20代の平均年収はいくら?男女差や業種、学歴、地域別年収も紹介!

20代の平均年収 平均年収

20代の平均年収は262万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収は約432万円ですので、平均には170万円程度及びません。

まだ社会人になり立てで仕事に慣れることで精一杯な人も多いので、なかなか高年収を20代で獲得するのは難しいです。

業種や学歴、都道府県、企業規模等、20代の年収に差が出る要素は色々あるので、この記事ではそういった点を説明しています。

スポンサーリンク

1.20代の平均年収は262万円

20代の平均年収は262万円です。

この数字は国税庁が毎年出している「民間給与実態統計調査」(H29年)と、厚生労働省の「賃金構造統計調査」(H29年)から独自に算出した結果です。

ここでいう年収とは、税金や社会保険料、ボーナスなどの各種手当も含めた1年間の給与総額です。

そのため手取り金額は、大体年収の20%程度が税金等で控除されるので、約210万円です。

ちなみに、この調査の対象は、非正規雇用も含めた民間の事業所で働いている給与所得者です。

公務員や日雇い労働者などは対象外となっています。

公務員の年収について詳しく知りたい方は「公務員の年収はいくら?年代、地方・国家、職種別の給料の違いも解説」を参考にして下さい。

20代前半で231万円

20代前半に限ると、 平均年収は231万円です。

20代前半だと、大卒で働きだした人はまだ新入社員の年代です。

仕事に慣れるので精いっぱいという人も多いでしょうが、1年間乗り切れば250万円近くの年収をゲットできます。

しかし、手取りにすると年収の80%だとして、約185万円です。

これを月換算すると、約15万4,000円です。

学生の頃アルバイトで10万円程度稼いでいた人も多いでしょうから、「バイトの頃と変わらないな」と思う方もいるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 20代後半で393万円

    20代後半になると、 平均年収は293万円です。

    20代前半と比べると、62万円もの差があります。

    20代後半になると仕事でも責任がある仕事を任せられたり、係長など役職が付き始めます。

    業務の幅や役職に応じて、給料が上がることは多いです。

    また、日本は年功序列ですので、勤続年数が長くなればなるほど給料は上がる仕組みです。

    そのため、20代後半になると年収がグッと上がるのです。

    男女差は75万円

    国税庁が出している「民間給与実態統計調査」によると、20代後半の男性の平均年収は393万円、20代後半の女性の平均年収は318万円ですので、 20代後半の男女の年収の差は75万円です。

      男性 女性 男女差
    20代前半 279万円 243万円 36万円
    20代後半 393万円 318万円 75万円

    また、20代前半では、男性の平均年収は279万円、女性の平均年収は243万円です。

    その差は36万円となり、20代後半になると、男女の年収の差額も大きくなることが分かります。

    男女の年収に差が出る理由は以下の二つだと言われています。

    • 非正規雇用の割合が女性の方が高い
    • 平均年収が比較的低い職業への女性の就業率が高い

    男性の非正規雇用率が21.3%であるのに対し、女性の非正規雇用率は55.8%と圧倒的に女性の方が高いです。

    非正規雇用とはアルバイトやパートなどの労働形態です。

    非正規雇用は、正規雇用と比べれば給料が低い場合がほとんどです。

    また、事務系職種やアシスタント系職種などの比較的年収が低いとされる業種への、女性の就業率は高いです。

    このような理由により、女性の年収は男性と比べ、低くなってしまいます。

  • スポンサーリンク

  • 2.20代の年収分布

    20代の年収分布

    20代の平均年収は336万円とお伝えしましたが、20代でどれくらいの割合がこの平均年収を達成しているのか、気になる方も多いはずです。

    そんな方のために、ここでは、20代の年収分布について説明していきます。

    年収300万円以下の割合:86%~98%

    厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに、男女別の20代年収分布を作成しました。

    20代で年収300万円以下の割合は、86%~98%でした。

    男性では20代前半が97.1%、20代後半が85.6%です。

    女性の場合ですと、20代前半で97.8%、20代後半で91.5%です。

    男性でも女性でも20代のうちは、年収300万円に満たないのが大部分を占めているという結果になりました。

    〈男性〉

      20~24歳 25歳~29歳
    0万円~99万円 0% 0%
    100万円~199万円 41.6% 17.5%
    200万円~299万円 55.5% 68.1%
    累計 97.1% 85.6%

    〈女性〉

      20~24歳 25歳~29歳
    0万円~99万円 0% 0%
    100万円~199万円 51% 33.2%
    200万円~299万円 46.8% 58.3%
    累計 97.8% 91.5%
  • スポンサーリンク

  • 年収300万円以上500万円以下の割合:2%~14%

    年収300万円以上500万円以下の割合も表にまとめましたので、以下をご覧ください。

    20代で年収300万円以上500万円以下の割合は、2%~14%です。

    男性では20代前半で2.9%、20代後半は13.4%の割合でした。

    女性では20代前半で2.1%、20代後半女性8.3%の割合でした。

    年収300万円以上500万円以下の20代の割合は、男女ともにかなり低いことがお分かりいただけたかと思います。

    〈男性〉

      20~24歳 25歳~29歳
    300万円~399万円 2.6% 11.7%
    400万円~499万円 0.3% 1.7%
    累計 2.9% 13.4%

    〈女性〉

      20~24歳 25歳~29歳
    300万円~399万円  2%  7.4%
    400万円~499万円 0.1% 0.9%
    累計 2.1% 8.3%

    年収600万円以上:0%

    年収600万円以上稼いでいる20代の割合は、 20代後半男性では0.3%(600万~799万円)、20代後半女性では0.1%(600~699万円)です。

    20代前半では男女ともにほぼ皆無という結果でした。

    やはり若いうちからこれだけの年収を叩きだすのは厳しい状況です。

    もしあなたが20代で年収600万円稼いでいるなら、周りと比べて優秀だといえます。

  • スポンサーリンク

  • 3.20代業種別年収ランキング

    20代業種別年収ランキングをご紹介します。

    就職する業界を決める上でぜひ参考にしてください。

    1位:金融業保険業

      20代前半 20代後半 20代全体
    男性 226.1万円 285.9万円 256万円
    女性 206.8万円 236.1万円 221.45万円

    平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、 金融業保険業に従事する20代の平均年収は221万円(女性)~256万円(男性)でした。

