「逐次」の意味と使い方!「逐一」「随時」「適宜」「都度」との違い

逐次の意味とは ビジネス用語

「逐次」は「 ちくじ」と読み、 順を追って次々に物事がなされる様を表します。

ただし、「順次」や「逐一」といった似た言葉も多く、場面ごとの使い分けがいまいちわかりづらいですね。

そこで、本記事では「逐次」の意味や使い方、似た言葉との使い分け、英語表現について紹介しています。

これを読めば、上司や商談相手の意図の誤解を避け、同僚への指示も的確に伝ることができますよ!

1.「逐次」の意味

順を追って次々に物事がなされる様

逐次

読み方:ちくじ

意味:順を追って次々に物事がなされる様

「逐次」は、「 順を追って次々に物事がなされる様」を表す言葉です。

「逐」には、順にした従う、順々にするという意味があります。

「次」の意味は、順序をつけることです。

例えば、新聞や雑誌、年鑑など、同じ表題で号数を重ねる出版物は「逐次刊行物」と言います。

  • スポンサーリンク

  • 「順次」には進める順番の決まりはない

    「逐次」とほぼ同じ意味を表す言葉に「順次」があります。

    「逐次」も「順次」も、「順を追って」「順々に」という共通の意味を持つ言葉ですが、順番の定義に違いがあることを知っておきましょう。

    「逐次」は、決まった順番で物事がなされる様です。

    決められた順番に従い進める必要があります。

    「順次」の場合、進める順番は特に決まっていません。

    厳格な順番はないものの、一つずつ行っていく場合に用います。

    「逐次」と「順次」は次のように使い分けます。

    例文

    • その文芸雑誌は、第189号まで逐次刊行されている。
    • マニュアルに従い、管理データを逐次修正する。
    • 受注手続きが完了次第、順次発送する。
    • 受付を済ませた方から、順次説明いたします。

    次に、ビジネスシーンでよく使われる「逐次」の表現について解説します。

    2.「逐次」の使い方と例文

    逐次の使い方

    「逐次」はビジネスシーンでもよく使われます。

    「逐次」の使い方を理解することで、上司や商談相手の意図を、正しく汲み取ることができますよ。

    ビジネスシーンでよく使われる「逐次」の表現は、次の4つです。

    それぞれ解説しますね。

  • スポンサーリンク

  • 逐次報告

    「逐次」を使った表現に、「逐次報告」があります。

    決められた順番を守って、次々と報告する」という意味です。

    例文

    • A社との取引状況を、逐次報告するように。
    • 次の会議で、商品開発の結果を逐次報告することになった。

    このように、「順番をおって説明してほしいとき」などに「逐次報告」と使いましょう。

    そう伝えることで、手順が守られた正確な情報を得ることができます。

    逐次処理

    「逐次」を使った表現に、「逐次処理」があります。

    決められた手順に従って、物事を取りさばいていく」という意味です。

    業務を遂行していく上で、決められた手順を守らなければならない場合は多々ありますよね。

    例えば、プログラミングにおいては、データが保存された順番通りに処理を実行することを「逐次処理」と言うのです。

    例文

    • マニュアルに従って逐次処理した。
    • 新しいシステムを導入したことで、逐次処理が可能になった。

    「逐次処理」が求められる業務では、決められた手順に従うことが、実務能力が評価されるための最低条件としてあります。

    <

  • スポンサーリンク

  • 逐次通訳

    「逐次」を使った表現に、「逐次通訳」があります。

    「逐次通訳」とは、 話者の発言を数センテンス、あるいは数十秒などといった区切りごとに、通訳していく方式です。

    例えば、比較的時間にゆとりがあり、話者の発言を一つずつ確認しながら進めたい場合は「逐次通訳を手配して」と指示を受けます。

    例文

    • 来週の工場視察に、逐次通訳を手配するように。
    • 逐次通訳を入れたプレゼンテーションの時間を計る。

    「逐次通訳」に対して、話者の発言を数秒遅れで通訳していく「同時通訳」があります。

    シーンにふさわしい通訳を手配するためにも、正しく理解しておきましょう。

    逐次的

    「逐次」を使った表現に、「逐次的」があります。

    逐次的に~する」という使い方ををすることで、「順番的に〜〜をしていって/する」と伝えることができるのです。

    例文

    • 販売促進マニュアルを、逐次的に修正する。
    • 社員に経験値に応じて、逐次的に研修を行う。

    例えば、会議や研修の資料には、しばしば「逐次的に~する」という表現が出てきます。

    次に、「逐次」と似た表現を紹介し、違いを解説します。

  • スポンサーリンク

  • 3.「逐次」と「逐一」「随時」「適宜」「都度」との違い

    「逐次」と似た表現に、「逐一」「随時」「適宜」「都度」があります。

    意味は次の通りです。

    • 逐一(何から何まで全部取り上げる)
    • 随時(その時々で臨機応変に行う)
    • 適宜(その場や状況に応じて行動する)
    • 都度(そのたびごとに、毎回行う)

    「逐次」との意味の違いを知り、使い分けが必要です。

    次に、「逐一」「随時」「適宜」「都度」の意味の違いと例文を紹介します。

    逐一

    逐一

    読み:ちくいち

    意味:何から何まで全部取り上げること

    「逐一」とは、「 何から何まで全部取り上げる」ことです。

    例えば「逐次報告」が「決められた順番を守って、次々と報告する」という意味があります。

    対して、「逐一報告」は「何から何まで全部報告する」という意味なので、順番に報告する必要はありません。

    特に順番が決まっておらず「何から何まで」という言葉を伝えたい場合「逐一」を使いましょう。

    「逐一」は次の例文のように使います。

    例文

    • 出張での出来事を逐一報告する。
    • 顧客のクレーム対応について、逐一報告するように。
  • スポンサーリンク

  • 随時

    随時

    読み:ずいじ

    意味:その時々で臨機応変に行うこと

    「随時」とは、「 その時々で臨機応変に行う」ことです。

    「逐次」との違いは、「順番通り」か「その都度臨機応変に」かということにあります。

    例えば「逐次処理」が「決められた手順に従って、物事を取りさばいていく」ことです。

    ですが「随時処理」だと「その時々で生じた作業を、臨機応変に取りさばいていく」進め方をします。

    「随時」は次の例文のように使います。

    例文

    • 企画部の資料は随時閲覧可能だ。
    • イベント会場付近は、警備員が随時巡回している。

    適宜

    適宜

    読み:てきぎ

    意味:その場や状況に応じて行動すること

    「適宜」とは、「 その場や状況に応じて行動する」ことです。

    「適宜」と「逐次」との違いは、順番と関係なしに「状況次第では対応が変化する」点にあります。

    例えば、「逐次的に修正する」が「決められた手順に従って、修正作業を行う」ことです。

    対して、「適宜修正する」は「状況に応じて、必要な修正を行う」という意味があります。

    「適宜」は状況に応じて行動するので、自分の裁量で判断する必要が出てくるのです。

    「適宜」は次の例文のように使います。

    例文

    • 適宜休憩を挟んでください。
    • 企画書に必要なデータを適宜取り出す。

    都度

    都度

    読み:つど

    意味:そのたびごとに、毎回行うこと

    「都度」とは、「 そのたびごとに、毎回行う」という意味です。

    「逐次報告」が「決められた順番を守る」ことを求めているのに対して、「都度報告」は「一つの作業が終わるごとに」といった報告のタイミングを示しています。

    「都度」は次の例文のように使います。

    例文

    • わからないことがあれば、その都度尋ねるように。
    • 初めに支払い契約書を交わしておくことで、都度金額の確認をせずに済む。

    4.「逐次」の英語表現

    逐次の英語表現

    「逐次」を表現する英語には、次の3つがあります。

    「逐次」は「successively」や「one after another」「one by one」を使って表現します。

    状況に応じて、ふさわしい表現を選ぶようにしましょう。

    英語1.「successively」

    「successively」には、 「連続的に」「逐次」という意味があります。

    「successivery」は具体的には次のように使います。

    例文

    • It failed in my presentation successively.(プレゼンに連続で失敗した)
    • We must successively grasp the viewing state about the document.(私たちは、その文書の閲覧状況を逐次把握しなければならない)

    英語2.「one after another」

    「one after another」には、 「次々に」「続々と」という意味があります。

    動詞と合わせて使い、「逐次」の意味を表す「次々と〜する」という使い方ができるのです。

    「one after another」は具体的には次のように使います。

    例文

    • The planes arrived one after another.(飛行機が次々と到着した)
    • The publisher publish scientific journal one after another.(その出版社は科学雑誌を逐次刊行している)

    英語3.「one by one」

    「one by one」は、 「一つずつ」「一人ずつ」という意味です。

    また、「逐次」のニュアンスをもって表現する場合もあります。

    「one by one」は具体的には次のように使います。

    例文

    • They stood up and their speeches one by one.(彼らは立ち上がって一人ずつスピーチした)
    • Please contact me one by one.(逐次連絡してください)

    まとめ

    「逐次」は、順を追って次々に物事がなされる様を表す言葉です。

    「逐次報告」や「逐次処理」などの指示があった場合、決められた順番があり、それに従って行う必要があることを覚えておきましょう。

    また、「逐一」「随時」「適宜」「都度」との違いを知ることで、上司や商談相手とのやり取りを的確に、スムーズに行うことができますよ。

    報告・連絡・相談の場面で、積極的に活用してくださいね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら