asapの意味と使い方!ビジネスで使う際の注意点も解説!

asapの意味とは ビジネス用語

Could you submit the data asap?
できるだけ早く、データを提出してもらえるかな?)

asapは 「as soon as possible」の省略英語で「できるだけ早く、可能な限り急いで」という意味があります。

英語圏では日常会話にはもちろん、ビジネスシーンでも耳にする機会があります。

しかし、使いやすいからといって気軽に使うと、相手に悪い印象を与えてしまう場合があるので、注意が必要です。

そこで今回は asap の意味や正しい使い方、ビジネスで使える言い換え表現、よく見る他の省略英語を詳しく解説していきます。

1.「asap」の意味とは?

意味は「できるだけ早く」

asap

as soon as possible の省略

読み方:エイサップ・アサップ

意味:できるだけ早く、なるべく急いで

上記の4つの読み方がありますが、メールなどで「asap」と書かれている場合は「エーエスピ―エス」または「エイサップ」と読むことが多いです。

標記方法は 「asap」の他、「ASAP」や「a.s.a.p」と書く場合もあります。

  • スポンサーリンク

  • as…as possible の文法

    「as…as possible」は以下の意味がある文法表現です。

    【as…as possible】⇒可能な限り…で

    例えば「soon」の代わりに「much」や「long」を入れると以下の意味になります。

    • as much as possible:できるだけ多く
    • as long as possible:できるだけ長く

    日常的にも頻繁に使う文法なので、ぜひ覚えておきましょう。

    2.「asap」の使い方

    日本語では「できるだけ早く頼む」のように文頭に来ることが多いですが、英語では 「asap」は文末に置きます。

    日常的なやり取りだけではなく、時にはビジネスシーンでも見る表現なので、場面ごとに分けて詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.日常会話での使い方

    日常的なシーンでは、メールやテキストで書き言葉として使われるのが一般的です。

    しかし、口頭での会話でも「エイサップ」と使われることがあります。

    口頭での会話の場合は、近い友人や家族に対して使う場合が多いです。

    ただし親しい人以外に「asap」を使いたい時は、 「Please」や「Could you…?」といった丁寧な表現を加えましょう。

    日常的なやりとりでは以下の例文のように「asap」が使われます。

    <例文>

    • Call me asap.
      急いで電話して。)
    • Please finish it ASAP.
      至急終わらせてください。)
    • Could you pick me up asap?
      出来るだけ早く迎えに来てくれますか?)
    • ASAP.
      できるだけ急いでね。)

    2-2.ビジネスシーンでの使い方

    ビジネスでは「asap」は、基本的には 自分の行動に使います。

    フォーマルな場面で相手の人の行動に「asap」を使うと、急かしているような意味合いが強くなり、失礼になります。

    どうしても相手に対して「急いで」「出来るだけ早く」と使いたい場合は、「please」などを加えましょう。

    ビジネスシーンでは以下の例文のように「asap」が使われます。

    <例文>

    • Could you make the files for the meeting asap?
      (明日の会議のファイルを至急作ってくれるかな?)
    • Please return the call to Mr. Walker asap.
      (ウォーカー急いで折り返し電話してください。)
    • I’ll bring the paper asap.(直ぐに資料を持ってきます。)
  • スポンサーリンク

  • 3.「asap」をビジネスで使う際の注意点

    「asap」を使う時は、以下の点に注意しましょう。

    1. 相手に指示している意味合いが強い
    2. 明確な期限が決まっていない

    では、それぞれの点を以下で詳しく紹介します。

    3-1.相手に指示している意味合いが強い

    「asap」または「as soon as possible」は相手や状況によっては、指示している意味合いが強いため失礼になります。

    目上の人などに対しては 「できるだけ早く」という表現が急かしているように聞こえ、失礼です。

    目上の人に対して「asap」を使いたい場合は、以下の表現も加えると柔らかい印象になります。

    • Please(お願いします)
    • Could you…?(…してくださいますか?)
    • Thank you (so much).(ありがとうございます)
    • I appreciate…(…に感謝します)

    では、これらの表現を用いた例文を以下で確認してみましょう。

    <例文>

    • Please come back asap.
      直ぐに戻ってきてください。)
    • Could you buy me the tickets asap?
      できるだけ急いでチケットを買ってもらえますか?
    • Please call me asap. Thank you.
      できるだけ早く電話してください。ありがとう。
    • I appreciate if you can meet me up asap.
      できるだけ直ぐに会ってもらえると嬉しいです。)
  • スポンサーリンク

