力士の給料はいくら?幕内・幕下の推定年収・給与体系・褒奨金を解説

平均年収

力士の給料は、十両以上の幕内なら、諸手当や報奨金なしで年間2,000〜5,000万円程度です。

手当や報奨金も含めれば、金額はもっと大きくなります。

一方、幕下は幕内とは給料制度が違うため、報奨金なしで計算すると50〜100万円程度にしかなりません。

実際にはこれにプラスして後援資金や賞金がつくのでもう少し高くなりますが、幕内と比べると雲泥の差です。

「力士」は、完全実力主義の大変厳しい世界で、誰もがなれる職業ではありません。

この記事では、厳しい世界に身を置いている「力士」の給料体系、奨励金や優勝賞金について解説します。

大相撲を見て、「この力士はどれくらい稼いでいるんだろう?」と興味を持った方は、ぜひご覧ください。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値と力士の年収比較にぜひお役立てください。

※ニュースサイトの数値を参考にしているため、情報が古い可能性があります。「日本相撲協会」の公式データではないため、参考までにご覧ください。

スポンサーリンク

1.力士の給料は「十両〜横綱」は月給制

「力士」の給料は、各相撲部屋からではなく、日本相撲協会から支給されています。

横綱から十両までは「月給制」で、十両以下の幕下には月給がでません。

幕下の給料については、「4.幕下の給料」で解説します。

ここでは、まずは横綱から十両までの関取力士の給料について解説していきます。

横綱~十両の給料一覧表

それでは、諸手当と賞与が含まれた年収はいくらになるのか、実際に見てみましょう。

番付 横綱 大関 関脇・小結 前頭(平幕) 十両
月給 300万円 250万円 180万円 140万円 110万円
年額給与
(年12回)
3,600万円 3,000万円 2,160万円 1,680万円 1,320万円
賞与
(年2回)
600万円 500万円 360万円 280万円 220万円
本場所特別手当 120万円 90万円 30万円 無し 無し
出張手当 115万5千円 99万7500円 85万500円 74万5500円 68万2500円
力士補助金 7万5千円 7万5千円 7万5千円 7万5千円 7万5千円
力士褒賞金
(最低支給標準額)
360万円 240万円 144万円 144万円 96万円
合計 4,803万円 3,937万2500円 2,786万5500円 2,186万500円 1,711万7500円

(※力士褒賞金は「最低支給標準額」を記載しております)

横綱の合計給料を見ると、年額給与は3,600万円。

賞与600万円に手当や補助金、力士褒賞金がプラスされて、合計で4,803万円になります。

これに懸賞金、優勝賞金、三賞、積立ててある力士褒賞金などが加算されるので、実額は上記の表よりも高額になります。

  • 「横綱〜十両」の月給は110〜300万円

    固定額として定められた月給は以下の通りです。

    番付 月給
    横綱 300万円
    大関 250万円
    関脇・小結 180万円
    前頭(平幕) 140万円
    十両 110万円

    (参考:産経新聞

    月給額は2019年1月より、18年ぶりに給与が改定されました。

    横綱で見てみると、月給が300万円なので、300万円×12=3,600万円が固定収入となります。

    これに賞与や諸手当が加算されて、正式な年収となります。

    賞与は年2回支給あり

    賞与は9月と12月の年2回支給されます。

    支給額はそれぞれ月給の1ヶ月分です。

    例えば横綱なら、月給が300万円なので、年間の賞与は600万円になります。

  • 諸手当の種類

    手当に該当するものは、本場所手当・出張手当・力士補助金・力士褒賞金があります。

    【本場所特別手当】
    三役(関脇・小結)以上の力士に本場所ごとに支給される手当。年6回支給。欠場した場合は減額される。

    • 横綱:20万円
    • 大関:15万円
    • 関脇・小結:5万円

    【出張手当】
    地方場所のみ支給。3月・7月・11月に、それぞれ35日分支給される。

    • 横綱:宿泊費8,000円 日当:3,000円
    • 関脇:宿泊費7,500円 日当:2,000円
    • 三役:宿泊費6,500円 日当:1,600円
    • 平幕:宿泊費5,700円 日当:1,400円
    • 十両:宿泊費5,300円 日当:1,200円

