大和証券の年収は1,045万円!役職別年収や五大証券年収ランキングも紹介

大和証券の年収 平均年収

大和証券の平均年収は1,045万円です。

しかし、大和証券では年齢や役職によっても年収は変わります。

本記事では大和証券の年収について、 年齢別・役職別年収の他に、五大証券の年収とも比較して解説。

大和証券が証券会社の中で年収が高い方なのか、低い方なのか、一目瞭然でわかりますよ。

なお、後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、大和証券の平均年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.大和証券の平均年収は1,045万円

大和証券の年収推移

大和証券平均年収

大和証券の平均年収は1,045万円です。

また、大和証券の近年の平均年収の推移は以下の通りです。

2017年 1,045万円
2016年 1,072万円
2015年 1,212万円
2014年 1,170万円

2015年をピークにして、年収は下がってきているのがわかりますね。

しかし、それでも平均年収1,000万円以上を維持し続けており、日本でもトップクラスの高年収企業です。

  • スポンサーリンク

  • 平均月収は65万円・平均ボーナス265万円

    大和証券の 平均月収は65万円・平均ボーナス265万円です。

    ただ、営業職だと成績次第で給与やボーナスが変わるので、月収や年収に差がつきやすい企業でもあります。

    下記は、口コミからみた年収や実際のボーナスを表にまとめたものです。

    在籍年数 年収 月収 残業 ボーナス
    5〜8年 580万円 28万円 3万円 100万円
    3〜5年 740万円 27万円 108万円 200万円
    3年未満 486万円 25万円 36万円 150万円
    5〜8年 656万円 28万円 120万円 200万円
    5〜10年 1300万円 50万円 240万円 460万円
    3〜5年 634万円 29万円 36万円 250万円
    15~20年 1360万円 80万円 0万円 400万円

    在籍年数に関わらず、ボーナスは高いですよね。

    そしてこの表からもわかるように、 大和証券の年収が高い理由の1つに「残業代」があります。

    大和証券は、残業をあまり良しとしていません。

    ですが、残業した分は大和証券は残業代が支給されるため、その分年収があがるのです。

    もちろん、残業をしなくても高水準の年収を保っている人もいるので、本当に成績次第で年収・月収が上下する会社ですね。

    平均年収が高い「トップ300社」ランキング25位


    大和証券は、「東洋経済」が発表した『
    平均年収が高い「トップ300社」ランキング』で25位にランクインしています。

    つまり、 大和証券は日本でも最上位に位置する高年収企業だということです。

    ちなみに、証券会社では野村証券が22位にランクインしています。

  • スポンサーリンク

  • 2.大和証券の年齢別平均年収

    ここからは大和証券の年齢別年収について、以下の通り20歳代から60歳代までの年収を解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    20歳代:350万円〜910万円

    大和証券の20歳代の平均年収は、 20歳代前半が350万円、20歳代後半が910万円です。

    一般企業の20歳代の平均年収は、20歳代前半が240万円、20歳代後半が340万円となっています。

    また、大和証券の初任給は職種ごとに異なっており、以下の通りです。

    職種 初任給
    総合職・エリア総合職(大学卒) 255,000円/月
    専任職(大学卒) 232,000円/月
    カスタマーサービス職(大学卒) 220,000円/月
    引用:「大和証券グループ新卒採用サイト

    大和証券の社員の口コミ


    女性/営業系

    給与はかなり良い。
    ボーナスはその期の業績によって振れ幅がかなり大きく、相場がよければ何もしなくても給与の3倍以上もらうことができるが、悪ければ給与分ももらえなかったりする。

    引用:カイシャの評判

  • スポンサーリンク

  • 30歳代:940万円〜1,080万円

    大和証券の30歳代の平均年収は、30歳代前半が940万円、30歳代後半が1,080万円です。

    一般企業の30歳代の平均年収は、30歳代前半が400万円、30歳代後半が440万円となっています。

    30歳代になると、係長などの管理職に就ければ年収1,000万円以上稼ぐことが可能です。

    大和証券の社員の口コミ


    女性/営業系

    業績連動のため、人事考課が同じでも大きく変動する。

    相場の良し悪しで100万単位でボーナスが変わることもある。また同期の間でもトップと最下位とでは5倍以上差がつく。

    引用:カイシャの評判

    40歳代:1,090万円〜1,360万円

    大和証券の40歳代の平均年収は、 40歳代前半が1,090万円、40歳代後半が1,360万円です。

    一般企業の40歳代の平均年収は、40歳代前半が470万円、40歳代後半が500万円となっています。

    40歳代になると、一般企業の約2.5倍稼げることがわかりますね。

    大和証券の社員の口コミ


    男性/営業系

    証券業界はどこの会社でも仕事は厳しいですが給与水準は高い。頑張って高い成果がでれば高い給料をもらえるけど、頑張っても成果がでなければ当然給料はもらえない。それどころか会社に居れなくなる。あと突然、評価方法が変わることもある。

    引用:カイシャの評判

  • スポンサーリンク

  • 50歳代:1,330万円〜1,450万円

    大和証券の50歳代の平均年収は、50歳代前半が1,330万円、50歳代後半が1,450万円です。

    一般企業の50歳代の平均年収は、50歳代前半が520万円、50歳代後半が510万円となっています。

    大和証券の社員の口コミ


    男性/
    企画・事務・管理系

    若手の社員の給与、賞与は比較的高い。営業は各種の表彰制度があり、インセンティブがつけば、相当な金額になる。ただ、ベテランになると個人間の格差が激しく誰がいくらもらっているかもわからない。

    引用:カイシャの評判

    60歳代:880万円〜1,440万円

    大和証券の60歳代の平均年収は、880万円〜1,440万円です。

    一般企業の60歳代の平均年収は、400万円〜310万円となっています。

    60歳代になると、出世できれば1,500万円以上稼ぐことも可能です。

    しかし、出世しないと年収1,000万円未満になってしまう人もいます。

  • スポンサーリンク

  • 3.大和証券の役職別平均年収

    ここからは大和証券の役職別年収について、以下の通り係長から部長までの年収を解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    係長:1,120万円

    大和証券の 係長の平均年収は、1,120万円です。

    一般企業の係長の平均年収は、600万円〜700万円となっています。

    係長の時点で、一般企業と2倍の差がでるのはすごいことですよね。

    大和証券では、20歳代後半から30歳代前半にかけて係長に昇格することが可能です。

    課長:1,471万円

    大和証券の 課長の平均年収は、1,470万円です。

    一般企業の課長の平均年収は、800万円〜900万円となっています。

    30歳代後半から40歳代にかけて課長に昇格できますが、その数は少ないです。

    しかし、課長まで昇格できれば、年収1,500万円以上稼ぐこともできます。

    部長:1,881万円

    大和証券の 部長の平均年収は、1,881万円です。

    一般企業の部長の平均年収は、1,000万円〜1,100万円となっています。

    ただ、大和証券は部長まで昇格できれば、年収2,000万円以上稼ぐことも可能です。

    しかし、部長まで昇格できる人は一握りで、ほとんどの人はここまで昇格できません。

    4.大和証券と五大証券の年収ランキング

    野村證券が1番年収が高く、大和証券は2番目

    大和証券は、「五大証券」の1つとされています。

    「五大証券」とは、 日本で最も規模の大きい5つの証券会社の総称です。

    大和証券、野村證券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の5社が「五大証券」だとされています。

    ここでは、大和証券の年収ついて、五大証券と比較したのが下記です。

    順位 証券会社 年収
    1位 野村證券 1.087万円
    2位 大和証券 1,045万円
    3位 SMBC日興証券 1,016万円
    4位 三菱UFJモルガン・スタンレー 984万円
    5位 みずほ証券 980万円

    大和証券は、 五大証券の中では2番目に年収が高いことがわかりました。

    しかし、五大証券はどの会社も年収1,000万円近い年収があり、高水準です。

    そのため、大和証券だけが特別高いわけではなく、五大証券のすべてが同じくらいの年収水準であることがわかります。

    5.大和証券の年収以外の3つの魅力

    ここからは大和証券の年収以外の魅力について、以下の3つを解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    魅力1.ワークライフバランスを重視している

    大和証券の年収以外の魅力は、第1に ワークライフバランスを重視していることです。

    一般的に証券会社は激務だと言われていますが、大和証券には長時間労働を美徳とする社風はありません。

    そのため、定時に退社することも可能で、休日も週に2日とることが可能です。

    口コミ


    福利厚生は他の会社よりもズバ抜けて良いと思う。休暇制度では、有給取得をしないと逆に上司に怒られるため、嫌でも休まされる仕組みになっている。
    夏季休暇も必ず取得するため、海外旅行など毎年行くことができる。
    ボーナス取得時には、ボーナスに加えてワークライフバランス奨励金としてプラスαのお金を貰える。
    支店によって異なるだろうが、私の勤めている支店はほぼ毎日定時の17時退社のため、勤務後は自分のプライベートの時間を満喫することができる。

    引用:Voekers

     

    魅力2.女性が働きやすい環境が整っている

    大和証券の年収以外の魅力は、第2に 女性が働きやすい環境が整っていることです。

    育休・産休制度が整っているだけでなく、出世に関しても男女差はありません。

    そのため、子育てをしながらキャリアアップしていくことが可能です。

    口コミ


    女性の働きやすさで言うとこの会社以上のところないのではないかとおもう。
    時短、育休産休はもちろん、営業職のまま育休に入り、もどってくる時にそのまま営業職に戻らないような仕組みがある。(仕事に慣れるまでの時間を与えてくれる)

    引用:カイシャの評判

    魅力3.大手なので安定している

    大和証券の年収以外の魅力は、第3に 大手なので安定していることです。

    大和証券は明治時代に創業した証券会社で、社員数は約15,000人以上います。

    歴史も古く、日本でもトップクラスの規模を誇り、経営も安定しています。

    そのため、リストラや倒産になる確率は他社に比べて非常に低い会社です。

    口コミ

    リーマンショック後、赤字が続いていたので、このままだと会社が危ないのかと思ったが、全く勘違いだった。大企業の、すごさを見せつけられた。

    引用:カイシャの評判

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後は、あなたの年収に見合った企業からのオファーもチェック可能です。

    ▼無料会員登録で企業からのオファーを確認できる

    せっかくなので、大和証券の平均年収「1,045万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    ▼3分でサクッと測定!▼

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    7.大和証券への転職は「JACリクルートメント」を利用しよう!

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    大和証券への転職は、転職エージェント「JACリクルートメント」を利用しましょう。

    JACリクルートメントは、ハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    大和証券のようなハイキャリア・高年収の大手証券会社への転職は、まさにJACリクルートメントの得意分野です。

    証券会社や商社転職支援などの分野に精通したコンサルタントから、大和証券への転職に関するさまざまなアドバイスを聞くことができますよ。

    もちろん証券だけでなく、金融や銀行方面の転職ノウハウも豊富ですので、大和証券求人以外にもさまざまな案件を探せます。

    登録も3分ほどで終わるため、まずは相談だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    大和証券の年収は1,212万円だと言われており、日本の上場企業の中でもトップクラスです。

    大和証券は「五大証券」の1つでもあり、日本で最も歴史の古い証券会社なので、安定している企業でもあります。

    そのため、年収だけでなく安定も求めているなら、大和証券に転職してみてはいかがでしょうか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%