登録販売者の給料は月収20万円が相場!?実態や将来性を徹底解説

登録販売者の平均年収 平均年収

一般用医薬品の販売店で働く登録販売者。

「登録販売者の給料はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

登録販売者の給料は、月収20~25万円程度です。

本記事では、登録販売者の給料や収入の実態について詳しく解説します。

求人の探し方や将来性もあわせてチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

後半では、登録販売者と自身の市場価値を比較できるよう「自分の推定年収を測定できるサービス」を紹介しているので、ぜひこちらも試してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.登録販売者の給料は安い!?

一般用医薬品を販売したり、医薬品の情報をお客さんに提供するのが登録販売者のおもな仕事。

ドラッグストアなどでは、登録販売者がいなければ一般用医薬品を販売することができません。

この章では、 登録販売者の給料について解説します。

月給20万円が相場

登録販売者の月収は勤務先などによって異なりますが、20~25万円程度。

相場は、月収20万円となっています。

また、 社会保険や税金を引いた手取りは、16~17万円程度

ボーナスを年間70万円とすると、年収は310万円前後となります。

日本人の平均年収は420万円程度なので、登録販売者の年収は平均よりも低いといえます。

  • スポンサーリンク

  • 時給は900~1,200円程度

    正社員ではなくパートやアルバイトとして働く場合の時給は、900~1,200円程度。

    資格なしで働く従業員よりも、100~200円ほど時給が高いケースが多いです。

    2.登録販売者の収入の実態

    この章では、 登録販売者の収入の実態について解説します。

  • スポンサーリンク

  • 資格手当は5,000~20,000円ほど

    登録販売者となるためには、資格が必須。

    基本給のほかに資格手当が支給されるところが多いです。

    資格手当の金額は、5,000~20,000円と企業によって差がありますが、 相場は10,000円程度です。

    地域や企業によって差がある

    登録販売者に限らないことですが、賃金は地域や企業によって差があります。

    最低賃金が高い都道府県は、登録販売者の給料も平均より高め

    また、小規模な企業よりも知名度の高い大企業のほうが数万円ほど給料が高い傾向にあります。

    全国的な相場は月収20万円ですが、相場より給料が高い場合・低い場合もあることを覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.登録販売者の給料は業種で異なる

    この章では、 登録販売者の業種による収入差について解説します。

    コンビニの給料が高い傾向にある

    登録販売者のおもな活躍の場としては「コンビニ」「調剤薬局」「ドラッグストア」などが挙げられます。

    それぞれの業種の月収を比較した表が、以下となります。

      コンビニ 調剤薬局 ドラッグストア
    資格あり 20~30万円 20~28万円 20~25万円
    資格なし 18万円~25万円 19~25万円 18~25万円

    ※東京都の求人情報をもとに作成

    金額の幅は広いものの、コンビニはもっとも給料が高め。

    これは、コンビニにおける 登録販売者不足が影響していると考えられます。

    近年では一般用医薬品を取り扱うコンビニが増えていますが、コンビニの求人に応募する登録販売者は少数。

    コンビニではより多くの人材を確保するため、他業種よりも給与を高く設定していると推測できます。

  • スポンサーリンク

  • 4.登録販売者の資格の取り方

    この章では、 登録販売者の資格の取り方について解説します。

    ステップ1.試験に合格する

    登録販売者の資格を取得するためには、 登録販売者試験に合格する必要があります

    以前は、受験資格として「医薬品販売の実務経験を1年以上積むこと」などの条件が設けられていましたが、平成27年度に撤廃。

    現在は、実務経験・学歴を問わず誰でも受験することができます。

    登録販売者試験は筆記試験となっており、おもな出題内容は、以下の通りです。

    • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
    • 主な医薬品とその作用
    • 人体の働きと医薬品
    • 薬事に関する法規と制度
    • 医薬品の適正使用と安全対策……など

    試験について詳しくは、各都道府県の公式サイトをご覧ください。

    また、 登録販売者の合格率は4~6割程度

    合格率は試験が開催される都道府県によって、バラつきがあります。

    それほどが難易度が高い試験ではありませんが、事前準備することをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • ステップ2.販売従事登録を行う

    試験合格後、すぐに登録販売者として働けるわけではありません。

    登録販売者として働くためには、就職先決定後に 勤務先がある各都道府県にで販売従事登録を行う必要があります

    登録に必要な書類等は、以下の通りです。

    • 販売従事登録申請書
    • 登録販売者試験に合格したことを証明する書類
    • 戸籍謄本や本籍の記載のある住民票の写し等
    • 医師の診断書(精神機能の障害がないことや、薬物中毒者ではないことを証明する書類)
    • 使用証明書(雇用契約書等)
    • 手数料……など

    登録にかかる手数料は、都道府県によって異なります。

    販売従事登録についてより詳しくチェックしたい方は、各都道府県の公式サイトをご覧ください。

    5.登録販売者の求人の探し方

    この章では、 登録販売者の求人の探し方について解説します。

    求人情報サイトをチェックする

    さきほども触れたように、登録販売者には「コンビニ」「調剤薬局」「ドラッグストア」をはじめとした複数の活躍の場があります。

    自分の条件とマッチする求人情報を効率よく見つけるためには、 求人・転職サイトである「リクナビNEXT」の利用がおすすめ。

    希望する年収・勤務先など条件を絞り込んで検索できるので、スムーズに情報を検索できますよ。

    転職・就職をお考えの方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

    登録販売者が活躍できる大手ドラッグストア

    登録販売者の求人はたくさんありますが、ここでは 知名度が高い大手ドラッグストアを紹介します。

    <登録販売者が活躍できる大手ドラッグストア>

    • ツルハドラッグ
    • 薬王堂
    • サンドラッグ
    • マツモトキヨシ
    • ココカラファイン……など

    賃金は地域や店舗によって異なりますが、 大手のドラッグストアは福利厚生がしっかりしている傾向にあります。

    また、安定性や信頼性も高いので安心して働くことができるでしょう。

    6.登録販売者の将来性

    この章では、 登録販売者の将来性について解説します。

    活躍の場が広がっていく見込み

    ひと昔前までは、一般用医薬品を販売しているのは薬局やドラッグストアがメインでした。

    しかし、近年はコンビニやスーパーマーケットなど、いろいろなお店で一般用医薬品を扱っています。

    ライフスタイルが多様化している現代においては、「市販薬などの一般医薬品を気軽に買いたい」というニーズが高いのです。

    IT技術が発達したり、働き方がどんどん変わっていく日本では、今後もライフスタイルの多様化が進むと考えられます。

    いつでもどこでも気軽に市販薬を購入できること」のニーズが高まるに応じて、一般医薬品を取り扱うお店は増加。

    取り扱い店舗の増加にともない、登録販売者の需要も高くなっていくでしょう。

    7.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、登録販売者の平均年収「310万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    登録販売者の月収は20万円程度が相場。

    年収は300~350万円ほどと、決して高給ではありません。

    しかし、登録販売者は将来的にも需要が見込まれる職業

    現在でも、コンビニ・調剤薬局・ドラッグストアなど、さまざまな場所で需要があります。

    「活躍の場が豊富な仕事を選びたい」「手に職をつけたい」という方は、ぜひ登録販売者を目指してみてはいかがでしょうか?

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事