    20代前半の男性では226.1万円、20代後半男性では285.9万円です。

    前半と後半で60万円近く差がありますから、賃金上昇率が大きいです。

    女性では、20代前半が206.8万円、20代後半が236.1万円という結果でした。

  • スポンサーリンク

  • 2位:情報通信業

      20代前半 20代後半 20代全体
    男性 233.1万円 274.5万円 253.8万円
    女性 231万円 257万円 244万円

    2位は情報通信業で、20代の平均年収は244万円(女性)~254万円(男性)でした。

    男性では20代前半は233.1万円、20代後半は274.5万円です。

    女性では20代前半は231万円、20代後半は257万円です。

    この業界には元々年収が高いとされている放送業界や、成長分野であるインターネット業界が含まれていますので、当然といえます。

    3位:教育学習支援業

      20代前半 20代後半 20代全体
    男性 222.5万円 263.9万円 243.2万円
    女性 204.7万円 235万円 219.85万円

    3位は教育学習支援業で、 20代の平均年収は220万円(女性)~243万円(男性)でした。

    男性では20代前半は222.5万円、20代後半では263.9万円です。

    女性では20代前半は204.7万円、20代後半では235万円です。

    教育学習支援業とは、学校の先生だったり、塾や予備校の講師が該当します。

    やはり人にものを教える仕事ですので、それだけ年収が高いです。

    4位:建設業

      20代前半 20代後半 20代全体
    男性 218.4万円 255.6万円 237万円
    女性 199.5万円 224.5万円 212万円

    4位は建設業で、 20代の平均年収は212万円(女性)~237万円(男性)でした。

    男性は20代前半では218.4万円、20代後半では255.6万円です。

    女性は20代前半では199.5万円、20代後半では224.5万円です。

    建設業は働きはじめの金額は上位の職種とあまり変わりありませんが、20代後半での昇給があまり上がらないことがデータから見て取れます。

    5位:医療福祉業

      20代前半 20代後半 20代全体
    男性 212.5万円 255.6万円 234.05万円
    女性 212万円 234.7万円 223.35万円

    5位は医療福祉業で、20代の平均年収は223万円(女性)~234万円(男性)でした。

    男性は20代前半では212.5万円、20代後半では255.6万円です。

    女性は20代前半では212万円、20代後半では234.7万円です。

    医療福祉業には、介護職や看護職が該当します。

    4.年収に差がつくポイント

    20代の年収は年齢以外にも様々な要素が影響してきます。

    例え

    例えば「学歴」や「就職する都道府県」や「企業規模」によって年収が変わりますので、ひとつずつ説明していきます。

    学歴

    厚生労働省の統計のひとつ「賃金構造基本統計調査」によると、 20代の大学・大学院卒の平均年収と高卒の年収との差額は、26万円(男性)~37万円(女性)です。

    37万円で計算すると、月額にすると2万1,000円~2万2,000円の差額です。

    この段階では対して差を感じる金額ではないですが、 50代前半になると、両者の差は157万円(女性)~182万円(男性)と大きく膨れ上がります。

    こうした差が出るのは、大学・大学院卒のほうが出世が早いため、昇給率が高いことが原因だと言われています。

    〈男性〉

    学歴 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
    全世代平均 397.7万円 311万円 290.7万円
    20代前半 227万円 204.2万円 201万円
    20代後半 263.9万円 235.6万円 229万円
    50代前半 533.3万円 399.8万円 351.1万円

    〈女性〉

    学歴 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
    全世代平均 291.5万円 254.8万円 210.9万円
    20代前半 220.4万円 201.2万円 183.3万円
    20代後半 244.6万円 221.9万円 193.6万円
    50代前半 384.3万円 288.1万円 227.3万円

    表で見ると、男女ともに50代前半での大学・大学院卒の昇給率が大きくなっていることがわかります。

    特に男性の昇給率が凄まじいです。

    就職する都道府県

    就職する都道府県によっても年収に差が出てきます。

    そして平均年収が最も高かったのは、 東京都の377.5万円という結果でした。

    東京都は、日本の首都で大企業が数多く立ち並び、物価も高いですから、年収が高いのも当然だと言えます。

    ただし生活コストも多くかかるので、高年収の恩恵をそのまま受けるわけではないことには注意 しておきましょう。

    全国全世代の平均年収は304.3万円と言われています。

    この金額を超える水準を出した都道府県は、たった6県しかありません。

    千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府です。

    どれも大都市圏内にある都道府県ですね。

    一方、 平均年収のワーストは青森県の234.8万円です。

    続いて、秋田県、岩手県、沖縄県の並びです。

    これらの県に共通するのは人口が少なく比較的過疎化している地域ということです。

    こうした地域は、大企業が少なく物価も低いですから、年収も少なくなってしまいます。

    企業規模

    企業に勤めるといっても企業規模によって、大企業や中小企業に分類されます。

    そして大企業の方が中小企業に比べて、年収は高いです。

    以下の表の通りです。

    〈男性〉

      大企業 中企業 小企業
    全世代平均 383.3万円 318.3万円 293.6万円
    20代前半 220.1万円 205.8万円 203.6万円
    20代後半 265.8万円 237.8万円

