精神保健福祉士の年収は平均350万円!?給与実態を徹底調査

精神保健福祉士の平均年収 平均年収

心の病気にかかっている人を支援する精神保健福祉士。

精神保健福祉士の年収は、300~400万円

国家資格が必須でありながら、年収は低めです。

本記事では、精神保健福祉士の詳しい年収や給与実態について解説します。

収入をアップする方法についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.精神保健福祉士の年収は300~400万円

精神保健福祉士の年収は勤務先などによって異なりますが、300~400万円。

日本人の平均年収は420万円前後なので、 精神保健福祉士の年収は平均より低いといえるでしょう。

平均すると年収350万円程度

精神保健福祉士の年収を平均すると、350万円前後になります。

ボーナスを年間70万円とすると、月給は23万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、18〜19万円ほどです。

  • 年齢別の年収一覧

    精神保健福祉士の年齢別の年収は、以下の通りです。

    20代 220~280万円
    30代 300~350万円
    40代 380~430万円
    50代 450~460万円
    60代 280~310万円

    平均年収がもっとも高い年代は、50代。

    役職がつくことで、収入が上がっていると考えられます。

    また、表を見てわかるとおり、平均年収が500万円を超えている年代はありません。

    日本で 心理系の職業はあまり認知されておらず、それほど需要がないため、国家資格でありながらも年収は低めです。

    2.精神保健福祉士の年収は勤務先で異なる

    精神保健福祉士の年収は、 勤務先によって差があります

    「病院」「行政機関」、それぞれに勤めた場合の年収をチェックしていきましょう。

  • 精神科・心療内科では380~440万円前後

    精神科・心療内科などの病院に勤めた場合の年収は、380~440万円。

    病院の規模が大きいほど、年収も高い傾向にあります。

    精神科・心療内科でのおもな仕事内容

    精神科や心療内科では、 患者として病院にきた方の支援を行います。

    医師のように投薬や治療をするのではなく、今後や社会復帰の相談にのることが仕事。

    生活を改善できるよう、サポートします。

    行政機関では420~430万円前後

    保健福祉センターや保健所などの行政機関に勤めた場合の年収は、420~430万円前後。

    公務員として行政で働くことになります。

    行政機関でのおもな仕事内容

    行政機関では、 地域住民からのメンタル的な相談にのったり、精神障害がある方のサポートを行います。

    また、保健所が主催するデイケアの運営・精神科への入院サポート・生活支援施設の紹介なども大切な仕事。

    単独でのサポートが難しい場合は、医師と連携して業務を行うこともあります。

  • 3.精神保健福祉士の給与実態

    国家資格でありながら、あまり年収が高くない精神保健福祉士

    この章では、精神保健福祉士の給与形態の特徴についてチェックしていきます。

    各種手当が充実しているケースが多い

    精神保健福祉士の基本給は、16~20万円程度と高くありません。

    しかし、 住居手当・通勤手当など、各種手当が国家公務員のように充実しています

    求人を探す際は、基本給だけでなく手当や待遇にも目を向けましょう。

  • ボーナスは60〜80万程度

    正社員や公務員として働く場合は、しっかりボーナスが支給されるケースが多いです。

    精神保健福祉士のボーナスは、年間60〜80万円程度。

    日本で正社員として働く労働者のボーナスは平均70~75万円前後と言われているので、 精神保健福祉士のボーナスの金額は職場によっては平均よりやや高いと判断できます。

