20代の平均年収はいくら?男女差や業種、学歴、地域別年収も紹介!

Miniature yellow car model on growing stack of coins money on nature green background, Saving money for car, Finance and car loan, Investment and business concept
平均年収

20代の平均年収をお調べですね。

国税庁の民間給与実態統計調査によると20~24歳の平均年収は267万円、25~29歳の平均年収は370万円というデータがでています。

一般的なサラリーマンの平均年収は約441万円ですので、20代前半では170万円以上、20代後半では70万円以上及びません。

まだ社会人になり立てで、仕事に慣れることで精一杯な人も多いため、なかなか20代で高年収を得るのは難しいと言えます。

とはいえ、20代といっても業種や学歴、都道府県、企業規模など、状況によって年収に大きな差が出てきます。

この記事では、20代の年収事情を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.20代の平均年収は?

20~24歳の平均年収は267万円、25~29歳の平均年収は370万円です。

この数字は国税庁が毎年出している「民間給与実態統計調査」(H30年)のデータを使用しています。

ここでいう年収とは、税金や社会保険料、ボーナスなどの各種手当も含めた1年間の給与総額です。

ちなみに、この調査の対象は、非正規雇用も含めた民間の事業所で働いている給与所得者であり、公務員や日雇い労働者などは対象外となっています。

※公務員の年収について詳しく知りたい方は「公務員の年収はいくら?年代、地方・国家、職種別の給料の違いも解説」を参考にして下さい。

20代前半の平均年収は267万円

20代前半に限ると、 平均年収は267万円です。

この金額を手取りにすると、手取りを年収の80%と仮定すると、約213万円になります。

これを月換算した金額は約17万7,500円です。

学生の頃アルバイトで月15万円程度稼いでいた人も多いでしょうから、「バイトの頃とあまり変わらないな」と思う方もいるでしょう。

  • 20代後半の平均年収は370万円

    20代後半になると、 平均年収は370万円です。

    20代前半と比べると、100万円以上もの差があります。

    20代後半になると仕事でも責任がある仕事を任せられたり、係長など役職が付き始めます。

    業務の幅や役職に応じて、給料が上がることは多いです。

    また、日本は年功序列が残った企業もまだ多く、勤続年数が長くなればなるほど給料は上がる仕組みになっています。

    男女差は78万円

    国税庁が公表している「民間給与実態統計調査」によると、20代後半の男性の平均年収は404万円、20代後半の女性の平均年収は326万円ですので、20代後半の男女の年収の差は78万円です。

      男性 女性 男女差
    20代前半 284万円 249万円 35万円
    20代後半 404万円 326万円 78万円

    また、20代前半では、男性の平均年収は284万円、女性の平均年収は249万円です。

    その差は35万円となり、20代後半になると、男女の年収の差額も大きくなることが分かります。

    男女の年収に差が出る理由は、以下の二つだと言われています。

    【男女の年収に差が出る理由】

    • 非正規雇用の割合が女性の方が高い
    • 平均年収が比較的低い職業への女性の就業率が高い

    男性の非正規雇用率が21.3%であるのに対し、女性の非正規雇用率は55.8%と圧倒的に女性の方が高いです。

    非正規雇用とはアルバイトやパートなどの労働形態です。

    非正規雇用は、正規雇用と比べれば給料が低い場合がほとんどです。

    また、事務系職種やアシスタント系職種などの比較的年収が低いとされる業種への女性の就業率は高いです。

    このような理由により、女性の年収は男性と比べ、低くなってしまうのです。

  • 2.20代業種別年収ランキング

    20代 平均年収

    ここでは、20代業種別年収ランキングをご紹介します。

    就職する業界を決める上で、ぜひ参考にしてください。

    年収の数字の根拠は、厚生労働省が行った「令和元年賃金構造基本統計調査」の数字です。

    なお、賃金構造基本調査の「賃金」とは、6月分の所定内給与額のデータです。

    「所定内給与額」とは、労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により6月分として支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額((1)時間外勤務手当、(2)深夜勤務手当、(3)休日出勤手当、(4)宿日直手当、(5)交替手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額を指す。

