康保険 164,000円 164,000円
厚生年金 366,000円 366,000円
雇用保険 35,000円 35,000円
控除合計額 802,669円 667,781円
手取り 3,197,331円 3,332,218円

扶養家族ありの場合と扶養家族無しの場合では、手取りの年収に約13万5千円の違いが出ます。

月にすると毎月1万円以上変わってきますので、無視できない金額だと言えます。

ただ、1人家族が増えたことによる生活費の増加は、毎月1万円ではカバーしきれませんから、貯金を切り崩したり、残業を増やして残業代を稼ぐといった対策は必要でしょう。

  • 年収よりも手取りが少なくなる理由

    年収の金額がそのまま手取りとならない理由は、会社員の場合、毎月の給料から税金や社会保険料が天引きされているためです。

    そのため自由に使える金額は少ないと感じるかもしれませんが、以下のようなメリットもあります。

    • 厚生年金を払うので、老後に生活していけるだけの年金が支給される
    • 会社の保険に加入すると、国民健康保険(自営業が加入する保険)より保険料が安くなる

    社会保険料は労使折半(会社と労働者が半分ずつの割合で支払う)ですから、 会社もあなたの保険料を負担してくれているのです。

    既に会社員の方ならお分かりかと思いますが、自分の給与明細を見てみると、住民税や所得税、健康保険、厚生年金など多くの項目が控除されています。

    年収400万円の場合、この控除額が合計80万円程度であり、1年間の手取りは400万円 - 80万円 = 320万円となります。

    この税金や社会保険料の金額ですが、 配偶者(妻、もしくは夫)がいるか、子どもがいるかによって、同じ400万円の人でも控除額が変わってきます。

    この理由は配偶者控除や、扶養控除といった仕組みがあり、税金が安くなるためです。

    • 配偶者控除:所得が少ない、もしくはゼロである配偶者を養っている場合、家計を養う立場の者の所得税が減額される制度
    • 扶養控除:納税義務者に扶養している家族や親族がいる場合、一定の条件を満たせば、所得税が減額される制度

    結婚したら夫婦の一方(主に妻)が家事や育児など家庭のことに専念することが多いため、家計を養う者は夫婦二人分の生活費を稼がなくてはなりません。

    その分、税金を安くしてあげようというのが配偶者控除の趣旨です。

    同じように、子どもが出来て家族が増えると生活費がかかるため、その分税金を安くしてあげようというのが扶養控除です。

    2.年収400万円の年収偏差値は?

    年収400万円を稼ぐ人の割合はどのくらいなのでしょうか?

    年収400万円と聞くと一般的な年収の額だと感じる人も多いようですが、ここではその実態についてを以下の項目に分けてご紹介します。

    それでは、順に確認していきましょう。

  • 年収400万円代の人の割合は約15%

    階級別年収割合

    年収400万円台の人の割合は、 労働者全体の約15%です。  (参考:国税庁「給与階級別分布」)

    また、年収400万円台の人は、全体の上位約43%に入ります。

    全体の上位半分には入っている訳ですから、十分高年収の部類と言えますね。

    国税庁が発表した平成29年分の「民間給与実態統計調査結果」によれば、日本人の平均年収は約432万円です。

    この調査結果を受けると、年収400万円は平均年収に近いように思われます。

    しかし、この調査の対象にはフリーターやアルバイトの学生などの非正規雇用の労働者も含まれるため、一般的なサラリーマンの平均年収は432万円以上であると考えられます。

