「罵詈雑言」の意味は?さまざまな悪口との違いを解説

罵詈雑言の意味とは ビジネス用語

「罵詈雑言(ばりぞうごん)」は 相手を前にして酷い言葉を並べて罵(ののし)る様子、またその酷い言葉のこと自体をいいます。

罵詈雑言はつまり汚い単語としての意味でありますが、悪口を表わす四字熟語は他にも「悪口雑言(あっこうぞうごん)」をはじめ、「誹謗中傷」などもあります。

この記事では、罵詈雑言自体の意味に加え、これらの類語との異なるポイントについて解説していきます。

さらに、使用例や反対語や、英語使用例での表現についても紹介していくので、理解を深めていってくださいね。

スポンサーリンク

1.「罵詈雑言」の意味とは?

汚い言葉を並べ、罵ること、またその言葉

罵詈雑言

読み方:ばりぞうごん

意味:相手に直接、悪口を並べ、罵ること。またその言葉。

「罵詈雑言」とは酷い悪口を発することをいいます。それも、極端に酷い単語を、相手を傷つける目的で発することを言います。

「罵」も「詈」もどちらも「ののしる」という意味です。

雑言は「悪口や言いがかり」という意味なので、「罵詈雑言」は「ののしる+悪口」で悪口にを重ねる様子を表します。

例文

  • 監督を前に罵詈雑言を吐いた選手が、退場させられた。
  • ネット上の罵詈雑言をスルーする。
  • 「バカ」とか「アホ」とかいう罵詈雑言はレベルが低い。

スポンサーリンク

本人に向かって直接言う

「罵詈雑言」は、 必ず言う対象が存在し、かつその対象に直に言う様子を表わします。

イメージは中国映画の喧嘩のシーンです。熱を勢いよく持って、息つく間もなく対象へ言葉が発せられます。

対象を目の前にして、発せられることから、激しくかつ、穏やかではない事態に使われる要因が解るでしょう。

語源は中国史記『魏豹伝』

『魏豹(ぎひょう)伝』という中国の昔の史記に「罵詈」という単語が登場するのです。

この話で劉邦(りゅうほう)という人と魏豹(ぎひょう)という人が登場します。

そのストーリーの中で、劉邦(りゅうほう)という人が魏豹(ぎひょう)という人に対して「その言い方は酷いだろう。まるで家畜に怒鳴っているみたいだ」と言います。

このストーリーの中で罵詈という単語があり、酷い言葉を連続して言って攻撃する時に、「罵詈雑言」という単語が定着しました。

2.「罵詈雑言」の使い方と例文

罵詈雑言の使い方

ここでは実際に「罵詈雑言」の具体例を紹介します。

例文と一緒にみていきましょう。

ここでは以下の様な例を紹介いたします。

スポンサーリンク

「罵詈雑言」を浴びせる

「罵詈雑言」はその勢いや、 連続して相手へ投げかけるから浴びせるという単語を使うのです。

ですから以下の様な例文で用いられます。

例文

検事は、こともあろうに弁護士に罵詈雑言を浴びせた。

「罵詈雑言」を吐く

「罵詈雑言」は吐く、と使い方もします。

吐くという例文を紹介いたします。

例文

彼女は私に、かなりの罵詈雑言を吐いて、家を出て行った。

吐く、と言う場面から次々に 口から飛び出てくる様が解ると思います。

「罵詈雑言」を並べる

酷い単語が連続する様子から並べるという単語も「罵詈雑言」は組み合わせられます。

例文

彼女の並べた罵詈雑言は感情的で、支離滅裂(しりめつれつ)だった。

気を休むことなく、また、 数えられないくらいの汚い単語が、文字通り並べられるのです。

スポンサーリンク

3.「罵詈雑言」の類語と例文

罵詈雑言の類語

「罵詈雑言」には似た意味の言葉がいろいろあります。

類語との異なる点を知って、より単語の意味をしっていきましょう。

ここでは、以下の類語を紹介いたします。

類語1.「悪口雑言」(あっこうぞうごん)

悪口雑言

読み方:あっこうぞうごん

酷い言葉で、相手を批難するようす。また、その言葉。

「悪口雑言」(あっこうぞうごん)は罵詈雑言と同じ意味の単語です。

酷い言葉で攻撃するという意味の罵詈を用いていない「悪口雑言」は、「罵詈雑言」より 感覚が薄くなります。

それと一緒に、「悪口雑言」で発せられるワード自体も意味する言葉です。

でありますから、例文は以下のよう表わすことになります。

例文

  • 彼は頭に血が上ると悪口雑言を吐く。
  • 彼女は気弱なので、上司の悪口雑言に堪える毎日だ。

類語2.「誹謗中傷」(ひぼうちゅうしょう)

誹謗中傷

読み方:ひぼうちゅうしょう

相手を酷い言葉で攻撃すること。その様子。

「誹謗中傷」も酷い言葉と同じ意味の単語です。ただし、 「誹謗中傷」は本来誹謗と中傷という別の単語でした。

  1. 誹謗・・・相手に酷い事をいう
  2. 中傷・・・根拠のないことを相手に言って、攻撃する

誹謗は根拠の有無が関係ないのに対して、中傷は根拠がないことに対して用いられる単語です。

酷い言葉の内容や、言葉の発せられる強さが「誹謗中傷」の方が強く、相手に直接伝える必要性がない部分が「罵詈雑言」と異なる点であります。

例文

  • ネットでの誹謗中傷は目に余る。
  • 校長先生への誹謗中傷は、日に日に酷くなる一方だ。

スポンサーリンク

類語3.「罵倒」(ばとう)

罵倒

読み方:ばとう

他者に酷い単語を言うこと

「罵倒」も他の類語と同じ意味や目的で使われる言葉です。

それぞれの違いを表す例文を紹介いたします。

例文

「お前は何をやっても出来ない奴だ。このクズ!」と罵倒された。

例文にあるように、「罵詈雑言」と異なり、「罵倒」は連続して酷いことを言われないときにも対応できます。

「罵詈雑言」と「罵倒」の違いはその連続性にあると言えます。

類語4.「嘲罵」(ちょうば)

嘲罵

読み方:ちょうば

相手を見下す目的で、悪い単語を言い放つこと。

「嘲罵」も「罵詈雑言」のように相手を罵ることばですが、嘲り(あざけり)という言葉が入っているのが解ります。

以下のような例文になります。

例文

国務大臣は、献金問題について野党から嘲罵を受けた。

嘲りとは相手に対して馬鹿にする趣旨があります。

嘲罵は酷い言葉を相手に対して言い放つという意味や目的では同意ですが、相手を見下し笑うという意図があるのです。

4.「罵詈雑言」の反対語と例文

罵詈雑言の反対語

「罵詈雑言」の反対語も紹介します。

以下のような種類を紹介します。

スポンサーリンク

反対語1.「賞賛」(しょうさん)

賞賛

読み方:しょうさん

他者を誉めること。その様子のこと。またその言葉。

「賞賛」とは特定の人間の 実績や功績を褒め称えるという 場面で使用される言葉です。

ですので以下の様な例文になります。

例文

日本代表は、多くのけが人を出す中で、歴代最高の成績を残した。代表監督と、日本サッカー協会はその功績を賞賛した。

「賞賛」は、「賞」という漢字が使われています。これは単純に言葉で褒める訳ではなく、それに対する対価を与えるといった趣旨でもあります。

現在では、そこまで厳密な使い分けがされている訳ではありません。

しかし功績であったり、成績のように何かそれに対する賞与・賞品が与えられるような場面に使われる方が、より適切です。

反対語2.「賛美」(さんび)

賛美

読み方:さんび

ほめたたえること。その様子。

「賛美」も何か特定のものを、褒めて、称える表現のことです。

例文は以下の様に表せます。

例文

彼は、部長が大嫌いだ。しかし、自分の昇進の為であれば、躊躇(ためら)いなく賛美することも出来る。

「賛美」とは、基本的に賛美歌と呼ばれる神を褒め称える内容の、キリスト教の歌として賛美の言葉がよく知られています。

他にも大自然を賛美する、というように 神聖なものや、自分よりも高貴だとするものに当てられる表現です。

ですので、馬鹿にしたり、酷い意味で使われる「罵詈雑言」とは全く逆の位置にある言葉です。

5.「罵詈雑言」の英語表現と例文

罵詈雑言の英語表現

スポンサーリンク

名詞でも動詞でも使えるのは「abuse」

英語で「罵詈雑言」を使ってみる場合、 名詞でも動詞でも使えるのは「abuse」という単語になります。

「abuse」は「罵詈雑言」以外にも以下のような意味を持っています。

  • 虐待
  • 悪用
  • 乱用
  • 酷使

この「abuse」を使った「罵詈雑言」を使用した例文を紹介します。

例文

He tried the limit of abusive phrases, but I did not mind.(彼は罵詈雑言の限りをつくしたが、わたしは気にしなかった。)

 

「罵詈雑言」を名詞のように使うと以下の様になります。

例文

In Congress, abusive phrases fluttered in the budget proposal that the government cited.(議会では、政府の挙げた予算案に、罵詈雑言が飛び交った。)

まとめ

「罵詈雑言」とは 相手を罵り、汚い言葉を並べることです。

語源は中国の昔話から来ており、相手に直接汚い言葉を浴びせ続けることです。

類語としては「悪口雑言」「誹謗中傷」「罵倒」「嘲罵」などがあります。

「罵詈雑言」を使うような品のない社会人にならないようにしましょう。

▼あなたへのおすすめ▼

  • スポンサーリンク