声優の年収は歩合制で平均で350万円?実績で変わる収入とは?

声優の平均年収 平均年収

声優の年収は平均で350万円です。

ただし声優の仕事は一般的な会社で働く人と違い、個人事業主としてプロダクションに所属しているため、給料は歩合制となっています。

もちろんボーナスもありません。

声優だけの仕事では収入が不安定なため、多くの人は色々な仕事を掛け持ちしています。

またジュニアと呼ばれる新人から3年目までと、4年目からは出演料も変わるため、実績を積めばそれだけ年収もアップする仕組みになっています。

声優の年収はどんな仕組みになっているのか、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

1.声優の平均年収は350万円

声優の平均年収は、350万円です。

ただし、声優の仕事は多方面にわたるため、報酬はそれぞれ違います。

仕事の報酬が5,000円の人もいれば、有名声優ともなれば数千万円稼ぐ売れっ子の人もいます。

ランク制度という、特殊な報酬制度を採用している声優のギャラについて、詳しくご紹介します。

スタートは5,000~15,000円から

声優になってまず3年間はジュニアランクとなり、基本料金は15,000円です。

ここから所属する事務所の取り分や源泉徴収などが引かれ、手元に入るのは約6割の9,000円です。

ただしこれはアニメの仕事でのギャラです。

出演する時間が5分でも1時間でも同額ですが、アニメの仕事の場合、拘束される時間が長いため、出演時間が短くても1日仕事場に詰めることもあります。

よくあるナレーションの仕事は、スーパーマーケットのアナウンスだと1本1,000円ということもあります。

ジュニアランクであっても、声に特徴がある人などはギャラが安いこともあり、あちこちの仕事に呼ばれ、重宝される人もいます。

こういった若手は「スーパージュニア」と呼ばれます。

  • スポンサーリンク

  • 人気声優は月に15万円以上

    多くの作品に出演し、名前と顔が知られる人気声優になると、月に15万円以上稼ぐ人もいます。

    アニメの仕事で、最高ランクになると1本45,000円以上のギャラが支払われます。

    また外国映画の吹き替えの仕事は、1時間で50,000円のギャラが相場ですが人気声優の場合は、1本15万円が支払われることもあります。

    人気声優だと、その名前でファンがアニメや映画を観てくれることに加え、関連商品の売上げにもつながるため、ギャラを出してでも出て欲しいと制作側が考えることが多いためです。

    給与体系は基本歩合制・ボーナスなし

    声優の給与体系は、歩合制となっており、ボーナスはありません。

    そのため声優の仕事だけで年収を稼いでいる人は少なく、ジュニアランクの声優の中には、アルバイトをしながら声優の仕事をしている人も多くいます。

    また人気声優となって多くの仕事が入ってきても、次の年になると依頼が途絶えて一気に収入が減るといった浮き沈みも激しいのが声優の世界です。

    そのため、声優の所属するプロダクションによっては、月給制を取り入れているところも増えてきています。

    月給制だと仕事のある月だけでなく、ない月にも給与が支払われるため、安定した収入を得ることができます。

  • スポンサーリンク

  • 2.声優の業種別給与・年収

    声優の仕事は、アニメやラジオだけではなく、吹き替えやゲームの声など多方面にわたります。

    そこで声優の関わる業種別の給与や年収について、詳しくご紹介します。

    アニメの声の担当は1本で15,000円~45,000円

    アニメ声優のギャラの仕組み

    アニメの声は、ランクによって報酬が変わり、15,000円から45,000円です。

    このランクと給与は、日本俳優連合の「外画動画出演規定」を基に決められています。

    「外画動画出演規定」は、外画(洋画)と動画(アニメ)に関する出演協定のことです。

    アニメの声を担当する場合は、出演時間に関係なく1本として、報酬が発生します。

    最高ランクが45,000円ですが、ランク外だと声優が報酬の交渉をすることが可能です。

    ただし、ランク外の声優は全体の1割にも満たないとされています。

  • スポンサーリンク

  • 外国映画の吹き替えは1時間で50,000円

    外国映画の吹き替えは、制作側で決められており、1時間で約50,000円が相場です。

    人気の声優の場合には、1時間で15万円が支払われることもあります。

    担当する声優によって映画の人気が左右されることもあるため、声優にとっては特定の俳優の声を担当することが目標となっていることも多くあります。

    ゲームの声の担当は1文字30円~200円

    ゲームの声を担当する場合、報酬は文字数で計算され、ジュニアランクだと1文字30円です。

    ゲームの声の場合、アニメと違い、「外画動画出演規定」には沿いません。

    そのため、人気のあるゲームなどの場合は、相場の2倍のギャラが提示されることもあります。

    ゲームにおける声優の需要は年々高くなっていて、CMなどでは声優の名前の方が大きく表記されるなど、声優の人気がゲームの人気を左右することもあります。

  • スポンサーリンク

  • ナレーションの仕事は1回10万円が相場

    ドキュメンタリーやバラエティ番組などのナレーションの仕事は、1回で10万円が相場です。

    報酬の幅が広く、スーパーマーケットのアナウンスの場合は、相場が1,000円です。

    ただし、CMのナレーションの場合は、ジュニアランクでも10万円以上の報酬となることも珍しくなく、人気声優だと1本で100万円以上になることもあります。

    ラジオの仕事は5,000円~10,000円

    ラジオの仕事は、テレビの仕事に比べると報酬は低く、5,000円から10,000円が相場です。

    ラジオの場合は、アニメやゲームなどの宣伝、もしくは声優として知名度を上げるためのファンサービスとして企画されることが多いためです。

    ただしいくつかのラジオ出演を重ね、知名度を上げることで他の仕事につながることも多くなっています。

    これらの仕事は、制作側からオファーがあることも多いのですが、アニメの仕事などはオーディションを受け、合格することが必要です。

    そのため、出演時間が短くても多くの作品に出て、名前を覚えてもらうことが大切なのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.気になるあの人気声優の年収は?

    人気声優となるとよくアニメやゲームのCMなどで名前を見かけますが、どれぐらいの年収なのかが気になりますよね。

    そこで今話題に上ることの多い人気声優の、気になる年収についてご紹介します。

    ルフィの声で有名!田中真弓の年収は1億円超え

    本業の女優よりも声優の仕事で年収1億円を稼いでいるといわれているのが、田中真弓さんです。

    週刊少年ジャンプの人気漫画、「ワンピース」のアニメで、主人公のルフィの声を担当している田中真弓さんですが、本業は女優です。

    「ドラゴンボール」のクリリン役や「天空の城ラピュタ」のパズー役など有名作品に出演していることもあり、女優より声優としての知名度が高くなっています。

    さらにCMのナレーターやクイズのナレーターなど活躍の場が多いことも、年収アップを後押ししています。

    ミッキーの声で有名!青柳隆志の本業は大学教授

    ディズニーのミッキーの声を1991年から2018年まで、約27年勤めた青柳隆志さんは、本業は大学教授ということで有名です。

    ミッキーが好きな女の子を振り向かせるために、海外版のミッキーの練習をしていたことでオーディションに受かり、ミッキーの声を担当することになりました。

    大学教授の年収は大学によって違いはありますが、平均1,000万円となっています。

    ミッキーの声の仕事での年収は明らかにされていませんが、27年間演じ続けたこともあり、ギャラはかなりの額になったと考えられます。

    神谷浩史・杉田智和・花澤香菜の年収は1,500万円~2,000万円

    人気声優として、多くのアニメに出演している神谷浩史・杉田智和・花澤香菜の3人の年収は、平均して1,500万円から2,000万円といわれています。

    この3人の共通点は、アニメやゲームで多く出演しているということ。

    声に特徴があり、個性的なことからも起用されることが多い傾向にあります。

    神谷浩史さんと花澤香菜さんは自身でライブをおこなっており、CDも出していることから年収がアップしています。

    杉田智和さんはトークが上手なことから、トークショーやラジオの出演依頼も多く、またクリエイターとしても活躍するなど、マルチな才能を発揮している声優としても有名です。

    4.人気声優の年収ベスト5

    次に、人気声優の中でもトップクラスの年収を誇る人たちの年収について、ランキングでご紹介します。

    どの声優も安定した人気を誇り、何年も年収のトップランキングを占めている人たちばかりです。

    1位 林原めぐみ:7,000万円

    声優として初めてレコード会社と契約したことで有名な林原めぐみさんの年収は、7,000万円です。

    声優歌手としてのライブ活動のほか、ラジオのパーソナリティや、キティちゃんの声なども担当しています。

    アニメでも数多く出演しており、安定した人気を誇っています。

    個人事務所である「ウッドパークオフィス」に所属していることも、高年収が安定している理由の一つです。

    2位 野沢雅子:4,000万円

    「ドラゴンボール」の孫悟空を始め、数多くの名作でその名を知られる野沢雅子さんの年収は、4,000万円です。

    80歳を過ぎた現在も第一線で活躍する、まさに声優界のレジェンドですが、お茶目で親しみやすいキャラクターで、同業者にもファンがたくさんいます。

    声優だけの仕事でここまでの年収を稼いでいる人は、今のところ他にはいません。

    3位 堀川りょう:3,000万円

    野沢雅子さんと同じく、「ドラゴンボール」でベジータ役を長くつとめている堀川りょうさんの年収は、3,000万円です。

    堀川りょうさんも数多くの作品に出演しており、特徴ある声で引っ張りだこの売れっ子です。

    インターナショナル・メディア学院を立ち上げ、学園長として声優の卵たちを育成しています。

    4位 山寺宏一:2,000万円

    おはスタの「おっはー」でお茶の間の人気者となった山寺宏一さんの年収は、2,000万円です。

    多くの声を使い分ける「七色の声を持つ男」といわれている山寺宏一さんは、声優としての活動だけでなく、ナレーションや吹き替えの仕事も多くこなしています。

    ディズニーのドナルド・ダッグの声としても有名です。

    5位 水樹奈々:1,600万円

    声優として初めて紅白歌合戦に出場した水樹奈々さんの年収は、1,600万円です。

    ライブ活動やCD制作もおこなっていて、声優としてよりも歌手としての認知度が高い印象ですが、声優としての活動も。

    「プリキュアシリーズ」や「NARUTO」などに出演しています。

    5.声優たちの年収をアップするための行動

    声優のギャラは歩合制のため、声優だけで稼いでいくのは難しい仕事です。

    そのため、 多くの声優は声優の仕事だけでなく、同時に色々な活動をおこなっています。

    年収をアップさせるため、声優がしている行動について、詳しく見ていきましょう。

    フリーランスとして活動

    事務所やプロダクションに所属するのではなく、フリーランスとして仕事を受けている声優も多くいます。

    事務所やプロダクションに所属すると、所属手数料を支払わなければならない、また事務所を通して仕事を依頼されるため、自分で仕事を選ぶことができないデメリットがあります。

    ただし自分でオーディションを受けたり、売り込みに行く必要があるため、知名度の高さや個性が必要となります。

    自分の事務所を立ち上げる

    ある程度声優としての地位を固めてから、自分の事務所を立ち上げる声優も多くいます。

    個人事務所の場合や、知り合いの声優を集めて所属してもらうなど様々です。

    こちらも事務所に支払う手数料がない分、手取りは多くなります。

    ただし野沢雅子さんのように、個人事務所をたたみプロダクションに再所属する人もいます。

    月収制のプロダクションに所属する

    月収制をとっているプロダクションに所属する方法もあります。

    この場合、仕事がなくても毎月の収入は保証されているので安心です。

    月収制のプロダクションは増えてきているので、声優として独り立ちする際には、リサーチしておくといいでしょう。

    企画を立てて売り込む

    自分で企画を立て、売り込むことで仕事を増やす方法もあります。

    例えば、原作付きの舞台やゲーム、アニメなどの企画、朗読会などがあります。

    実際に自分で劇団を立ち上げ、声優同士で舞台を作っている人も多くいます。

    ただし、練習場所の確保や準備などお金がかかるため、収入源となるほどの規模となっている劇団は多くありません。

    声優マネージャーとして働く

    声優のスケジュール管理や仕事を取ってくるマネージャーは、事務所やプロダクションに所属するため安定した収入が得られますが、平均年収は200万円~300万円です。

    また1人で多くの声優を担当するため、仕事は忙しく残業も多い傾向にあります。

    それでも声優のファンや、声優を支えたいという気持ちから、声優マネージャーになりたいという人も増えて来ています。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、声優の平均年収「350万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    声優の年収は平均350万円です。

    ただし、声優の報酬は歩合制で、仕事が増えればそれだけ年収もアップします。

    多くの声優志願者の中から、声優として生き残れる人は少なく、また顔出しも増えてきたことから、声優はビジュアルや歌唱力などマルチな才能を求められるようになってきています。

    アニメや映画などで、キャラクターに命を吹き込む声優の仕事は、大変ですがやりがいも大きく、自分自身で年収を増やせる仕事なのです。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事