  • 3-2.明確な期限が決まっていない

    「asap」は、あくまでも「できるだけ急いで」と言っているだけなので「いつまでに」という明確な期限は決まっていません。

    そのため 「絶対に、この期日までに間に合わせてほしい」という依頼であれば「asap」ではなく明確に日時を伝えましょう

    自分は「asap」は3日間程度と認識していても、相手は「asap」を1週間程度と認識しているかもしれません。

    また「できるだけ早く○○します」のように、自分の行動に「asap」を使う際も「いつまでを期限に、できるだけ早く○○します」と具体的な期日を伝えると、相手も安心できます。

    3-3.フォーマルな資料などには使わない

    「asap」のような 省略英語は、会議資料や提出資料などのフォーマルなものに対しては使いません

    資料などで「できるだけ早急に」と標記したい場合は、「as soon as possible」と書きましょう。

    またプレゼンテーションや発表などの際に口頭で「できるだけ早く」と使う場面も、省略せずに「as soon as possible」を使いましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「asap」の代わりに使える言い換え表現

    「asap」の代わりに使える類語表現には、以下の表現があります。

    1. immediately:直ぐに、迅速に
    2. at the earliest:最優先に、なるべく早く

    では以下で、それぞれの表現について詳しく見ていきましょう。

    4-1.immediately

    「immediately」 は 「直ぐに、迅速に」という意味があります。

    日常的にも頻繁に使われる単語で「early」などに比べて、より早さを強調した表現です。

    ただし「asap」と同様、相手の行動に対して用いると、「急いで!」と急かしている印象があります。

    ビジネスシーンなどでは、できるだけ自分の行動に限定して使うようにしましょう。

    「immediately」は以下の例文のように使われます。   

    <例文>

    • Please come to my house immediately.
      直ぐに私の家に来てください。)
    • I’ll call you back immediately.
      直ぐに折り返し電話するよ。)      

    4-2.at the earliest

    「at the earliest」は 「最優先に、なるべく早く」という意味です。

    「earliest」は「early」の最上級形で「最も早く」という意味合いになります。

    ただし相手に使う際は「他の仕事を差し置いてでも真っ先に」と解釈される場合があります。

    ビジネスシーンでは、できるだけ自分の行動に限定して使いましょう。

    「at the earliest」は以下の例文のように使います。

    <例文>

    • I will finish this homework at the earliest.
      (この課題を最優先で終わらせる。)
    • Mom, could you come to pick me up at the earliest?
      (お母さん、なるべく早く迎えに来てくれる?)

    5.よく見るその他の省略英語

    以下の省略英語は日常的にも、よく見られるものです。

    1. FYI:for your information
    2. AKA:also known as
    3. IDK:I don’t know

    それぞれの英語表現を以下で詳しく見ていきましょう。

    5-1.FYI

    「FYI」は以下の意味があります。

    【FYI】

    for your information

    意味:参考までに、一応伝えておくが

    相手に何か情報を伝える際の表現で、以下の例文のように使います。

    <例文>

    • FYI, I didn’t date with that girl.
      一応言っておくけど、彼女とはデートなんてしてないよ。)
    • The deadline is tomorrow, just FYI.
      (締め切りは明日だよ。参考までにね。)

    5-2.AKA

    「AKA」の意味は以下の通りです。

    【AKA】

    also known as

    意味:~としても知られている、別名、つまり

    あるものに 別名がある場合や、ほかの言い方がある場合に以下の例文のように使います。

    <例文>

    • The plant uses carbon dioxide and create oxygen(a.k.a. photosynthesis ).
      (植物は二酸化炭素を使い、酸素を作る光合成。)
    • I love going to the most famous coffee place, aka Starbucks.
      (一番有名なコーヒー店、つまりスターバックスに行くのが好きだ。)

    5-3.IDK

    「IDK」は以下の意味があります。

    【IDK】

    I don’t know.

    知らない、分からない

    「IDK」は、 文章の一部としてだけではなく、それだけでも使える英語です。

    「IDK」は以下の例文のように使います。

    <例文>

    • Where is your dad?-IDK.
      (お父さんはどこ?-分からないよ。)
    • Idk if you like this cake.
      (このケーキが気に入るか分からないけど。)

    まとめ

    asapは 「as soon as possible」の省略英語で「できるだけ早く、可能な限り急いで」という意味です。

    日常的なやりとりでは非常に使いやすい表現ですが、相手に対して使う時は急かしている印象があり失礼になります。

    そのため目上の人やフォーマルシーンなどでは「please」や「Thank you」といった丁寧な表現を忘れずに加えるようにしましょう。

     

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%