    パートや非常勤の時給は800~1000円程度

    それほど需要の高くない精神保健福祉士は、非常勤やパートの求人が多い職業。

    パートや非常勤の時給は、800~1000円程度となっています。

    資格なしで働ける一般的なアルバイトやパートの時給と、さほど変わりません

    非常勤の場合は基本的にボーナスなし

    非常勤の場合、ボーナスが支給されることはほとんどありません。

    仮に出た場合も、3~5万円の寸志程度。

    非常勤の精神保健福祉士として高収入を目指すのは難しいでしょう。

  • 4.精神保健福祉士の年収をアップする方法

    精神保健福祉士の年収は役職がついたとしても、500万円に満たないケースが多いです。

    年収を高めたい場合は 民間病院や企業の正社員として勤務年数を積むのではなく、以下の方法で収入を上げることをおすすめします。

    それぞれについて、詳しくチェックしていきましょう。

    公務員を目指す

    民間の精神保健福祉士はあまり昇給がないため、 勤務年数とともに昇給が見込める公務員(行政勤務)を目指すことをおすすめします。

    各種手当も充実しており、安定性があるので「堅実に働きたい」という方にもぴったりです。

    ただし、行政の精神保健福祉士の求人は「実務経験者優遇」としているケースが多いです。

    実務経験がない場合は、民間の病院や企業で実務経験を積みましょう。

    また、公務員の求人情報については各自治体の公式サイトをご覧ください。

    社会福祉士へのキャリアアップを目指す

    精神保健福祉士から、社会福祉士へのキャリアアップを目指すこともひとつの手段です。

    社会福祉士は同じく福祉系の資格ですが、年収は400~550万円程度と精神保健福祉より年収が高め。

    経験やスキルを伸ばせば、年収500万円を超えることも可能です。

    created by Rinker
    メディック メディア
    ¥5,280 (2020/05/25 15:22:34時点 Amazon調べ-詳細)

    精神保健福祉と社会福祉士の違い

    精神保健福祉士と社会福祉士は、支援をする対象が異なります。

    • 精神保健福祉士:精神的に問題を抱えた人が対象
    • 社会福祉士:精神的・肉体的・経済的に問題を抱えた人が対象

    社会福祉士は、 精神保健福祉士よりも支援対象が多いのです。

    心理学的な知識はもちろん、あらゆる問題に対応するための知識が必要。

    求められる知識とスキルが多い分、年収も精神保健福祉士より高い傾向にあります。

    ▼社会福祉士の資格をはじめとした福祉資格をチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。▼

    5.精神保健福祉士になる方法

    精神保健福祉士として働きたい場合、 以下のステップで就職を目指しましょう

    国家試験に合格する

    「精神保健福祉士」と名乗って働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格して資格を取得する必要があります

    精神保健福祉試験のおもな受験資格は以下の通りです。

    • 福祉系4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
    • 福祉系2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者など

    1から精神保健福祉士を目指す場合は、まず 受験資格を得ることからスタートしましょう。

    ▼精神保健福祉士試験の詳しい内容や、公務員として働く「ケースワーカー」についてチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。▼

    また、 精神保健福祉士試験の合格率は60%前後

    それほど難易度は高くありませんが、専門的な知識が問われるため事前にしっかりと勉強することをおすすめします。

    created by Rinker
    中央法規出版
    ¥3,300 (2020/05/25 15:22:34時点 Amazon調べ-詳細)

    病院や施設等の求人を探す

    資格取得後は、病院や施設などの求人を探しましょう。

    最初から行政勤務を狙うことも手段ですが、 行政では「実務経験者優遇」としているところが多いため、病院などの民間で2~3年ほど働いた後に行政勤務を目指すほうが堅実です。

    また、精神保健福祉士の求人は他職業と比較して少ないため、求人情報サイトとあわせて、病院や施設などの独自サイトをチェックすることをおすすめします。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    精神保健福祉士は平均年収は350万円ほどで、国家資格が必要な職業としては低め。

    しかし、 住居手当や通勤手当など、基本給以外の各種手当や待遇が充実しているケースが多いです。

    公務員として行政機関に勤務する場合は、安定した収入を得ることができますよ。

    「メンタルの支援をしたい」「心理系の仕事につきたい」という方は、ぜひ精神保健福祉士を目指してみてはいかがでしょうか?

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?