楽天の平均年収は低い?徹底した成果主義や役職別平均年収も紹介!

楽天 年収
hand saving money and growing young plant on coins. finance accounting concept
平均年収

楽天の平均年収は666万円となっていて、IT企業としては平均的な金額になっています。

思っていたよりも低いと感じた方もいると思いますが、それはあくまで一般職も含めた全職種の平均年収だからです。

この記事では徹底した成果主義を採用する楽天の年代・役職別平均年収を詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、楽天の年収に関する様々な疑問をすっかり解決することができますよ。

スポンサーリンク

1.楽天の全職種平均年収700万円弱

有価証券報告書等によれば、 楽天の平均年収は666万円となっています。

ただこの数字は一般職や海外採用者を含めた金額です。

そのため、いわゆる総合職の実際の平均年収はもっと高額になるでしょう。

そこで、ここからは気になる総合職の初任給から平均年収、そして会社のトップである社長兼会長の三木谷氏の年収を紹介していきます。

ビジネス総合職の初任給は大卒で月30万円

楽天の ビジネス総合職の初任給は月30万円です。

一般的な大卒初任給の平均は月20万円前後と言われているので、これはかなり高額な部類に入ります。

ただ、IT企業の間では月30万円という初任給はそれほど珍しくありません。

ヤフーやmixiも初任給は月30万円前後なので、同業者間では楽天が飛び抜けて高いということにはならないでしょう。

ちなみに、月40時間のみなし残業代も含まれての月30万円です。

  • スポンサーリンク

  • 総合職の平均年収は推定700~800万円

    楽天の総合職の平均年収はおおよそ700万円から800万円の間であると推定されます。

    日本の平均年収が410万円前後であることを考えると、これはかなり魅力的な数字といえるでしょう。

    何故、楽天の平均年収がここまで高いかというと、「成果主義」を採用しているからです。

    楽天の「成果主義」については後述しますが、成果を上げれば上げるほど年収が上がるため、楽天の平均年収も上がっていくのです。

    ちなみに、楽天は実力次第では30代で年収1000万円を超えるケースもあります。

    社長兼会長の三木谷浩史氏の年収は1億以上と推定

    楽天の社長兼会長である三木谷浩史氏の年収は公表されていません。ですが、 1億円以上の年収があるのではないかと言われています

    また米経済紙フォーブスの2018年版長者番付によれば、三木谷氏の資産総額は5660億円として、国内7位にランキングされています。

    渋谷の超高級住宅街に建てた270坪の自宅の価値は土地と合わせて30億円ともいわれています。三木谷氏が日本有数の資産家であることは疑いがないでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.楽天の年齢別平均年収

    ここからは20代から50代まで、年代ごとの楽天の年代別平均年収を紹介していきます。

    楽天は成果主義を採用しているものの、 平均収入そのものは年代が上がるごとに着実に上がることが確認できます。ここでは以下の4つの年代の平均年収を紹介します。

    IT企業や大手通販会社と比較すると平均的なレベルかもしれませんが、一般的な年収額からすれば充分に魅力的な金額といえるでしょう。

    それぞれ詳しく解説します。

    20代:470万円

    楽天の 20代の平均年収は470万円です。

    求人転職サイトdodaの調査よれば、20代のビジネスパーソンの平均年収は346万円となっています。

    まだ年収の開きが少ない20代でさえ100万円以上の差がつけられていることにも要注目です。

    大卒初任給の高さを考えれば当然の結果といえるかもしれませんが、こうして具体的な数字を見てみるとやはり驚きを隠せません。

    ただ40時間分の見なし残業代が含まれた金額であることには注意が必要です。

    とくに20代は残業をすることも多いでしょうから、年収に相応のハードワークをこなす覚悟は求められるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 30代:572万円

