「ボキャブラリー」の意味!使い方から増やし方まで解説

ボキャブラリーの意味とは ビジネス用語

「ボキャブラリー」は 「ある言語やある人が持っている単語の総体」という意味を持っています。

「ボキャブラリー」は日常頻繁に出てくる言葉なので、まずは正しく意味を理解したいところです。

本記事では「ボキャブラリー」の意味、使い方を例文付きで詳しく解説し、更にビジネスシーンでも役立つ「ボキャブラリーの増やし方について紹介していきます。

「ボキャブラリー」の幅を広げて、知的なビジネスマンを目指しましょう。

1.「ボキャブラリー」の意味

「ボキャブラリー」の意味は以下の通りです。

ボキャブラリー

  1. 語彙。
  2. ある言語やある人が持っている単語の総体。

「ボキャブラリー」はカタカナ語で、日本語の「語彙(ごい)」と同じ意味で使います。

例えば「日本の語彙」という場合には、「日本語として存在する単語の数」という事になります。

2.「ボキャブラリー」の使い方と例文

「ボキャブラリー」は「単語の数」という意味なので、「ある/ない」「多い/少ない」「豊富/乏しい」という言葉を付けて使います。

例えば以下のように使います。

<例文>

  • 彼はボキャブラリーが豊富で、自分の言いたいことを的確に表現することができる。
  • ボキャブラリーが多い人は、いろいろな知識を身に付けている人だ。
  • 社会人として、ボキャブラリーの少ない人は恥ずかしい。

このように、一般的にはその人が持っている言葉の幅を表現する時に使う言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「ボキャブラリー」の間違った使い方

    先程も説明した通り「ボキャブラリー」は「言葉の数」です。

    なので「高い/低い」「鍛える」などの言葉を後に付けて表現するのは間違っています。

    例文で間違った使い方を見てみましょう。

    ×:あの人はボキャブラリーが高い

    ×:ボキャブラリーを鍛えるために、いろいろな人の話を吸収したい。

    このように、「高い」「鍛える」などの能力を表す言葉と一緒には使いません。

    3.「ボキャブラリー」の英語表現

    「ボキャブラリー」は英語で「vocabulary(ボキャブラリー)」と書きます。

    日本の「ボキャブラリー」と同じく、「語彙(ごい)」という意味で使います。

    例文を見てみましょう。

    <例文>

    • expand one’s vocabulary.

      (ボキャブラリーを増やす。)

    • I practically have no vocabulary.

      (私はボキャブラリーがほとんどありません。)

  • スポンサーリンク

  • 4.「ボキャブラリー」がある人と無い人の違い

    「ボキャブラリー」の意味と使い方を理解したところで、次に「ボキャブラリー」がある人の違いを見ていきましょう。

    その違いを分かりやすく表にしてみます。

    ボキャブラリーが豊富な人のメリット ボキャブラリーに乏しい人のデメリット
    • 思った事を適確に相手に伝える事ができる。
    • 知識が豊富な常識人と、周りから尊敬される。
    • きちんとした文章が書ける。
    • いろいろな事を知っているので、ひとの話も理解しやすい。
    • 誰とでも同等な知識で話せるので、コミュニケーション能力が高い。
    • 人と話すことが好き。
    • 言葉の引き出しが少ないので、自分が思った事を相手に上手く伝える事ができない。
    • いつも同じ言葉ばかりを使っているので、賢いとは思われない。
    • 文章を読んでもすぐに理解することができない。
    • 理解できる言葉が少ないので、相手が何を言っているのか分からない。
    • ボキャブラリーの幅の違いで、コミュニケーションがうまく取れないので、ますます人間関係がおっくうになる。

    このように、ボキャブラリーがある人と、そうでない人ではこんなに違うのです。

    ボキャブラリーが多い人には、「自分の思ったことをうまく伝えられたり」「コミュニケーション能力が高い」などと、沢山のメリットがある事が分かりますね。

    反対に、ボキャブラリーが少ないと、日常生活が不便と感じるデメリットが発生してきます。

    ボキャブラリーを増やすことでのメリットの方が大きいので、ぜひボキャブラリーを増やしていきましょう。

    5.「ボキャブラリー」の増やし方

    次は具体的なボキャブラリーの増やし方について、以下の4つの方法をご紹介します。

    1. 読書をする
    2. いろいろなメディアに触れる
    3. 覚えたい言葉をメモする
    4. 実際に会話で使ってみる

    ボキャブラリーを増やしていくポイントは、これらを「コツコツ続ける」事です。

    根気強く努力して、ボキャブラリーを少しずつ増やしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 5-1.読書をする

    「ボキャブラリー」を増やしていくために読書をする事はとても大切です。

    具体的に読書からボキャブラリーを増やす方法は以下の2つがあります。

    • とにかく活字に触れる
    • ボキャブラリーを増やすためのハウツー本を読む

    それぞれ紹介していきます。

    とにかく活字に触れる

    読書をすることで「たくさんの活字に触れること」ができます。

    そうすることで、「知らなかった言葉に出会う」ことができるのです。

    活字に触れれば、例えば「こんな言葉があったのか」と最初はピンとこない言葉でも、その意味を知って、何度もその言葉を目にする事で「知らなかった言葉」が「知っている言葉」に変わります。

    読書をすることで、活字に触れ「知っている、見た事のあるボキャブラリー」を増やしていきましょう。

    ここで大切なのは「コツコツ続ける事」です。

    そのためには、いきなり難しい分野の本から読み始めるのではなく、「音楽」「ファッション」「インテリア」「スポーツ」など自分の好きなジャンルの本を読む事から始めてみて下さい。

    ボキャブラリーを増やすためのハウツー本を読む

    ハウツー本を読むことで、もっと効率的にボキャブラリーを増やすこともできます。

    同じボキャブラリーを増やす為の本でも、本によって特色が違うので、自分の目的に合った本を選ぶのがおすすめです。

    中でも人気の2冊を紹介します。

    1. 大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる/齋藤 孝 (著)
    2. ビジネスメール言い換え辞典/村上 英記(著)

    ①【大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる/齋藤 孝 (著)】

    「大人の語彙力ノート」は、主に日常会話にスポットを当てて書かれている本で、大人のボキャブラリーが身に付きます。

    例えば以下のような内容が描かれています。

    人にお願いをする時:「お願いします」→「お手を煩わせます」

    相槌を打つ時:「なるほど」→「おっしゃる通りです」

    会議:「いろいろ考えましたが」→「勘案してみました所」

    訪問:「そろそろ帰ります」→「そろそろお暇させて頂きます」

    このように、それぞれのシーン別に、相手に失礼に当たらない言葉のマナーを学ぶ事ができます。

    社会人になりたてで、これからいろいろなボキャブラリーを覚えたいという人におすすめの1冊です。

    ②【ビジネスメール言い換え辞典/村上 英記(著)】

    「ビジネスメール言い換え」は、ビジネスにおける必要な表現の言い換え方が豊富にある本です。

    ビジネスマンになると、メールで上司などの目上や、取引先とメールをやり取りする場面も多くなります。

    その時に、失礼に当たらない丁寧言い回しを使いこなせると非常に便利です。

    この本では、 1つの言葉について「親しい人宛ての言葉」「先輩、上司宛ての言葉」「社外の人宛ての言葉」に分けて解説しています。

    例えば以下の通りです。

    <分かりました>

    <教えて>

    • 親しい人宛て:教えて下さい。
    • 先輩、上司宛て:教えて頂けませんか。
    • 社外の人宛て:ご享受頂ければ幸いです

    このように、この本を読めばメールを送る相手に応じた言葉を適確に使う事ができます。

    仕事場のデスクにぜひ置いておきたい1冊です。

    ビジネスメール言い換え辞典
    • 村上 英記
    • 価格   ¥ 1,404
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    5-2.いろいろなメディアに触れる

    ネットやテレビなど、いろいろなメディアに触れることも大切です。

    ネット上での様々な言い回しを見て学んだり、いろいろな人の話をとどんどん聞く事で、その人が使う言葉、表現などから言葉の範囲を広げることができるからです。

    「あの文章を自分で書けるようになりたいな」「あの人みたいに知的な言葉を使いたいな」という憧れが自分を成長させてくれます。

    積極的に、いろいろなメディアに触れていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 5-3.覚えたい言葉をメモする

    これはぜひ身に付けたいと思う言葉はメモしておくのもおすすめです。

    言葉はその時は覚えていても、日常を過ごすうちに忘れてしまいます。せっかく知った言葉を忘れては意味がないですよね。メモをしていれば、忘れても思い出すことができ、後に意味を調べることもできます。

    こうして、自作の「ボキャブラリーノート」を作って、覚えたい言葉をどんどん書き記していきましょう。

    それを通勤時間や、休憩時間などの隙間時間にサッと開いて何回も読む事で「覚えたい言葉」が「使える言葉」になっていきます。

    日々の積み重ねが大切なポイントですね。

    日常で使えるような小さなメモを用意して、身に付けたい言葉はどんどんメモしていきましょう。

    5-4.実際に会話で使ってみる

    「覚えたボキャブラリーが身に付いたな」と思ったら、今度は実際の会話で使ってみましょう。

    最初はぎこちなくても、何回か使ってみることで、その言葉がだんだん自分のものになります。

    そして、自分の言葉を耳で聞く事で、その言葉をしっかりと身に付ける事ができますよ。

    失敗を恐れず「覚えた言葉、ここで使えそうかな?」と思ったらどんどん使ってボキャブラリーを増やしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「ボキャブラリー」は日本語でいう「語彙(ごい)」にあたり、「ある言語やある人が持っている単語の総体」という意味の言葉です。

    「ボキャブラリー」の意味や使い方を解説しながら、その「ボキャブラリー」を豊富に身に着けるメリットと、増やす方法を紹介しました。

    まずは「ボキャブラリー」の意味や使い方そのものを理解して、沢山の言葉を上手く使い分けられる素敵なビジネスマンを目指しましょう。

     

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%