農家の平均年収は約450万円!?経営形態による収入格差など実態を調査

平均年収

作物の栽培など、農業を営んで生計を立てる農家。

「農家の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

農家の年収は、300~600万円程度

経営形態によって、年収に差があります。

本記事では、農家の詳しい年収や経営の実態について解説します。

農家になる方法についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.農家の年収は300~600万円程度

人が生きる上で欠かせない「食」を供給する農家。

農家の年収は300~600万円と、 個々によって差があります

平均すると年収450万円前後

農家全体の年収を比較すると、450万円程度になります。

日本人の平均年収は420万円前後なので、 農家の年収は平均に近いといえるでしょう。

また、ボーナスのない自営業の場合、月収は約37万円。

社会保険や税金を差し引くと、27~30万円程ほどです。

  • スポンサーリンク

  • 約4割は年収300万円以下

    農林水産業の統計によると、農業を仕事にしている人のうち、約4割は年収300万円以下。

    年収300万円以下という数字は、日本の平均年収を大きく下回っています。

    農業だけでは生計が成り立たない農家も少なくありません

    平均年収TOPは北海道

    個々による差が大きい農家の中で、平均年収がもっとも高い都道府県は北海道。

    平均年収は600~800万円と、農家全体の平均年収をゆうに超えています。

    広大な土地がある北海道は、他県と比較して土地が手に入りやすい傾向にあります。

    大規模な農業を営んでいる農家も多いため、平均年収が高めなのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.農家の年収は経営形態によって異なる

    農家は、経営形態によって年収差があります。

    この章では、 農家の経営形態別の年収をチェックしていきます。

    主業農家の年収は600~700万円程度

    主業農家とは、1年に60日以上農業に従事している世帯員がおり、 所得の50%以上が農業所得である農家のこと。

    専業農家の年収は600~700万円程度と、その他の経営形態よりも年収が高い傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • 準主業農家の年収は500~600万円程度

    準専業農家とは、主業農家とは、1年に60日以上農業に従事している世帯員がおり、 所得の50%未満が農業所得である農家のこと。

    専業農家の年収は500~600万円と、農家全体の平均年収をやや上回っています。

    副業的農家の年収は300~400万円程度

    副業的農家とは、 1年に60日以上農業に従事している世帯員がいない農家のこと。

    副業農家の年収は300~400万円と、農家全体の平均年収を下回っています。

  • スポンサーリンク

  • 3.農家の経営の実態

    この章では、 農家の経営の実態について解説します。

    売上と経費を分けて考えなければいけない

    農家を営む場合、入ってきたお金がまるまる自分の利益となるわけではありません。

    作物を販売したお金が「売上」として入ることになりますが、利益は「売上から経費を引いた金額」となります。

    種代や人件費など、 作物を販売するまでにかかった費用をすべて差し引いた金額が利益となるのです。

    会社員のように、入ってきたお金すべてが自分の収入となるわけではないので注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 人件費や物財費にお金がかかる

    農家のおもな経費としては、「人件費」と「物財費」が挙げられます。

    人件費とは、アルバイトやパートなど労働者に支払う賃金のこと。

    物財費とは、トラクターをはじめとした農業に関する機械・用具のことを指します。

    人件費や物財費など、作物を育て販売するまでには、多くのコストがかかるのです。

    農業で生計を立てるためには、事前に「物財費や人権費がいくらかかるのか」「諸経費を引くと自分の利益はいくらになるのか」しっかりと考える必要があります。

    気候の影響を受けやすい

    農業は、気候の影響を受けやすい仕事。

    台風や豪雨で作物が育たず、収入が激減してしまうことも少なくありません。

    その年の 気候によって、年収が大きく変わる可能性があることを覚えておきましょう。

    作物によって収益が異なる

    農業は販売する作物によって、収益が異なります

    以下に、収益が大きい作物の1年間の粗収益(売上高から売上げ原価を引いた金額)をまとめましたので、参考にしてください。

    • シシトウ:約200万円
    • ナス:約180万円
    • ミニトマト:約180万円
    • ピーマン:約140万円
    • 青ネギ:約90万円