    【力士補助金】
    東京場所のみ支給。1月・5月・9月に、髪結の補助金として支給される。

    • 横綱から十両まで一律25,000円。

    【力士褒賞金】
    成績により受取れる賞金。次章で詳しく解説

    • 力士の地位と成績によって、支給金額が違う。

    (参考:KaikeiZin|大相撲春場所 琴奨菊が優勝したら賞金総額1千万円超 懸賞金同様に一時所得として課税

    懸賞金は1本3万円

    懸賞金は民間企業や団体が提供するお金で、懸賞がかけられた力士が取り組みで勝つと、もらうことができます。

    懸賞金は、令和元年の秋場所から1本7万円(力士の獲得金額6万円)になりました。

    しかし、ここから日本相撲協会の事務経費や、力士の所得税が引かれるので、力士の手取りは1本あたり3万円です。

    それでは、2020年春場所の力士の懸賞金ランキングを見てみましょう。

    順位 力士名 本数 手取り賞金
    白鵬 138 414万円
    鶴竜 138 414万円
    朝乃山 93 279万円
    貴景勝 92 276万円
    御嶽海 83 249万円
    遠藤 56 168万円
    琴奨菊 39 117万円
    正代 37 111万円
    阿炎 32 96万円
    10 炎鵬 31 93万円

    (参考:NHK SPORT STORY|大相撲の懸賞金っていったいいくらなの?
    (参考:日本相撲協会|褒賞について
    (参考:日刊スポーツ|懸賞金

    例えば、白鵬は2020年3月の春場所で138本取っているので、138×3本=414万円が懸賞金の金額になります。

    白鵬が「その懸賞金で医療従事者にマスクを送った」ということがニュースになりました。

  • 【補足】力士の資金援助をするタニマチとは?

    相撲部屋や力士には「タニマチ」と呼ばれる後援者がいます。

    タニマチは、企業や団体ごと、または個人的でなる人もいますが、単純に「部屋を応援したい」「その力士に頑張ってもらいたい」という心意気でなる団体、個人が多いようです。

    タニマチは、相撲のチケットの買い取りや、遊興費(ゆうきょうひ)の資金援助などをバックアップするので、相当な資金力を持っていなければなれません

    タニマチ側にあるメリットは、力士の知名度で企業名や個人名を広めてもらい、信頼度や社会的地位を誇示できるということです。

    2.特別ボーナス「力士褒奨金」とは?

    「力士褒賞金」とは、簡単に言うと「成績に応じた特別ボーナス」です。

    実際に支給されるのは幕内力士だけですが、すべての力士が算定の対象となります。

    関取(十両以上)になるまで支給はされず、それまでは持ち越しです。

    「力士褒賞金」の金額の決め方には、以下の3つの特徴があります。

  • 成績と地位によって決まる

    「力士褒賞金」には、「最低支給標準額」が定められています

    それぞれの地位によって最低額を保証しています。

    • 横綱:150円
    • 大関:100円
    • 幕内:60円
    • 十両:40円
    • 幕下以下:3円(支給はされない。持ち越し幕内になるまで持ち越し)

    一例を挙げると、2016年東の横綱白鵬の褒賞金額は、1,789円でした。

    よって、1,789(円)×4,000(倍)×6(場所)=4,293万円という破格の褒賞金額となります。

    これに年額給与、賞与などを足すと、おおよそ8,700万円強。

    さらに懸賞金は別途支給なので、白鵬の年収が非常に高額なことがわかります。

    白鵬の褒賞金が高額な理由としては、勝ち星数が多いことと、優勝回数が多いことにあります。

    史上最多の優勝回数をどこまで伸ばしていけるのか、注目したいところです。

    褒賞金の計算方法

    褒賞金は本場所ごとの成績に応じて加算されていく仕組みです。

    勝ち越しに応じた金額は下記のように定められており、「支給標準額」と言います。

    • 勝ち星一つ:0.5円(50銭)
    • 金星:10円
    • 幕内優勝:30円
    • 幕内全勝優勝:50円

    (参考:NEWSポストセブン|「力士報奨金」 大鵬の歴代最高額を軽々塗り替えた白鵬

    実際に支給されるのは、上記の金額に4,000倍した額になります

    例えば幕内全勝優勝すると、50円×4,000倍=200,000なので、20万円が支給されることになります。

    加算式で減額はない

    力士褒賞金は、成績が良ければ支給額は増えていき、成績が悪い場合でも減ることはありません。

    決められた支給標準額に4,000倍したものは、現役でいる限り本場所ごとに支給されます。

    ただし、受け取るためには十両以上の地位を確保していなければなりません。

    「成績が悪い場合でも減ることはない」加算のみの力士褒賞金ですが、降格したときに減額になる場合があります。

    地位ごとに定められたベースとなる「最低保証金額」は、すべての力士が3円からのスタートで、十両に昇進すると、最低でも40円が支給標準額になります。

    成績による加算方式で支給標準額が決定されます。

    3.幕下は給料が出ないって本当?

