社会保険労務士の年収には大きな格差がある!?収入の現実や将来性を解説

社会保険労務士の平均年収 平均年収

労務や人事に関する専門家である社会保険労務士。

2018年度の社会保険労務士の年収は499万円です。

しかしこれはあくまで平均であって、個々の格差が大きいため、実際には450〜750万円と幅があります。

本記事では、社会保険労務士の詳しい年収や収入の実態について解説します。

収入をアップする方法や将来性についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しています。社会保険労務士の平均年収に自分の推定年収は達しているのか、ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.社会保険労務士の年収は450〜750万円

社会保険に関する書類作成を代行したり、労務に関する指導などを行う社会保険労務士。

2018年の社会保険労務士の年収は499万円ですが、働き方によって 個々によって格差があるため、実際には450〜750万円と差が出ることが多いです

2018年の平均年収は499万円程度

2018年の賃金構造基本統計調査によると、社会保険労務士のきまって支給する現金給与額は、約35.9万円。

社会保険や税金を引いた月の手取りは、27〜30万円程度です。

また、年間賞与その他特別給与額は約68.3万円。

これを年収にすると「35.9万円×12ヶ月+68.3万円」で約499万円となります。

国税庁の「平成30年分給与実態統計調査」によると、日本人の平均年収は441万円なので 社会保険労務士の年収は平均より高いといえます。

  • 年によって年収の差が大きい

    今度は、「賃金構造基本統計調査」から、社労士の過去6年分の平均年収を表にまとめました。

    社会保険労務士の年収推移
    年度 平均年収(単位:万円)
    2013年 530万円
    2014年 509万円
    2015年 671万円
    2016年 527万円
    2017年 526万円
    2018年 499万円

    この結果を見ると、 年度によってかなり年収にばらつきがあることがわかります。

    最高は2015年の760万円、最低は2018年の499万円と、250万円以上の差があります。

    この理由の一つは、社労士は様々な働き方があり、どの働き方を選ぶかによって年収がかなり変わってくるためです。

    また、調査の対象となる社労士の数が少なく、人数や性別、年齢が年度によってバラバラなことも、平均年収の変動に影響しています。

    2.社会保険労務士の収入の現実

    「高収入」というイメージが強い社会保険労務士ですが、現実は収入格差が大きい職業

    「想像していたよりも年収が低かった」と感じる人も多いようです。

    この章では、社会保険労務士の収入の現実について解説します。

  • 資格手当は1万円程度

    一般企業の総務などで働いている場合、 社会保険労務士の資格を持っていることで資格手当が支給されるケースが一般的です。

    しかし、資格手当の金額は1万円程度。

    低いところでは、5,000円または1万円を下回ることもあります。

    高くても3万円程度なので、「資格取得の難易度の割に手当が少ない」と感じる人が多いです。

    格差が大きい職業

    年齢別の年収一覧をチェックしてわかるとおり、社会保険労務士は人によって年収が大きく異なります。

    とくに独立した場合は事務所の売り上げによって自分の年収も大きく変わります。

    年収800万円を稼ぐ人がいる反面、年収400万円の社会保険労務士も数多く存在します。

    また、資格を取得したものの、社会保険労務士の仕事1本では生計が成り立たず、 他の仕事をメインとし副業として社会保険労務士をしている人もいます

  • 雇われ社会保険労務士の年収は400~500万円

    一般企業の総務として働いていたり、社会保険労務士事務所に所属して働いている場合の年収は400~500万円程度。

    以下は、2018年の賃金構造基本統計調査に掲載されている情報をもとに、企業の規模別平均年収をまとめた表です。

    10~99人 約512万円
    100~999人 約398万円
    1,000人以上 約572万円

    (※2018年の賃金構造基本統計調査の情報をもとに計算)

    役職がつくと500万円を超える場合もありますが、新人だと380~400万円程度であることも少なくありません。

    年収約400万円という金額は、日本人全体の平均年収である441万円を下回っています。

    企業や事務所に雇われている社会保険労務士の年収は、資格が必須の割に高くないケースも多いのです

    4.社会保険労務士は女性でも稼げる?

    社会保険労務士は、男性・女性の収入差が少ない職業のひとつ。

    2018年の賃金構造基本統計調査によると、男性のきまって支給する現金給与額は「約38万円」、女性は「約33.4万円」です。

    5万円程度の差はあるものの、ほか職業と比べると「収入差が少ない」ため、女性でも十分活躍できます。

  • 他の士業に比べて女性の割合が多い

    社労士試験の合格者の男女別割合をみると、 男性は65.5%、女性は34.5%です。(平成28年度のデータです)

    同じ法律系の資格の合格者数と比べると、行政書士が20%、司法書士が22%ですから、社労士は女性の割合が高い資格だといえます。

    社労士として活躍している女性が多いため、女性社労士の全体的な平均年収も上昇しているのです。

    会社勤めを続けられる

    社労士に女性が多い大きな理由は、社労士は他の資格と比べ、 独立ではなく会社勤務で働けるところが多いからです。

    女性の場合、資格を取得しても、なかなか「会社を辞めて独立だ!」という決心には至らない場合が多いです。

    女性は安定した働き方を求める傾向が見られます。

    社労士の場合は企業の人事や総務系の部署で、その資格を活かして働くことが可能です。

  • 緻密さや正確さが女性向き

    社労士の業務は、給与計算や保険料の算定など、数字を扱う仕事が多いです。

    数字を扱う仕事は、 緻密さや正確さが必要なので、女性には向いている場合が多いです。

    実際に経理や総務などの一般事務系の仕事は、社員に女性の割合が多い傾向があります。

    また、社労士の業務は、年金や保険など社会保障に関する領域を主な職分としています。

    こうした領域は男性と比べ、女性のほうが関心が高い分野だと言えるでしょう。

    3.社会保険労務士の年収をアップする方法

    この章では、 社会保険労務士の年収をアップする3つの方法を紹介します。

    方法1.開業する

    社会保険労務士が高収入を得る手段のひとつが、独立して開業すること。

    開業をすると、 フリーの社会保険労務士として「社会保険労務の手続き」「給与計算」「書類作成代行」などの独占業務を行うことになります。

    社会保険労務士の年収に格差があるのは、雇われである「勤務社労士」と、独立して業務を行う「開業社労士」がいるため。

    双方の収入差は大きく、人によっては500万円以上の差が生じることも少なくありません。

    開業社労士の場合、成功すれば年収1000万円を超えることも可能ですが、顧客を自ら獲得する必要があります。

    顧客がいなければ必然的に収入が減るため、安定性という観点では勤務社労士に軍配が上がるでしょう。

    方法2.講師になる

    資格取得スクール・予備校などの講師になることもひとつの手段。

    新人であれば、副業として講師の仕事をすることで収入アップを狙えます。

    また、 社会保険労務士としての知名度がある場合、セミナーを開いて年収アップを狙うことも可能です。

    セミナーの相場は、1時間1~2万円程度。

    有名な社会保険労務士の場合は、1回のセミナー単価が10万円以上になることもあります。

    いろいろな企業や団体から依頼がくる社会保険労務士となれば、年収1000万円も見えてくるでしょう。

    方法3.ダブルライセンスや特定社会保険労務士の取得

    社労士として稼ぐためには、 ダブルライセンス(他の資格を取得し、その資格で出来る仕事も、社労士と並行して行う)で働くという道もあります。

    社労士とのダブルライセンスで多い資格は、次の通りです。

    行政書士

    営業許可や外国人帰化申請の書類など官公庁に提出する書類の作成等を代行するのが主な仕事。

    社労士と同じく法律系の資格で試験の難易度も同程度。

    中小企業診断士 中小企業の経営状態を評価する仕事で、同じく中小企業の経営者を相手とする社労士とは、相性のいい資格。

    また、 特定社労士の資格を取得し、高年収を目指す道もあります。

    特定社労士になると、労働問題の裁判当事者の代わりに出廷し意見を述べることができます。

    いわば、労働問題の弁護士となるわけです。

    両方の資格を取得すれば出来る業務が増えるため、 新たな顧客を獲得したり、顧客の層を広げることが可能。顧客の増加が、そのまま収入の増加につながります。

    4.社会保険労務士を目指す方法

    社会保険労務士になるためのステップは、以下の通りです。

    ステップ1.国家資格を取得する

    社会保険の手続き代行や、就業規則等の作成をするためには「社会保険労務士」の資格が必須

    国家試験に合格し、資格を取得する必要があります。

    社会保険労務士試験のおもな受験資格は、以下の通りです。

    • 大学、短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業した者
    • 修業年限が2年以上かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
    • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員、または従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者……など

    詳細は、社会保険労務士試験の公式サイトをご覧ください。

    社会保険労務士試験は、合格率が6~8%と高難易度。

    しっかりと事前準備をしなければ、合格することはできません

    また、なかなか勉強時間がとれない社会人の場合、2~3年かけて資格取得を目指す方もいます。

    ステップ2.一般企業や社会保険労務士事務所への転職を目指す

    資格を取得した後は、求人情報を探しましょう。

    高収入を狙うためには開業することが効率的ですが、経験や実績のない状態で開業することは非常に難しいです。

    まずは、 一般企業の人事や総務として経験を積んだり、社会保険労務士事務所で実績を残すことをおすすめします

    『一般企業・社会保険労務士事務所』の求人は「JACリクルートメント」で探そう

    一般企業や社会保険労務士事務所でより良い条件の求人を探すのであれば、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメントは、ハイキャリア・高年収領域の求人紹介や転職支援を専門にしている転職エージェントです。

    高待遇・キャリアアップを目指せる、質のよい社会保険労務士の求人も多数保有しています。

    実際にJACの人事・労務専門サイトでは、幹部候補を含む多数の公開求人が確認できました。

    一般公開されていない非公開求人も合わせれば、 あなたが求める社会保険労務士の求人が見つかりますよ。

    また、専門知識を持ったコンサルタントが、社労士転職に最適な転職支援を実施してくれます。

    これらのことから、良い条件・確率で転職を成功させたい場合、JACリクルートメントは非常におすすめできる転職エージェントと言えるのです。

    もちろん、登録や利用は無料ですので、まずは気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

    5.社会保険労務士は将来的にも需要が高い職業

    現代の日本では、長時間労働やブラック企業が問題視されています。

    多くの企業が労働環境を改善する「働き方改革」を実践している中、 社会保険労務士の3号業務である「人事や労務の相談」の需要は高くなると考えられるでしょう。

    一部では「士業の仕事はAIに奪われる」といわれていますが、相談業務は状況の詳細や意見を聞いたり、人同士のコミュニケーションが必要な仕事。

    AI技術が発展した未来では、単純な書類作成の仕事はなくなり、人にしかできない3号業務が増えると予測できます。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    社会保険労務士の2018年度の平均年収は499万円です。

    ただし、働き方によって450~750万円と人によって格差があります。

    社会保険労務士として稼げるか否かは、働き方と自分の力量次第といえるでしょう。

    また、資格取得の難易度は高いですが、開業が成功すれば年収1000万円以上の高収入を狙うことも可能。

    「資格を取得して年収アップを目指したい」という方は、ぜひ機会に社会保険労務士を目指してみてはいかがでしょうか?

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?