    引用:「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況

    ここではあくまでも、所定内給与額(月額)に12をかけて算出した額を、年収として取り扱うこととします。

    つまり、残業代や賞与などは含まれていない金額なので、この点ご承知ください。

    1位:金融業保険業

      20代前半 20代後半
    男性 279万円 339万円
    女性 253万円 283万円

     金融業保険業に従事する20代の平均年収は 253万円(女性)~339万円(男性)でした。

    20代前半の男性では279万円、20代後半男性では339万3,600円です。

    前半と後半で60万円以上差がありますから、20代の間の賃金上昇率が大きいことが分かります。

    女性では、20代前半が253万4,400円、20代後半が283万2,000円という結果でした。

  • 2位:情報通信業

      20代前半 20代後半
    男性 274万 323万
    女性 270万 310万

    2位は情報通信業で、20代の平均年収は270万7,200円(女性)~323万400円(男性)でした。

    男性では20代前半は274万4,400円、20代後半は323万400円です。

    女性では20代前半は270万7,200円、20代後半は310万5,600円です。

    この業界には元々年収が高いとされている放送業界や、成長分野であるインターネット業界が含まれていますので、順位が高いのは当然と言えます。

    3位:教育学習支援業

      20代前半 20代後半
    男性 266万 330万
    女性 250万 285万

    3位は教育学習支援業で、 20代の平均年収は250万3,200円(女性)~330万4,800円(男性)でした。

    男性では20代前半は266万6,400円、20代後半では330万4,800円です。

    女性では20代前半は250万3,200円、20代後半では285万4,800円です。

    教育学習支援業とは、学校の先生や塾・予備校の講師が該当します。

  • 4位:建設業

      20代前半 20代後半
    男性 265万 311万
    女性 256万 270万

    4位は建設業で、 20代の平均年収は256万5,600円(女性)~311万6,400円(男性)でした。

    男性は20代前半では265万3,200円、20代後半では311万6,400円です。

    女性は20代前半では256万5,600円、20代後半では270万1,200円です。

    建設業は、働きはじめの金額は上位の職種とあまり変わりありませんが、20代後半ではそれほど昇給しないことがデータから見て取れます。

    5位:医療福祉業

      20代前半 20代後半
    男性 266万 311万
    女性 266万 295万

    5位は医療福祉業で、20代の平均年収は266万2,800円(男女)~311万2,800円(男性)でした。

    男性は20代前半では266万2,800円、20代後半では 311万2,800円です。

    女性は20代前半では266万2,800円、20代後半では295万800円です。

    医療福祉業には、介護職や看護職が該当します。

    3.年収に差がつくポイント

    20代 平均年収

    20代の年収は年齢以外にも様々な要素が影響してきます。

    例えば、「学歴」や「就職する都道府県」や「企業規模」によって年収が変わりますので、ひとつずつ説明していきます。

    それでは、順に見ていきましょう。

    【20代】学歴別平均年収

    厚生労働省による「賃金構造基本統計調査」によると、 20代前半の「大学・大学院卒」と「高卒」の年収の差額は、男性で約32万円、女性で約43万円です。

    差額が32万円と言うと、月額にすると約2万6,000円程度の違いが出てきます。

    この段階では対して差を感じる金額ではないですが、 50代前半になると、両者の年収の差額は、男性で約225万円、女性で約202万円と大きく膨れ上がります。

    こうした差が出るのは、大学・大学院卒のほうが出世が早く、昇給率が高いことが原因だと言われています。

    【学歴別】男性の平均年収

    学歴 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
    全世代平均 480万6,000円 377万8,800円 351万4,800円
    20代前半 275万400円 252万7,200円 243万6,000円
    20代後半 319万6,800円 287万2,800円 280万800円
    50代前半 642万2,400円 478万8,000円 417万7,200円

    【学歴別】女性の平均年収

    学歴 大学・大学院卒 高専・短大卒 高校卒
    全世代平均 355万6,800円 312万7,200円 277万5,600円
    20代前半 269万7,600円 252万2,400円 223万6,800円
    20代後半 299万8,800円 278万8,800円 237万9,600円
    50代前半 479万400円 349万8,000円 277万5,600円

    表で見ると、男女ともに50代前半での大学・大学院卒の昇給率が大きくなっていることがわかります。

    特に男性の昇給率には、目を見張るものがあります。

    【20代】都道府県別平均年収

    就職する都道府県によっても年収に差が出てきます。

    厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、平均年収が最も高かったのは、東京都の454万8,000円という結果でした。

