歯科技工士の年収は300~500万円!収入の実態や海外の事情を調査

平均年収

義歯の製作や加工を担う歯科技工士。

「歯科技工士の年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

歯科技工士の年収は、300~500万円程度

医療系の専門職の中では、比較的年収が低めです。

本記事では、歯科技工士の詳しい年収や収入の実態について解説します。

他国での事情や将来性についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.歯科技工士の年収は300~500万円

歯科医師の指示書のもと、入れ歯や差し歯、矯正器具などの製作・加工を行う歯科技工士。

歯科技工士の年収は、 300~500万円程度です。

平均すると年収400万円前後

歯科技工士全体の年収を平均すると、400万円前後になります。

日本人の平均年収は420万円程度なので、 歯科技工士の年収は平均に近いといえます。

また、ボーナスを年間60万円とすると、月収は約28万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、22~23万円程度です。

  • スポンサーリンク

  • 年齢別年収一覧

    歯科技工士の年齢別の平均年収は、以下の通りです。

    20代 300~400万円
    30代 300~400万円
    40代 400~500万円
    50代 500~600万円
    60代 300~400万円

    平均年収はのピークは、50代。

    大幅に年収が上がることはありませんが、 技術の向上に応じて昇給が見込めます

    2.歯科技工士の収入の実態

    この章では、 歯科技工士の収入の実態について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 専門職の割に年収が低い

    歯科技工士と、その他医療系専門職の年収を比較してみましょう。

    1. 医師:約1,200万円
    2. 薬剤師:約580万円
    3. 放射線技師:約500万円
    4. 看護師:約480万円
    5. 臨床検査技師:約470万円
    6. 臨床工学技士:約450万円
    7. 歯科技工士:約400万円
    8. 歯科衛生士:約390万円

    勤務先や経験年数によって年収は異なりますが、およその金額は上記の通りです。

    金額を見てわかるとおり、 歯科技工士は医療系専門職の中では年収が低め

    「資格が必要な割に年収が低い」と感じる人も多いようです。

    大幅な年収アップは見込めない

    歯科技工士は、大幅な年収アップを見込める職業ではありません。

    勤務年数や技術の向上に応じて毎年3,000~10,000円ほどの昇給は見込めるものの、 1~5年など短い期間で数十万円の昇給があることは、ごく稀

    100万円単位で年収アップをするには、10~20年ほどの経験が必要となるケースが多いです。

  • スポンサーリンク

  • 技工所の規模によって年収格差がある

    歯科技工士は、働く「技工所」の規模によっても年収格差があります。

    従業員が10~19人ほどの技工所の平均年収が400~430万円前後であるのに対し、1,000人以上の従業員がいる技工所の平均年収は550~600万円前後。

    規模の大きい技工所のほうが、年収が高い傾向にあります。

    3.歯科技工士が年収1,000万円を目指すことは可能?

    この章では、 歯科技工士は年収1,000万円を目指せる職業なのかチェックしていきます。

  • スポンサーリンク

  • 技工所勤務で1,000万円を目指すのは難しい

    歯科技工士が技工所勤務で年収1,000万円を目指すことは、非常に難しいです。

    大手企業に勤めたり、役職がつけば平均以上の年収を稼ぐことも可能ですが、 700~800万円が限度

    雇われの身で、年収1,000万円を稼いでいる人はほとんどいません。

    自営業の歯科技工士になるのが高収入への近道

    年収1,000万円以上の高収入を目指したい場合、独立して自営業の歯科技工士になることも手段です。

    病院やクリニックに勤めることが一般的な看護師等と比較して、 歯科技工士は独立・開業しやすい職業

    義歯を製作・加工するための道具や設備があれば技工所を開業することができるため、独立しやすいのです。

    実際に、 自営業の歯科技工士として活躍している人も数多くいます

    設備を整えるためには500万円以上の資金が必要ですが、成功すれば年収1,000万円以上の年収を稼ぐことも不可能ではありません。

    ただし、開業するにあたっては、リスクも存在します。

    資金繰りに失敗したり、取引先が見つからず廃業してしまわないよう、十分な事前準備が必須です。

  • スポンサーリンク

  • 4.海外の歯科技工士事情

    この章では、 海外の歯科技工士の事情について解説します。

    アメリカでは免許不要

    アメリカには、日本のような歯科技工士の国家試験がありません。

    「CDT(米国認定歯科技工士)」という資格があるものの、必須ではないことから、資格なしで働いている人も多いです。

    また、免許が不要であるため、資格の有無よりも 腕前によって歯科技工士としての能力が評価される傾向があります。

    アメリカでは交通費や手当が支給されない

    日本では当たり前のように支給される交通費ですが、アメリカでは支給されないケースがほとんど。

    交通費のほか、扶養手当や住宅手当なども支給されないことが多いです。

    アメリカの歯科技工士の給与は日本とほぼ同等ですが、手当がない分日本よりも年収が低くなる可能性があります。

    5.歯科技工士になる方法

    この章では、 歯科技工士になる方法について解説します。

    歯科技工士になるまでのステップは、以下の通りです。

    ステップ1.国家試験に合格する

    歯科技工士になるには、 国家試験に合格して資格を取得する必要があります

    歯科技工士国家試験のおもな受験資格は、以下の通りです。

    • 文部科学大臣指定の歯科技工士学校を卒業したもの
    • 都道府県知事指定の歯科技工士養成所を卒業したもの
    • 歯科医師国家試験もしくは歯科医師国家試験予備試験の受験資格があるもの……など

    専門学校などに通い、受験資格を得るのがもっとも一般的。

    試験のおもな出題内容は、以下の通りです。

    <学説試験>

    • 歯科理工学
    • 歯の解剖学
    • 顎口腔機能学
    • 有床義歯技工学……ほか

    <実地試験>

    • 歯科技工実技

    受験資格や出題内容について詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    歯科技工士国家試験の施行|厚生労働省

    また、歯科技工士国家試験の合格率は、 例年9割を超えています

    学校で教育を受け、しっかりと事前に勉強をすれば十分合格できるでしょう。

    ステップ2.求人を探す

    国家試験に合格し、晴れて歯科技工士となったあとは求人を探します。

    歯科技工士のおもな就職先は、以下の通りです。

    • 技工所
    • 歯科医院
    • 歯科材料関連企業……など

    活躍の場は複数あるので、 効率良く求人情報を見つけたい場合は、求人・転職サイトである「リクナビNEXT」の利用をおすすめします

    条件に合わせて情報を絞り込めるので、とても便利ですよ。

    転職や就職を考えている方は、ぜひご覧になってみてください。

    6.歯科技工士の将来性

    この章では、 歯科技工士の将来性について解説します。

    若手の需要が高まっている

    歯科技工士は、年々高齢化が進んでいます

    歯科技工士の50代以上の割合は、半分以上。

    反対に20代の割合は10~20%ほどと少なく、若手の需要が高まっています。

    新卒はもちろん、経験者の募集も多いので就職先に困ることはないでしょう。

    高い技術を持つ歯科技工士が活躍できる

    近年の日本では、歯の審美性を重要視する人が増加中。

    「歯を綺麗にしたい」「歯の健康を大切にしたい」という人が増えているため、歯科技工士の需要はますます高くなると推測できます。

    また、歯への関心が高まるに伴い、どんどん高度な技術が開発されています。

    歯科技工士として第一線で活躍するためには、「最新技術を修得する姿勢」「習得した技術を活かして腕前を磨く姿勢」が重要となるでしょう。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、歯科技工士の平均年収に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    歯科技工士の年収は、その他の医療系専門職と比較して低め。

    しかし、その他の医療系専門職よりも 独立しやすく、将来性や需要のある職業です。

    「手に職をつけて独立したい」「人に求められる仕事がしたい」という方は、ぜひ歯科技工士を目指してみてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事