    幕下以下には、月給制度は設けられていません

    では無収入なのかというと、そうではありません。

    幕下の給料は、「場所ごとの手当」と「奨励金」で構成されています。

    また、幕下以下でも各段ごとに優勝賞金はあります。(第5章に明記

    場所ごとの手当

    「場所ごとの手当」は、正式には「養成員場所手当」と言います。

    わかりやすく表にまとめました。

    番付 養成員場所手当 年額(6場所)
    幕下 16万5千円 99万円
    三段目 11万円 66万円
    序二段 8万8千円 52万8千円
    序ノ口 7万7千円 46万2千円

    (参考:産経新聞

    幕下力士で見てみると、養成員場所手当は16万5千円なので比較的収入が多いように錯覚してしまいますが、 本場所ごとにしか支給されないので、年収に換算すると99万円です。

    幕下の一つ上の「十両」の年収が1,320万円(手当・ボーナスなし)ですから、番付が1つ違うだけで10倍も年収に差が出てきます。

    幕下の奨励金

    幕下の「奨励金」は、正式には「幕下以下奨励金」と言います

    本場所の勝敗によって金額に変動があります。

    番付 勝星(1勝ごと) 勝越し星(星1つあたり)
    幕下 2,500円 6,000円
    三段目 2,000円 4,500円
    序二段 1,500円 3,500円
    序ノ口 1,500円 3,500円

    例(戦績が5勝3敗の場合)

    • 幕下 2,500円×5勝+6,000円×2勝=24,500円
    • 三段目 2,000円×5勝+4,500円×2勝=19,000円
    • 序二段 1,500円×5勝+3,500円×2勝=14,500円
    • 序ノ口 1,500円×5勝+3,500円×2勝=14,500円

    4.優勝賞金はいくら?

    最後は、「優勝賞金」についてです。

    勝敗の結果が全ての世界で、優勝は特別な価値があると共に、賞金の額も高額となります。

    優勝賞金一覧表

    各段ごとの優勝賞金の一覧表です。

    番付 優勝賞金(副賞)
    幕内 1,000万円
    十両 200万円
    幕下 50万円
    三段目 30万円
    序二段 20万円
    序ノ口 10万円

    (参考:SankeiBiz|大相撲春場所 琴奨菊が優勝したら賞金総額1千万円超 懸賞金同様に一時所得として課税

    優勝すると、賞金とは別に、副賞としてあらゆる賞品を受取ることができます。

    優勝の副賞例

    • ビール1年分
    • ガソリン1,000リットル
    • 野菜1年分
    • 米俵30俵
    • 牛肉(牛一頭分)
    • 高級車
    • 高級腕時計
    • 巨大マカロン

    (参考:exiteニュース|えっ、こんなものまで? 「お相撲さん」の優勝賞品の数々に、中国人も仰天!

    ビール1年分や米俵30俵など、スケールが違います。

    1俵=400合で、1合=だいたい2杯として計算すると、2万4,000杯くらいのお米です。

    高級車や高級腕時計なども副賞として用意されています。

    中には巨大マカロンというユニークなものもあります。

    賞品は各場所ごとで違いはありますが、この副賞を獲得するには、並大抵ではない努力が必要です。

    殊勲・敢闘・技能賞はそれぞれ200万円

    「殊勲(しゅくん)賞」「敢闘(かんとう)賞」「技能賞」の三つの賞を「三賞」と呼び、賞金はそれぞれ200万円です。

    一つの賞に複数の力士が選ばれる場合や、一人の力士が複数同時に受賞する場合もあります。

    該当者がいない場合もあります。

    相撲のあれこれについて本で読んでみたい方は、以下の書籍がおすすめです。

    力士の給料についても触れている本なので、この記事に興味を持った方も楽しく読めると思います。

    created by Rinker
    ¥880 (2020/05/26 09:00:25時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,760 (2020/05/26 09:00:26時点 Amazon調べ-詳細)

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    力士の年収は、十両以上の幕内は月給制で、幕下以下には給料が出ません。

    ただし、場所ごとの手当てと報奨金は支給されます。

    • 十両〜横綱の年収:2,000〜5,000万円(手当、報奨金は含まない)
    • 幕下の年収:50〜100万円(報奨金は含まない)
    • 幕内は月給制、幕下は給料なしだが、場所手当は出る
    • 懸賞金は1本あたり手取り3万円
    • 報奨金は成績に応じた特別ボーナス。幕内のみ支給

    相撲の勝負は、緊迫感に包まれた状態の中で一瞬で決まることもあり、精神的にも肉体的にも強い者だけがのし上がれる完全な実力主義。

    そして、幕下力士には、月給がない大変シビアな世界でもあることも知りました。

    これから相撲を見るときは、力士の給料体系や報奨金なども含めて見ると、また違った角度から楽しめると思います。

    ▼あなたにおすすめ▼

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?