日本郵船の年収は971万円!業界別ランキング・役職・職種別にまとめて解説!

Cargo ship is sailing to sea to transport cargo in containers.
平均年収

日本郵船株式会社の平均年収は971万円です。

平成29年の日本の平均年収は約430万円ほどですので、比較すると日本郵船株式会社はとても高収入な企業です。

そんな日本郵船株式会社の年収業界別ランキング・近年の平均年収推移・推定生涯年収・新卒初任給・職業別年収などを解説します。

近い将来、日本郵船株式会社への入社・転職をお考えの方は、ぜひご覧ください。

なお、後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介するので、自分の市場価値と日本郵船の平均年収の比較にぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.日本郵船の平均年収は971万円

日本郵船株式会社(以下、日本郵船)の平均年収は「会社 四季報ONLINE」によると、971万円といわれています。

国税庁が毎年行なっている「民間給与実態統計調査結果」の平成29年分を参照すると、「1年を通じて勤務した給与所得者の年間の平均給与」は432万円と記載されていることから、日本郵船の年収は非常に高額であることがわかります。

日本郵船は日本を代表する海運事業会社であり、海運業以外にも「一般貨物輸送事業」「不定期専用船事業」「客船事業」「不動産事業」等を展開する世界的な大企業です。

※参考元:事業案内 | 日本郵船

国内の業界別年収ランキングで2位

海運業界で国内トップの知名度・規模を誇る日本郵船ですが、同じ業界内の平均年収ランキングでは、何位になるのでしょうか。

以下は「会社 四季報ONLINE」に記載されている平均年収に基づいた海運業トップ10のランキングです。

表を見ての通り、1位の「共栄タンカー(年収999万円)」に続き、 日本郵船は2位に位置しており、業界内でもトップクラスの高収入だということがわかります。

順位 会社名 平均年収
1位 共栄タンカー 999万円
2位 日本郵船 971万円
3位 商船三井 943万円
4位 飯野海運 935万円
5位 NSユナイテッド海運 850万円
6位 乾汽船 843万円
7位 東海汽船 767万円
8位 川崎汽船 772万円
9位 川崎近海汽船 725万円
10位 玉井商船 703万円
  • スポンサーリンク

  • 日本郵船の近年の平均年収推移

    日本郵船の平成24年〜平成30年までの平均年収推移は以下の通りです。

    表をみると、 平成24年から年収950万円以上の高水準を維持していますが、平成30年は前年と比べると64万円マイナスになっています。

    来年以降、大幅に年収が下がることはないかと思いますが、今後の推移が気になるところです。

    年度 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
    平均年収 955万円 950万円 989万円 1,025万円 1,036万円 1,035万円 971万円 

    2.日本郵船の年代別の平均年収とは

    日本郵船の年代別(20代・30代・40代・50代)の平均年収ならびに平均月収・ボーナスは以下の通りです。

    表をみると、 日本郵船では20代のうちに年収は700万円を超え、その後も順調にあがっていき、50代では年収は1,200万円弱にもおよぶ ことがわかります。

    年代 平均年収 平均月収 ボーナス
    20代 704万円 45万円 158万円
    30代 933万円 60万円 209万円
    40代 1,105万円 71万円 249万円
    50代 1,192万円 77万円 269万円
  • スポンサーリンク

  • 日本郵船の推定生涯年収とは

    日本郵船に22歳〜59歳まで勤めたと仮定すると、平均年収は971万円ですから「971万円 × 37年」で推定生涯年収は3億5,927万円となります。

    さらに毎年1回ボーナスが支給されたとすると、平均ボーナス額は221万円ですので「221万円 × 37年」で総ボーナス額は8,186万円となり、推定生涯年収と足し合わせると推定生涯給与は4億4,113万円におよぶと考えられます。

    「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」によると、大卒社員の推定生涯年収は2億1,000万円ほどですので、約2倍弱も生涯年収が多いことになります。

    日本郵船の新卒初任給とは

    日本郵船の新卒初任給は大学卒(学士・修士・博士)で約21万2,000円ほどと考えられ、大学卒と大学院卒で初任給に違いはないようです。

    大手就職ポータルサイト「リクナビ」によると、高等専門学校(高専)を卒業した社員の初任給は20万1,200円であると記載されています。

    高専の卒業生と大学・大学院の卒業生では初任給の違いはありますが、学士卒の修士・博士卒の初任給が変わらないのは、大手企業としては珍しいのではないかと思われます。

  • スポンサーリンク

  • 3.日本郵船の役職別・職種別の年収とは

    日本郵船の「係長」「課長」「部長」の平均年収は以下の通りです。

    表をみると、 係長ですでに年収1,000万円を超え、部長まで昇進すると年収は2,000万円弱まで高くなるようです。

    役職 平均年収
    部長 1,892万円
    課長 1,495万円
    係長 1,127万円

    日本郵船の航海士・機関士の平均年収とは?

