「注意喚起」の意味と正しい使い方とは?例文と合わせて紹介!

注意喚起の意味とは ビジネス用語

注意喚起とは、 「周囲の人や、組織・住民などのグループに対して、特定のことに関する注意を促すこと」という意味です。

「似たような言葉は?」「どんな時に使うの?」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、「注意喚起」の意味や、正しい注意喚起の使い方を例文つきでわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク

1.「注意喚起」の意味

周囲の人間や仲間・グループに注意を促す事

注意喚起

読み:ちゅういかんき

意味:周囲の人間や仲間・グループなどに注意を促すこと

つまり、「注意する」や「注意を促す」を名詞化した用語というわけです。

注意喚起は分かりやすく伝わる内容でなければなりません。

ビジネスシーンでは一体どのように注意喚起をすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

2.「注意喚起」の使い方

「注意喚起」の意味が分かったところで、ビジネスシーンで使用できる注意喚起の使い方を解説します。

注意喚起の仕方はお客様へのものと職場で使用する場合の2パターンの分かれます。

2-1. お客様などの目上の方に使う場合

お客様に注意喚起をする場合には、不快な思いをさせてはなりません。

そのため、丁寧な表現を心がける必要があります。

「ご注意ください」

一般的な注意喚起の仕方ですが、 様々な場面で使用することが可能です。

使い勝手が良く、お客様などに注意を促す場合には、基本的に「ご注意ください」を使用すると良いでしょう。

例えば、以下のような例文を使うことができます。

例文:「この先は道が混雑しているため、はぐれないようご注意ください」

また、「お気をつけ下さい」や「各自対策をお願い致します」などに言い換えることも可能です。

「ご了承ください」

「ご了承ください」は、 相手の方などに理解を求める場合に使用します。

自分たちの言い分や都合に従って動いてもらう場合に使用されるため、了解と許可の意味合いも含まれています。

例えば、以下のような例文を使うことができます。

例文:「申し訳ございませんが、こちらのエリアは立ち入り禁止です。ご了承ください」
「何卒」や「誠に恐れ入りますが」をつけて、より丁寧な表現にしたり、「ご了承願います」のように言い換えて表現することも可能です。

2-2. 職場の失敗を注意する場合

職場内では、部下に向けて注意喚起しなければいけない場面も多いでしょう。

そんな時に使える注意喚起の表現をいくつか紹介していきます。

どのように注意すれば良いのでしょうか?

「以後、気をつけるように」

「次は気をつけてね」をビジネスシーンで使用する際の表現です。

例えば、以下のように使用することができます。

例文:「ここが少し間違っているな。こうすると改善できるから以後、注意するように」

主に部下の失敗などに使用されることが多いため、目上の方やお客様などに使用する場合には

「以後、お気をつけください」と言い換えるようにしましょう。

また、注意する際には具体的な改善策のアドバイスも大切です。

「〜はしないように」

してはいけない…という注意喚起になります。

職場では禁止事項が多いため、それらの注意喚起を行う必要があります。

例えば、以下のように使用することができます。

遅刻はしないように

「慎むように」や「控えるように」など、言い換えることも可能なので、使い分けるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

