竹中工務店の年収を解説!採用大学実績や激務の噂の真相を徹底調査

竹中工務店の年収 平均年収

竹中工務店の平均年収は1,029万円です。

竹中工務店は売上高の割合の9割が建築部門となっており、スーパーゼネコン5社の中でも一番建築に強い企業と言えます。

オリンピック需要によって、建築部門はさらに活躍が期待できるでしょう。

この記事では、竹中工務店の年齢別の年収を解説。その上で、採用している大学実績や社員の口コミについても解説します。

竹中工務店に就職を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

なお、後半では竹中工務店と自分の市場価値を比較できるように「あなた自身の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、ぜひこちらも試してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.竹中工務店の年収

竹中工務店の平均年収は1,029万円

竹中工務店の平均年収は1,029万円です。(参:有価証券報告書【5.従業員の状況】

サラリーマン男性の平均年収は521万円なので、竹中工務店の給与水準は高いと言えます。

グラフからもわかるように、平均年収は徐々に増えています。

竹中工務店 年度別年収
年度 平均年収
平成30年 1,029万円
平成29年 1,001万円
平成28年 957万円
平成27年 921万円
平成26年 866万円
平成25年 864万円

【年齢別】竹中工務店の平均年収

年齢別で竹中工務店の平均年収を確認してみましょう。

以下の表は、竹中工務店の平均年収と国税庁の年齢別階層年収をシミュレーションした結果です。(小数点第1位を四捨五入)

竹中工務店 年齢別 年収とボーナス
年齢 月額給与 平均年収 ボーナス(4カ月分)
20~24歳 21万円 309万円~340万円 85万円
25~29歳 46万円 692万円~742万円 185万円
30~34歳 53万円 750万円~850万円 213万円
35~39歳 55万円 776万円~880万円 220万円
40~44歳 62万円 868万円~989万円 247万円
45~49歳 69万円 986万円~1,108万円 277万円
50~54歳 74万円 1,077万円~1,187万円 297万円
55~59歳 74万円 1,067万円~1,177万円 294万円

竹中工務店では40代から、年収1,000万円を超えることができるようですね。

40代前半サラリーマン男性の平均年収は569万円、40代後半サラリーマン男性の平均年収は630万円なので、竹中工務店で働く40代の年収は高いと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 【総合職・一般職・技術職】竹中工務店の平均年収

    総合職や一般職、技術職の平均年収を見てみましょう。(小数点第1位を四捨五入)

    竹中工務店 一般職 総合職 技術職 年収ボーナス比較
    職種 月額給与 平均年収 ボーナス(4カ月分)
    総合職 89万円 1,284万円~1,384万円 367万円
    一般職 64万円 889万円~989万円 262万円
    技術職 62万円 869万円~969万円 257万円

    竹中工務店の大卒初任給は24万円

    竹中工務店の大卒初任給は24万円です。

    大卒以外の初任給は、以下の表で確認してください。

    最終学歴 初任給
    修士了 26万円
    大卒 24万円
    短大卒 22万円
    高専卒 22万円
  • スポンサーリンク

  • 2.竹中工務店とスーパーゼネコン4社の平均年収を比較

    竹中工務店とスーパーゼネコン4社の平均年収を比較した結果、以下の順位になりました。

    スーパーゼネコン5社年収ランキング
    順位 スーパーゼネコン5社 平均年収
    1位 鹿島建設 1,102万円
    2位 大林組 1,046万円
    3位 竹中工務店 1,029万円
    4位 大成建設 987万円
    5位 清水建設 967万円

    引用:『四季報

    それそれの企業の特徴について確認していきましょう。

    鹿島建設:1,102万円

    鹿島建設の特徴は、「常に新機軸のビジネス展開をする点」と「グループ会社の多さ」です。

    まずは、新機軸のビジネス展開について見ていきましょう。

    新機軸のビジネス展開

    鹿島建設は、日本初の鉄道工事や日本初の高層ビル建設を請け負ってきました。

    近年では、証券化の手法を使った土地再開発事業にも業界で一番早く乗り出しています。

    鹿島建設は、常に先を見越してビジネスを展開する企業だと言えるでしょう。

    グループ会社の多さ

    鹿島建設は、スーパーゼネコン4社と比べてグループ会社が多いのも特徴の一つです。

    以下の表で確認してみましょう。

    スーパーゼネコン5社 グループ会社数
    鹿島建設 234
    大林組 118
    大成建設 91
    清水建設 79
    竹中工務店 65

    鹿島建設のグループ会社の数は、他の4社と比較しても断トツで多いことがわかりますね。

    グループ会社も鹿島建設の売上高に大きく関わっており、鹿島建設の売上高の約20%は国内関連会社によるものです。

    グループ会社が多いことによって、事業領域の強化や拡大につなげることができます。

    そのため、 鹿島建設は他のスーパーゼネコン4社と比べ、事業領域の強化や拡大に強いと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 大林組:1,046万円

