「節目」の意味と使い方をわかりやすく解説!【例文あり】

節目の意味とは ビジネス用語

「節目(ふしめ)」とは 「木材や竹の節があるところ・物事の区切りとなるところ」という意味です。

テレビや日常会話の中で「人生の節目」「季節の節目」などで用います。

この記事では「節目」の正しい意味と使い方をわかりやすく解説します。

1.「節目」の意味

(比喩的に)物事の区切りとなる大事なところ

節目

読み:ふしめ

  1. (比喩的に)物事の区切りとなる大事なところ
  2. 木材や竹の節があるところ

「節目」の語源は「竹の節」とされており、竹は節があることで大きく成長することができます。

「節があることで成長できる」ことから、比喩的に大事な場面や区切りの場面で「節目」が使用されるようになりました。

日常会話で使う「節目」は、ほとんどが「物事の区切りとなる大事なところ」という意味で使用されます。

  • スポンサーリンク

  • 「節目」の読み方は「ふしめ」?「せつもく」?

    「節目」は「ふしめ」だけでなく「せつもく」とも読むことができます。

    「ふしめ」と「せつもく」の違いは、「せつもく」の方が区切りが細かいということです。

    「せつもく」は、「草や木の節・小分けにした一つ一つの箇条(かじょう)」という意味を表します。

    「ふしめ」よりも、もっと細かい区切りを表現したい場合に「せつもく」を使用しましょう。

    2.「節目」の使い方と例文

    節目の使い方

    「節目」の使い方と例文を見ていきましょう。

    例:人生の節目は、いつも家族と過ごすと決めている

    この例文は「人生の区切りの場面は、いつも家族と過ごすと決めている」という意味です。

  • スポンサーリンク

  • 「節目」が使われている言葉

    「節目」が使われている言葉は次の3つです。

    それぞれ意味と使い方を見ていきましょう。

    節目の年

    「節目の年」とは 「区切りの年」という意味です。

    例:君も今年で20歳かぁ。君にとって節目の年になるね。

    この例文は「君は今年で20歳になるので、区切りの年になる」という意味を表します。

    節目を迎える

    「節目を迎える」は 「人生を変える場面を迎える・年齢の一区切りを迎える」という意味です。

    例:いよいよ来月で定年退職という人生の節目を迎える

    この例文は「来月定年退職することで、人生が一区切りを迎える」という意味を表します。

    「節目を迎える」という言葉は、その後の人生が変わるような大事な場面で使用される言葉です。

    成人する時や定年する時、結婚する時など、 今までと生き方が変わる時に使用しましょう。

    節目節目(ふしめふしめ)

    「節目節目」は 「区切りの場面」という意味です。

    例:人生の節目節目は思い出に残したいので、写真を必ず撮っている

    この例文は「人生の区切りは思い出に残したいので写真を撮っている」という意味です。

    「節目節目」のように同じ言葉を繰り返す場合、 繰り返されている言葉が複数であったり強調したい時に使用します。

    3.「節目」の類語

    節目の類語
  • スポンサーリンク

  • 一区切り

    「一区切り」は 「物事や文章、話がひと段落すること」という意味です。

    例:子供も20歳になり、子育ても一区切りついた
    ⇔子供も20歳になり、子育ても節目の年を迎えた

    この例文は「子供も20歳になり、子育てもひと段落ついた」という意味です。

    「一区切り」は「作業が一区切りついた」など、「節目」よりも細かい場面で使用することができます。

    「その後の人生が変わるような大事な区切り」の場合は「節目」を使用しましょう。

    4.「節目」の英語表現

    節目の英語表現
  • スポンサーリンク

  • 「turning point(転機・節目)」「milestone(道しるべ)」

    「節目」の英語表現は以下の通りです。

    • turning point(重要な変化のきっかけとなる出来事・転機・節目)
    • milestone(道しるべ・節目・画期的な出来事)

    例文を見ていきましょう。

    例1:He is at a turning point in life.(彼は人生の節目を迎えている)

    例2:It was important milestone in his career.(彼の人生にとって大切な節目だった)

    「turning point」は、主に 好ましい変化に対して使用する言葉です。

    「milestone」は 「important milestone」にすることで「重要な節目」という意味を表します。

    「milestone」は元々距離を表す目印として、1マイルごとに置かれていた標石のことです。

    基本的に今まで起こった出来事の節目に対して使用します。

    そのため、 これから迎える節目に対しては使わないので注意しましょう。

    まとめ

    「節目」は 「木材や竹の節があるところ・物事の区切りとなる大事なところ」という意味です。

    「ふしめ」「せつもく」と読むことができます。

    「節目」は日常会話でもよく使われる言葉です。

    ぜひ習得してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%