    233.4万円

    50代前半 500.4万円 398.2万円

    336.8万円

    〈女性〉

      大企業 中企業 小企業
    全世代平均 270.8万円 241.4万円 223万円
    20代前半 215.9万円 200.1万円 188.4万円
    20代後半 243.6万円 221.2万円

    207.2万円

    50代前半 304万円 264.1万円

    240.9万円

    20代前半の男性を見てみると、 中小企業の年収は、大企業の年収の9割程度となっています。

    この時点では差が少ないように思えます。

    しかし、これが50代男性になると、 大企業と小企業で4割近くもの差がついてしまいます。

    つまり、スタート時には差が無くとも、年齢が上がるにつれ平均年収の差が大きくなるのです。

    一方、女性の場合、50代前半になっても大企業と小企業の差は緩やかです。

    ちなみに50代前半は男女ともに、全年代で一番年収が高い年代です。

    5.高年収を稼ぐためには

    これまで20代の年収のデータを色々見てきましたが、20代ではあまり多くの年収がもらえないなと感じたかと思います。

    しかし、20代でも高年収を稼ぐ方法はありますので、ここではその方法を2種類ご紹介します。

    起業する

    起業して会社の社長になれば、 若くして年収500万~600万円、もっとうまくいけば年収1,000万円を達成することも可能です。

    特に今はIT業界が伸びていますので、IT系のベンチャー企業などを設立すれば、うまくいく可能性は高いです、

    IT系は最近力を伸ばしてきた業界で、日本的な雇用慣行である年功序列の文化は薄いです。

    そのため若い社長でもあまり珍しくはありませんので、ビジネスの才能がある人や、人脈を多くもっている人であれば成功する確率は高まります。

    転職する

    年収の高い業界、職種に転職するのも1つの手です

    転職先の見つけ方は「20代の転職相談所」という若手向けの転職サイトを利用してみてください。

    このサイトは無料で会員登録することができ、東京、大阪、名古屋、横浜の各会場で転職相談(ネットから予約可)も行ってくれます。

    また、スマホでも受験可能な無料適職診断が受けられます。

    このように各種サービスが充実していますので、自分に合った転職先が見つかる可能性が高いです。

    「20代の転職相談所」へは下記リンクから移動できます。

    上で挙げたように、情報通信業や金融保険業は高年収です。

    また、高年収が期待できる職種には以下のような職があります。

    • 外資系投資銀行総合職:約650万円
    • 銀行融資関連ファンドマネージャー:約560万円
    • 製薬会社MR担当:約500万円
    • 企業内企画開発系プロダクトマネージャー:約490万円
    • ITコンサルタント業務(大手IT企業系):約480万円

    証券会社や銀行などの金融業で総合職で入ったり若くしてマネージャーの地位に就いたりすれば、年収500万円越えが可能です。

    また製薬会社MR担当とは、またの名を「医薬情報担当者」といい、自社の医薬品を医師などの医療従事者に提供し、実際に使用された医薬品の評価を、製薬会社にフィードバックすることなどが仕事内容です。

    あとはコンサルタント業務は比較的年収の高い職業ですので、大手のIT企業系を担当する立場になれば、20代で500万円近く稼ぐこともできます。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、20代の平均年収「262万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    20代の平均年収は262万円です。

    20代では年収300万円以下の割合が、86%~98%と大多数の割合を占めています。

    20代でも年収が高い業界は、情報通信業や金融保険業などで、これらの業界で働けば20代で年収300万円を超えることが可能です。

    他に年収に差がつくポイントとしては、学歴、就職する都道府県、企業規模などがあります。

    学歴などになると、若いうちは大した差ではないですが昇給の度合いがかなり違うので、50代になると年間200万円程度の違いが出ます。

    20代で高年収を獲得するための手段としては、起業や転職がありますので、若いうちから稼ぎたいという方はこれらの方法を行ってみて下さい。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%