    ※ 1,000平米あたり

    米農家の平均年収は高くない

    日本の代表的な作物といえば「米」。

    「米農家は年収が高い」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

    しかし、米農家の平均年収は決して高くありません。

    米農家の平均年収は200~300万円程度といわれており、農家全体の平均年収を大幅に下回っています。

    米を育て収穫するためには、 トラクターやコンバインなどの高価な農機具が必要となるため、ほかの作物より利益が出にくいのです。

    4.農家は年収1億を目指せる職業?

    この章では、 農家は高収入を狙える職業なのかチェックしていきます。

    年収1,000万円の農家の割合は1割未満

    農家全体の中で、年収1,000万円を稼いでいるのは1割未満。

    農家にはさまざまな経営形態がありますが、 年収1,000万円を目指すのは非常に難しいです。

    儲かっている農家は2,000万円以上稼いでいる

    農家で年収1,000万円を稼いでいる割合は低いですが、儲かっている農家は2,000万円以上稼いでいます。

    画期的な栽培システムを開発したり、作業を効率化すれば、人件費などを抑えることが可能。

    純利益を増やすことができます。

    また、作物にブランド性を持たせたり、品質を高めることも高収入を得るための重要なポイント。

    平均を大幅に上回る年収を稼ぐには、 消費者に「ほかより高くても買いたい」と思わせるような作物づくりが求められます。

    以下は、農業のノウハウについて書かれている書籍です。

    興味がある方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

    5.農家になる方法

    この章では、 農家になる方法について解説します。

    学歴や資格は不要

    農家になるために、特別な資格や学歴は必要ありません。

    農業大学などで農業に関する教育を受ける人もいますが、 教育を受けなくともしっかりと知識をつければ農家になることは可能です。

    働き方を考える

    農家になりたいのであれば、働き方について考える必要があります。

    「開業するのか」「どこかの農家に勤めるのか」によって、すべきことが変わってきます。

    開業する場合は、農地や農具などを1から自分でそろえなければなりません。

    また、どこかの農家に勤める場合は農業法人の求人等を探す必要があります。

    まずは、自分がどう働きたいのか考えてみてくださいね。

    新規就農者のための支援・研修制度を活用する

    現在の日本には「農業を始めたい」という方への支援・研修制度が数多く用意されています。

    1から農業をスタートするのであれば、 農業についてより深く知るために、農業インターシップや研修教育を受けてみることをおすすめします。

    農業法人などで就業体験することで「自分が本当に農家としてやっていけるのか」「農業とはどういう仕事なのか」しっかりと確認することができますよ。

    農林水産省のサイトでは、農業を始めたい人や農業者を対象とした支援が紹介されているので、ご覧になってみてくださいね。

    農業を始めたい皆さんを応援します!:農林水産省

    6.農家の仕事は甘くない

    農家に憧れを抱き、脱サラを考える人は少なくありません。

    「朝起きて、自然の中で作物を育てる……」など、悠々自適なイメージを持っている人が多いのです。

    しかし、農業は決して簡単な仕事ではありません

    開業する場合、休みは少なく体力的にハード。

    収入は天候に左右されやすく、年によっては収入が激減してしまうこともあります。

    日本の「食」を支える農家は素晴らしい職業ですが、農業の仕事は甘くないことを覚えておいてくださいね。

    また、安定性を重視したい場合は、 農家を支える側になることもひとつの手段。

    リクナビネクストには、農家を支える営業・販売などの仕事も多く掲載されているのでぜひご覧になってみてください。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、農家の平均年収に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    農家の年収は、経営形態や栽培する作物によって差があります。

    天候によって収入が左右される面もあるため、安定性には欠けますが、 人にとって欠かせない「食」を供給する重要な仕事です。

    「食を支える仕事がしたい」「自らの手で作物を栽培してみたい」という方は、ぜひ農家を目指してみてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%