「瓦解」の意味・読み方は?例文と一緒に使い方・類語・英語を解説!

瓦解の意味とは ビジネス用語

「瓦解」は「がかい」と読み、「一部がダメになることで、全体も崩れてしまうこと」を意味する言葉です。

「組織が瓦解する」「計画が瓦解する」など、フォーマルな場面でよく使用されます。

否定的な言葉ですので、いざという時に困らないように、今のうちに意味を確認しておきましょう。

そこで今回は、「瓦解」の意味・読み方を説明し、使い方・類語・英語まで解説していきます。

1.「瓦解」の意味・読み方

一部がダメになることで、全体も崩れてしまうこと

瓦解

読み:がかい

意味:一部がダメになることで、全体も崩れてしまうこと。

「瓦解」は「がかい」と読み「一部がダメになることで、全体も崩れてしまうこと」を意味し、「組織が瓦解する」「計画が瓦解する」などと使用される言葉です。

「瓦解」は物理的な建造物より、「組織・計画」などが崩れていく様子を比喩的に表す際によく使用されます。

例文

  • 部内恋愛関係をきっかけに、チームの結束は瓦解していった。
  • 電車に乗り遅れ、スケジュールが瓦解した。
  • これ以上余震が続くならば、あの家は瓦解していくことになるだろう。
  • スポンサーリンク

  • 「瓦解」の語源・由来:夏目漱石の「坊っちゃん」

    夏目漱石の小説「坊っちゃん」で、「瓦解」が使用されたことが由来とされています。

    「瓦(かわら)」は家の屋根に使用されていますが、昔は釘止めで固定されておらず、崩れることがしばしばありました。

    そのため、「瓦が一枚落ちることにより、次々と瓦が滑り落ちて全てがダメになる様子」を「瓦解」と表現したのです。

    2.「瓦解」の使い方と例文

    「瓦解」は比喩表現なので、物理的な対象以外でも使用することができます。

    否定的な意味合いを持つ言葉なので、間違った使い方をしないように例文と一緒に確認しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 瓦解する・瓦解して

    「瓦解」は「瓦解する」「瓦解して」など、後ろに「~する」を付けて使用されることがほとんどです。

    「一部がダメになる」といった意味合いが重要ですので、「一度に全て崩れる」といった状態・様子には使用しないようにしましょう。

    例文

    • リーダーの退職によって、組織全体が瓦解した
    • 計画が瓦解して、社員は皆右往左往している。
    • とある政治家の不祥事をきっかけに、内閣は瓦解していく末路をたどった。
    • 彼らの関係は、浮気によって亀裂が生じ、瓦解する運命にある。
    • クーデターが起こり、平和への道筋は瓦解した。
    • 度重なる地震によって、ビルが瓦解していった。

    3.「瓦解」の類語と例文

    瓦解の類語

    「瓦解」は「一部がダメになる」といった意味合いを含み、 限定的に使用される言葉です。

    そこで、より幅広く対象をとれる「瓦解」の類語を紹介するので、ぜひご活用下さい。

    「瓦解」の類語は、以下の通りです。

    それぞれ類語について、例文を紹介してきます。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.崩壊(ほうかい)

    崩壊

    読み:ほうかい

    意味:崩れて、壊れること。

    「崩壊」は「崩れて、壊れること」を意味し、「崩壊する」「~の崩壊」などと使用される言葉です。

    「瓦解」と異なり、「崩壊」は「一度に全体が崩れて、壊れること」を指します。

    例文

    • 彼氏の浮気をきっかけに、今までの感情が全て崩壊した。
    • 昨日の大雨によって水量が上昇し、ダムが崩壊した。

    類語2.破綻(はたん)

    破綻

    読み:はたん

    意味:まとまっている状態が維持できなくなること。

    「破綻」は「まとまっている状態が維持できなくなること」を意味し、「経営破綻」「財政破綻」などと使用される言葉です。

    「瓦解」と異なり、「壊れる」ではなく「維持が不可能になる」といった意味合いを含みます。

    例文

    • 不況によって売上が伸びず、経営破綻をよぎなくされた。
    • バブル崩壊によるデフレーションによって、財政破綻の危険が高まった。
  • スポンサーリンク

  • 4.「瓦解」の対義語と例文

    瓦解の対義語

    「瓦解」は「壊れる」といった意味を持つので、好ましくない状況を表わします。

    気持ちを切り替えて新しく物事を始めるために、「瓦解」の対義語からイメージを作りましょう。

    「瓦解」の対義語は、以下の2つです。

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    対義語1.構築(こうちく)

    構築

    読み:こうちく

    意味:物事を組み立てて、築くこと。

    「構築」は「物事を組み立てて、築くこと」を意味し、「構築する」「再構築」などと使用される言葉です。

    「作る」といった表現と異なり「組み立てる」の意が含まれるため、ビジネスシーンでよりよく使用されます。

    例文

    • 前回の反省を生かして、次回のプロジェクトでは理念から構築し直そう
    • 現場でトラブルが起きたため、計画を再構築しなければならない。
  • スポンサーリンク

  • 対義語2.建設(けんせつ)

    建設

    読み:けんせつ

    意味:建物・施設などを新たにつくりあげること。

    「建設」は「建物・施設などを新たにつくりあげること」を意味し、「建設する」「建設的」などと使用される言葉です。

    「建設的」は「積極的にものを作りだす姿勢」を指し、会議・討論の目的としてよく用いられます。

    例文

    • 大阪に外国人旅行者を引き入れるため、レジャー施設を建設しよう。
    • 目標を達成するために、有意義かつ建設的な議論をしよう。

    5.「瓦解」の英語表現と例文

    瓦解の英語表現

    「瓦解」の英語表現は、「崩れる」「倒れる」に対応する言葉を使用します。

    英語表現にもフォーマル・日常的な表現がありますので、しっかりチェックしておきましょう。

    「瓦解」の英語は、以下の2つです。

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    よく使用されるのは「collapse」

    「collapse」は「つぶれるように、崩れる」を意味し、「瓦解」に最も近い英語表現です。

    「collapse」は「瓦解」と同じように、「建物」だけでなく「計画・組織・体制」などにも使用することができます。

    例文

    The system collapsed suddenly by craking.
    (そのシステムはクラッキングによって突然瓦解した。)

    「fall down」も使用することができる

    「fall down」は「崩れ落ちる・倒れる」を意味し、日常的に使用される英語表現です。

    元々物理的な物に対して使用される表現ですが、比喩的に「計画・体制」なども対象にとることができます。

    例文

    The bridge fell down in earthquake.
    (地震によって橋が瓦解した。)

    まとめ

    「瓦解」は「がかい」と読み、「一部がダメになることで、全体も崩れてしまうこと」を意味する言葉です。

    「崩壊」と異なり、「瓦解」は「一部から順々に壊れて行くさま」を意味するので、使い方が異なります。

    基本的に「瓦解」は否定的な言葉なので、壊れてよいものに対しては使用しないので、注意してください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%