    楽天の 30代の平均年収は572万円となっています。

    一方、求人転職サイトのdodaの調べによれば30代のビジネスパーソンの平均年収は452万円です。

    やはり100万円以上の開きがありますが、逆にいえば200万円以上の差は出ていないともいえます。

    このあたりの差をどう考えるかが、転職を考える際には重要になりますね。

    ▼あなたへのおすすめ▼

    40代:666万円

    楽天の 40代の平均年収は666万円です。

    他方、40代のビジネスパーソンの平均年収は528万円と、ここでも100万円以上の差が出ています。

    40代にもなると相応の役職についている人も増えているでしょうから、この数字は意外に思う方もいるでしょう。

    しかし、楽天はボーナスなどを毎年の業績でランクづけして決定するために、かえって年齢の割に給料が上がらないという人も出てきてしまいます。

    このあたりが、楽天が実力主義社会であることを如実に表しているといえるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 50代:799万円

    楽天の 50代の平均年収は799万円となっています。

    50代のビジネスパーソンの平均年収は645万円ですから、その差はおよそ150万円です。

    平均年収がほぼ800万円というのは、やはり魅力的な数字に違いありませんが、大企業ともなるとこの水準が当たり前になってきます。

    3.楽天の役職別平均年収

    ここからは以下の3つの役職別の平均年収を紹介していきます。

    年齢は何もしていなくても上がっていきますが、 役職はただぼんやりとしているだけでは上がっていきません。

    努力して上の役職を目指した結果が、楽天ではどのように年収に反映されるのか。

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 係長:711万円

    楽天の 係長の平均年収は711万円です。

    係長の実在者の平均年齢は39.6歳ですから、楽天の年代別平均収入と比較すると50万円ほどの差が出ていることになります。

    ちなみに、日本でもっとも多い中小企業と呼ばれる会社における係長の平均年収は571万円です。

    課長に比べるとグッと役職手当が下がると言われている係長でも、これだけの金額が出るところに楽天という企業の大きさを感じますね。

    課長:940万円

    楽天の 課長の平均年収は940万円です。

    課長の実在者の平均年齢は45.1歳なので、楽天の40代の平均年収である666万円と比較しても300万円近い差があることになります。

    さらに楽天は実力次第で若手でも役職につける企業としても知られていますから、自分の実力に自信がある人にはとてもいい環境といえるでしょう。

    部長:1039万円

    楽天の部長の平均年収は1039万円となっています。

    課長の940万円と比較するとあまり差がないように感じてしまいますが、それでも1000万円を超えるというのは大きな魅力です。

    また部長まで行けば、さらに役員になるという選択肢も視野に入るので、より高みを目指すこともできますよ。

    ちなみに部長の実在者の平均年齢は50.7歳ですが、実力主義の楽天であれば30代で執行役員というのも充分に狙える地位ではあります。

    4.楽天の年収は徹底した「成果主義」によるもの

    ここから紹介するのは楽天の徹底した成果主義についてです。

    役職が上がるごとにどんどん増えていく年収を見てもわかるように、 楽天は業績の良い社員に相応の待遇を与えてくれる企業といえます。

    特に注目して欲しいのが、給与の基準として6段階のランク制度が設けられているということです。

    給与は業績で決定された6段階のランクを考慮して支給

    楽天の成果主義をもっとも端的に表しているのが、 給与をその年度の営業成績などで決定するランク制度です。

    ランクは「B」「BB」「BBB」「A」「AA」「AAA」までの6つの段階があり、楽天の提唱する五つの成功コンセプトを基づいてグローバルな評価として決定されます。

    勤続年数や年齢によらず、実力と成果を正当に評価するという楽天のポリシーが、他社よりも平均年収を引き上げる結果となっているのです。

    成績次第では部下より年収が低くなることも

    実力があって成果を出せば認めて貰える一方、 50代の課長が40代の係長に給与を抜かれてしまうという 逆転現象が起きることもあります。

    これは前述した「成果主義」により、下のものが成果を出せばその分給与が上がるという結果によるもの。

    一般企業であれば、上司としてはかなり肩身の狭い思いをするかもしれません。

    ですが、楽天の成果主義は有名なものです。