    東京都は、日本の首都で大企業が数多く立ち並び、物価も高いですから、年収が高いのも当然だと言えます。

    ただし生活コストも多くかかるので、高年収の恩恵をそのまま受けるわけではないことには注意しておきましょう。

    全国の平均年収は369万2,400円です。

    この金額を超える水準を出した都道府県は、たった4県しかありません。

    東京都、神奈川県、愛知県、大阪府です。

    一方、 平均年収のワースト1は青森県の286万8,000円です。

    続いて、宮崎県、秋田県、山形県の並びです。

    これらの県に共通するのは人口が少なく比較的過疎化している地域ということです。

    【20代】企業規模別平均年収

    企業は、その規模によって大企業や中小企業に分類されます。

    そして、大企業の方が中小企業に比べて、年収は高い傾向にあります。

    【企業規模別】男性の平均年収

      大企業 中企業 小企業
    全世代平均 456万3,600円 387万8,400円 356万5,200円
    20代前半 265万4,400円 251万8,800円 246万円
    20代後半 319万2,000円 291万6,000円 284万4,000円
    50代前半 592万800円 479万2,800円 410万1,600円

    賃金構造基本統計調査」によると、20代前半の男性を見てみると、 中小企業の年収は、大企業の年収の9割以上となっています。

    この時点では差が少ないように思えます。

    しかし、これが50代男性になると、 大企業と小企業で3割以上もの差がついてしまいます。

    つまり、スタート時には差が無くとも、年齢が上がるにつれ平均年収の差が大きくなるのです。

    【企業規模別】女性の平均年収

      大企業 中企業 小企業
    全世代平均 325万800円 297万7,200円 274万4,400円
    20代前半 262万800円 246万9,600円 234万3,600円
    20代後半 295万5,600円 275万4,000円 256万6,800円
    50代前半 365万8,800円 326万6,400円 293万4,000円

    女性の場合、50代前半になっても大企業と小企業の差は緩やかです。

    ちなみに50代前半は男女ともに、全年代で一番年収が高い年代です。

    5.高年収を稼ぐためには

    20代 平均年収

    これまで20代の年収のデータを色々見てきましたが、20代ではあまり多くの年収がもらえないなと感じたられたかと思います。

    しかし、20代でも高年収を稼ぐ方法はありますので、ここではその方法を2つご紹介します。

    【20代で高年収を稼ぐ方法】

    1. 起業する
    2. 転職する

    それでは、順に見ていきましょう。

    方法1.起業する

    起業して会社の社長になれば、 若くして年収500万~600万円、もっとうまくいけば年収1,000万円を達成することも可能です。

    特に今はIT業界が伸びていますので、IT系のベンチャー企業などを設立すれば、うまくいく可能性は高いです、

    IT系は最近力を伸ばしてきた業界で、日本的な雇用慣行である年功序列の文化は薄いです。

    そのため若い社長でもあまり珍しくはありませんので、ビジネスの才能がある人や、人脈を多くもっている人であれば成功する確率は高まります。

    方法2.転職する

    20代の転職相談所 25歳 平均年収

    年収の高い業界、職種に転職するのも1つの方法です

    効率的な転職活動を行い、転職の成功率を高めるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

    20代の転職相談所」は、全てのサービスは無料で利用できる転職エージェント。

    転職相談をはじめ、求人紹介や面接対策も行ってくれるため、特に初めての転職であれば心強い味方となってくれるでしょう。

    ご希望の方はネットからも予約できますので、ぜひ時間を見つけてご利用ください。

    転職相談員のサポートにより、自分では見つけられなかった転職先や、自分の適職を発見できるかもしれませんよ。

    また、スマホでも受験が可能な無料適職診断も受けられます。

    仕事が忙しくて面談に行くことができないという方でも、この無料適職診断を利用すれば、自分にあった職種を見つけられるでしょう。

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    20~24歳の平均年収は267万円、25~29歳の平均年収は370万円です。

    20代でも年収が高い業界は、情報通信業や金融保険業、教育学習支援業、建設業、医療福祉業です。

    他に年収に差がつくポイントとしては、学歴、就職する都道府県、企業規模などがあります。

    学歴などになると、若いうちは大した差ではないですが昇給の度合いがかなり違うので、50代になると年間200万円以上の違いが出ます。

    20代で高年収を獲得するための手段としては、起業や転職がありますので、若いうちから稼ぎたいという方はこれらの方法を行ってみて下さい。

    ※賃金構造基本調査の「賃金」とは、6月分の所定内給与(残業代などを含まない給与)のことを指します。
    ※賃金を12ヶ月分で換算した額を、年収として記載しております。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?