    月給に換算すると約25万円

    年収400万円を稼ぐ人は、月給に換算すると約25万円です。

    これはボーナスを年2回、額にすると月給の4ヶ月分貰えると仮定しています。

    ただし、実際の毎月の手取り額は25万円から税金など差し引かれて、20万円程度になってしまいます

    その分、夏と冬のボーナスで一気に高額が支給されます。

    具体的な金額は、ボーナスだけで100万円です。

    ボーナスも合わせると、先に紹介した通り、月収の手取り金額は26~27万円が平均と言えるでしょう。

    ※ 基本給・月給・月収・手取りの違いについて詳しく知りたい方は、『【手取り一覧あり】年収から手取りを計算する方法と便利な計算ツールを紹介』も併せてご覧ください。

  • 20代で年収400万円は高い

    まだ若い20代で年収400万円を達成している人は高年収だと言えます。

    20代前半の平均年収は約330万円、20代後半になると平均年収は390万円です。

    どちらも400万円未満ですので、20代で年収400万円貰っていれば、 周りの同年代と比べて高い年収でしょう。

    また、30代の平均年収は422万円ですので、 30代で400万円貰っているなら一般的です。

    ただ30代はちょうど役職が付く年代ですから、給料が大きく変わる年代だと言えます。

    同じ30代でも30歳と39歳では年収が大きく変わってきますから、39歳で年収400万円だと低い方になるかもしれません。

    これが40代になると、40代で年収が400万円では、少し低いと言わざるをえません。

    40代前半の平均年収は約460万円であり、男性に限ると約560万円まで上昇します。

    40代となると会社に入社してから20年程度は経ちますから、もうベテランの部類です。

    役職も、課長や部長など部下を何人も束ねる立場にあたります。

    それなりの地位も得ますので、年収も高くなり、400万円程度では物足りないと言えるでしょう。

    女性で年収400万円は高い

    平成29年分の「民間給与実態統計調査結果」によれば、女性の平均年収は約360万円ですので、 女性で年収400万円を達成しているのは高年収だと言えます。

    男女全体の平均年収はさきほど述べたように約432万円ですから、女性の年収平均は男性よりも低いです。

    要因は様々ですが、女性は妊娠や出産などで職場を離れる機会が多いのが主な原因と言えるでしょう。

    また、それと関連して、女性の管理職就任の機会も男性に比べて少ないのが現状です。

    年代で見てみると、20代女性の平均年収は319万円です。

    年収400万円は20代女性の平均年収より約100万円程度高いですから、20代女性で年収400万円を達成している人は、 高年収のエリートだと言うことができます。

    また、30代の女性の平均年収は386万円です。

    年収400万円は、30代女性で見ても平均年収を超えていますから、30代女性で年収400万円稼ぐ女性も高収入です。

    ここまで、見て頂けたらわかるように、女性で年収400万円を達成するのはかなり高年収の部類だと言えるでしょう。

  • 3.年収400万の生活レベルは?

    Twitterでも話題になっているように、年収による生活レベルの違いが気になる人は多いと思います。

    生活レベルとは、例えば、家賃や住宅ローン、貯金額です。

    そういった気になる生活の実情について詳しく説明していきます。

    それでは、順に見ていきましょう。

    家賃の相場は4.6万円

    年収400万円世帯の家賃の平均は4.6万円と言われています。

    以外と安いなと思った方は多いはずです。(あくまで平均値ですのでご留意ください)

    月に4.6万円の家賃と言えば、都心に通えるような郊外で、駅から少し離れた地域に単身向けの間取りである1Kや1Rに住むことが可能です。

    単身向けの物件なので、家族持ちの場合は、社宅や公営住宅を借りて、間取りを稼ぐ必要があるかもしれません。

    バブル期までは、家賃の相場は毎月の給料の30%程度が相場だと言われていました。

    この通説を年収400万円に当てはめると、月給は上記のとおり25万円ですから、その3割は7万5千円程度です。

    バブル期ですからお金の使い方が派手だったのも関係しているかと思いますが、今の家賃の平均より3万円近く高いです。

  • 住宅ローンの金額

    年収400万円世帯が住宅ローンで借り入れする金額の平均は、 約1,100万円だと言われています。

    年収400万円も稼ぐようになれば、自宅を購入する世帯も多いです。

    貯金を全額はたいたとしても一括購入というわけには中々いきませんから、借入金を利用するのが一般的です。

    年収400万円世帯が借り入れできる住宅ローンの限度額は、2,000万円以上だと言われています。

    平均を大きく超える1,900万円程度のローンでも、無理のない返済が可能です。

    年収別の住宅ローンについて知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

    貯金額

    単身世帯と家族世帯では、貯金できる金額が変わってきます。

    ここでは、それぞれの場合に分けて説明していきます。

    単身世帯:貯金5万円

    ◆給料月額25万円(手取り20万円)、一人暮らし、都内在住

    • 家賃:6万円
    • 食費:4万円
    • 光熱費:1万円
    • 通信料:1万5千円
    • 交際費:1万円
    • 娯楽費:1万円
    • 日用品:5千円

