「コンプライアンス」の意味は?使い方や例文を簡単に解説!

コンプライアンスの意味とは ビジネス用語

「コンプライアンス」は、 「命令や要求などに従うこと」という意味です。

 「法令遵守(ほうれいじゅんしゅ)」と訳されることが多いですが、その他にも「社内ルールやモラルに従う」という意味でも使われています

本記事では、「コンプライアンス」の意味をできるだけ分かりやすく、簡単に解説します。

また、「コンプライアンス」が重要視される背景や、「コンプライアンス」という言葉の使い方や例文も紹介しますので、理解を深めるのに参考にしてください。

1.「コンプライアンス」の意味

命令や要求などに従うこと

コンプライアンス

英語:compliance

  1. 命令や要求などに従う
  2. 法令遵守、社内規定の遵守、モラル遵守

「コンプライアンス」は元々は、「命令や要求などに従う」という意味です。

それが派生して 現在では、「法令・社内規定・モラルなどに従う」という意味で使われるようになりました

※法令:国会で決められた法律のほかに、地方自治体などの規則や命令も含んだもの

つまり、「コンプライアンス」は以下のような意味として使われます。

  • 法令を強く守る
  • 社内のルールを守る
  • モラル・倫理を守る

ポイントは、 「法令で規制されているもの以外も守る」というところです。

なので 「コンプライアンス」は、「法令に違反していないから良いじゃないか」ということが通じません

「後ろめたいことはせずにルールを守ろう」ということですね。

ちなみに「コンプライアンス」は、コーポレート・ガバナンスの基本原理の一つで、会社の維持や不正防止を目的として使われます。
※コーポレート・ガバナンス:企業全体で不正行為を監視し、企業を健全に運営するための仕組み。

  • スポンサーリンク

  • 2.「コンプライアンス」が重要視される背景

    最近、「コンプライアンス」という言葉をよく耳にするようになりましたよね。

    その背景には近年、不祥事が多発していることが関係しています。

    「コンプライアンス」に違反した行為が会社の信頼をなくし、最悪の場合倒産しているのが現状です

    これらを危惧して、多くの企業が「コンプライアンス」を重要視するようになりました。

    「ルールを守る」というシンプルなことですが、「基本は大事である」と再認識されるようになったということです。

    「コンプライアンス違反」の例を以下に紹介します。

    <コンプライアンス違反の例>

    • ハラスメント(パワハラ、セクハラなど)
    • 会社の備品の私物化
    • 個人情報の流出
    • 耐震基準の偽装
    • 食品産地の偽装
    • 脱税

    3.「コンプライアンス」の使い方や例文

    「コンプライアンス」は、社内ではよく使われる言葉なので、この機会に正しい使い方を覚えましょう。

    「コンプライアンス」は、「法律や社内ルール、モラルを守る」という意味で使われます。

    簡単に言えば、 「悪いことはしない」ということですね。

    「コンプライアンス」を使った例文を紹介します。

    <例文>

    • 私達は、コンプライアンスを大事にしています。
      (私達は、法律やモラル、社内ルールなどを守ることを大事にしています。)
    • 新入社員のコンプライアンス教育は重要である。
      (ルールは守る、という教育は重要である。)
    • コンプライアンスの関係で、お伝えすることはできません。
      (法律、ルール、モラルの関係で、お伝えすることができません。)
    • この番組は、コンプライアンス的にNGだと思う。
      (この番組は、モラルやルールを違反していてダメだと思う。)
  • スポンサーリンク

  • 4.「コンプライアンス」という言葉が含まれる用語5つ

    「コンプライアンス」という言葉が含まれる用語で有名なものを5つ紹介していきます。

    1. コンプライアンス違反
    2. コンプライアンス部門(コンプライアンス室)
    3. 企業コンプライアンス
    4. 服薬コンプライアンス
    5. コンプライアンスチェック

    順に解説していきます。

    ① コンプライアンス違反

    先にも少し述べましたが、「コンプライアンス違反」とは、 コンプライアンスに違反する行為のことを指します。

    例えば、ハラスメント、偽装、脱税などです。

    「コンプライアンス違反」をしてしまうと、一気に会社の評価が下がってしまうので気をつけたいですね。

    <例文>

    コンプライアンス違反になるかもしれない、と少しでも思ったら中断すべきである。

  • スポンサーリンク

  • ② コンプライアンス部門(コンプライアンス室)

    「コンプライアンス部門(コンプライアンス室)」とは、組織の中にある部署の一つです。

    「コンプライアンス部門」では、全社員に「コンプライアンス」を徹底しています

    「コンプライアンス」の重要性を社員に理解してもらうように、勉強会や講習を企画し、実行することが役目です。

    <例文>

    悪いことか否かを判断出来ない時は、コンプライアンス部門に確認をすると良いでしょう。

    ③ 企業コンプライアンス

    「企業コンプライアンス」は、企業の「コンプライアンス」です。

    企業が、法律や社内ルールなどに従って活動することを意味します

    「コンプライアンス」は、企業に限らず使われる言葉なので、「企業コンプライアンス」は、企業に焦点を当てた「コンプライアンス」ということです。

    <例文>

    運営スタッフは、企業コンプライアンスを再確認するべきだ。

  • スポンサーリンク

  • ④ 服薬コンプライアンス

    「服薬コンプライアンス」とは、 患者が医師(または薬剤師、看護師)の指示に従って服薬する(薬を飲む)、という意味です。

    どんな薬でも服用方法を誤れば、効果が薄れたり、副作用が生じたりします。

    こういった誤りを防ぐために、「服薬コンプライアンス」はとても大切です。

    <例文>

    患者は服薬コンプライアンスに沿った服用を心がけるべきである。

    ⑤ コンプライアンスチェック

    「コンプライアンスチェック」とは、 「コンプライアンス」を徹底しているかを確認することです。

    法律や社内規定、モラルなどに違反していないかをチェックシート等で確認します。

    確認することは、例えば以下のようなことです。

    • 法律やルール、モラルに違反していないか
    • お客が見たらどう思うか
    • その行動を家族に話せるか

    たった一度のコンプライアンス違反で、取り返しの付かないことになるので、定期的に「コンプライアンスチェック」を行うことは大切ですね。

    <例文>

    コンプライアンスチェックは定期的に行うべきである。

  • スポンサーリンク

  • 5.「コンプライアンス」の英語表現

    英語表現は「compliance」

    「コンプライアンス」は、英語にすると「compliance」です。

    英語でも日本語と同じように、「法令や社内ルール、モラルを守る」という意味で使われています

    「compliance」を使った例文を紹介します。

    <例文>

    • We operate in strict compliance.
      (私達(の企業)はコンプライアンスに守って働いています。)
    • Are they going to be strict about compliance?
      (彼らはコンプライアンスに厳格になるだろうか。)

    まとめ

    「コンプライアンス」は、元々は「命令や要求などに従うこと」という意味です。

    それが派生して現在では、「 法令遵守、社内規定、モラルなどに従う」という意味で使われるようになりました。

    「法令遵守」という言葉だけ覚えておくと、「法令に違反していないから良い」と勘違いしてしまう可能性があるので、社内ルールやモラルも対象であることを覚えておきましょう。

    近年、多くの企業が「コンプライアンス」を重要視しており、今や誰もが耳にする言葉になりました。

    意味を理解しておかないと恥を書く可能性がありますので、しっかりと意味を理解して使いこなせるようになりましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%