【マーケティング用語】「ブルーオーシャン」とは?成功例も徹底解説

ブルーオーシャンの意味とは ビジネス用語

「ブルーオーシャン」は、「競争相手のいない未開拓の市場」を表すマーケティング用語です。

単純に「青い海」のことだと思っていると、会話の中身がわからなくなってしまいますね。

本記事では、「ブルーオーシャン」の意味と使い方だけでなく、マーケティングにおけるメリットとデメリットなども紹介します。

これを読めば、マーケティング的な思考力を高めることができます!

1.「ブルーオーシャン」の意味

ブルーオーシャン(blue ocean)

意味:競争相手のいない未開拓の市場

「ブルーオーシャン」は、 「競争相手のいない未開拓の市場」を表すマーケティング用語です。

INSEAD(欧州経営大学院)のW・チャン・キム教授とレネ・モボルニュ教授の共著『ブルー・オーシャン戦略』の中で提唱されました。

「競争相手のいない未開拓の市場」

「ブルーオーシャン」つまり 「競争相手のいない未開拓の市場」を見つけることは、ビジネス成功のカギとなります

ビジネスシーンでの使われ方は以下の通りです。

例文

  • 大幅な業績アップにはブルーオーシャンが必要だ。
  • 日本市場は成熟していて、ブルーオーシャンは容易に見つけられない。
  • 海外支店を増やす目的はブルーオーシャンだ。
  • スポンサーリンク

  • 2.「ブルーオーシャン」の使い方

    「ブルーオーシャン」の存在は、長期の安定した利益獲得のためには無視できません。

    「ブルーオーシャン」をいかにビジネスに発展させるかを考えることが、マーケティングには必要になってきます。

    マーケティングの現場で使われる、用語「ブルーオーシャン」の展開について解説しますね。

    「ブルーオーシャンを〇〇する」

    マーケティングの現場では、よく「ブルーオーシャンを〇〇する」という言い方をします。

    「ブルーオーシャン」は、ただ探して見つけるだけでは利益になりません。

    時には創造し、開拓し、構築していく必要があります。

    例文

    • ブルーオーシャンを創造し、AIシステムを搭載した新製品を売り出す。
    • 自らブルーオーシャンを構築することが、事業成功につながる。
  • スポンサーリンク

  • 「ブルーオーシャン戦略」

    マーケティングに欠かせないのが「ブルーオーシャン戦略」です。

    企業は、想定した顧客が求める潜在価値を洗い出し、新しい商品やサービスの価値を提供するために戦略を立てます。

    「ブルーオーシャン戦略」の意図は、楽して稼げる市場の発掘ではありません。

    「いかに工夫して利益を上げることができるか」が重要な戦略なのです。

    例文

    • 社長は、来期の事業計画の一つにブルーオーシャン戦略を掲げた。
    • ブルーオーシャン戦略の成功事例を検討する。

    3.対義語は「レッドオーシャン」

    「ブルーオーシャン」の対義語は「レッドオーシャン」です。

    「レッドオーシャン」では、企業同士の競争が激化し、薄利多売の状況に陥っています。

    「ブルーオーシャン」でコモディティ化(商品やサービスが一般化して市場価値が低下)が起こると、「レッドオーシャン」になるのです。

    例文

    • 新商品を開発し、レッドオーシャンから脱却する。
  • スポンサーリンク

  • 4.「ブルーオーシャン」のメリット・デメリット

    「ブルーオーシャン」にはメリット・デメリットがあります。

    マーケティングを成功させるためには、どちらも把握しておくことが大切です。

    それぞれ説明しますね。

    メリット1.高付加価値をつけることができる

    「ブルーオーシャン」の開拓に成功すれば、商品やサービスに高付加価値をつけることが可能です。

    例えば、企業が新しい商品やサービスを提供しようとする時、競争相手がひしめき合っている「レッドオーシャン」だと、顧客の取り合いになってしまいますよね。

    そんな中で、他社よりもより良いサービスを提供するためには、開発費をつぎ込む必要があります。

    同時に価格競争も起こるので、企業は思うように利益を得ることができません。

    一方、 競争相手のいない「ブルーオーシャン」なら、顧客の取り合いは起こりませんよね。

    また、価格を上げても、顧客の購買意欲は削がれません。

    つまり、企業が十分な利益を出して事業を成功させるためには、「競争相手がいない、未開拓の市場」の開拓がカギとなります。

  • スポンサーリンク

  • メリット2.長期成長の足がかりになる

    「ブルーオーシャン」の開拓は、企業の長期成長の足がかりになります。

    競争相手のいない「ブルーオーシャン」で成功すれば、一定の顧客数を継続して獲得できます。

    そのため、企業のブランド力もアップし、長期的な利益を得ることができます。

    また、「ブルーオーシャン」で得た利益を資金源に、新たな商品・サービスの開発も可能です。

    「ブルーオーシャン」の開拓がうまくいけば、利益を得るサイクルが生まれます。

    デメリット1.適切なマーケティング・PRが必要

    「ブルーオーシャン」で成功するためには、適切なマーケティング・PRが必要です。

    企業は、「ブルーオーシャン」で提供する商品やサービスに高付加価値をつけたいと考えます。

    その価値が適正であると訴えていくためには、営業努力だけでは不十分です。

    優れた商品・サービスを世の中に浸透させるためには、マーケティングとPRの戦略をしっかりと立て、コストをかける必要があるのです。

  • スポンサーリンク

  • デメリット2.模倣されやすい

    「ブルーオーシャン」を開拓した企業は、他社から模倣される可能性があります。

    他社の追随を許さない、圧倒的に差別化された商品・サービスばかりが、「ブルーオーシャン」を開拓するわけではないからです。

    他社は、ビジネスモデルをまねたり既存の商品に付加価値をつけたりして、市場に参入してきます。

    5.「ブルーオーシャン」の開拓に成功した企業

    「ブルーオーシャン」の開拓に成功した企業を知ることは、自社のマーケティング戦略にも役立ちます。

    ここでは2社の成功事例を紹介しますね。

    それぞれ見ていきましょう。

    事例1.ユニクロ

    実用衣料品の生産販売を展開する「ユニクロ」は、新商品の開発によって「ブルーオーシャン」の開拓に成功しました。

    機能性衣料品「フリース」シリーズを低価格で売り出してヒットさせたことは有名ですね。

    「フリース」は、イオンやイトーヨーカドーが追随して発売しました。

    その後も、自家発熱するインナー「ヒートテック」、発汗性・防臭性に優れた「シルキードライ」などを東レと共同開発。

    顧客が求める潜在価値を見出し、機能性衣料品を次々とヒットさせています。

    とてもわかりやすい「ブルーオーシャン」の成功例です。

    事例2.任天堂

    任天堂における「ブルーオーシャン」の成功例は、家庭用ゲーム機『Wii』の開発です。

    『Wii』の特徴は、なんといっても操作しやすいリモコンですよね。

    当時の任天堂は、『プレイステーション』など他社ゲーム機との激しい競争を強いられていました。

    複雑で高度な操作を必要とするゲームが、次々と世に送り出されていたのです。

    そこで、任天堂の開発チームは、 「子どもから大人までが扱えるゲーム機」という逆転の発想を実現したのです。

    『Wii』は見事ヒット商品となりました。

    実は、『Wii』の開発スタッフは、キム教授とモボルニュ教授の『ブルー・オーシャン戦略』を呼んで、着想を得たのだそうです。

    まとめ

    「ブルーオーシャン」は、「競争相手がいない、未開拓の市場」を表すマーケティング用語です。

    長期の安定した利益を得るには、この「ブルーオーシャン」の開拓がカギとなります。

    メリットとデメリット、成功例などを知り、「ブルーオーシャン」開拓の可能性を探っていきましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%