YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みや平均年収は?

YouTuber(ユーチューバー)の平均年収 平均年収

YouTuber(ユーチューバー)の収入源は広告収入です。

そして、Googleから表彰されたYoutuberの平均年収は800万円と言われています。
(参照:Youtube表彰プログラム

YouTuberは子どものなりたい職業ランキングでも上位にランクインするなど、今人気の職業です。

「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」といった人気YouTuberが高年収をあげていることで話題となっています。

んなYouTuberは、どのような仕組みで稼いでいるのでしょうか。

この記事ではYouTuberが稼ぐ仕組み、平均年収、稼げるジャンルなどを詳しく紹介していきます。

気になる「1再生あたりいくら?」なんて疑問にも答えていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

あなたも年収800万円の能力があるかも!

Youtuberの年収を聞いて、「正直、すごいな…」と思いませんでしたか?

でも、あなたにも年収800万円以上の能力があるかもしれません!

もし興味があるなら、後半で紹介している「あなた自身の推定年収を測定できるサービス」も試してみてくださいね。

スポンサーリンク

1.YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組み

まずは、YouTuberがどうやって稼いでいるのか、その収入の仕組みを説明します。

広告収入

YouTuberは、広告収入で稼いでいます。

皆さんも経験あると思いますが、YouTubeで動画を見ようとすると、まず広告が流れます。

あの広告を皆さんのようなYouTubeのユーザーが見ることで、YouTuberにお金が入ってくるのです。

仕組みは以下のようになります。

  1. 企業がYouTubeにお金を出して自社の製品の宣伝を依頼
  2. YouTuberは動画を投稿し、広告を載せる
  3. 視聴者が広告と動画を見る
  4. 動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える

最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。

企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。

動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。

このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。

広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。

インストリーム広告

インストリーム広告の説明

インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。

長さは数秒~数十秒程度あります。

広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。

スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。

特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告の説明

オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。

動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。

オーバーレイ広告の右上には「×」ボタンがありますので、そこをクリックすれば広告は消えます。

消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。

スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。

オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。

オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。

サイドバー広告

サイドバー広告の説明

サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。

動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。

広告の種類を3つ紹介してきました。

これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。

動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。

  • スポンサーリンク

  • スーパーチャット

    YouTuberのメインとなる収入源は広告収入ですが、次に収入源となるのはスーパーチャットです。

    スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。

    主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。(俗に投げ銭といわれます)

    YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。

    動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。

    その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。

    魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。

    このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。

    例えば「かずぽこ」さんというYouTuberは、1度の配信で24万円稼いだとの情報が出ていました。

    ただし、この売り上げは、YouTubeが手数料を30%天引きした後に振り込まれますので、ご留意ください。

    スーパーチャットの購入はこちらのサイトから行えます。「YouTubeヘルプセンター

    youtubeチャンネルメンバーシップ

    YouTubeチャンネルメンバーシップとは、 月額490円で好きなYouTuberを支援できる機能です。

    ユーザーは月額料金を払うことで、バッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。

    YouTubeヘルプセンターによると、70%がチャンネル(YouTuber)の収益になり、30%がYouTubeの収入となるとのことです。

    ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。

    スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 2.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい?

    YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。

    次に気になるのは、YouTuberはどれくらいの収入が得られるかということです。

    ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。

    YouTuberの平均年収は約800万円

    YouTuberの 平均年収は約800万円と言われています。

    サラリーマンの平均年収が約430万円ですので、それと比べると2倍近く稼いでいる計算です。

    ただし、この800万円という数字は、動画再生回数ランキング100位の人の推定年収です。

    つまり、800万円稼いでいるYouTuberは上位100人のみということになります。

    本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。

    しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだそういった、きちんとした統計を取れる段階に達していません。

    しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。

    これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握するのは、現状難しいと言わざるを得ません。

    YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。

    会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。

    ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。

  • スポンサーリンク

  • YouTuberの単価相場

    よく言われているのは、 1再生あたり0.1円という基準です。

    1再生あたり0.1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。

    ただ本当に1再生あたり0.1円であるかは確定的なことは言えません。

    動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。

    0.5円だったり、0.02円だったりと様々な意見があります。

    さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。

    単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。

    3.YouTubeで稼げるジャンル

    ひとくちにYouTuberといっても、投稿する動画のジャンルは様々です。

    ここでは多くの視聴者の目を惹き再生回数の多いとされる「稼げるジャンル」をご紹介します。

    稼げるジャンルは主に以下の4つです。

  • スポンサーリンク

  • ゲーム実況

    ゲーム実況とは、 ゲームをプレイしてそれを実況する動画内容です。

    年収の大体の幅は、数万円~5,000万円以上です。

    ゲームが好きな人にとっては趣味がそのまま仕事になるジャンルなので、YouTuberたちからゲーム実況は人気があります。

    ゲーム実況はゲームをプレイすればいいのでネタ出しが簡単です。

    また、長時間の動画になりやすく広告をたくさんつけることが出来るので、稼ぎやすいです。

    キッズ系

    キッズ系とは、 幼児や子どもがおもちゃで遊んでいる様子を撮影した動画です。

    年収の大体の幅は、数万円~7,000万円以上です。

    キッズ系は子どもでも撮影できますから、小学生YouTuber(まだ小学生の身でありながらYouTuberとして活動する子ども)も多いジャンルです。

    可愛い子どもが遊んでいる姿を見て癒されたいという人を中心に、再生回数を稼いでいます。

    キッズ系は、言葉が理解できなくても楽しめるので、海外でも再生回数が多いのが稼げる理由です。

  • スポンサーリンク

  • ガジェット・モノ紹介

    ガジェット・モノ紹介系とは、 その名の通り、色々な商品を紹介する動画です。

    年収の大体の幅は、数万円~4,000万円以上です。

    コンビニの新商品を紹介したり、企業の製品の紹介をしたりと扱う商品は多種多様です。

    ガジェットとは、機械物のことであり、スマホやカメラなどを実際に使ってみて、その感想をレビューします。

    コンビニ商品などの大衆向けの商品なら幅広いユーザーが見やすいです。

    反面、PCパーツなど特定の人しか使わない商品を紹介すると、視聴者の層が絞られますが、その分マニアックなユーザーが付きやすいです。

    モノ紹介系の特徴は、動商品を購入することが出来るネット通販サイトの広告を動画に貼り付けて、通販サイトからの広告収入を得ることができることです。

    ですから、モノ紹介・ガジェットレビュー系は稼ぎやすいジャンルです。

    面白いことやる

    何か面白いことをやって、その様子を投稿する動画です。

    年収の大体の幅は、数万円~4,000万円以上です。

    YouTuberで多くの方がイメージを抱くのは、このジャンルですね。

    ヒカキンやはじめしゃちょーなどの有名YouTuberが行っているジャンルでもあります。

    例えば、ヒカキンは脱毛に使うブラジリアンワックスで鼻毛を抜くという動画を投稿して、注目を集めました。

    面白いことをやる系には、企画力や発想力が必要ですが、ひとたび人気の動画を作れば口コミで一気に動画再生数が増えるので、稼ぎやすいです。

    4.高年収youtuberランキング

    トップクラスのYouTuberがどれくらい稼いでいるのか気になる方は多いはずです。

    ここでは、日本の高年収YouTuberランキングのトップ5を紹介します。

    1位:HikaKin

    • 平均年収:約1億7,000万円
    • 動画再生回数:約50億回
    • 登録者数:約648万人
    • 動画本数:2493本
    • デビューからの年数:7年1カ月

    言わずと知れた日本のYouTuberの草分け的存在のヒカキンが堂々の一位です。

    ヒカキンはメインの「HikakinTV」の他にも、ゲーム実況専門の「HikakinGames」も運営しており、それぞれで約8,000万円程度の収入を得ています。

    ヒカキンの年収についてもっと知りたい方は「日本一のYouTuberヒカキンの年収は?YouTubeで稼ぐ秘訣は?」をご覧ください。

    2位:はじめしゃちょー

    • 平均年収:約1億680万円
    • 動画再生回数:約53億回
    • 登録者数:約677万人
    • 動画本数:1703本
    • デビューからの年数:4年

    イケメンYouTuberとして人気を集めているはじめしゃちょーは「やりたいことを自由にアップする」をテーマに、自由な発想の動画を投稿し続けています。

    3位:Fischer’s(フィッシャーズ)

    • 平均年収:約1億650万円
    • 動画再生回数:約53億回
    • 登録者数:約495万人
    • 動画本数:1617本
    • デビューからの年数:6年

    中学時代の友達7人組で結成したYouTuberです。

    「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。

    「思い出ネットパフォーマー軍団」と名乗り、その名の通り、中学時代に遊んでいた光景そのままの様子を撮影しています。

    4位:キッズライン♡Kids Line

    • 平均年収:約9,300万円
    • 動画再生回数:約52億回
    • 登録者数:約620万人
    • 動画本数:2671本
    • デビューからの年数:6年9カ月

    こうくんと、ねみちゃんの姉弟YouTuberです。

    2人がおもちゃで遊んだり、お出かけしたりする光景を撮影しています。

    キッズYouTuberの中では、登録者数ナンバーワンです。

    5位:AAAjoken

    • 平均年収:約7,500万円
    • 動画再生回数:約36億回
    • 登録者数:約279万人
    • 動画本数:1903本
    • デビューからの年数:5年3カ月

    AAAjokenはユニークなおもちゃ紹介動画で、日本だけでなく世界からも人気のYouTuberです。

    アンパンマンやシルバニアファミリーなどのおもちゃを使った独特の世界観は、子どもだけでなく大人も楽しめます。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておけば、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちます。

    せっかくなので、ユーチューバーの平均年収「800万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    あとで年収診断を試したい…なんて人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておいてくださいね。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    YouTuberの収入源は、広告収入です。

    またYouTuberの平均年収は、約800万円です。

    自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。

    報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。

    また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%