「except (for)」の意味!exceptionalとは?

except の意味とは ビジネス用語

I am at the office except Sunday.
(日曜以外は、オフィスにいます。)

「except」は、 「~を除いて」という意味です。

「except A」という表現だけではなく、「except for A」という表現も目にしたことがあるかもしれません。

これらは、どのように使い分けると良いのでしょうか?

今回は、「except」の意味や「except for」との使い分け、類語表現、さらに「exceptional」についても詳しく解説していきます。

1.「except」の意味

「except」の読み方や意味を紹介します。

except

読み:エクスセプト

~を除いて

「except」は 前置詞で、「except A」は「Aを除いて、A以外」という意味です。

「except」の名詞は「exception」で、意味は以下の通りです。

【exception】⇒例外、異例、除外

例えば「Your case is an exception」という文では、「君のケースは、例外だ」という意味です。

「exception」は母音(a,i,u,e,o)で始まる名詞なので、「a exception」ではなく「an exception」となります

2.「except」と「except for」の使い方

「~を除いて」という意味では 「except A」と「except for A」という2つの表現があり、以下の3つの文法に分けられます。

  1. 「except」と「except for」両方使える場合
  2. 「except」のみ使える場合
  3. 「except for」のみ使える場合

それでは、それぞれの場合ごとに「except」の使い方を見てみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「except」と「except for」両方使える場合

    「except」と「except for」が両方使える場合では、以下の基本のポイントを覚えておきましょう。

    1. 「every」「all」「no」「any」「never」「whole」など、「全部」または「無」の言葉を含む文章の時
    2. 「me」「you」「her」「him」などの代名詞を「except」の後に置く時
    3. ネイティブは「except」を使うことが多い

    「except」と「except for」の両方が使える場合の例文を、以下で紹介します。

    <例文>

    • I like everyone except (for) him.
      (彼以外は、みんな好きです。)
    • I cannot eat any Japanese foods except (for) Sushi.
      (寿司以外の日本料理は、何も食べられない。)
    • No one came to the party except (for) two people.
      (2人を除いては誰もパーティーに現れなかった。)

    2-2.「except」のみ使える場合

    「except」のみが使える場合は、以下のような時です。

    1. 「except」の後に、「where」「what」「if」「before」「that」などの接続詞を置く時
    2. 「except」の後に、「at」「in」「on」「under」などの前置詞を置く時

    では、以下の例文で「except」の使い方を確認してみましょう。

    <例文>

    • My mom is always happy except when I have fights with my sisters.
      (妹と喧嘩している時以外は、母はいつも幸せそうだ。)
    • I never get nervous except before a presentation.
      (プレゼンテーションの前を除いては、緊張することはない。)
    • Whole places had snow except in Okinawa.
      (沖縄以外では、全ての場所で雪が降った。)
    • I can sleep at everywhere except on the roof.
      (屋根以外だったら、どこででも寝られるよ。)
  • スポンサーリンク

  • 2-3.「except for」のみ使える場合

    以下のような場合は、 「except for」のみが使えます。

    1. 「except for」の後に名詞かつ、特定の人や物を置く時
    2. 文頭に「except」を置く時

    「except」の後に置く名詞は、動名詞「~ing」も含みます。

    では、以下の例文で「except for」の使い方を見てみましょう。

    <例文>

    • I ate everything except for the red fish.
      (あの赤い魚以外は、全部食べたよ。)
    • I am fine except for the broken leg.
      (足の骨折を除けば、至って平気です。)
    • I don’t like talking with people except saying hello.
      (挨拶をする以外で、人と話すのは好きではない。)
    • Except for me, whole class bought the same textbook.
      (私以外、クラスの全員が同じ参考書を買っていた。)

    3.「except」の類語

    「except」の類語表現には、以下のようなものがあります。

    1. but
    2. apart from
    3. excluding

    では、それぞれの類語を以下で詳しく確認してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.but

    「but」には、 「しかし」以外にも「~以外」という意味があります

    「しかし」という意味で使う「but」は、基本的に「~,but」のようにコンマで区切ります。

    また、「しかし」という意味での「but」は文頭では使えないので、文頭で使いたい時には「however,」を使いましょう。

    「but」を「~以外」という意味で使う場合は、コンマは使いません。

    では「but」の使い方を、以下の例文で確認してみましょう。

    <例文>

    • I didn’t plan it, but I went to the party.
      (予定してなかったけど、パーティーに行ったよ。)
    • All but me had the name tag.
      (私以外、全員が名札を付けていた。)
    • I run at the park every night but rainy day.
      (雨の日以外は、毎晩公園を走っているよ。)

    3-2.apart from

    「apart from」は、 「~と離れて」「~を除いて」という意味です。

    「apart」の意味は以下の通りです。

    【apart】⇒離れて、別れて

    「~と離れて」と「~を除いて」の区別は、文脈から判断します。

    「apart from」は、以下の例文のように使います。

    <例文>

    • I have lived alone for 4 years apart from my parents.
      (両親と離れて、4年間一人暮らしをしています。)
    • Keep children apart from the cars.
      (子供は、車に近づけないで。)
    • What else do you want apart from the shoes.
      (その靴以外では、他に何が欲しい?)
    • Apart from carrots, I like every vegetables.
      (人参を除いたら、野菜は全般的に好きです。)
  • スポンサーリンク

  • 4.「exceptional」とは

    「exceptional」は、「except」の形容詞形で以下の意味があります。

    【exceptional】⇒異例な、例外な、優秀な、優れた

    「exceptional」は、 「普通とは違った、並外れた」という意味合いで「優秀な」という意味で使われることが多いです。

    例えば「exceptional student」という場合の直訳は、「異例な生徒」です。

    しかし「奇妙な生徒」のようなネガティブな意味ではなく、「(並外れて)優れた生徒」のようにな誉め言葉となります。

    では「exceptional」の例文を、以下で見てみましょう。

    <例文>

    • The doctor has exceptional skills.
      (あのお医者さんは、優れた技術を持っているよ。)
    • You are very exceptional in the dancing field.
      (君は、ダンスの分野で非常に優秀だ。)
    • To be an athlete, you need exceptional abilities.
      (アスリートになるためには、優れた能力が必要だよ。)
    • This weather is very exceptional for summer.
      (夏にしては、異例な天候だ。)

    まとめ

    「except(for)」は「~を除いて」という意味です。

    「全部」または「無」の言葉を含む時や、代名詞が「except」の後に来るときは、「except」と「except for」の両方が使えます。

    「except」の後が、接続詞や前置詞で続く場合には「except」を使います。

    特定の名詞が「except」の後にくる場合や、文頭に「except」を置きたい時には、「except for」を使いましょう。

    日常的な会話でも「except」は頻繁に使う言葉なので、ぜひマスターしておきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%