    上記のケースでは 月の生活費が15万円ですので、残りの5万円の貯金が可能です。

    家賃も6万円かければそれなりのところには住め、交際費や娯楽費も十分使える余裕のある暮らしです。

    そのような優雅な暮らしをしても貯金が5万円可能ですので、単身世帯で年収400万円あれば豊かに暮らせます。

    家族世帯:貯金5,000円

    ◆給料月額25万円(手取り20万円)、妻(専業主婦)、子ども2人、都内在住

    • 家賃・住宅ローン:8万円
    • 食費:5万円
    • 光熱費:1万5000円
    • 通信料:2万円
    • その他諸経費:3万円

    上記のケースでは月の生活費が 19万5,000円ですので、残りの5,000円しか貯金できません。

    安い市営住宅などに入れればいいのですが、賃貸や住宅を購入して毎月ローン払いをする場合、都内では8万円程度、最低でもかかります。

    さらに「その他諸経費」のなかには生命保険料などもかかってきます。

    子どもがいるゆえの被服費や幼稚園・保育園などの保育料などもかかります。

    こうした出費がかさむことを考えると、家族世帯で年収400万円で暮らしていくのはカツカツです。

    妻がパートに出てその稼いだ金額を全部貯金に充てるなどしないと、今後の子どもの学費のことなど考えると厳しいかもしれません。

    4.年収400万稼ぐ人の実情を具体的ケースで解説

    年収400万

    ここでは、年収400万円稼いでいる人の実状を具体的にご紹介していきます。

    それでは、順に見ていきましょう。

    コールセンター(28歳・女性)

    コールセンターで働くある女性の方の年収は、425万円です。

    業界はIT系で、残業は月10時間程度、手取りは約21万円、ボーナスは約90万円です。

    残業が少ないにも関わらず年収400万円を超えています。

    建物設計(33歳・男性)

    建物の構造を設計し、総従業員数10人未満の小企業で働いており、年収は492万円です。

    残業は50時間程度ありますが、毎月の手取りは32万円を超えます。

    ボーナスはありませんが、毎月30万円を超える金額が入ってくるのは大きな魅力です。

    理学療法士(42歳・男性)

    医療・福祉・介護業界の中小企業で働く理学療法士の方の年収は416万円です。

    残業時間は2時間程度と労働時間は少ないです。

    手取りは約21万、ボーナスは100万円もらっています。

    5.ちなみに、あなたの推定年収はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

     

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    6.今の会社の給料に不満があるなら…

    「年収が上がる見込みがない…」

    「交渉しても給与を見直そうとする姿勢がない」

    このような会社に勤めている場合、早めに見切りをつけて年収が高い会社に転職することも大切です。

    世の中にはあなたと同じ業務をしていていながら、もっと高い給料をもらっている人もいます。

    もっと待遇の良い会社に移ることは、会社員として働くあなたの権利です

    全く悪いことではありません。

    少しでも不満があるのなら、現状と将来を変えるために、今よりも給料が高い会社を探してみてください。

    「でも、何から始めたら…」と悩んでしまう場合は、まずは転職エージェント(キャリアアドバイザーがサポートしてくれるサービス)に登録してみるのが賢い選択です。

    転職エージェントなら、無料で転職の相談に載ってもらえますし、あなたの希望に合う求人をコンサルタントが厳選して紹介してくれます。

    もちろん、本格的に転職を考えていなくても大丈夫なので、まずは現職場の悩みから相談してみましょう。

    数ある転職エージェントの中からあなたにぴったりのエージェントを選ぶためには、下記の記事を参考にしてくださいね。

    まとめ

    年収400万円の人の手取りは約320万円です。

    毎月の給与は25万円程度で、実際の手取り額は約20万円です。

    年収400万の稼ぎでは、単身世帯では余裕を持って生活出来ますが、家族を持つとかなり厳しい生活を余儀なくされる可能性もあります。

    「年収が上がる見込みがない…」「交渉しても給与を見直そうとする姿勢がない」など、今の会社に少しでも不満があるのならば、転職エージェントを活用してより待遇の良い会社を探してみましょう。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?