    日本郵船の航海士・機関士の平均年収は1,000万円ほどといわれており、特に船舶の責任者でもある船長に就任すると、年収は1,500〜2,000万円にものぼると思われます。

    一般的に航海士は海技従事者国家資格を取得する必要があり、仕事は責任や危険も大きいため、給与水準は高い傾向にあります。

    とはいえ、一般的に航海士・機関士の平均年収は700万円ほどであることに比べると、日本郵船の給与はトップクラスに高いといえるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 5.【補足1】日本郵船の仕事内容

    年収の話題とはそれますが、補足として日本郵船の仕事内容を職種別にご説明したいと思います。

    陸上事務職

    陸上事務職とは、いわば企業の一般的な事務職にあたり、海上職をバックエンドする運航管理やスタッフの人事管理、システム開発などを担います。

    事業をまわし売上を管理するため、採用は理系・文系問わず、また勤務地は国内だけにとどまらないのも特徴です。

  • スポンサーリンク

  • 陸上技術職

    陸上技術職とは、海運で使用する船舶の開発・製造・保守・管理に携わる仕事です。

    採用は理工学系大学の出身者のみとなっており、技術力を磨きながら、新しい船舶を作り、安全に運用できるよう保守・管理するのが仕事です。

    こちらも陸上事務職と同様、場合によっては国外に勤務するケースもあるようです。

    海上職

    海上職とは、海運で使用する船舶の運航業務を行ないます。

    つまり、航海士・機関士にあたるので、国家資格の取得が必要です。

    採用では、事前に資格を保有している人だけでなく、資格のない就活生も採用されるらしく、その場合は2年の資格取得に向けた勉強・乗船訓練に励みます。

    6.【補足2】日本郵船の年収以外の魅力

    日本郵船の魅力は国内海運業でトップクラスの高収入だけではありません。

    以下に収入以外の日本郵船の魅力をご説明します。

    充実している福利厚生

    日本郵船の福利厚生はとても充実しており、基本的な要項はもちろんのこと、共済年金や財形制度、社員持株会制度など社員一人ひとりの資産形成もきちんと考慮されているようです。

    また、全国各地に保養地(軽井沢・六甲山・那須・箱根等)を保有しており、スポーツ施設(プールやテニスコート)や保育施設も利用可能で、大企業である恩恵を十分に受けられます。

    現社員

    上層階には社員食堂とカフェ、屋上にはグリーンがたくさん植えられているデッキがあり、リフレッシュできる環境が整えられています。


    元社員

    有志で同好会を作り、会社の施設で休日にテニスを楽しんでいました!

    ※参考元:カイシャの評判

    風通しよく、社員教育に力を注いでいる

    日本郵船には大企業に生まれやすい窮屈(きゅうくつ)な雰囲気はなく、風通しよくフラットな空気であるといわれています。

    また、社員教育にも積極的に力を注いでおり、ビジネス英語研修やMBA留学、短期海外語学研修等、成長したい意思を尊重し、参加を希望する社員に機会を与えているとのことです。

    元社員

    成果がわかりやすいので達成感が必要に高いです。社内の横のつながりも強く、部内での意見交換も円滑であり風通しがよいです。

    元社員

    新造船から運航船の保守まで様々な仕事に携わることができ、非常にやりがいを感じていました。自分で企画した船ができあがっていくことには、大きなロマンがあると思います。

    ※参考元:カイシャの評判

    このように日本郵船で働くということは、国の貿易を左右しかねない重責を常に背負う一方で、経済の中枢にいるという充実感や達成感、そして成長実感をかんじられる会社といえるのではないでしょうか。

    もし近い将来、日本郵船への転職をお考えなのであれば、積極的に転職エージェントにご登録されてみることをオススメします。

    『doda(デューダ)』は国内トップレベルの豊富で幅広い求人数、スピーディーなキャリアアドバイザー対応が魅力の転職サイトです。

    少しでも気になった方は、以下リンクより「氏名」「メールアドレス」「パスワード」を登録されてみてください。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、日本郵船の平均年収「971万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    8.日本郵船に転職するなら「JACリクルートメント」を利用しよう

    日本郵船に転職したいなら、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメントは、高収入・ハイキャリアの求人を豊富に保有している転職エージェント。

     「ロジスティクス・物流」に特化したページが設けられており、物流関係の仕事を効率良くチェックできます。

    JACリクルートメント

    また、一般には公開されていない「非公開求人」が豊富なことも特徴のひとつ。

    人気が集中しやすい「日本郵船」の求人を保有している可能性がありますよ。

    年収600万円以上の求人が充実しているので「収入をアップさせたい」と思っているのであれば、登録して損はありません。

    利用は無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

    まとめ

    日本郵船の平均年収は971万円です。

    国内の海運業界の平均年収ランキングでは2位であり、推定生涯年収は3億6,000万円ほどで一般会社員の平均と比べ、2倍近い金額です。

    また、高い年収だけでなく「充実した福利厚生」「風通しよく、社員教育に力を注ぐ風土」も魅力的な企業といえます。

    ▼あなたへのおすすめ▼