    結果を出せば誰でも年収を上げられることから、こうした年収の逆転は当たり前といえるでしょう。

    ただ、年代別・役職別の年収を紹介したように、ある程度の相場はあるので年収がぐっと低くなることはありません。

    楽天は誰でも高収入を目指せるわけではありませんが、真面目に勤め続けた努力や過程は評価して貰える企業だと考えていいでしょう。

    5.楽天と競合他社の年収比較

    最後に、楽天と以下の3つの同業他社との平均年収を比べていきましょう。

    楽天の同業他社には、 世界的にも有名な大企業が名を連ねています

    それぞれの年収を解説しますね。

    ヤフーの平均年収:約699万円

    ヤフーの平均年収は699万円です。

    楽天の平均年収である666万円よりも30万円ほど高いですが、2社ともおおむね同業他社の平均値からは外れていません。

    今でこそgoogleがシェアを独占していますが、かつては検索サイトといえば「yahoo!」でした。

    検索エンジンの提供のほかにも、傘下に「アスクル」や「一休」、「ジャパネット」など非常に手広い事業を展開しているのもヤフーの特徴といえます。

    ヤフーの代表取締役社長の川邊健太郎氏の年収は公表されていませんが、少なくとも1億円以上で、保有資産は数億にのぼるといわれています。

    ですが、川邉氏は親会社であるソフトバンクの取締役も兼任しており、現在はさらに多くの報酬を受け取っている可能性もありますね。

    アマゾンの平均年収:約857万円

    通販サイト大手のアマゾンの日本支社である アマゾンジャパンの平均年収は857万円です。

    これはやはりアマゾンの業績が好調なことが主な要因でしょう。

    米経済誌のフォーブスは、2019年3月5日に発表した世界長者番付において、アマゾンのCEOであるジェフ・ベゾス氏が二年連続で首位に立ったことを報じました。

    他方、ベゾス氏の年収そのものは明らかにされていません。

    もしかすると同業他社に比べて低いのかもしれませんが、少なくとも資産総額においてベゾス氏が頂点に君臨していることは間違いありません。

    やはり優秀な社員が優遇されるのはどこのIT企業も同じようで、本国のMBA取得者の平均年収は1000万を越えています。

    これは同業他社と比較してもかなり高額な部類といえるでしょう。

    wowma!(KDDI)の平均年収:約954万円

    wowma!(ワウマ!)はKDDIコマースフォワード株式会社とKDDI株式会社が共同で運営している日本の大手通販サイトです。

    そのwowma!(KDDI)の平均年収は、なんと954万円

    通販サイトとしての知名度でいえば、amazonやヤフーに後れを取っているイメージのあるwowma!ですが平均年収は両社を上回った形になります。

    KDDI株式会社の社長は高橋 誠氏で、年収は公表こそされていないものの、5000万円から1億円の間であるだろうと推定されています。

    しかも、今後「wowma!」は成長を見込める通販サイトです。

    そのために、今後も年収は上がる可能性が高い企業であると言えます。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、楽天の平均年収「700万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    7.楽天に転職するなら「JACリクルートメント」を利用しよう

    楽天への転職を目指すなら、転職エージェントである「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメント

    JACリクルートメントは、大手・優良企業のハイキャリア案件を豊富に保有しています。

    年収600万円以上の高年収案件が多いため、「収入アップを狙いたい」という方にもぴったりです

    一般には公開されていない「非公開求人」も充実しているため、人気が集中しやすい楽天の求人を保有している可能性も高いですよ。

    登録・利用は無料なので、まずは「転職のプロ」であるコンサルタントにキャリアの相談をしてみることをおすすめします。

    まとめ

    楽天の平均年収や役職別平均年収、そしてそれを支える 徹底した成果主義について紹介しました。

    楽天の平均年収は大手IT企業と比較すれば、きわめて平均的な金額であるといえます。

    しかしながら、楽天は給与の基準に独自のランク制度を採用するなど、徹底した成果主義を採用していて、成果を出せば出すほど相応の対価が得られる企業です。

    もしあなたが実力主義の社会で自分を試したいと考えているなら、是非就職先の候補に楽天も検討してみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク