薬剤師の年収の平均は570万円!?稼げる就職先を探す方法も解説

female doctor holding and showing a medicine bottle
平均年収

薬剤師の平均年収は男性で570万円で、一般の平均年収よりは多いものの、専門職としては少し物足りない数字になっています。

しかし、薬剤師の年収は就職した企業や地域によって大きく変わってくるので、上手に就職先を選べば、もっと多くの年収を稼ぐことも夢ではありません

この記事では、薬剤師の高収入な仕事の最新ランキングを紹介し、それぞれの仕事の内容や特徴について詳しく解説します。

年収や昇給の傾向をもとに、職場選びや年収を上げていくポイントなども紹介しますので、薬剤師を目指す人は参考にしてください。

スポンサーリンク

1.薬剤師の高収入な仕事ランキング

薬剤師は薬局や病院だけでなく、製薬会社で開発や営業をしたり、公務員として保健所などに勤めたりすることもできます。

どこに勤めるかによって年収にかなりの差が出てきますので、高収入を得たいのであれば、職場を選ぶ必要があります

この章では、薬剤師の主な勤め先のうち、収入が高い順の最新ランキングを紹介します。

それぞれの職場の仕事内容や特徴、待遇などの気をつけたい点についても解説しますので参考にしてください。

1位:製薬会社:年収650万~

製薬会社での薬剤師の仕事は色々あるので、仕事内容によって収入が変わってきますが、年収は650万~1,000万円くらいです。

製薬会社での主な仕事は次のようなものがあります。

  • 研究職:病気の治癒に関する研究、新薬の開発や研究、新薬の試験などを行う
  • 開発職:主に新薬の臨床試験などを行う
  • 医療情報担当者(MR):医師や薬剤師に対して、薬についての情報提供やアドバイス、販売促進などを行う
  • 学術業務:医薬品情報の収集や管理、資料作成、情報提供などを行う
  • 管理薬剤師:薬の品質管理などを行う

製薬会社のメリット

  • 福利厚生が良く、安定している
  • 最先端の知識が学べる
  • 新薬の開発に関わることができる

年収が高く安定している分人気があり、高度な知識が必要な職種もあるので、就職するのは難しくもあります。

  • スポンサーリンク

  • 2位:公務員薬剤師:年収600万~

    公立病院や保健所などの公共機関で働く公務員薬剤師は年収が600万~700万円ほどで、退職金も一般職員と同程度もらえます

    薬剤師が公務員として必要とされる職場は、次の通りです。

    • 公立病院
    • 保健所
    • 厚生局
    • 都道府県庁
    • 消費生活支援センター
    • 衛生研究所

    公立病院以外は、本来の薬剤師としての仕事は少なく、地域の薬事衛生や環境衛生に関する業務などを行います。

    公務員薬剤師のメリット

    • 公務員なので安定していて、福利厚生も充実している
    • 残業や休日出勤が少ない
    • 定期昇給、退職金、年金があり、定年まで勤めると生涯年収が高くなる

    給与に男女の差がなく、育児休暇も充実しているので、女性には特におすすめの仕事と言えます。

    ただし、一般の公務員と同じように転勤が多いことがデメリットです。

    3位:病院薬剤師:年収570万~

    病院薬剤師は、病院の規模や地域によって違ってきますが、だいたい570万~700万円ほどの年収です。

    夜間勤務などがある場合は、手当てがつくのでその分年収は上がります。

    病院での主な仕事には、次のようなものがあります。

    • 医師の処方にもとづく薬の調剤
    • 注射薬の調剤
    • 薬の管理
    • 外来や入院患者への薬の説明、飲み合わせなどの管理

    病院薬剤師のメリット

    • 患者との距離が近く、やりがいを感じやすい
    • 大病院は症例が多いので知識が増える
    • 医師や看護師などの他の医療関係者との連携が取れる

    このように、患者や医師との距離が近いので、薬剤師として様々な経験を積んだり、専門性を高めたりすることができる職場です。

    デメリットとしては、当直などで勤務時間が不規則なことと、患者や他の医療スタッフとの人間関係に悩みやすいことがあげられます。

  • スポンサーリンク

  • 4位:ドラッグストア:年収500万~

    ドラッグストアの年収は500~650万くらいが相場ですが、調剤薬局がある店舗は、無い店舗よりも年収が50万円くらい多くなります

    薬剤師としてのスキルを学ぶ意味からも、調剤薬局が併設された店舗を選ぶのがおすすめです。

    ドラッグストアでの主な仕事には、次のようなものがあります。

    • 薬の説明やアドバイスなどの接客
    • 調剤薬局の業務
    • 品出しやレジといった専門外の仕事をする場合もある

    ドラッグストアのメリット

    • 企業の規模が大きいので、福利厚生が充実している
    • 色々な病院の処方箋が来るので薬の知識が増える
    • 薬剤師以外の店員も多いので、人間関係が狭くならない

    このように、大きな企業ならではのメリットが多くあります。

    デメリットとしては、年中無休で営業時間が長いので、勤務時間や休日が固定しないことがあげられます。

    5位:調剤薬局:年収450万~

    調剤薬局は、医師の処方箋にもとづいて薬を調合する薬局で、薬剤師が必要不可欠です。

    薬局の規模や地域によって年収は変わってきますが、だいたい450~600万円ほどが相場です。

    調剤薬局での主な仕事には、次のようなものがあります。

    • 処方箋の確認や薬の調合
    • 薬の管理
    • 患者への薬の説明など簡単な接客

    調剤薬局のメリット

    • 近場にある病院の処方箋が多いため、使う薬などがある程度固定されていて慣れれば楽
    • 病院の休みに合わせる場合が多く、週末や祝日は確実に休める
    • 薬剤師としての基本が一通り学べる

    このように、薬剤師としての基本のスキルが身につく半面、扱う薬の種類が限られてくるので、知識が偏るといったデメリットもあります。

  • スポンサーリンク

  • 2.薬剤師の平均年収は500万円台

    厚生労働省の発表によると、薬剤師の平均年収は男性で570万円、女性で520万円ほどでした。

    給与所得者全体の平均年収は男性で521万円、女性が280万円ですので、どちらも平均を上回っています。

    国家資格が必要な専門職のわりにはあまり多くない気がしますが、ランキングでも見てきたように、年収は就職先や仕事の内容によってずいぶんと違ってくるのです。

    高収入の就職先を選ぶための参考になるように、まずは薬剤師の年収にはどんな傾向があるのかから見ていきましょう。

    同じ仕事でも企業によって差が出る

    薬剤師の勤め先には病院やドラッグストアなどがありますが、同じ仕事でも企業の大きさによって年収にバラつきが出てきます

    一般的には、規模の大きい薬局や病院のほうが給与は高いですし、ドラックストアは調剤薬局併設店舗の方が手取りは多いです。

    働く時間が増えて大変ですが、残業や当直勤務が必ずあるような職場では、手当てなどで給与が増えます。

  • スポンサーリンク

  • 女性は一般より200万以上も多い

    女性の平均年収が280万円であることを考えれば、女性の薬剤師の平均年収は200万円以上も多く、高給取りであると言えます。

    実際に、薬剤師の6割が女性というデータがあり、女性が活躍できる職場です。

    全国どの地域でも需要があって派遣やパートでも働きやすく、結婚や出産などのライフスタイルの変化に合わせて働けるメリットもあります。

    看護師のように重労働の仕事は少なく、生涯働きたい女性にとってはおすすめの仕事と言えます。

    独立で成功は厳しい状況

    薬剤師の仕事は、調剤薬局などに勤めて経験を積んだ後は、独立して自分の薬局を経営する道もあります。

    しかし、今のようにドラッグストアが全盛の時代では、小さな個人薬局の経営は難しいと言えます

    成功すれば年収1,000万円以上も夢ではありませんが、上手くいかなければ赤字経営になることも考えられます。

    大病院のそばで固定客が見込めるといったように、立地などの条件がよほど良い場合を除き、独立は厳しいと思ったほうがいいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.稼げる職場に就職するポイント

    仕事選びには、やりがいや適性も重要ですが、働いただけの報酬がきちんと得られるということも大切です。

    薬剤師は資格を取るまでに多くの努力を必要としますので、専門職にふさわしい報酬を得たいと思うのは当然のことと言えます。

    薬剤師が収入でも満足できる職場に就職するには、重要なポイントを知ったうえで慎重に選ぶ必要があります。

    ここからは、十分な年収を得られる就職先を選ぶポイントや、人気の製薬会社に就職するために必要なことについて解説します。

    病院や薬局を選ぶポイント3つ

    病院、調剤薬局、ドラッグストアに就職する場合には、次の3つのポイントに注意して選びましょう

    1. 規模が大きい企業や病院を選ぶ
    2. ドラッグストアは調剤薬局がある店舗を選ぶ
    3. キャリアアップが見込める職場を選ぶ

    ①に関しては、他の職種と同じように、規模の大きな企業の方が給与は高い傾向にありますし、福利厚生なども充実しています。

    病院の場合は、大学病院のような規模の大きな病院のほか、公立病院も公務員として働けるのでおすすめです。

    ②の場合は、調剤薬局のあるドラックストアでは月々の手当てが出るのが一般的ですので、あるのとないのでは月の給与が数万円単位で違ってきます。

    薬剤師としての経験を積む意味でも、調剤薬局での業務は必要と言えます。

    また、年収を上げていくためには管理薬剤師などの管理職に昇格することが重要なので、薬剤師としてのキャリアを積める職場を選ぶことも大切です。

    高収入なのは首都圏より地方

    地域によっては薬剤師が大幅に不足しているところがあり、そういった地域では薬剤師の年収は高いです

    そのため、大都市よりも地方で高収入になる傾向があり、2018年の都道府県ランキングでは次のような結果になりました。

    1位 奈良県 777万円
    2位 静岡県 684万円
    3位 青森県 670万円
    4位 栃木県 655万円
    5位 島根県 648万円

    ちなみに、東京都は10位で570万円、大阪は33位で510万円でした。

    このランキングは毎年変動しますが、地方が強いという傾向に変わりはありません。

    たくさん稼ぎたい場合には、こういった年収が高い地方で就職するというのもおすすめですが、残業が多いなどの労働条件が悪い場合もあるので注意してください。

    人気の製薬会社はプラスαが必要

    製薬会社は年収が高いぶん人気も高く、ただ薬剤師の資格を持っているというだけでは、就職するのは難しい企業です。

    例えば、外資系の製薬会社なら英語のスキルを身につけるなど、薬剤師の資格プラスアルファのアピールポイントが必要です。

    どんな職種に就くかによっても必要とされるものが違い、研究職や開発職で就職するには、大学院の学歴がなければ難しいでしょう。

    医療情報担当者(MR)は比較的容易ですが、本来の薬剤師の仕事と違って営業が主な仕事なので、性格的に合っているかなどの適性が重要になってきます。

    3.薬剤師の年収は上がりにくい?

    薬剤師の平均年収は、一般の平均と比べてそれほど多くないという印象でしたが、初任給の平均では月額6万円も多くもらっています。

    初任給では大きな差がついているのに、平均年収で差が開かないのは、薬剤師の昇給の仕方に一般とは少し違った傾向があるためです。

    定年まで年収を順調に増やしていくには、キャリアアップや転職などの適切な対策をする必要があります。

    昇給は30代で頭打ち

    一般の企業では、勤務年数が上がるにつれて年収も緩やかに上昇していくというのが一般的です。

    それに対して、薬剤師の年収は初任給が高く、30代までは順調に伸びて年収500万円に達し、その後は昇給しにくくなるという傾向があります。

    つまり、年収500万円台に達するまでは平均よりも早いのですが、その後は伸び悩んで、年齢が上がるとともに他の職種との差が少なくなってくるということです。

    管理薬剤師や管理職になる

    一般の企業でも、役職がつかない平社員と役職者では年収が違ってくるように、薬剤師も出世するかしないかで年収に差が出てきます。

    薬剤師であってもより多くの年収を稼ぎたいのであれば、役職に就くことを目標にして仕事のキャリアを積むことが大切です。

    薬剤師が管理職になるには、次のようなパターンがあります。

    • 管理薬剤師になる
    • 病院の薬剤部門の管理職
    • 調剤薬局やドラッグストアの店長など
    • 製薬会社では、各部門の課長や部長など

    企業によっても違いますが、例えば大手のドラッグストアでは、管理職なら年収700万円以上もらえることもあります。

    製薬会社では、管理職になれば年収1,000万円を超えることも珍しくありません。

    また、管理薬剤師とは、薬事法で設置が義務付けられている現場の責任者のことをいいます。

    薬品の管理や従業員の監督を行うのが仕事で、給与にも手当がつくのが一般的です。

    転職で年収を上げる

    薬剤師が年収を上げるもう一つの方法としては、もっと条件の良い企業や病院に転職するというものがあります。

    例えば、現在の職場で管理薬剤師のポストが空いていない場合などは、管理薬剤師として募集をかけている企業に転職することで、年収を上げることができます。

    また、薬剤師不足で年収が高い地方に転職すれば、年収が上がるだけでなく、過疎地の医療に貢献することも可能です。

    転職先を選ぶ場合には、給与の額や労働条件だけでなく、やりがいや自分のキャリアアップにつながるかということにも注意してください。

    薬剤師転職なら「JACリクルートメント」使って転職しよう!

    薬剤師 JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    高年収を求める薬剤師転職であれば、ハイキャリア・高年収転職の支援に特化した「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントは薬剤師を始め、メディカル(医療)業界への転職の豊富なノウハウを持っています。

    実際に公式サイトでは「薬剤師の方のキャリアアップ情報」として、薬剤師転職に関するさまざまな情報を提供していますよ。

    さらに、薬剤師の経験を生かせる「臨床開発モニター(CRA)」や「治験コーディネーター」など新たな可能性への転職もサポート。

    薬剤師、または薬剤師の力を発揮できる転職が希望であれば、JACリクルートメントに登録してみてはいかがでしょうか。

    .ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておけば、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちます。

    せっかくなので、薬剤師の平均年収「570万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    薬剤師の平均年収は500万円台で、一般的な会社員の平均年収よりも少し高い年収です。

    より高収入を得たいなら就職先を選ぶ必要があり、最新版のランキングでは製薬会社、公務員薬剤師、大きな病院などが上位です

    薬剤師の年収は30代で頭打ちになる傾向のため、管理職になったり、キャリアアップできる職場に転職したりする対策が必要です。

    これから薬剤師を目指す人は、次の記事も参考にしてください。

    薬剤師資格とは?薬剤師資格の種類や取得方法・試験の難易度を解説

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク