「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

いただきたく存じますの意味とは ビジネス用語

「~ご確認いただきたく存じます」「~時間をいただきたく存じます」などで使用される「~いただきたく存じます」の正しい使い方を紹介します。

「~いただきたく存じます」は敬語表現ですが、使い方を間違えると上司からの印象を損ないかねません。

上司に対しても使える「~いただきたく存じます」の使い方から英語表現まで、しっかり学んでマスターしましょう!

1.「~いただきたく存じます」の意味

「確認してほしい」の敬語表現

まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。

「~いただきたく存じます」は、複数の単語から成り立つ敬語表現です。

ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。

ご確認いただきたく存じます
ご確認
⇒「確認すること」
~いただきたく
⇒「~してもらいたい」の謙譲語
存じます
⇒「思う」の謙譲語
意味:「確認してほしい」の敬語表現

このように、「~してほしい」という意味の敬語表現として使います。

イメージとしては、「~してほしいと思っているのですが…」です。

上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。

  • スポンサーリンク

  • 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け

    何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。

    漢字で「頂く」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。

    また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。

    2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい?

    ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。

    確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは「二重敬語になっていないか?」でしょう。

    「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 「~いただきたく存じます」は二重敬語ではない

    結論から言うと、「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではありません

    理由を説明する前に、「二重敬語」について知っておきましょう。

    そもそも「二重敬語」とは?

    「二重敬語」とは、一つの単語に同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉です。

    ありがちな「二重敬語」として代表的なものを以下で説明します。

    • ×おっしゃられる

      →〇おっしゃる

      元々敬語表現の「おっしゃる」に、さらに敬語表現である「~られる」を使ってしまう

    • ×ご拝見させていたただく

      →〇拝見させていたただく

      元々敬語表現の「おっしゃる」に、さらに敬語表現である「~られる」を使ってしまう

    ただし、手紙やビジネス文書でもよく聞く「お伺いいたします」は例外で、正しい例として扱われます。

    「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない

    脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」の謙譲語と「~思う」の謙譲語を合わせたものです。

    しかし、一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。

    とはいえ、二重敬語には気をつけよう

    「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。

    「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます

    理由は「訪問する」の敬語表現である「伺う」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。

    正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。

    3.「~いただきたく存じます」の使い方

    「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。

    ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、ご教示いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。

    「ご多忙のところ申し訳ありませんが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。

    ただし、二重敬語には気をつけましょう。

  • スポンサーリンク

  • 例文で見る「~いただきたく存じます」の基本的な使い方

    使い方が分かったところで、「~いただきたく存じます」の使い方を簡単な例文で見ていきましょう。

    アポイントを取りたいとき」

    • 時間いただきたく存じます

     

    「教えてほしいとき」

    • 教示いただきたく存じます
    • 教えいただきたく存じます

     

    「送付した資料を見てもらいたいとき」

    • 確認いただきたく存じます
    • 高閲いただきたく存じます

     

    「その他」

    4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点

    確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。

    しかし、失礼のない対応をするなら、くれぐれも使い方を誤ってはなりません。

    ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.「~いただきたく存じます」の乱用に気をつけよう

    「~いただきたく存じます」の乱用は禁物です。丁寧な対応をするつもりがくどい印象を与え、かえって失礼になってしまいます。

    メールを送る時など、無意識に多用してしまうことがあるので、文章を作成したら一度確認するのを忘れないようにしましょう。

    また、「させていただきたく存じます」は使いやすい言葉ですが、使いどころによっては違和感が出てしまうことがあります。

    そのため、一度「〜させていただきたいてもよろしいでしょうか」と置き換えてみて、違和感がないかをチェックするようにしてください。

    • 早退させていただきたく存じます

      本来あってはならないが、偶然やむにやまれぬ事情があった場合

    • ×返信させていただきたく存じます

      事情があるわけでも、ましてあってはならないわけでもない普通の事柄には違和感がある

    余談ながら、「~いただきたく存じます」の乱用は「させていただく症候群」と呼ばれ、問題視されています。

    必要ない場合には「~いたします」を

    「~いただきたく存じます」を使う必要がない場合には、「~いたします」が適切です。

    例えば、誤用である「返信させていただきたく存じます」は以下のように言い換えます。

    • ×返信させていただきたく存じます
    • 〇返信いたします

    あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。

    以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。

    4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG

    「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか?

    もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります

    せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。

  • スポンサーリンク

  • 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現

    ここでは、「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。

    言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。

    加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。

    状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。

    5-1.~していただければ幸いです

    「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、「~していただければ幸いですは代表的です。

    「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。

    「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。

    • 来週までに連絡いただければ幸いです
    • ご都合のいい時に、確認いただければ幸いです

    5-2.~いただけますようお願い申し上げます

    「~していただきたいと願っております」という意味の表現です。

    非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことが出来ます。

    • ぜひ○○様にも参加いただけますようお願い申し上げます
    • お手数ですが、送りいただけますよう申し上げます

    ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。

    くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。

    5-3.~なさってください/~してください

    上司とのやり取りでつい「~してください」を使ってしまいがちですが、これでは上から目線だと受け取られかねません。

    そんな時は、代わりに「~なさってください」を使うといいでしょう。

    「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。

    「~してください」よりも丁寧に伝わります。

    • くれぐれも大事になさってください
    • くれぐれも養生なさってください

    「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。

    イメージとしては「体に気をつけてください」といった感じでしょう。

    6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文

    それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。

    「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。

    今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう!

    6-1.アポイントを取りたいとき

    • ご多忙のところ大変恐縮ですが、一度打ち合わせの時間をいただきたく存じます
    • ご都合が悪くなった際はメールにて教えていただきたいと存じます
    • ○○様のご都合のよろしい日時をお知らせいただければ幸いでございます

    6-2.送付した資料を見てもらいたいとき

    • 詳細につきましては、同封の資料を高覧いただきたく存じます
    • 大変失礼とは存じますが念のため先日お送りしましたメールを転送いたしますので、確認いただきたく存じます
    • 企画の詳細についてはファイルを添付しましたので確認いただきたく存じます
    • お忙しいところ大変恐れ入りますが、確認いただきたく存じます
    • お忙しいところ恐縮ですが、◯月◯日までに提出いただけますようお願い申し上げます

    特に、最後には「返事や提出を催促する」ニュアンスがあります。締め切りが迫っている場合などに覚えておきたい表現ですね。

    6-3.教えてほしいとき

    • 教示いただきたく存じます
    • 明日の会議の詳細について、教えいただきたく存じます
    • ○○様からぜひ、指導いただきたいと存じます

    なお、『「教えて」いただきたく存じます』では失礼にあたります。教えてほしい場合、「ご教示」を使います。

    6-4.訪問したいとき

    某月某日某時に挨拶に伺いたく存じますが、○○様のご都合はいかがでございましょうか。

    6-5.見積書をもらいたいとき

    下記条件にて見積書を送りいただきたく存じます

    例文は以上です。しっかり覚えて、使い方をマスターしましょう。

    7.「~いただきたく存じます」の英語表現

    海外のビジネスパートナーを相手にするときも、目上の人に対してものを頼む場面はあるでしょう。

    そんな時、「~いただきたく存じます」の英語表現も覚えておくと、円滑に進みますね。

    「~いただきたく存じます」は、英語ではどのように表現するのでしょうか?それは以下の通りです。

    1. I would like to ~

    2. I’d like to ~(ビジネスメールでの表現)

    3. I would be grateful if you could ~

    4. Would you be willing to ~

    5. could you please ~

    6. ask for ~

    7-1.I would like to ~

    「~いただきたく存じます」の基本的な英語表現として、「I would like to ~」があります。

    日本人にも多く用いられている表現です。

    • I would like to ask for your help.

      意味:お願いさせていただきたく存じます

    • We would like to ask you to let us know.

      意味:我々に知らせていただきたく存じます

    • We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment.

      意味:早急に配送についてご連絡をいただきたく存じます

    なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。

    7-2.「I would」 の略語として「I’d」

    「I would like to ~」のうち、「I would」は「I’d」と省略することができます。

    この場合、「I would like to ~」は「I’d like to ~」という表現になります

    これでも一般的に使われる表現です。ただし、使い時はビジネスメールに限られます。

    • I don’t mean to be rude, but I’d like you to provide alternative solutions.(ビジネスメールでの表現)

      意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、代替案いただきたく存じます

    • I’d like to hear what you thought of the product after using it.(ビジネスメールでの表現)

      意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせいただきたく存じます

    7-3.「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」

    多くの日本人が利用している「I would like to ~ 」ですが、ビジネスの場では上から目線な印象になってしまいます。

    そのため、「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。

    「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。

    「I would be grateful if you could ~」

    • I would be grateful if you could let me know when you receive the product.

      意味:商品受け取り後ご一報頂けると幸いです

    • I would be grateful if you could give him some information on local conditions.

      意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします

     

    「Would you be willing to ~」

    • Would you be willing to attend the meeting?

      意味:会議に出席してくださいませんか

    • I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it?

      意味:あなたの研究に非常に興味がありますので、それについて少し説明していただけませんか

    7-4.could you please ~

    「Could you please ~」も、ビジネスシーンにおける「~いただきたく存じます」の英語表現として適切な表現です。

    こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。

    • Could you please come to the office?

      意味:弊社にご足労いただきたく存じます

    • Could you please share with me about the inventory status?

      意味:在庫状況についてご教示いただきたく存じます

    7-5.ask for~

    謝罪する際には、「ask for~」も「~していただきたく存じます」の英語表現として用いられます。

    「I apologize for~」と合わせて使用するのが基本的です。

    • I apologize for the sudden changes and ask for your understanding.

      意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます

    まとめ

    「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。

    しかし、上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。

    「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。

    英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%