【1分でわかる】「アジャスト」の意味は?英語での例文と一緒に解説

アジャストの意味とは ビジネス用語

スポーツニュースを見ていて「アジャストしていかないと」という言葉を聞いたことはありませんか。

ビジネスシーンでも「アジャスト」はよく使われますが、正しい使い方や意味はイマイチわからないですよね。

「アジャスト」は「調整」や「調節」を意味する言葉として使われます。

今回の記事では、「アジャスト」の正しい意味や使い方を、例文を交えてご紹介します。

シーン毎のアジャストについても解説しているので、この記事を読めば、アジャストの使い方をマスターできますよ。

1.「アジャスト」の意味:調整・調節

アジャスト

英語:adjust

意味:調整、調節

「アジャスト」は、「調整」や「調節」といった意味を持つ言葉です。

対立関係にある二組の間に入り「調整する」際にも、「アジャストする」という風に使われることもあります。

「調節」を直訳すると「レギュレート」や「コントロール」という表現もできますが、 「アジャスト」は「何かに合わせて調整・調節する」というのが正しい意味です。

1−1.「アジャストメント」でも意味は変わらない

「アジャスト」を名詞にすると「アジャストメント」となります

動詞である「アジャスト」が名詞になると「アジャストメント」に変わると言うだけなので、意味は全く変わりません。

ただ現在、日本のビジネスシーンやスポーツシーンでは、「アジャストメント」と使うことはほぼなく、「アジャスト」の方が使われています。

「アジャスト」でも「アジャストメント」でも意味は変わらないので、どちらを使っても問題ありませんが、 「アジャスト」は動詞、「アジャストメント」は名詞という風に覚えておきましょう。

  • ○「アジャスト」する
  • ×「アジャスト」を行う→○「アジャストメント」を行う
  • スポンサーリンク

  • 1−2.「アジャスト」は英語の「adjust」から

    「アジャスト」の意味を理解するには、英語の意味を知ると理解が深まります。 「アジャスト」は英語で「adjust」と表記します。

    「〜へ」という意味の「ad」と、「適切な」という意味の「just」をつなげた言葉が「adjust」です。

    つまり「adjust」は、「何かに合わせる」という意味で英語では使われています。

    「アジャスト」の英文例をご紹介

    英語で「アジャスト」を使う例をいくつか紹介します。

    どんなものを調整する時に「アジャスト」が使われるのか、理解が深まるでしょう。

    <例文>

    • adjust differences of opinion
      訳:意見の相違を調整する
    • To adjust the size and position of the image
      訳:画像の位置とサイズを調整する。
    • We can adjust the schedule
      訳:私たちはスケジュール調整ができます。

    例文で紹介したように、 「何かと何かを調整する」時に、「アジャスト」という表現を使うことが一般的です。

    英語の「adjust」の使い方を理解したら、日本語の「アジャスト」の使い方を紹介します。

    2.「アジャスト」の使い方と例文

    日本語の「アジャスト」も、英文と同じく異なる意見や、スケジュールを調整する際に使われることが一般的な使い方です。

    「アジャストする」「アジャストしてほしい」などと「〜する・した」と合わせてよく使われます。

    いくつか例文をご紹介します。

    <例文>

    • クライアントの意見に「アジャスト」できるかどうか確認する
    • 次のミーティングの日程を「アジャスト」する
    • ボルトの締め具合を「アジャスト」する

    こんな風に「アジャスト」は、意見や日程だけではなく、サイズやキツさを「ちょうど良い」具合にする際にも使われます。

  • スポンサーリンク

  • 3.ビジネスシーンでの「アジャスト」は意見やチームの調整時に使う

    ビジネスシーンでは、「アジャスト」を使う機会は多くあります。

    ビジネスでは、意見を調整したり、チームメンバーを調整したりと、いろいろな局面で調整を余儀なくされる機会が多いです。

    例文を見てみましょう。

    <例文>

    • チーム内の意見を「アジャスト」してプロジェクトをスタートする
    • クライアントとのミーティングを「アジャスト」する
    • メンバーを「アジャスト」して再スタートする

    例文を見てもらってわかるように、「アジャスト」をそのまま「調整」に置き換えても違和感はありませんよね。

    「調整」する必要があることに対して「アジャスト」でスマートに表現しているのです。

    ただ、あまり「アジャスト」を使いすぎると、意味が伝わらない人もいるかもしれません。

    メンバーや一緒に仕事をする人によって、 あなた自身が「アジャスト」することも必要です。

    4.色々なシーンで使われる「アジャスト」

    「アジャスト」はビジネスシーンだけではなく、いろいろなシーンで使われる言葉です。「アジャスト」はもちろん、「アジャストメント」、さらに「アジャスター」といった言葉は、聞き慣れているのではないでしょうか。

    「アジャスト」がよく使われる以下の4つのシーンをご紹介します。

    • スポーツ
    • 部品
    • 装飾品
    • アパレル

    それぞれ解説します。

  • スポンサーリンク

  • 4−1.スポーツシーンで使われる「アジャスト」は相手の戦術へ対応

    スポーツシーンでは、「アジャスト」はよく使われる言葉として知られています。意味としては 「相手の戦術に対応した」という形で使われることが多いです。

    短期間で同チームと戦うことのある競技では、1試合毎に相手のウィークポイントを突くことで勝利を目指します。

    そこで、普段の戦術に固執せずに、相手が突いてきた弱点に「アジャスト」し、逆に相手の弱点を突き返す。こんな攻防のことを「アジャストしてきた」と表現されるのです。

    4−2.部品で使われる「アジャスト」は高さ調整などの器具

    工業部品や、車の部品にも「アジャスト」と名のつくものがあります。

    「アジャスターボルト」や「アジャストナット」といった部品名で、回しながら高さやキツさを調整することができる部品のことです。

    自分で作る家具などに入っているので、見たことがある人も多いでしょう。

    車にも「アジャストスクリュー」や「セルフアジャストブレーキ」という部品があり、「アジャスト」が多く使われています。

  • スポンサーリンク

  • 4−3.装飾品で使われる「アジャスト」はネックレスなどの長さ調整

    ネックレスやブレスレットなど、 装飾品で長さが調整できるものを「アジャスターチェーン」と呼びます。

    「アジャスターチェーン」は、もともとネックレスに付いている場合もあれば、「アジャスターチェーン」だけ単独で販売もされています。

    長さを「調整する」ことができるチェーンなので、「アジャスター」が使われており、アクセサリー好きの人は重宝するアイテムとしても知られています。

    4−4.アパレルで使われる「アジャスト」はズボンのウエスト調整

    アパレルでも、「アジャスト」は使われています。 フォーマルなスーツやスカートに付いている、ウエストを調整する「アジャスター」ですね。

    「アジャスター」があることでウエストサイズを調整できるので、多少太ったり痩せたりしても、大丈夫です

    洋服を試着すると「こちらはアジャスターが付いているので長く着られますよ」など、店員さんからアドバイスをもらうこともよくあるでしょう。

    「アジャスト」という言葉を聞いたことがない場合でも、「アジャスター」や「アジャストナット」など、商品名や備品名として「アジャスト」を耳にしたことがある人は多いはず。

    「アジャスト」という言葉がビジネスシーンで使われるようになったのは最近ですが、 「アジャスト」と同じ意味の言葉である「アジャストメント」や「アジャスター」は、前から身近なところで使われている言葉なのです。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「アジャスト」は「調整」や「調節」を表す言葉です。ビジネスシーンはもちろん、スポーツや部品など、様々なシーンで利用されている言葉でした。

    「アジャスト」は「アジャストメント」や「アジャスター」など、様々な使い方がありますが、基本的にはどれも同じ意味です。英語は「ad」と「just」が合わさって「adjust」と表記されます。

    スケジュールや異なる意見を調整する際に「アジャスト」は使われる言葉です。いろいろなところで耳にする機会も多い言葉なので、しっかりと意味を理解しておくと良いでしょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%