アテンションプリーズで知られている「アテンション」の意味と使い方

アテンションの意味とは ビジネス用語

アテンションは、注意や関心という意味の言葉です。

機内アナウンスの「アテンションプリーズ」と言うフレーズが耳に残っている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「アテンション」の詳しい意味や、間違いのない使い方をわかりやすく解説していきます。

最後まで確認すれば、「アテンション」を完璧に使いこなせるようになるはずです。

ぜひ参考にしてください。

1.「アテンション」の意味:「注意」「関心」

アテンション

読み:あてんしょん

注意、関心、注目

「アテンション」は「注意」「関心」「注目」などの意味があります。

主に 相手に対して 注意を向けてほしいときなどに使用します。

1-1.「アテンションプリース」の意味は「注目してください」

「アテンションプリーズ」は会議や人が集まっているところでスピーチをする場合、 ざわついている人々の注意を促すときなどに使われます。

<例文>

空港、飛行機内、列車内のアナウンスをする場合、乗客の注意を引くために「アテンションプリーズ」と言って次の案内につなげます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「アテンション」の使い方

    「アテンション」を「注意」や「注目」としての意味でそのまま使う場合、 ポジティブな使い方とネガティブな使い方があります。

    2-1.ポジティブに使う場合

    仕事でモチベーションをあげるときなど、「アテンション」という言葉が使われます。

    その他「注目」や「注意」を強調したいときなどにも使われます。

    <例文>

    • アテンションを引くような宣伝案を企画してください。
      ⇒注意を引くような宣伝案を企画してください。
    • 午後の会議のプレゼンテーションでは、多くのアテンションを得ることができました。
      ⇒多くの注目を得ることができました。
    • アテンションマーケティング
      ⇒より消費者の注目を集めるためのマーケティング
    • アテンションマネージメント
      ⇒注意を向けるべきターゲットを絞ったマネージメント
  • スポンサーリンク

  • 2-2.ネガティブに使う場合

    ネガティブでは アテンションミスとして、うっかりミスや注意不足の意味で使われます。

    <例文>

    • レポート提出前にアテンションミスがないかどうか、再度確認してください。
    • アテンションミスをしないように気をつけてください。

    注意不足のことを「ノーアテンション」という人がいますが、 カタカナ語でこのような表現をすることはありません。

    続いては「アテンション」の英語表現をご紹介します。

    3.「アテンション」の英語での使い方【覚えたいフレーズ】

    英語の場合の「Attention」は、 様々な用途で使えるとても便利な言葉です。

    例えばアテンションは以下のような意味・使い方をすることができます。

    • 「注意」
    • 注意を払う
    • 「注目」
    • 「心遣い・配慮」
    • 「関心」

    では、それぞれ英語の例文とともに解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.注意

    <例文>

    • He never has given much attention to my opinion./彼は私の意見にはそれほど注意を向けませんでした。
    • The teacher always commands attention to spelling mistakes of students./教師は常に生徒たちのスペルミスに注意しています。

    3-2.注意を払う

      動詞の「pay」と一緒に使うと注意を払うという意味になります。

    <例文>

    • Please pay attention to that kid./あの子供に注意を払ってください。
    • You should pay more attention to what she says./あなたは彼女の言うことにもっと注意を払うべきです。

    「ノーアテンション(no attention)」の英語表現は注意を払わないという意味で使います。

    <例文>

    • He paid no attention to others./彼は他の人たちにはまったく注意を払いませんでした。
    • Please pay no attention to me./どうか私に構わないでください。
  • スポンサーリンク

  • 3-3.注目

    動詞の「draw」と一緒に使うと注目を浴びる、注目を集めるという意味になります。

    <例文>

    • He always draws attention for his bizarre behavior./彼はいつも突飛な言動で注目を浴びています。
    • That news draw attention around the world./そのニュースは世界中の注目を集めています。

    3-4.心遣い・配慮

    感謝するという動詞と共に、あるいは配慮を示したというときに使います。

    <例文>

    • I appreciate your courteous attention./あなたの丁寧な心遣いに感謝いたします。
    • She turns her attention to the new coworker./彼女は新しい同僚に配慮を示しました。
  • スポンサーリンク

  • 3-5.関心

    手紙やメールの末文に締めの言葉として使います。

    <例文>

    • Thank you for your attention./関心を持って読んでくれてありがとう。

    4.「アテンション」は動詞で「アテンド(attend)」

    「アテンション」の動詞型は「アテンド」で「attendとなります

    語源はラテン語の「attendre」で気持ちをたむけるという意味です。

    4-1.「アテンド(attend)」の意味

     英語の「アテンド(attend)」は以下のように 幅広い 意味があり、様々な用途で使われ ています。

    • 注意する
    • 参加する
    • 出席する
    • 同行する
    • 世話をする

    英語の「attend」は以下のようなを使い方をします。

    • Did you attend what I have said?/ 私の言ったことを注意して聞いていましたか?
    • I will attend my company’s party tonight./ 私は今夜会社のパーティーに参加します。
    • Does he attend a press conference?/ 彼は記者会見に出席しますか?
    • He is attending other tourist today./彼は今日他の旅行者に同行しています。
    • She attends her mother in that hospital./彼女はその病院で母親の世話をしています。

    4-2.「アテンド(attend)」を使った例文

     カタカナ語として「アテンド」を使う場合は 主に付き添う、世話をするなどの意味で使います。

    <例文>

    • 明日は海外からのお客アテンドするように言われています。
    • アフリカでは日本人のガイドさんにアテンドしてもらったので安心でした。
    • 来週、彼は部長の出張にアテンドする予定になっています。

    まとめ

    「アテンション」はご紹介したように、ビジネスシーンで便利に使われている言葉です。

    モチベーションをあげたり、注意が必要なときなどのアドバイスや、うっかりミスを注意するときにも使われます。

    集合しておしゃべりをしている人たちに一言「アテンション!」と大声でいうケースもあり、日本語で「聞いてください!」や「お静かに!」よりははるかに インパクトがあって効果もある言葉です。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%