    大林組の特徴は、スーパーゼネコン4社の中で総資産や建築技術の開発、売上高がトップだという点です。

    実際に、2017年のスーパーゼネコン5社の売り上げ実績を確認してみましょう。

    スーパーゼネコン5社 売上高
    大林組 約1兆2,940億円
    大成建設 約1兆2,730億円
    清水建設 約1兆2,620億円
    鹿島建設 約1兆1,650億円
    竹中工務店 約1兆60億円

    大林組の売上高がトップの理由の一つとして、様々なニーズに応える力と設計力、施工計画にあると言えます。

    実際に大林組が建設した建物として有名なのは、東京スカイツリーや六本木ヒルズ森タワー、表参道ヒルズです。

    大林組の設計力や施工計画の強みが、売上高に繋がっていると言えるでしょう。

    大成建設:987万円

    大成建設の特徴は、社員が株主となる非同族会社という点です。

    大成建設以外のスーパーゼネコン4社は、全て同族会社となっています。

    同族会社とは、一定の株主と同族の関係者が会社の株式を50%超保有している会社のことです。

    同族会社にすることで、第三者に経営を脅かされる心配がありません。

    しかし、後継者にふさわしい身内がいない場合は経営基盤が危うくなるというデメリットがあります。

    大成建設以外のスーパーゼネコン4社では、どんなに頑張っても役員に登り詰めることはできませんが、大成建設では役員になれる可能性があります。

    大成建設では社員から役員になれる可能性があるので、社員一人一人のモチベーションが高い企業だと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 清水建設:967万円

    清水建設の特徴は、他社牽制力ランキングで3年連続1位を獲得している点です。

    他社牽制力とは、特許審査過程で他社特許への拒絶理由となった件数を集計したものになります。

    つまり、他社が特許を申請しても清水建設がすでに特許を獲得していると、申請が拒否されてしまうということです。

    2017年度におけるゼネコン他社牽制力ランキングは、以下の表で確認してください。

    順位 企業名 特許数
    1位 清水建設 470
    2位 大成建設 313
    3位 鹿島建設 311
    4位 大林組 304
    5位 竹中工務店 286

    清水建設は技術開発を特許化することにより、ライバル企業の市場参入を防ぎ、自社の利益を確保することができます。

    3.【2018年】竹中工務店の採用大学実績

    2018年度における、竹中工務店の採用大学実績を確認していきましょう。

    竹中工務店に就職を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 国立大

    竹中工務店が主に採用している国立大学は、次の通りです。

    大学名 人数
    京都大学 11人
    阪大・北大・九大 7人
    東北大 6人
    東大・広島大・名古屋大 5人
    神戸大 4人
    東工大 2人

    私立大

    竹中工務店が主に採用している私立大学は、次の通りです。

    大学 人数
    早稲田大 10人
    東京理科大 7人
    日本大・立命館・明治 6人
    工学院大・ 5人
    関学・関大・中央大・近畿大・芝浦工業大 4人
    西南学院大 3人

    総評

    2018年の竹中工務店の就職者数は235人です。

    国立、私立共に理系の大学からの採用が多いようですね。

    一方で、私立文系の中堅大学からの採用も積極的に行っています。

    大手企業に就職を希望している人は、竹中工務店を狙ってみてはいかがでしょうか?

    新卒採用は竹中工務店HPからエントリーすることができますよ。

    4.竹中工務店について

    この章では竹中工務店の特徴について解説します。

    竹中工務店の特徴は、次の3つです。

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    非上場企業

    5大ゼネコンの中で、竹中工務店は唯一の非上場企業です。

    上場企業と非上場企業の違いは、証券所で株式が売買できるかどうかです。

    企業が上場すると、証券所でその企業の株式を売買することができます。

    株式を公開することで資金集めをしやすくなるというメリットがありますが、株主の意見に左右されたり、買収されたりするリスクがあるのも事実です。

    竹中工務店は同族会社なので、竹中工務店の株式の大半を竹中家のグループ会社で持ち合っています。

    竹中工務店では非上場のままでいることで、買収のリスクをなくし上場維持にかかるコストを削減しているのです。

    また、 竹中工務店には「短期の利益を求めるのではなく、長期の利益を求める」という経営理念があるため、あえて非上場を選んでいます。

    売上高の9割が建築部門

    竹中工務店は、売上高の9割が建築部門です。

    清水建設は、売上高における建築部門の割合が竹中工務店に次いで2位ですが、それでも建築部門の割合は約73%となっています。

    竹中工務店が「建築」に力を入れている理由は、「棟梁精神」と「作品主義」によるものです。

    棟梁精神とは「自分が携わった仕事はどこまでも責任を持つ」という精神のことを表します。

    棟梁精神に基づき、携わった建築物を「作品」とし「最良の作品を世に残し貢献する」ことを経営理念としているのです。

    そのため、常に建築への強いこだわりを持っていると言えるでしょう。

    BCS賞の受賞数がトップクラス

    竹中工務店の特徴の一つとして、BCS賞の受賞数がトップクラスだということが挙げられます。

    BCS賞とは、日本国内の優秀な建築作品に贈られる賞のことです。

    竹中工務店がBCS賞を受賞した主な建築物は以下の通りです。

    • 新宿東宝ビル
    • MIZKAN MUSEUM
    • 日本橋ダイヤビルディング
    • 日清食品グループ the WAVE
    • グランフロント大阪

    また2018年には、「日本建築学会賞」の4部門で受賞をしています。

    建築物を「作品」として捉えている竹中工務店だからこそ、数多くの賞を受賞しているのだと言えるでしょう。

    5.竹中工務店は激務?!口コミを検証

    竹中工務店は、平均年収が1,000万円を超える給与水準が高い企業です。

    しかし、「年収は高くても激務なのでは?」と思いますよね。

    竹中工務店は激務なのか、実際に口コミを見ていきましょう。

    低評価の口コミ

     
    30代/建築・土木エンジニア

    勤務時間(残業)の質問と関係しますが、内勤の方は、原則土日休みですし、盆・正月等の大型連休も、計画年休としてしっかり休むことができます。比較的よいと思います。

    一方で、 作業所(現場)配属の方は、土曜は原則出勤で、休みは週1日だけのところが多いというのが、現実だと思います。

    引用:『カイシャの評判

     
    30代/土木・建築エンジニア

    建設業界全体が、残業ありきの仕事の進め方をしているところが多いので、残業時間は比較的多い業界だと思います。

    しかし一概には言えず、事務系と技術系で残業の質も意味も違ってくると思います。例えば、経理は、決算などの時期は忙しいですが、通常はそうでもありません。設計部は、「設計に終わりはない」ので、満足する設計しようと思えば、いくら時間があっても足りず、それが残業につながっていることもあります。

    引用:『カイシャの評判

    高評価の口コミ

     
    50代/土木・建築エンジニア

    現場作業の場合には大体の社員は朝7時には出勤している。現場作業で残業がある場合には申告し了承を得ないと残業が出来ない。残業手当は同業他社より高いと思う。

    引用:『カイシャの評判

     

    30代/土木・建築エンジニア

    建設は、サラリーマンとは違い、やった分が確実に結果につながる。職種です。だからこそ、残業時間については、あまり誰もが文句を言わない風潮があると思います。

    残業時間は決して少なくない、けれど、社員は建築が好きな人が多く、あまり問題化する技術系社員は、周りにはいません。

    趣味と同じような感覚で、仕事してる人も多いのではないでしょうか。

    引用:『カイシャの評判

    総評

    口コミを見てみると、部署によって残業時間が異なるようです。

    一般職の内勤の社員は土日休みで定時上りをしている人もいますが、技術系社員は満足するまで設計することも多く「結果的に残業をしている」ということがあるようですね。

    しかし、「申請をして了承を得られないと残業が出来ない」というように残業規制も行っているため「残業で帰れないほど激務」というわけではないようです。

    技術社員として働く場合も、残業はありますが自分が設計に携わった建築物が完成する際には達成感を感じることができるでしょう。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、竹中工務店の平均年収「1,029万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    7.竹中工務店に転職するなら「JACリクルートメント」を利用しよう

    竹中工務店に転職するなら、転職エージェントの「JACリクルートメント」を使うのがおすすめです。

    JACリクルートメントには転職に詳しいキャリアアドバイザーが在籍していて、あなたにあった求人の紹介や年収交渉まで転職に関することを全てサポートしてくれます。

    JACリクルートメント

    JACリクルートメントは外資系企業への転職支援が得意で、管理職や専門職向けの高年収求人の取り扱いが多いのが特徴です。

    一級建築士専門の転職支援ページもあるので、一級建築士の資格を取得していて竹中工務店に転職したい人にもおすすめできます。

    登録は3分ほどでサクッと終わるので、少しでも転職を考え始めたら登録してみてくださいね。

    まとめ

    竹中工務店の平均年収は1,029万円です。

    設計、建築というと理系のイメージがありますが、竹中工務店では早稲田大学や明治大学のような私立中堅大学の採用も積極的に行っています。

    そのため私立文系で大手企業に就職をしたい人にもおすすめの企業です。

    また、年収が高いと激務なイメージがありますが、竹中工務店の場合は部署によって残業の有無が異なります。

    仮に残業をする場合でも、残業規制の取り組みが実施されているので「休みが取れないほど激務」「残業で帰れないほど激務」というわけではありませんよ。

    就職、転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事