3.「注意喚起」の類義語・対義語

注意喚起の類語

「注意喚起」には類義語・対義語が存在します。

これらも注意喚起の表現で利用することが可能です。

使うのに適した場面があるため、覚えておくことをおすすめします。

3-1.類義語は「警告する」「忠告する」「釘をさす」

「注意喚起」の類語には、以下の言葉があります。

では、詳しい意味と使い分けを確認していきましょう。

警告する

「警告する」には、 良くない事態・緊急事態などに陥らないように、前もって注意をすること…という意味があります。

「注意喚起」は失敗や事態が起こった後でも使用することができますが、「警告する」は失敗・事故が起こる前にするものです。

また、危険や問題を注意する場合にも使用されます。

よって、「注意喚起」よりも強い緊急性を伴う場合が多いです。

例えば、以下のように使用することができます。

例文:「未成年の飲酒やタバコの危険性を警告する」

忠告する

「忠告する」には、 親切心や真心を込めて、相手の過ちや過失・失敗などを注意する・指摘する…といった意味があります。

「注意喚起」は誰にでも使える表現ですが、「忠告する」を使う場合には、忠告相手と仲が良かったり親しい関係だったりする場合に使用することが可能です。

そのため、親しい関係であれば他の表現よりも丁寧さがあることが特徴です。

例えば、以下のように使用することができます。

例文:「友人の過ちに対して忠告をする」

釘をさす

「釘をさす」には、 あらかじめ念を押す・ルール違反などで言い訳ができないように強く念じておく…といった意味があります。

荒っぽく強めの表現であるため、目上の方やお客様への注意喚起に使用することはできませんが、身内の人間に注意を強く促す場合には使用することが可能です。

慣用表現であり、釘をさしこんで動かないようにする…という意味から来ています。

例えば、以下のように使用することができます。

例文:「年末で忙しくなるため、体調を崩さないように釘をさす」

3-2.対義語は「陥れる」「無視する」「見捨てる」

「注意喚起」の対義語は以下の通りです。

  • 「陥れる」
  • 「無視する」
  • 「見捨てる」

こちらも、詳しい意味と使い分けを確認していきましょう。

陥れる(おとしいれる)

「陥れる」には、 計略を立てて人を騙す・窮地に追い込む・失脚させる・罪をきせる…といった意味があります。

「注意喚起」とは真逆の意味であり、相手に不利益なことをする際に使用されることが多いです。

ビジネスシーンで使用することはありませんが、こういった表現があるということを覚えておいてください。

具体的には、以下のように使用します。

例文:「〜を陥れる」

無視する

「無視する」には、 存在や価値を認めないこと・有るものを無いものとして見ること…といった意味があります。

「注意喚起」は相手のことを認識している状態であり、「無視する」は相手を認識していません。

具体的には、以下のように使用します。

例文:「〜の条件を無視する」

見捨てる

「見捨てる」には、関係を断つ・見放す・見限る…といった意味があります

「注意喚起」には、相手の為に行うものなので、「見限る」と正反対な表現になると言えるでしょう。

ビジネスシーンでは、「見捨てる」よりも「見限る」の方が使用される傾向にあり、不名誉な表現です。

具体的には、以下のように使用します。

例文:「協力会社との関係を見限る」

スポンサーリンク

4.「注意喚起」の英語表現

注意喚起の英語表現

「注意喚起」は、英語では以下のように表現します。

  • call for attention
  • to alert

ここでは、「注意を喚起する」よりも柔らかいニュアンスである「忠告する」また「助言する」という意味合いの英語表現を紹介します。

英語1.offer advice (忠告する)

「offer」は、「提供する」「申し出る」という意味の動詞です。

そして、「advice」は名詞で「助言・忠告・意見」という意味が。

「offer advice」は、以下のように使うことができます。
  • offer advice for ◯◯(人)⇒ 〇〇に忠告・アドバイスをする
  • offer advice on ○○(物事)⇒ 〇〇について忠告・アドバイスをする

英語2. give advice (助言をする)

「give」は、「与える」という意味の動詞であり、「give advice」は「助言をする」という意味で使うことのできる表現です。

<例文>

  • Please give me some advice for this project.

(このプロジェクトについて助言してください。)

  • Could you give us some advice?

(我々に助言していただけませんか。)

スポンサーリンク

5.まとめ

今回の内容で覚えてもらいたいことは、以下の5つです。

  • 「注意喚起」には、周囲の人間や仲間・グループなどに注意を促すこと…といった意味がある
  • 注意喚起をするには、相手の方に不快な思いをさせないようにする「ご注意ください」や「ご了承ください」を使用する
  • 「注意喚起」の類義語には、「警告する」「忠告する」「釘をさす」などが存在する
  • 「注意喚起」の対義語には、「陥れる」「無視する」「見捨てる」などが存在する
  • 「注意喚起」を英訳すると「advice」になる

注意喚起をする際には、これらを意識しましょう。

  • スポンサーリンク